最新エントリー

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

ルサンチマン 私の履歴書

「ルサンチマン」まえがき&目次

2008/10/28

resentment

※以下はほぼ事実・実話・実名です。
※栢野自身の「私の履歴書」(修正中・出版未定)

(書いたのは2008年の夏頃)

gyakuten

それは、学業・進学に一人悩み、就職・転職で社会の厳しさと自分の甘さを嘆き、天職がわか らず追い込まれて、それでもわずかな淡い夢と希望はあった独立起業も失敗の連続で明日の金もなく、世間には内緒で恥ずかしいバイトや副業で日々を乗り切 り、それでもやっぱり夜になると悲観と絶望の考えが頭に巡り、振り払おうと自己啓発本やマルチ商法や悪徳商法や研修や寺巡りや内観や滝撃ちに行ったがその 日だけのごまかしで終わり、やっぱり神頼みかと神社や寺を見つけると一人涙を流して神様、私を救って下さいと懇願し、それでも人前や家族やお客の前では元 気なフリをしてなぜだか皆が家路に帰り始める夜7時過ぎには虚脱感と同胞感がごちゃ混ぜで安心し、しかし、深夜に散歩して見かける浮浪者は他人事でなく、 自殺者年間3万人の記事にハッとし、このままではダメだが精神科には行きたくないので心療内科やリラクゼーション・癒しのセミナーにこっそり参加し、もし 知人に見られてもいやー、過労で気分転換にという言い訳の練習をし、ありがとう1万回で人生が変わる、トイレ掃除で経営が変わると聞けば実行するも1週間 も持たず、様々な業績アップセミナーに出るも、教材ばかり買わされて効果が出ず、コレがダメならあの先生だと勉強のはしごでますます金がなくなり、追い込 まれたら借金も実力のうちだなんて開き直り、それでも支払いの月末が近づくとポストの街金チラシが気になって捨てず、もっと営業せねばと思っても意欲が沸 かず、考えてばかりで会社に籠もり、たまに外に出たかと思うと公園でさぼり、いや、今はむやみに仕事するよりここはちょっと立ち止まって思案に暮れるが、 考えるのはマイナスのことばかりで、結局お客を廻る頻度が落ちてますます落ち込み、いや、人生は仕事ばかりじゃないとボランティアや所属団体の無償活動に 精を出すが、それを本気でやっている人には勝てず、しかし仕事に手が着かず、なんとなく食えてはいるが1年先はおろか1ヶ月先も収入に不安で、本当に俺の 人生はどうしたらいいんだ!!!!!!・・・・

と悩んでいた昨年11月までの自分、就職に失敗した23歳の自分、転職も失敗した26歳の自分、3度目の転職も失敗し、婚約破棄して自殺未遂した 29歳の自分、明日が見えずに自棄になって不倫した32歳の自分、脱サラしたが半年で資金が無くなり風呂なし木造アパート移転して節約のために台所で体を 洗い、食費が無くなると百貨店の試食コーナーで食いつないだ自分、しかし、作家は貧乏な境遇から生まれると、当時バイトしていた出版社で椎名誠のようにな りたいと淡い夢を見るが実家の破綻で都落ちせざるを得ず金がないのでフェリーの3等室で雑魚寝し、翌日の朝にドス黒い暗雲が垂れ込める関門海峡をくぐると きにいよいよ俺の闘いが始まると誓った33歳の自分、そしてその後の福岡で阿修羅になった自分の性を再発見してやっぱり俺は高校生の鬼の子時代と変わって ないのかと恐ろしくなった35歳の自分、2度目の脱サラするもまた半年後にはウツになり、好調だと思った我が世の春も1年持たず落ち込んだ41歳 の自分、それから3年もヤル気が起きず、本は出したが売れるはずもない、いったい俺は何をしたらいいのかと嘆いていた44歳になったばかりの自分に言いたい。

大丈夫だ、人生は逆転できる!

今の苦しみは試練だ。こう言っても信じないかも知れないが、過去は未来で変えられるんだよ!さあ、一緒に歩こう!という話を、同じ経験をしたあなたに話したい。

この本は、次のような方が読者対象です。

●自分の人生に復讐を誓う「中小零細経営者・自営業」
●自分の人生に復讐を誓う「就職失敗者」
●自分の人生に復讐を誓う「転職失敗者」
●自分の人生に復讐を誓う「起業失敗者」
●自分の人生に復讐を誓う「ウツ経験者」
●自分の人生に復讐を誓う「失業者・フリーター」
●自分の人生に復讐を誓う「成功哲学オタク」
●自分の人生に復讐を誓う「感謝・感動オタク」
●自分の人生に復讐を誓う「大借金経験者」
●自分の人生に復讐を誓う「自殺未遂経験者」
●自分の人生に復讐を誓う「無学歴者」
●自分の人生に復讐を誓う「元エリート」
●自分の人生に復讐を誓う「自分探し人間」
●自分の人生に復讐を誓う「親に感謝できない人」

逆に、次にような人は読んでも役立ちません。

●幸せなサラリーマン・OL・主婦・学生
●自分がダメなのは世間や会社や上司のせいだと思う人
●人生の成功は「運」や「占い」などと思う人
●不満があっても今のサラリーマン生活を続ける人
●定年退職で悠々自適の人
●キャピキャピ女やオタク男
●人生の成功は学歴や社歴だと思う人

目次

読者の声(以前、ブログに連載の時)

1. Posted by ぶん 2008年08月06日 07:19
カヤちゃん物語最高。

5. Posted by 交渉の達人 2008年08月13日 23:36
一気に読んでしまいました。流石、かやのさん。しかも、こんな赤裸々に。最高!!次も期待しています。

6. Posted by マイルストーン 2008年08月14日 00:09
いやあ、先は長そうだったので、第一章で中断。このお盆で時間がありそうだから、読んでみるわ。しかし、いつもながらよくやるね、脱帽だわ。

7. Posted by 昨日から2日で読みました。 2008年08月14日 10:35
これだけの人生を歩んでいるから、いろんな人の相談に乗れるのでしょうね。私は去年、55歳を過ぎてサラリーマンから起業して毎日大変な思いしております。栢野さんの物語を読みながら、うまくいかないときに行動もせずに、今は時期じゃないとか言い訳をするシーンなど思い当たる節がたくさんあります。人生逆転させるためには、行動あるのみですね。それと栢野さんの場合、たくさんの人たちとの人脈…ほぼ無償の活動などが生きているのでしょう。私も自分ができる範囲で、今いる周りの人たちの役に立てるようにしっかり行動していきたいと思いました。ありがとうございます。

9. Posted by だーりん 2008年08月15日 16:57
毎日更新楽しみにしております。実際に書籍化されるのでしたら、そちらを購入させていただきます。それにしても、スゴイ筆力ですね。いつも感心しています。もっとうまく演出すれば、今頃は神田さんより上をいっているのに。。。(もちろん、コンサルで)。などと思いつつも、栢野さんの本気節が大好きです。これが完成すれば、いよいよ”仏の栢野”の誕生ですね。

11. Posted by サポーター安 2008年08月16日 12:49
3日がかりで読みきりました。物語にしてしまえば、読むのが遅くても3日程度の物語ですが、実際には、福岡へ帰郷してからでも十数年以上ももがき苦しみながらも何とか手を尽くしてきた栢野さんに感服しました。「ローマは一日にして成らず。」ですね。私もウダウダ悩んでいるよりも一歩でも足をだす努力をしてみます。計画立てたら実行せねば・・・。結局、自分と戦いですね。私はまだまだがんばらねば。

12. Posted by Kです 2008年08月21日 12:56
ブログ掲載のルサンチマンを読み始めました。(今、ドゥハウスのあたりです。)栢野さんのこれまでの人生は、ある程度存じ上げているつもりでしたが、改めて読ませていただくと生々しくて、その時々の衝撃、落胆、憔悴、いろんなシーンが目に浮かびます。大企業出身者の特徴を引きずっている私としては、他人事と思えない部分が多々あって、ところどころ胸がチクッとしたりもします。まだ最後まで読破していないので感想を述べるには早いですが、思いますに、これまでの悲惨な思いや経験がすべて積み重なって、今の栢野さんを形成しているということですよね。悲惨な時代があったからこそ、今がある。
ということは、人生にたったひとつも無駄なことはない。出版が待ち遠しいですね。楽しみにしています。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン, 私の履歴書

© 2021 人生は逆転できる!