最新エントリー

豪州のプロサッカー「コニストン」で活躍中

ユナイテッドはチャンスが殺到し続けたが、34分にコニストンのセンターバックのカヤノタカユキが滑り込み、ナスティックを越えてボールを押し込んだ。防御の争いだった。by翻訳アプリ■オーストラリア・サウスコースト・サッカーリーグ戦2021・5/9■記事詳細は以下

大山倍達正伝

  「私はね、結婚に失敗し、娘の教育も失敗しました。きみ〜、このままじゃ極真は潰れてしまうよ。10年後、全国の支部長の3分の2が50歳を超えるんだよ。極真は老人の組織になってしまうよ。国も会社も老人たちが支配する組織は必ず崩壊します。いま極真が直面している危機がここにあるんです。極真に老人は私1人だけで良い。支部長を世代交代させて、組織全体を若返らせなくてはならない。だから私は毎朝、こうして極真会館全国支部勢力地図をみては、その方法を考え続けているんだよ。徳川家康が大名の改易や転封の方便を考え ...

一風堂があの麻生グループより資金調達

約35億調達「やりましたね。抜群の安定感。IR情報見ましたよ。正直ホッとしました」「まぁ以前から知り合いだったんで」「国内は、、。海外からガンガン攻めるぜ!」「まぁとにかく良かった」スマホ談義 ■博多ラーメン「一風堂」を展開する株式会社 力の源ホールディングス(本社: 福岡市中央区、代表取締役社長:河原 成美)が、株式会社麻生(本社:福岡県飯塚市、取締役社長:麻生 巌)に対し第三者割当を行い16億46百万円を調達する。払い込み期限は5月31日。 <関連記事> 一風堂、パンダエクスプレスとの合弁を解消。商業 ...

こんな悲惨?なビジネス書がベストセラー

まさかのベストセラー第六弾!ヨボヨボ介護日記が4月に出てもう5刷!成功や自慢話でなく、交通誘導員、ガスメーター検診員、旅行添乗員、マンション管理人など、現場の悲惨な?実録日記本がバカ売れ中! ■新刊レビュー https://is.gd/AlPUys ■6月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■LINEやZOOM等で無料雑談歓迎! ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネ ...

成功事例と熟年離婚と婚活についての考察

成功事例と熟年離婚と婚活について  

竹田陽一からメッセージ

私、竹田陽一個人の話ですが、 6月13日にコロナワクチンを接種しました。副作用は少しありましたが、元気です。 ☆竹田陽一「営業昔話CD」お知らせ☆ 皆様のご協力で思っていたよりも多く売れました。そこでこのCDをお買い上げ頂きました方々を対象に、ZOOMによる感想と、竹田に対する質問の会を開くことにしました。実はこの話は栢野さんから出たものです。ご参加、お待ちしています。 日時7月9日(金) 15:30~17:00 参加人数先着10名様 参加料は無料です。 申込先は、ランチェスター経営迄。 【必須入力】会社 ...

プノンペン在住のモデル見習いです。

【お仕事募集】プノンペン在住のモデル見習い26歳タリーです。FB友達の私が勝手に告知w。独身165㎝45㎏。広島で5年の農業技能実習生経て2020年12月に帰国。日本語カタコト。歌も上手い?出演料はお試し1万円〜数万円応相談。問合せは私かタリーへ直接も。SNSメッセンジャー教えます。 https://yumesenkan.jp/wp-content/uploads/2021/05/IMG_7641.mp4 FullSizeRender FullSizeRender

追い込まれ、本の出版にチャレンジ

こうして事務所に閉じこもり、3月の中旬までになんとか24名の人生逆転物語(+約50人の短い実例)をまとめました。本にするには充分な量です。実は24人中、10名前後の物語はすでに書いていました。過去3年、毎年3ヶ月程度で本を書くのに挫折してましたが、気づけば10人分は溜まっていたんですね。三日坊主、三ヶ月坊主、三年坊主と挫折しても、また再開継続すれば「チリも積もれば山となる」ですね。 しかし、全体の構成がどうもうまく行きません。作家・中島孝志さんの「40歳からどう書くか」という<本の書き方本>を読んだり、市 ...

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

ルサンチマン

第十八章 宣言

ダメモトで本の原稿を書き出す

こうして、2000年2月からウツになり、内観、トイレ掃除、早起き、新興宗教、ありがとう、プラス発想、心療内科、抗うつ剤、成功哲学、まな板の会、超能力者、セミナー、勉強会、本、ビデオ、新聞配達、ハンコのFC加盟と、思いつくことはいろいろやりましたが、これだ!というものがない。かつ、やる気は相変わらず出ない。お金も相変わらず減るばかりで、残金は200万円を切るように。

ウツになって丸2年になろうとする2001年12月、年末になり、新年を控え、竹田ランチェスター経営の勉強会、上射場SMI成功哲学勉強会、中小企業家同友会など、参加しているいくつかの勉強会で、来年の新しい夢と目標を書き出しました。

その中に毎年あって、いつも挫折していたのが「本を出す」というものです。これは以前から竹田先生やふく鮨本舗の三太郎の蔀社長などから「栢野さん、本を出そう!」とは言われ、そりゃ出せればいいけど、出したいけど、そんな何の実績も知名度も実力もない人間が本なんて出せるはずがないと、心の中では思っていました。本を出すのは特別な人。普通の人には出せるはずはないと。

しかし、例えば竹田先生は今でこそ15冊の本を出しているが、最初の本は自費出版だったと。その当時、つき合っていた緒方税理士も自費出版で出していた。そこでとりあえず、出版社から出版の話はなかったのですが、とりあえず書き出すことにしました。

私自身は成功していないから、自分の成功体験談などを書くわけにはいかない。でも、九州ベンチャー大学の歴代ゲストや知り合いの社長には、いわゆる成功者は沢山いる。単純に、それぞれの社長の成功話を20か30か50か集め、事例集として本にできないだろうか。まあとにかく書こう。実は2年前から毎年12月になると「来年は本を出す」と目標を立て、12月後半から書き始めてはいたんですが、いつも年明けの1月末や2月になると挫折し、やっぱ無理だよなあと諦めていました。

その延長でまた挫折するだろうと心の中では思っていましたが、今回は3度目。なんとか出したい。出せればいい。しかし、もし出したとしても、99%の本は1万部も売れない。印税もせいぜい数十万円程度。本を出しても食えない。しかし、何か自他共にわかりやすい夢と目標だと、今回も「本を出す」と目標設定。そして、それを、毎週水曜日の朝6時半からやずやで行われていた、サクセスパワー福岡・上射場さんのSMI成功哲学勉強会でシートにし、机の前やトイレに貼り、手帳にも携帯。

年賀状で「本を出版!」と宣言

成功の秘訣は、①鮮やかに想像し、熱烈に望む「夢や目標」を持つ、②達成期限を決め、③目標達成への実行計画を立て、④実行、⑤チェック・改善、⑥実行・・の繰り返しですね。

※偉人はこれを意識せず普通にやる。目標は達成やり切るのが当たり前。良い会社は社風仕組み暗黙の了解があり、属する組織人は無意識に強制的にやるやらされるやらねば居場所はない。ダメ人間は弾き飛ばされる。

かつ、この夢や目標を達成するコツに、アファーメーション=自他に公言するというのがあります。即ち、有言実行ですね。夢や目標を人に話す。すると引っ込みがつかなくなり、やらないと恥ずかしいのでやる。

優秀な人は不言実行ができるでしょうが、私の場合は他人の力も借りねばならない。過去2回の本へのチャレンジの際は、「本を出す!」との夢を書いてはいましたが、一部の人以外は知らなかったし、私自身も、心の中では「まあ出せればいいけどね」程度のものでした。過去の98年や99年末は当時の本業の広告代理業やベンチャー大学の活動に満足していたので、本を書くのは後回しになり、2000年末は鬱状態で書けず、今回は心身の状態は過去最低でした。なんというか、もう何をやったらいいのかわからない。ある意味ではヤケクソになってましたね。

そして2001年の12月、中小企業家同友会の忘年会のようなものがあり、私は一次会で帰ろうかと思ったのですが、やはり年末の人恋しさで寂しく、誰かと二次会へ行きたいと思ったところ、偶然、竹田先生と南王の永野社長、小倉の青野社長と一緒になり、スナックで陽気な飲み会に。その席で、私の本を出すという夢に皆も酔っぱらって応援してくださり、思わず「来年の5月に本を出します!」と宣言。皆も「承知した!出版記念パーティを5月にやろう!」と。まあ、酒の席での冗談みたいな話でしたが、何か吹っ切れたというか、やる気が出ましたね。今度こそはやるかと。

こうして、2001年12月、3年越し3回目の本の執筆にチャレンジし始めました。本の借りタイトルは「バカ社長の天職発見物語」。過去のベンチャー大学ゲストの社長が、学生時代、就職、転職、独立起業から現在まで、様々なハンデをどう乗り越えて現在の成功に行き着いたか。約20名を取り上げた起業家の伝記集みたいなものをイメージしました。

3年前から書き貯めた事例が約7人ほどいたので、あと10数人ほどの人生事例を書き始めました。しかし、出版は決まっていないし、また挫折する可能性も充分ありました。見えないゴールに向かって進むのはツライものですね。

そこで私は、今度こそ逃げられないように、ある大胆なことを考え、思い切って行動に移しました。2002年の正月に出す年賀状に、
「栢野克己が本を出版!構想10年、苦節3年、ついに出版することになりました。出版記念パーティは2002年5月25日という初夢を見ました。よろしくお願いします!」と。

これは成功哲学にあるアファーメーションという手法の一つで、自分の夢や目標を宣言して逃げられないようにするヤツの強力な形です。約500名に一気に出しましたから、できなければ大恥です。

かつ、2002年は、本を書き上げるまでは、他のことは捨てることに決めました。他の作業を切り捨て、本の原稿書きに集中する。ある意味では退路を断つということです。その頃も広告代理業の仕事はやっていましたが、既存客も含め、営業活動は停止しました。収入が一気に減りますから不安は倍増します。

でも、もうやるしかないのだと。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2021 人生は逆転できる!