最新エントリー

缶ビール

缶ビール会!あざっす!福岡■12/3土曜13-17第149回「缶ビール会」します。遅刻早退出入り自由。各自1000円分の飲食ツマミ持参。想像以上に頑張って驚きの能古島ツバキ化粧品通販ママ山本嬢、神戸大学ノエビア経て地場オンリーワン博多人力屋神谷さん、結婚者続出の恋愛コンサル純古さん、某有名大手とも契約探偵の岩河さん、敏腕コピーライターかつ福岡No. 1防犯機器二代目安永さん、暴力団対策他九大体育会の堀内弁護士、不動産4棟オーナーでバイク買取他OHG大賀さん、通販グッズ企画で年商10億弱20人抱えるコウダプ ...

2022年12/1博多で九州ゴム工業会エラソー講師

昨夜は博多駅で、真面目でお堅い「九州ゴム工業会」さんで15年ぶりのリピート講演。「面白くて役立ったので」by中島ゴム工業会長。ところが反応頷きがほぼない。講師にはツライ。全員マスクで表場見えないのもあるが。途中で大半は下請け的な中小メーカー。上から仕様書がきて見積もり合戦経て設計製造納入。自社ブランド商品ほぼ無い。営業だマーケティングだ顧客フォローとか関係ない。九州は8割がブリヂストン他タイヤ関連の下請け。「僕たちはそれ以外のニッチ2割で頑張ってます」他業界の事例や綺麗事の経営戦略戦術とか通用しない、、と ...

東京から失意のUターン

東京から失意のUターン。私の第二の人生はココから始まった。当時33歳無職独身。7社目の転職活動中、35万の中古プレリュードで糸島半島の素晴らしさを発見(福岡市生まれ育ちでしたが、高一で引っ越したので行ったことなかった)。家から30分でこんな透明な海岸(弊の浜)が!東京じゃありえん。ふと道沿いの今宿・牧のうどんに入る。美味い安い早い!おばちゃん元気がイイ!食っても無くならん!独身時代に毎週行き、元妻との最初のデートもココ。赤ん坊をカゴに入れて3人で毎週。4人になっても毎週。当時、実家絡みの借金1億抱えてたの ...

佐賀県七山村の温泉で職員研修

昨日は福岡・糸島半島隣の七山村にある佐賀県No. 1アルカリ性トロトロの「鳴神温泉ななの湯」でミニ研修講師。前日食った地元の「牧のうどん」と焼肉うどん「ウエスト」。前者は18店舗で後者は200店舗以上。「どっちが美味しい?」研修参加15名中13名が牧のうどんで圧倒的勝利。 ウエストの1/10以下の規模だが。「なぜ美味しい?」「手の前で製麺裁断して釜茹で出来たてだから」「その通り!ウエストはカト吉の冷凍麺。大量生産品で安いが、手作りめんどくさい出来たてには勝てない。さらに牧のうどんはスープに使う利尻昆布が稀 ...

奢りますw。過去最高益のラーメン一風堂

おー!売上も一気にコロナ前の290億を超えそうだ。そうか!海外店舗も多いんで円安効果も。しかし、商品作り〜運営までマニュアル化のチェーン展開うまく行くと、あとは店出すだけだ。ユニクロとかも商品しっかりしてるから、店長以下凄い人材も要らんし。究極は一蘭みたいに店舗で製造接客無しロボット人材でイイ。サイゼリヤも他のチェーン店も。でも商品は工場で大量生産販売店であっためるだけだから、小さな会社お店個人店が食材調理採れたて新鮮手作り出来たて熱々でやれば勝てる!家系ラーメン元祖の吉村家(横浜一店のみ)に行ったら70 ...

失敗忘備録

失敗忘備録。会報巻頭インタビューに寿司ざんまい、星野リゾート、コクヨの社長に石田純一も。税理士・社労士・行政書士+経営コンサル+保険他で550人(関与先3万社で業界ベストテンの規模)の巨大士業コンサル集団「ティグレ」東京支店の定例セミナーに登壇。知的エリート士業や常務幹部も目の前に4-5人いて、会場とzoom同時並行で目線反応にプチ戸惑って前半は不調。いつもなら機関銃のように出るアドリブも詰まる。滑舌も悪い。絶体絶命のピンチだ。ってもう何百回も経験した。大丈夫だ。最初にコクヨとぺんてるの敵対的買収ウラ話で ...

一風堂ファウンダー講演レポート

9/17「世界の一風堂」ファウンダー河原成美セミナー1時間+質疑応答2時間。テーマは「無我夢中」だけじゃ自己啓発セミナーなので、合間に戦略戦術の話題も。が、会場の音響チェックミスで音が割れた。録画も。まぁでも創業期〜中小時代の素晴らしい話オンパレード。■期間限定で音割れYouTube動画を公開。

宮崎9/13セミナー交流会

★緊急特別企画★ ≪演題≫「小さな会社★儲けのルール」成功事例100連発by栢野克己氏 4年振りくらいにベストセラー作家で講演家の栢野さんが宮崎に来ます。 今回も事例100連発?で宮崎の経営者を元気づけてもらいます。 フライングで参加表明している方もいますので、迷わず即決で参加申込みしてください! 毎回一週間で満席になる人気講師です! ◆日時:9月13日(火)18時30分~20時30分 ◆会場:宮崎県婦人会館3F「おすず」 宮崎市旭1-3-10(県庁近く) ◆会費:3000円(税込) ※当日の受付混雑を防 ...

ブルースリー完全再現

8/26自作自演セミナー(会場とFacebookライブ)がコロナで?キャンセル続出(お前の実力不足たい)。焦って何かせねば!少林寺の師匠をパクってTikTokやYouTubeに投稿。アホが引っかかるのを待つ。まぁ11人参加で形にはなる8/26詳細は以下↓コメ欄■好きな夏はいつもクーラー入れず全裸フリちんです。

世界の一風堂創業者「私の履歴書」起業ストーリー。成功失敗のウラ話100連発!+質疑応答

①最初のバーひとり起業3つの目標設定 ②ひとりで月商500万円どう集客したか? ③未経験ラーメン技術はどう身につけた? ④ライバル多数の豚骨で差別化したこと ⑤居酒屋タコ焼き他、多角化の失敗 ⑥レジからお金抜かれても文句言えず ⑦オレが入る店は売上増だが他店は減る ⑧複数店舗のマネジメント手法 ⑨天職に目覚めたのは44歳 ⑩年商1億3億10億の壁。そして100億 ・他に何か聞きたいことありますか? 2017年の講演↑ 参加申し込み者は■起業失敗借金“夜逃げ”厨房機器を“盗んで”再起業の西日本トップの唐揚げ ...

ルサンチマン

第十八章 宣言

ダメモトで本の原稿を書き出す

こうして、2000年2月からウツになり、内観、トイレ掃除、早起き、新興宗教、ありがとう、プラス発想、心療内科、抗うつ剤、成功哲学、まな板の会、超能力者、セミナー、勉強会、本、ビデオ、新聞配達、ハンコのFC加盟と、思いつくことはいろいろやりましたが、これだ!というものがない。かつ、やる気は相変わらず出ない。お金も相変わらず減るばかりで、残金は200万円を切るように。

ウツになって丸2年になろうとする2001年12月、年末になり、新年を控え、竹田ランチェスター経営の勉強会、上射場SMI成功哲学勉強会、中小企業家同友会など、参加しているいくつかの勉強会で、来年の新しい夢と目標を書き出しました。

その中に毎年あって、いつも挫折していたのが「本を出す」というものです。これは以前から竹田先生やふく鮨本舗の三太郎の蔀社長などから「栢野さん、本を出そう!」とは言われ、そりゃ出せればいいけど、出したいけど、そんな何の実績も知名度も実力もない人間が本なんて出せるはずがないと、心の中では思っていました。本を出すのは特別な人。普通の人には出せるはずはないと。

しかし、例えば竹田先生は今でこそ15冊の本を出しているが、最初の本は自費出版だったと。その当時、つき合っていた緒方税理士も自費出版で出していた。そこでとりあえず、出版社から出版の話はなかったのですが、とりあえず書き出すことにしました。

私自身は成功していないから、自分の成功体験談などを書くわけにはいかない。でも、九州ベンチャー大学の歴代ゲストや知り合いの社長には、いわゆる成功者は沢山いる。単純に、それぞれの社長の成功話を20か30か50か集め、事例集として本にできないだろうか。まあとにかく書こう。実は2年前から毎年12月になると「来年は本を出す」と目標を立て、12月後半から書き始めてはいたんですが、いつも年明けの1月末や2月になると挫折し、やっぱ無理だよなあと諦めていました。

その延長でまた挫折するだろうと心の中では思っていましたが、今回は3度目。なんとか出したい。出せればいい。しかし、もし出したとしても、99%の本は1万部も売れない。印税もせいぜい数十万円程度。本を出しても食えない。しかし、何か自他共にわかりやすい夢と目標だと、今回も「本を出す」と目標設定。そして、それを、毎週水曜日の朝6時半からやずやで行われていた、サクセスパワー福岡・上射場さんのSMI成功哲学勉強会でシートにし、机の前やトイレに貼り、手帳にも携帯。

年賀状で「本を出版!」と宣言

成功の秘訣は、①鮮やかに想像し、熱烈に望む「夢や目標」を持つ、②達成期限を決め、③目標達成への実行計画を立て、④実行、⑤チェック・改善、⑥実行・・の繰り返しですね。

※偉人はこれを意識せず普通にやる。目標は達成やり切るのが当たり前。良い会社は社風仕組み暗黙の了解があり、属する組織人は無意識に強制的にやるやらされるやらねば居場所はない。ダメ人間は弾き飛ばされる。

かつ、この夢や目標を達成するコツに、アファーメーション=自他に公言するというのがあります。即ち、有言実行ですね。夢や目標を人に話す。すると引っ込みがつかなくなり、やらないと恥ずかしいのでやる。

優秀な人は不言実行ができるでしょうが、私の場合は他人の力も借りねばならない。過去2回の本へのチャレンジの際は、「本を出す!」との夢を書いてはいましたが、一部の人以外は知らなかったし、私自身も、心の中では「まあ出せればいいけどね」程度のものでした。過去の98年や99年末は当時の本業の広告代理業やベンチャー大学の活動に満足していたので、本を書くのは後回しになり、2000年末は鬱状態で書けず、今回は心身の状態は過去最低でした。なんというか、もう何をやったらいいのかわからない。ある意味ではヤケクソになってましたね。

そして2001年の12月、中小企業家同友会の忘年会のようなものがあり、私は一次会で帰ろうかと思ったのですが、やはり年末の人恋しさで寂しく、誰かと二次会へ行きたいと思ったところ、偶然、竹田先生と南王の永野社長、小倉の青野社長と一緒になり、スナックで陽気な飲み会に。その席で、私の本を出すという夢に皆も酔っぱらって応援してくださり、思わず「来年の5月に本を出します!」と宣言。皆も「承知した!出版記念パーティを5月にやろう!」と。まあ、酒の席での冗談みたいな話でしたが、何か吹っ切れたというか、やる気が出ましたね。今度こそはやるかと。

こうして、2001年12月、3年越し3回目の本の執筆にチャレンジし始めました。本の借りタイトルは「バカ社長の天職発見物語」。過去のベンチャー大学ゲストの社長が、学生時代、就職、転職、独立起業から現在まで、様々なハンデをどう乗り越えて現在の成功に行き着いたか。約20名を取り上げた起業家の伝記集みたいなものをイメージしました。

3年前から書き貯めた事例が約7人ほどいたので、あと10数人ほどの人生事例を書き始めました。しかし、出版は決まっていないし、また挫折する可能性も充分ありました。見えないゴールに向かって進むのはツライものですね。

そこで私は、今度こそ逃げられないように、ある大胆なことを考え、思い切って行動に移しました。2002年の正月に出す年賀状に、
「栢野克己が本を出版!構想10年、苦節3年、ついに出版することになりました。出版記念パーティは2002年5月25日という初夢を見ました。よろしくお願いします!」と。

これは成功哲学にあるアファーメーションという手法の一つで、自分の夢や目標を宣言して逃げられないようにするヤツの強力な形です。約500名に一気に出しましたから、できなければ大恥です。

かつ、2002年は、本を書き上げるまでは、他のことは捨てることに決めました。他の作業を切り捨て、本の原稿書きに集中する。ある意味では退路を断つということです。その頃も広告代理業の仕事はやっていましたが、既存客も含め、営業活動は停止しました。収入が一気に減りますから不安は倍増します。

でも、もうやるしかないのだと。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2022 人生は逆転できる!