最新エントリー

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

ルサンチマン

第十一章 出逢い

2008/10/28

異業種交流会

このように私生活では滅茶苦茶な経験をしていたが、仕事面では珍しく順調だった。帰郷後すぐに始めた異業種交流会「不況撃破懇談会(現在の九州ベンチャー大学)」も毎月の定例イベントになった。

会の前半は各業界で頑張っているゲスト講師の話で、後半は参加者同士の異業種交流。福岡へUターンした時、東京と同じ様な異業種交流会を探したが、当時30代前半の自分が気楽に参加できる会が見つけられず、じゃあ自分でやるかと始めた。

その頃、東京で最後に私が働いていた出版社「ビジネス社」の花田社長が福岡へ来ると連絡があり、「ちょうどイイ。異業種交流会をしようと思うので、ゲスト講師で何か話して下さい!」と、居酒屋に7人前後が集まって第一回目の「不況撃破懇談会」を開いた。

その後、ホワイトデーを創案した和洋菓子「石村萬盛堂」の石村社長(東大時代に花田さんと同級生)、明太子の元祖「ふくや」川原社長(亡父の元銀行同僚)、京セラを辞めて脱サラしたダイビングショップ「オーシャンビュー」の大堀社長(友人の紹介)他をゲストに招き、徐々に参加者も毎月50名を越えるようになった。

講演内容は、主に中小企業の経営者が、苦労や困難をいかに乗り越えてきたか。生い立ちから就職、転職、独立、そして現在までの人生劇場。人生で、仕事で成功する方法は?ヒントは?きっかけは何だったのか?

毎回、参加者から「いやー、こんな社長の話は滅多に聞けない。勉強になった。ありがとう!」と言われた。大企業でいかに出世したかでなく、就職・転職や起業で何度も失敗したが人生逆転したとか、借金や倒産や大病などの試練をいかに乗り越えたかの話。

それは就職も転職も起業も失敗し、かつ1億円の借金も抱え、これから人生をどう逆転するか迷っていた、この私が一番知りたいことだった。

偉大な起業家との出逢い

1993年の夏、広告代理店に勤めていたオレに、ある医者から電話がかかってきた。大手美容外科の福岡支店に勤務しているが、「独立を考えている。医者は世間知らずなので、異業種から勉強したい」と。かつ、独立にあたって販売促進の広告もお願いしたいと言われた。

しかし、交流会を自分の営業の場とするのは何か違うと思い、本当は仕事が欲しかったが辞退した。が、これから脱サラするという、ある意味ではリスクの高い相手と取引をする大手広告代理店はないようで、1週間後、再び彼から連絡があった。

事前に調べた美容外科やエステ業界は表の広告とは違い、悪徳業者や消費者センターへのクレームも多い。私の勤めていた広告代理店も、過去つき合った美容外科医のあまりに横柄な対応に辟易し、取引を辞めていた。

が、まだ数度会っただけだったが、私は彼の業界の悪いイメージを変える志や熱意、まじめさに感心した。まあ、うまくやれば毎月数百万円の売上になるという営業マンとしての下心も充分あり、リスクが高いからノーという会社の経理を説得して取引を始めた。こうして当時27歳の「聖心美容外科」山川雅之院長とのつき合いが始まった。

山川との仕事上のつき合いは'93年から'97年までだったが、聖心美容外科は初年度から成功。のちに、彼は高額納税全国40位になる。最大の要因は彼自身のドクターとしての腕の高さと経営能力の高さだったが、私の広告コピーライターとしての策も当たった。

営業マンとして以前から心に引っかかっていたのが、広告注文をもらって出稿した後の反響効果。仕事としては広告を作成して各媒体に出せば終わりで、その後の広告効果については責任は持たない。予算や客層に合わせた媒体を提案し、紙面は広告デザイナーやコピーライターが制作して出稿。

私が広告業に最初に関わったのはリクルート人材センター時代で、その時は専門のプロが創ったものだし、広告は水ものだからと反響結果にはあまり疑問を持たなかった。しかし、お客にとって一番の問題は、広告そのものの出来映えよりも結果。大企業のイメージ広告ならまだしも、中小企業の場合は広告出稿料金以上の結果を出さねばならぬ。

そこでアド通信社に転職後、まずは求人広告で実験した。求人広告は応募者数で結果が100%把握できる。それまで、自分の就職活動で反吐が出るほど求人広告を見た。アド通信社で7回目の転職だったから、軽く数万社の求人広告を、応募者側の目で真剣に見たことになる。

学生時代や20代はイメージで会社を選んで失敗。商品広告はそれでいいのかも知れないが、求人広告はお客=応募者にとっては人生を賭ける一大事。しかし、それにしては広告が適当だ。カッコイイが意味のないコピー文章や写真やイラストでスペースが埋められ、真剣な求職者には情報が少なすぎる。今も昔も広告というものは詐欺だらけ。

求人企業の実態や、応募者が知りたい情報や疑問点は、現場と転職経験豊富な俺が一番よく知っている。ならば、俺が自分で広告コピーを書いてやろうと、新聞や求人誌で実験した。

簡単に言えば、イラストや写真を排除し、新聞記事のように文字だらけのコピーにした。かつ、広告にありがちな、お客に媚びる歯の浮いたような文章も避け、新聞や雑誌の記事のように、極力、事実中心の紙面にしてみた。

広告ではなく、役立つ記事

会社の皆は「栢野さん、こんな文字だらけじゃ読まないよ」と言ったが、いや、そりゃあんたは傍観者。真剣に職を探し、人生を賭けている当事者には、これでも情報が全然足りない。案の定、この栢野式記事広告はほぼ100%のクライアントで効果が上がった。

からくりを簡単に言えば、新聞でも雑誌でも読者は広告を飛ばして記事を読む。いかにも広告宣伝のページは、読者にとっては単なるウザイ売り込みページ。だから私は紙面を広告ではなく、「読者に媚びない」新聞記事感覚の文章で埋めたのだ。

この方法を、聖心美容外科でも応用してみた。求人広告ではうまくいったが、果たして営業広告・販売促進の広告では通用するのか。

結果は大成功した。広告を出稿し始めて2回目でブレイクし、聖心美容外科は1年後には九州でトップクラスの美容外科に躍り出た。同業が「誰でも簡単、あなたもモデルのようにキレイになれます」のような歯の浮くようないかにも広告が反乱する中、「美容外科の安全性について。美容外科には問題も多いです。正直、手術の失敗もあります。痛みもあります。私たちはそれに対して・・・」という、ある意味では当たり前のことを意見記事風に書いたのだが、これが功を奏した。

簡単に言えば、美容外科の業界や手術の実際について、嘘をつかず、正直に、まじめに、真剣な読者が必要とするであろう情報を淡々と伝えていった。

広告作成の場合、広告代理店は広告代を払うクライアントが気に入る広告を創りがち。でも、私はエンドユーザー、末端の消費者が気に入ること、役に立つことが第一と考え、あえて業界やクライアントにマイナス的な情報でも、極力、広告紙面に入れた。

それはすなわち、金に関係なく、読者に役立つ記事を書こうという、新聞社や雑誌の記者の、なんというか正統派・正義感のあるジャーナリストの気骨と同じだった。当然、これは従来のクライアントのことなら何でも聞く広告マンとは反対の立場だったが、山川氏はそんな私の青臭い正義感的なコピーにはまったく注文を付けず、すべて任せてくれた。

だから私もやる気になり、ほぼ毎日、時間があれば本屋や図書館で、美容系の雑誌や本を読みまくり、ダイエットや医学の本もチェックしまくった。一つには美容系の情報を網羅し、ライバルの美容外科をチェック。かつ、エステや健康食品の広告や記事もチェックし、その上で広告コピーの作成に取りかかった。

つまり、一般の美容に興味ある女性に成りきり、情報を入手するであろう媒体をデキル限り同じように自分も読んでみて、その上で同じキレイになるのでも、化粧、ファッション、エステ、日常の食事、健康食品、スポーツなど、あらゆる情報を見比べる。その中での美容外科の優位性を客観的に打ち出し、さらに数ある美容外科の中で聖心美容外科の優位性をいやらしくない程度にPR。しかし、まじめな姿勢と謙虚さも失わず、品のある文章を毎月書き上げた。

おそらく、当時、美容外科に関わる広告代理店の人間では日本一勉強し、最終ユーザーの立場に立ってコピーを考えていたと思う。

怪しい美容系で本気!正直は超少ない。他の業界も同じ。ヤバイ業界はチャンス!

その後、聖心美容外科はグングンと業績を伸ばして全国展開。院長の山川は、2003年?2005年に高額納税者全国トップ50位に3年連続で入った。まあ、独立起業家としては大成功だ。ただ、私が直接、聖心美容外科の広告を担当したのは1997年まで。かつ、企業経営における広告の貢献度は数%程度だろう。

私も思いきった仕事ができたのは、手術の腕が最高レベルで美容外科ではありがちな訴訟も一件もなく、職員や取引先をまとめるリーダーシップなど、とにかくスゴイ経営者だったから。しかし、個人的には大きな自信となった。

(が、4年後、私は自分で自分の首を絞める暴挙に出る。永いウツの始まりだった)

こうして聖心美容外科は大成功し、私も毎月1000万近い広告を受注。かつ、広告文章力、売れるコピーライティング力が身に着いた。毎月毎週の聖心美容外科との真剣勝負の結果だが、それは出版社「ビジネス社」でのテープ興しや取材のバイト経験があったから。もっと言えば、18才から始めていた日記の習慣で、いつのまにかそこそこの文章力が身に着いていた。

ビジネス社のバイトは、最初の独立に失敗して仕事がなかったから。日記は、高校まで作文が大の苦手でダメだったので、何とかせねばと始めた。何事も怪我の功名なのだ。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2021 人生は逆転できる!