最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

ルサンチマン

第二十二章 実現

成功しなかったから成長できた

これは、私が成功しなかったから。社会に出て44歳まで仕事の失敗ばかりで、安定した時期がほとんどありませんでした。でも、このままでは終わりたくないと、様々な事例を勉強し続けました。たぶん、早い時期に仕事も起業も成功していたら、他人に学んだりすることはなかったでしょうね。さらに自分の天職もわかりませんでしたから、会社の規模や年齢に関係なく、自らセミナーも主催して異業種の成功人生事例を聴きまくりました。

「この人はなぜ成功したのか?」「どうやって人生を逆転したのか?」「自分の天職は何なのか?」と。しかし、最初の就職?起業後も20年間、自分の天職がわかりませんでした。仕方がないので、苦し紛れに他人の事例をまとめた本を出し、他人の事例を話す講演をしたんです。すると相談事もメールや電話や面会で受けるようになり、何も成功体験がない自分が対処できるのかと不安でしたが、ほとんどの悩みや課題にスラスラ解答することが出来、自分でも驚きました。

まあ、私に相談するくらいですから、小企業経営や独立相談が大半で、難しい案件は少ないですけどね。しかし、小企業系に特化して本やブログや講演をする講師コンサルは少なく、さらに気軽に接近戦する著者も少ないようで、直接交流した方々が本の紹介も沢山して戴き、結果、初版が出てかなりの年数が経つのですが、既刊本は今も毎年増刷が続き、ロングセラーにして戴きました。

「世界一周」の夢も実現

「小さな会社☆儲けのルール」は、アマゾンの<中小企業経営>ジャンルで2002年以来、約300週も毎週全国1位を継続中。さらに、福岡の地場出版だった2冊目の「逆転バカ社長/天職発見の人生マニュアル」も、発売から5年目の2008年に文庫本となり、晴れて全国発売となりました。昔を思えば奇跡ですね。

講演依頼も年間約100回戴き、最近では、あの元巨人で大リーガーだった桑田真澄さんと一緒に、青年会議所の九州大会に講師に呼んで戴きました。ただ、桑田さんはメイン会場で2500人。私は分科会講師で250人ですが(笑)。

趣味で始めたセミナー勉強会「九州ベンチャー大学」も2008年で16年目。分科会の「やる気会」や「早朝勉強会」も含めると、累計の参加者は1万人を軽く越えます。今も毎月毎週開催することができ、「ベンチャー大学」のDVD・CDネット通販もコンスタントに毎月100万円弱出ます。

講演や印税と合わせ、妻と2人の零細事務所では充分な収入です。ダメな時代=極貧生活が永かったので、今も衣食住は最低限でOK。服はユニクロだし、昼飯も牛丼松屋の390円ビビン丼。家も事務所も8万円前後の賃貸で、車も平成3年の中古。

しかし、トンデモナイ贅沢もしました。2006年?2007年にかけ、1年間の世界一周に行ったのです。妻を隊長に、当時小学生の子供も2人一緒。2005年に福岡西方沖大地震を経験+身近な知人の死を見て、「人生は一度しかない。生きているうちに夢を叶えよう」と、中南米?アフリカ?中東?アジアを貧乏旅で廻りました。

途上国や成長著しい新興国のハングリーパワーには圧倒されましたね。同時に、日本と日本人のスゴサ=正直でマジメで謙虚で人間性が高い=も再発見しました。世界遺産やアフリカの大自然など、「もう、いつ死んでもイイ」と思わず声が出るほどの体験もしました。私が2回強盗に遭うなど、危険な事も山ほどありましたが、たぶん、家族4人の子連れ世界一周は日本初。さらに、子供の日記を中心に妻が編集した「それゆけ小学生・ボクたちの世界一周」という本も出ました。

1年間の世界一周の費用は家族4人で550万円。加えて、国内の家と事務所の維持費などで400万円と、1000万円あった預金はほとんど使い果たしました。1年間の休業=廃業同然ですから、帰国後は最悪バイトや派遣社員からと覚悟していましたが、予想以上に仕事も急回復。講演や出版依頼は休業前よりも多く頂き、最近は上海やタイからも講演講師で呼んで戴けるようになりました。

1年も仕事を休んでいたのですが、むしろ経営ビジネス系の講演やアドバイスの質も、以前の何倍かに成長したと自負しています。何かを始めるには「捨てる」勇気と行動が必須と云いますが、まさに今回の「世界一周+休業1年」は、「経営人生」で一度死んだも同然。行く前は年々仕事も増え、それまでの人生で絶好調でした。それを捨てたことで、何かひと廻り成長させて戴きましたね。

こうして世界一周で人生観がガラリと変わり、胆力や行動力も拡大。日本の価値観では想像もつかない最低最悪の極貧途上国に行き、それでも逞しく生きるハングリーな子供や大人や動物や大自然に接し、世界と日本と地球と宇宙に乾杯!というカンジ。

帰国してもJALや役所や大学やライバルや、果ては講演参加者のお客ともケンカをしまくってますが、成功も失敗も名誉も恥もなんでもOK!「生きてるだけで丸儲け」「いつ死んでも悔いはない」と開き直って生きています(身近な家族は迷惑を被ってますが)。

こんな好き勝手な人生が送れるのも、今まで出逢ったお客様と読者と友人知人、家族、産んでくれた親、先祖、日本、世界、地球、宇宙、この世のおかげ様です。本当に有り難いこと。ありがとうございます!講演や本に加え、会えない人には日々のブログやメルマガを通じ、少しでもお役に立てる情報を死ぬまで発信し、残していくつもりです。

天の摂理と原理原則

この「世界一周」も、前述した「成功哲学」の「夢・目標設定用紙」に毎年書いていました。まだ「本を出す」「講演をする」と共に、実現可能性がまったく見えなかった2000年からです。一連の「成功哲学」や「自己啓発」に書いてある原理原則は真実です。

その手の分野は胡散臭い本や業者やセミナーも多いし、「成功」や「夢」を公言する内容は謙虚な日本人には合わない部分も多いですが、人の数倍はその手の読書や勉強会に参加し、成功者のプロセスを傍観してきた私に言わせてもらうと、「人生で成功する最低限の原理原則」はあります。

それは、あなた自身や身のまわりを振り返ってみれば一目瞭然。人も会社も国も、「夢や目標」がないよりはあった方がいいし、何のためにという「目的」や「志」がわかれば「やり甲斐」や「生きがい」や「働きがい」も産まれます。現状が3レベルなら、5や7のレベルに成長したいのが人間の本能。ずっと赤ちゃんや小学生のまま、サラリーマンでもずっと平社員でいいという人は皆無に近いでしょう。

起業したら黒字にしたい。最低限の生活と将来への利益も確保したい。拡大欲求は人それぞれですが、サラリーマンに比べると将来の保証はないし、激烈な競争に勝つには、目的目標+その実現への戦略戦術や仕組み作りは欠かせませんね。

人によっては堕落や破滅を求めるかもですが、現状維持や縮小でも質は高めたいでしょうし、現状維持にも努力は必須ですね。「自分は今のままでいい」と努力を怠ると、周囲の環境・ライバル・お客が変化成長するので必ず衰退します。

まあ、人は産まれたら100%死ぬのと同じく、会社も50年以上続くのは1%もない。統計上、限りなく成長発展拡大することは奇跡に近いのですが、生きている限りは、少しでも夢や希望を追い続けたいですね。

青春=夢×情熱

これは私が創った格言ですが、「青春とは常に夢を持ち、その実現への情熱を持ち続けること」。プロスポーツやオリンピックで世界中の人が感動するのは、たかが数センチの高さを競う棒高跳びや、0コンマ何秒を縮める100m走ですが、夢と目標にチャレンジする姿が美しいからですね。人は、限界に挑戦している姿に感動し、応援支持します。それは本能的に、自分の姿を重ね合わせるからです。

人に寄りますが、成長と変化と発展・創造は、人間の欲望であり本能と云ってもいいでしょう。まあ、ヒンドゥー教では安定維持と破壊の神様もいて、一番エライのは破壊の神様だとか。創造的破壊が大事ということですね。

スポーツでは現役引退しても、指導員やキャスターやサラリーマンへ転身しますね。一般の人や会社も同じ。それぞれの価値観と器と時代に合わせ、常に新たな夢と目標に向かって変化し続けたいですね。人生も経営も諸行無常=諸行は常ではない=死ぬまで変化し続けるのが天の摂理。欲を言えば、死んでも業績や発明や生き様や考え方を残す=後世に伝え生き続ける何かを残すのが理想ですね。

人生の成功哲学

●経営の成功哲学
・実は私自身、初めて弱者の戦略=本の内容を実行に移した。

●人生の成功は「夢戦感」

●未熟者は正義のルサンチマンでもいい
・人には様々な段階がある
・40以下で感謝の意味などわかってたまるか
・バカは痛い目に遭って気づく

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2021 人生は逆転できる!