最新エントリー

世界一周 ニュース ブログ

イランはイイとこでした。

美男美女ばかり。今や戦争状態のイラン。イイとこでした2017年8月。行っててよかった。ホントは今の紛争を観たいが。日本人少なくモテモテ。イスラム圏はイイ感じ。が、宗教や今回みたいな米国との争いになると一気に狂気へ。米国も。イイんです。何かを為すには狂気が必要。以下に秘境マスレ村やホメイニ廳への潜入盗撮動画が貴重 FullSizeRender FullSizeRender

ニュース 小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

独立起業して何をやるか?サラリーマンの延長?自由に好きなこと?悪徳ボッタクリFC?

■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は https://amzn.to/2finYCs ■個別相談 https://bit.ly/2q2v7lr ■1/20東京 キミアキ先生コラボ ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■メルマガ https://www.mag2.com/m/0000099898.html ■公式サイト https://yumesenkan.jp/

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

大企業やめて中小企業診断士で独立起業したい

以下、大企業辞めて中小企業診断士で起業目指す方へ、無責任アドバイスやコメントを。年末年始多いすw ■栢野克己様 はじめまして、私、関西某県に住むSと言います。突然のメールで申し訳ございません。栢野様が執筆された「小さな会社の儲けのルール」を読ませて頂き、またYouTubeの講演動画、HPを拝読させて頂き、大変感銘を受けました。特に、中小企業の経営者に対して、経営学やマーケティングの理論を難しい言葉を使わず論じている点は大変素晴らしいと思うと共に強く共感しました。早々ですが、今回、メールさせて頂きました理由 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

中小企業の成功戦略13カ条その5

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 5、非関連の多角化や商品の幅を広げすぎると戦力が分散する。弱者は商品の幅を狭くし、強い商品に力をより集中せよ。■自治体専門の広告代理店ホープ、不良専門の矢沢永吉、ヤンキーバカのドンキホーテ、最初はみんな単品通販で成功した九州通販、総合リフォームから外壁塗装に絞って60億ホームテック、賃貸やめて売買特化ハウスウェーブ、ラーメンうどん総合麺の一風堂に勝つため豚骨のみ一蘭■昔、百貨店は小売の最高峰で皆の憧れだった。読んで字の如く何でもあった。小売の競争がゆるい時代は。競争 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

弱いものイジメの法則

■弱い者いじめの法則 ※経営の場合です 日産自動車の業績がひどく悪くなり、フランスのルノー傘下に入ったのは、日産の2倍以上の経営力があるトヨタを攻撃目標にしたためです。三洋電機の業績が悪くなったのも、元をたどれば三洋電機の5倍以上の経営力があるパナソニック松下電器産業を攻撃目標にしたからです。※ロッテリアが40年経ってもダメなのは、大資本ロッテのプライドでずっとマクドナルドのマネしてるから。貧乏脱サラのモスは最初からマクドナルドと差別化で競争せず 上場企業には、組織の上層部に学歴が良くて、戦力をしっかり ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

小さくても1位づくりが大事な理由

■小さくても「一位づくり」が大事な8つの理由 1位作りを目標にしている社長と、目先の売り上げや利益を追い求めている社長とでは、5-7年もすると利益性に大きな差が出ます。 ①特定の地域に多くのお客を作ると移動時間が少なくなります。移動時間が少なくなると余った時間で多くのお客が回れるので、営業マン一人当たりの粗利益が多くなります。これを「一位粗利益増加の原則」といいます。 ②特定地域に他社よりも多くの客を作ると、営業活動で必ず発生する生産性マイナスの移動時間が少なくなります。営業マンの実質営業経費はとても高 ...

ブログ 成功事例

成功者の意外な過去

私のライフワークは成功起業家の人生Wiki。を調べてると「またか!?」という負のマイナスの共通点が。例えばマルチ商法ネットワークビジネス経験。本人がカミングアウトしてるケースでは■「皇潤エバーライフ創業者井さんは羽毛布団時代のジャパンライフ」。■同じく「やずや創業者も「ジャパンライフをやった。でも自分の分だけ仕入れて他人には売れんかったなぁ」。■「鏡の法則」野口さんはYouTube動画でアムウェイやってたとカミングアウト。これは真逆の清廉潔白イメージだったので驚いたね。■本田健も以前から「昔有名なディスト ...

世界一周 ニュース

パパ活継続中

  今日のパパ活。ここなら安心「何でもイイぞ!」と太っ腹なとこ見せようと思ったんですが、買ったのは100円のドロップと手袋の2点220円。ランチはバーミヤンでしゃぶしゃぶ牛食べ放題2人で4200円。倹約往復の高速バス7200円。バス客は大半の若者に混じって困窮中高年チラホラ。プチ屈辱的。ってか国内バックパッカーだな。3時間の日帰りデートでした。黒いローラ、黒いザギトワって感じ。近くで見ると少女マンガのような目鼻立ち。こんな美女がなぜオレと?出稼ぎパパ活ってのが一番わかりやすいがw。来日1年で10 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ 成功事例 お客様の声

中小企業の成功戦略13カ条その3

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 3、経営力に限りがある弱者は、戦わずに勝てるものや勝ちやすいものに目標を定め、まず小さなもので1位になることを目指せ。 ■著者の栢野さんを初めて見かけたのは12年ほど前、パテシエの修行中に技術だけでなく、経営や宣伝などを学ぼうと福岡の商工会議所での講演でブルースリーの真似した怪しい変な講師が栢野さんでした・・・「小さな会社☆儲けのルール」を読むようにおススメする宣伝みたいな講演で胡散臭いなぁと思いながらもその本を読んだらびっくり!!、衝撃が走りこれを参考に自分なりの ...

ブログ

中小企業の成功戦略13カ条 その①

■中小企業の成功戦略13カ条 1、経営の目的は利益発生源の顧客を増やし、1位の地域か1位の商品を作ることにある。1位と2位や3位とでは、一人当たりの利益で3倍も4倍も差が出る。とにかく何かで1位になることを目指せ。by竹田陽一■2位じゃダメなんですか?いいんだよ。実際には99%以上が2位以下で生きてる。経営の目的は顧客づくり?まぁドラッカーの受け売りで一般人にはわけわからん。そりゃ顧客がいないと潰れるが。そりゃ自分が属するカテゴリで2位や3位より1位はイイ。目立つしカッコイイし、顧客もどうせ買うなら付き合 ...

第十二章 結婚

2008/10/28

借金返済のため、再び独立

一方、1億円の借金は実家の売却で残りは約3500万円。毎月の返済は約30万円で、これは父の残した銀行株券を少しずつ売却することで払っていたが、1995年の始めには残り少なくなり、手取り30万円に満たないサラリーマン生活では支払えない状況に追い込まれていった。大名17坪の土地は狭く、世間もバブル崩壊が続いていて売れそうにない。というか、実は本心では売る気がなかった。

忌々しい事件の発端となった土地だが、栢野家先祖代々の土地で、俺が生まれた本籍地でもある。35年前、ここは祖父の土地だったが、離れの一角に小さな分家があり、そこを両親は新婚の住処としていた。数少ない俺の幼少時の写真はこの土地でのもの。できれば先祖代々の土地を死守したい。が、今のままでは支払不能に陥る。どうすればいいか。

今の仕事よりも稼げる仕事はないか。私は求人情報を目を皿のようにして見て、佐川急便のセールスドライバー月給50万円に電話した。しかし、27才までの年齢制限に引っかかってダメ。他には悪徳マルチ商法の「借金まみれで何をやってもダメだった私でも成功しました。あなたも億万長者に!」みたいな代理店募集広告も目に留まったが、高級車をバックにガッツポーズのバカモデル男に反吐が出て諦めた。

ある日、営業実績の個人月次決算表を見ていて、毎月150万円以上利益を出していることを思い出した。今のお客を抱えて独立すれば、何とか借金返済も可能だ。サラリーマンでお客を横取りして独立するのは信義に反するが、他に方法が見つからない。追い込まれた人間は窃盗でも泥棒でもするものだ。

既存クライアント約30社を廻ると、全社から独立後もつき合うと承諾を得た。その保証はなかったが、私は自分の広告コピー力に自信があり、お客も認めていた。同じ広告枠でも、文章内容で効果は全然違う。職人的な個人芸が幸いしたようだ。

こうしてお客への根回しが終わったあと、会社に状況を正直に話すと意外にも理解を示してくれた。結局、クライアントの大半は私が独立後も引き継ぎ、ただし、粗利は会社と折半することにした。

阪神大震災と地下鉄サリン事件があった1995年の夏、サラリーマンとしては最長の丸3年勤めたアド通信社を退社し、36歳で2度目の独立をした。

過去最高の女性と結婚

前年の1994年秋には、まさかの結婚が「できた」。福岡にUターン後、30才を越えた焦りと性欲から、仕事や交流会でイイ女がいれば即アタック。35歳を過ぎてからはほとんどストーカー状態で約10人の女性を追ったが、そのすべてに振られた。

冷静に考えると、ダメ転職を繰り返して1億の借金を抱えた男なんて、逆の立場で考えたら絶対結婚したくない。そう達観し、追うのを諦めた1994年の春。

その直後、異業種交流会の案内発送手伝いをしてもらった女性と昼飯を食った。彼女とはその2年前からの知り合いで、素敵な女だとは思ったが自分の好みではなく、交流会の受付を事務的に頼んでいただけだった。

ちょうど土曜日でお互い会社も休み。交流会の発送作業も昼で終わったので、ドライブがてらに郊外の「牧のうどん」今宿店へ車を走らせ、初めていろいろ話をした。するとお互いアグネスチャンのファンだったとか、沢木耕太郎が愛読書だとか、思いがけぬ共通点がわかって一気に意気投合。

もしやと。私は密かに自分の嫁さん条件「①貧乏に耐えられる ②誰とでも話せる ③水商売の経験がある ④夜はスケベに徹する」をチェック。①は当時まだ数千万円の借金があり、当分は貧乏生活を強いられるからだが、彼女は短大卒業以来毎月10万円の節約生活をしていると聞いて納得。②は異業種交流会で確認済み。

③はクラブやスナック経験で、男は所詮、アホな子供みたいなもんだということをわかっている人が楽だと。でも、このお嬢さん的な久米さんは経験ないと思ったら、なんと、転職の合間で食えないとき、お触りなしのクラブで働いていたという。

これで一気に盛り上がり、この女性の人生が知りたくて、結局、昼から夜10時頃まで引っ張り回してデート。そしてワインが好きだと聞いたので、翌日の夜、コンビニワインを持って彼女のアパートへ飛び込み訪問!④もしっかり確認し(笑)、こんな理想の女性が近くにいたのか!と大興奮。実はその数週間後、彼女は長期の世界一周一人旅に出発する予定という切迫感にも押され、交際始めて1週間でプロポーズした。

この頃、俺はサラリーマンとしては過去最高の時期を謳歌した。聖心美容外科の仕事が成功して売上ノルマも月初には毎月達成。課外活動のベンチャー大学も盛況で、過去最高の女性とも婚約。仕事とプライベートが同時に絶好調になる経験は初めてだった。

中途入社は1992年の11月だったが、その1年後に聖心美容外科の仕事で月に1000万円を超える受注・粗利も月に250万円程度だが、ローカル中小広告代理店の営業マンとしては充分な稼ぎだった。そこに過去最高の女性との恋愛と婚約。仕事と恋愛の成功がスパイラル的に上昇気流に乗り、まさに私は舞い上がった。

出社停止事件

社外活動の異業種交流会「九州ベンチャー大学」も盛況で、その活動と私のことが西日本最大の西日本新聞や全国版の社会経済生産性本部新聞にも大きく記事で紹介され、仕事、恋愛、課外活動と、公私ともに過去最高のエクスタシーを感じた。

自分の顔写真が入った記事を新聞で見たとき、まさに快感で鳥肌が立った。発行部数90万部の公の新聞にタバコ3箱くらいの大きさ。すげえ。こりゃ、ちょっとした有名人だ。 朝刊を見た同僚から「おっ。栢野さん!載ってるじゃない!」と言われ、「いやー、別に大したことじゃないから・・」と静かに照れたが、内心は最高にうれしかった。

俺は目立ちたがり屋だなあ。まあ、誰でもそうか。テレビや新聞に出るのは、歌手、俳優、プロスポーツ選手と同じく、功名心が満たされるからか。マズローの欲求5段階説の上位にある周囲への認知、自己顕示、自己実現欲が満たされた瞬間だ。

ただ、サラリーマンの場合、目立つ行動は嫌われる。嫉妬もある。事実、異業種交流会「九州ベンチャー大学」の活動規模が大きくなるに連れ、社内から怪訝な視線を浴びた。「何やってんだ、あいつは。仕事に関係ない活動を社内でやって・・・・」

当初、交流会の案内作成や発送作業に会社の封筒や切手を使用。問い合わせや受付も会社の電話やFAXを使うなど配慮に欠けた。社内の反発は当然だった。

が、私は当時の上司に恵まれた。今村さんという超プラス発想の人で、俺のやること為すことなんでも「面白いねえ。やれば」「今のままでいいよ」と認めてくれ、サラリーマンの枠を越えた俺の活動を全面的に認めてくれ、自由を謳歌できた。状況とタイミングにもよるが、上司によって力の発揮具合は全然違うと実感した。

今思い出したが、出社停止事件も起こした。これは日本LCAの小林さんが書いた「知的生産性DIPS」という本を読んで、社員全員が感想を出すという行事でのこと。人生に乗りまくっていた私が書いた感想文は、そのままアド通信社の社内改革文書となり、自分でも非常に満足した。これは名作だ。

何を考えたのか、功名心からか、私は総務を飛ばして社長に直接送り、意見を待った。1週間経っても何も連絡がなかったので、社内の近場の人に見てもらったが、なかなかいいねえとお世辞の声で、私はますます舞い上がった。

2週間経ったが、社長からは何の返事もない。ある夜、会社のFAXに短縮登録してある新聞社・テレビ・ラジオ・雑誌社などマスコミ数十社に、自分の改革提案書を一斉に流した。当時、大前研一氏の本だったか「日本を変えるには外圧しかない」に共鳴し、会社を変えるには社外からの意見だと。自分の会社を良くしたい真摯な気持ちは充分あったが、上出来と思われる改革提案書を見て欲しかった、自己顕示欲の行動でもあったね。

一斉FAXの翌日、新聞社のお偉いさんとか多数が会社に押し掛け大問題に発展。内部文書を社外にばらまくとは言語道断と、会社始まって以来の懲罰委員会にかけられ、1週間の出社停止処分を受けた。増田社長が私の感想文各所に赤線を引いていたのと、出社停止を勧告する文書を震える声で事務的に読み上げたことが印象深い。

また、処分を受ける前まで「いやー、栢野の感想文はスゴイよ」と囃していた人の大半が、処分後には手のひらを返したように「あれはまずかった」と変心したのが面白かった。本性見たねという感じ。まあ、それもサラリーマン。仕方がないのだ。

こうして、彼女の4ヶ月世界一周一人旅の間に出社停止処分に会ったが、仕事に恋に課外活動に最高で、これからはアジアだ!と上海、香港、深せんに行って現地の会社に飛び込み挨拶したり、婚約者が旅していたギリシャにも行った。

エーゲ海の島にも行ったが、これも最高の旅だった。白亜の島の瀟洒な宿に泊まり、彼女の自炊で目覚め、スクーターに二人乗りで島を南北に縦断。途中でガソリンが無くなったが、外人からガソリンをもらう親切にも巡り会い、無事に宿へ帰ることが出来た。

夢のような婚前旅行を経た1994年の秋、彼女が帰国と同時に結婚。その時には赤ちゃんも宿っていた。

\ スポンサーリンク /

-ルサンチマン

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.