最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

ルサンチマン

第十五章 大学

「大学」を設立

 こうして勢いを取り戻してきた1998年の11月、居酒屋のてっしい村・溝上社長がある独立希望者を連れてきた。三和銀行の営業マンを経てリフォーム会社の社長室長をやっているが、今度会社を設立することになった。名刺や会社案内やチラシなど、営業ツール一式を作って欲しいと。うれしい話だが、海のものとも山のものわからない会社で、回収が出きるかどうかのリスクがある。

 事務所で2時間話を聞き、その後、天麩羅やで2時間、人となり、計画を聞いて決めた。ぜひ、その仕事を受けさせて欲しいと。これが一気に700万円ほどの大型受注になり、その他ふく鮨本舗の三太郎のテレビCMや、毎月の受注額は30万円前後と小さいが、広告効果の改善で業績も人生も大逆転することになる英会話のFCC・赤峰社長のコピーライティングなど、受注額も内容も大満足できる仕事が続くことになる。

 また、この頃、香酢や青汁などの健康食品通販会社「やずや」の矢頭宣男との仲が急速に高まり、やずやを会場にし、SMIという自己啓発教材を販売するサクセスパワー福岡の上射場社長が主催する成功哲学勉強会に参加して、初めて人生の夢とか目標設定をした。この中で「本を出す」夢も書いた。が、本を出すなんて夢のまた夢、叶うはずがないと思っていた。

 矢頭さんとは、矢頭さんが講師になって行った21世紀生き残りセミナーの集客や運営を手伝ったり、東京のあるコンサルタントのセミナーに共に参加した。また、正月には矢頭家の家に呼ばれ、当時、調子に乗っていて妻への感謝を完全に忘れていた私は、矢頭さんから相当な強さで頭を殴られた。まさに愛の鞭。後頭部だったのでクラクラした。少し、やばかったが、この半年後に矢頭さんは他界。今では宝のような一生の想い出だ。

 年が変わり、1999年の2月、「大学を創る」という考えが閃き、一気呵成にチラシを作成。数百人に賛同を求めるFAXを送り、100人からの賛同者を集め、4月から「九州ベンチャー大学」特別版と称し、それまでやっていた異業種交流会「不況撃破懇談会」とは別に、独立起業のビジネススクールをスタートした。

 これは当初、和洋菓子チェーンの石村萬盛堂と宅配鮨チェーン「ふく鮨本舗の三太郎」のFC加盟店募集を狙ったイベントの広告文章を作成している最中、「九州ベンチャー大学」という名称を思いついたのだが、この名前にピンときた。

 これはイイ名前だ。単なるFC募集のイベントではなく、公的な感じで、単発ではなくシリーズで独立起業を考える人に役立つビジネスセミナーにするのだ。

 今までの異業種交流会を拡大し、独立起業と中小企業に絞ったビジネススクールにするのだ。通常のビジネススクールは講師も内容も大企業中心。この九州ベンチャー大学はゼロから始める起業と零細中小ベンチャー企業に絞るのだ。

 学部学科は、独立起業学部、営業学部、新規開拓学科、ルートセールス学科、商品戦略学部、地域戦略学部、客層戦略学科、顧客創造学科、財務学科、成功哲学学科、人間心理学科、挫折克服学科・・・などとし、講師は各分野で活躍する現役起業家、コンサルタントが担当。これは、中小企業コンサルタント・ランチェスター経営(株)の竹田陽一先生が、以前から提唱している大学改革案。社会に出てもほとんど使えない経済学とか会計学ではなく、営業とか地域戦略とか、実務に使える学部や学科がなぜないのかと。

 このあたりの考えをワープロで一気に書き上げ、それを数百人へfaxして100人の賛同サインをもらい、「起業家100人によるビジネススクールを開設!」としてマスコミへfax。これが朝日新聞や西日本新聞、起業雑誌アントレなどに大きく取り上げられ、第一回目の前半は、石村萬盛堂の石村社長、ふく鮨本舗の三太郎の蔀社長、ランチェスター経営の竹田社長をパネラーとして私が司会のパネルディスカッション。後半は竹田社長のワンマンセミナーと交流会。初回から100人を越える参加者が集まった。朝日新聞は社会面と経済面、西日本新聞は夕刊だったが、一面トップにデカデカと記事が載った。

 (俺はマスコミに載ると調子が良くなる。一般の人が、新聞やテレビや雑誌に記事として紹介されるということは、一生に一回あるかどうか。それが俺の場合、10数回は超える。そのほとんどは異業種交流会がらみ。公的な内容。マスコミに報道されること、マズローの欲求5段階説の認知と自己実現が満たされる。通常は周囲の人たちや所属する組織などから認められる、支持される程度だが、マスコミ報道は告知の数のケタが違う。新聞地方版で約40万部から90万部、テレビは300万世帯、雑誌も数万から10万部。有り難いことだ。勘違いしないよう、自己制御が大事)

 第二回目からは会場をHIS九州中国本部のビル内セミナールームに移し、前半は地場コイン駐車場「テクニカル電子」本房社長などの起業家による独立物語、後半はランチェスター経営・竹田社長による弱者必勝の経営戦略講座で計3時間。この特別版のベンチャー大学とは別に、通常の異業種交流会も毎月開催。この毎月約50?100人集まるセミナー交流会を、同時並行で1年以上継続した。他のゲスト講師はカギの110番・上野社長、音丸行政書士、FCC英会話の赤峰社長、スコッツの下田社長、市民バンクの片岡社長、パナ通信社の亀川社長他を迎えた。

 (この特別版は1年しか続かなかったが、この講義内容はほぼそのまま、のちの「小さな会社☆儲けのルール」「逆転バカ社長」の重要な原稿になった。人生に無駄はない)

突然、またもウツになる

 こうして97年前半は絶好調、97年後半から98年前半は不調、98年後半から99年後半まで絶好調・・・・といった好不調の波を繰り返した後の2000年2月、2度目の本の出版にトライしていたある日の夜、またもウツに襲われた。

 今まで何回もウツになったが、今回のウツはそれまでと違った。予兆というか、ウツに入る瞬間が自分でわかった。最初、頭の隅に何か光のようなものが差した。そして、不覚にもウツだと確信してしまった。自分で自分をウツだと洗脳したかのようだった。

 原因はよくわからない。が、直前に五木寛之の「大河の一滴」を読み、「マイナス発想でもいいじゃないか」「人生は苦しみなのだ」みたいな文章に洗脳さえたのかも。

仕事は相変わらず求人と販促の広告代理業で、何とか最低限食えていたが、ぜんぜん満足はしていなかった。しかし、じゃあ、他に何かもっと自分に合う仕事はと自分に問いかけても見えない。わからない。何度目かの天職探しの時期が来たのだ。
 
 そんな2000年の4月、ランチェスター経営の竹田先生から、先生の主催する経営研究会で講演をしないかと声をかけてもらった。その前から、「栢野さんも本を出しなさい。講演をしなさい」と言われていたが、冗談じゃないと思っていた。竹田先生は東京商工リサーチの全国トップ営業マンを経て、44歳で経営コンサルタントとして独立。その後20年で約13冊の本を出し、講演も約4000回の実績がある。何もない俺が講演とか本を出すなんてできるはずがないと思っていた。

 しかしまあ、これも経験だと引き受け、しかし、私自身の経営成功体験といえるようなものはないに等しいので、広告代理業を通じて、自分の広告の出来であきらかに業績アップに貢献できたと思う取引先の事例を話した。

 当時、通信販売系のダイレクトマーケティング理論が一部で注目を浴び、その理論と自分の広告事例を組み合わせ、小さな会社で小さな広告でも、広告文章次第で効果は何倍も上げられることを、聖心美容外科やFCC英会話やホームテックの広告事例を上げて説明した。

 初めての講演にしては、自分でもまあまあの出来だと思った。予想以上にエネルギッシュに話している自分というか、自分で自分の話に酔っている、良い意味で調子に乗っている、原稿もなしで話す言葉が次々に出てきた自分に驚いた。

 しかし、講演がうまく行った余韻に浸れたのも数日で、またウツ気分が到来。新規開拓の仕事はせず、既存クライアントから声がかかったら仕方なく出向くという、なんとも後ろ向きな姿勢で広告代理業の仕事をなんとかこなした。

 その合間に、講演も何回かやってみた。福岡大学の学生向け、青年会議所、流通研究会など、その大半は求人や販促広告の成功事例だった。まあまあ、なんとか詰まりながらも、毎回、講演らしい形にはなった。

講演にチャレンジして大失敗

 しかし、ある会合で出逢った専門学校の女性経営者の依頼でやった独立起業セミナー。これが大失敗した。これは大元のお金は国というか職安からで、失業者向けに独立起業セミナーを連続で25回ほどやることになった。

 金額は1回2時間前後で2万円くらいだったか。忘れたが。自信はなかったが、トライする価値は十分あると思い、カリキュラムを組んだ。形式は、前年にやっていた九州ベンチャー大学の特別コースと同じ。

 前半で実際に起業した経営者を招いて体験談を話してもらい、後半は、私が竹田ランチェスター理論に則って、商品戦略・地域戦略・客層戦略・営業戦略と話していく。つまり、実例と理論を相互に繰り返しながら講義するというもの。対象者は現在失業者で職安に通っている人で、かつ、独立起業に興味がある人。

 しかし、結論から言うと、毎回の講義に参加する人はドンドン減り、40名の教室に5名を割る日が続く。講義中もあきらかにウケていないのがわかり、全25回の内、半分も消化しない段階で俺の方から根を上げ、講義を辞退。惨めな敗北宣言だ。

 原因はいくつかある。最大の原因は、参加者を引きつける講義ができなかったこと。これに尽きる。いや、参加者は失業保険期間の延長が最大の目的で、起業自体には実は興味がなかった。つまらない講義、やる気のない生徒・・・大学の授業と同じだった・・・とは言いたくない。責任はこの私にあったのだ。

 参加者は多いときで10名程度で、少ないときは5名。今は同じような内容の講演を年間100回近くやっていて、原稿なしでもスラスラ行けるが、当時は原稿を読まないと講演が出来なかった。自分自身の体験談はOKだったが、ビジネス系の話はアドリブではダメだった。思い出しても顔が赤らむ。冷や汗が出た。

 毎回、講義の数日前からレジメを持って講義練習を事務所でやったが、結果は悲惨だった。意気込みは相当なものだったので、かつ、自分なりには事前準備もしっかりやったつもりだったので、この失敗は相当ショックだった。竹田先生の本を何回も読み、講演講義も何回も受け、理解していたつもりだったが、何も身に着いてはいなかった。そのこと自体もショックだった。

 さらに、将来はコンサルタントや講演家で食っていくという考えもチラとあったので、その道はとてもじゃないが自分には向かない、無理だと、大いに落胆した。それは即ち、自分の天職探しにも失敗したということだった。

 ただでさえウツなのに、この大敗北は完膚無きまでに私を打ちのめした。日々、夢遊病者のような感じで時が過ぎていく。今までの広告の仕事はなんとかこなし、なんとか最低限は食えたが、やりがいも将来性も見出せない。何とかせねばともがいた。

 自分の天職は何か。独立して5年が過ぎていたが、私は「アントレ」とか「ビジネスチャンス」などの起業本を読み漁った。何か自分に合う、できる、満足できる仕事がないか。 お客から呼ばれれば仕事に出たが、多くの時間は以前も経験したように、図書館や公園で人生本を読んだり、無為な時間が過ぎるのを待った。完全に青い鳥症候群というか、今の自分は本当の自分ではない。でも、何をやったらいいのかわからない。わからないから悩む。サラリーマンに戻るか?でも、何が向いているのかわからない。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2021 人生は逆転できる!