最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

ルサンチマン

第九章 見せかけの成功

6社目・出版社でバイト

 そんな時、ビジネス社の花田さんという人から電話をもらった。以前、飛び込み営業で名刺交換したコンサルティング会社「船井総研」の総務部長で、今度、船井総研が買収した出版社「ビジネス社」の社長になったという。

「やあ、久しぶり。独立して半年たったようだけど、どうだ?食えてないだろ?」
「なんでわかるんですか?」
「そんなもんだよ。それより、うちでテープ興しや雑誌作りのバイトしない?」。

 聞けば、週に3日くらいの出社で月に20万円のバイト代を出すという。他にやることがないし、固定給は魅力的。それと、出版社というマスコミにはミーハー的な興味がある。ホンの少し考えたあと、お願いすることにした。

 実はその頃、私は「週刊キウイ」というマイナーな週刊誌に、自虐的なエッセイを書いていたのだが、ビジネス社でキウイ池田社長の本を出す話が進んでいて、たまたま私のエッセイも読んでいたのだ。

 私は週刊キウイの読者だったが、2度ほど読者のご意見コーナーに投稿したところ、池田社長の奥さんであるキウイ編集長から「栢野さんの意見は面白いですねえ。何か書きませんか?」と言われ、仕事のなかった私は、自分の就職や転職の失敗をドキュメントで書いていたのだ。

 自分の会社は休業状態だったから、ビジネス社の仕事は実質、6社目の転職先となった。最初の仕事はテープ興し。コンサルタントの講演テープを聞きながら文章に直す単純作業。だが、講演通りだと変な文章もあるので意訳も必要。じっくり何度も聴き直すので、ある意味勉強にもなる一石二鳥の仕事だった。(何も覚えてないが)

 テープの講演者は、親会社の船井総研社長である船井幸雄氏を始め、泉田豊彦、小山専務、三上さんなどベテランコンサルタントの面々(このテープ興しをして文章を書く経験が、後に大いに役立つ。人生とはわからないものだ。無駄な経験はない)。

 その他、定期的に毎月、2人の商品コンサルタントの対談をテープにとってまとめる仕事もあったが、これが退屈でつまらなかった。イイ意見が出ることは希。よって私の方で創作する必要があり、結果、私の創作力が徐々に高まっていった。

 また、数カ月経って慣れてきた時点で、独自の企業取材にも従事。半年後には、船井総研発行の月刊誌「流通ビジネス」に<時代の眼>という連載も持たせてもらえた。これは花田さんと、上司で編集長だった村上直子さんの温情だ。

 この頃、夢の一つとして考えた職業に「作家」がある。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった椎名誠さんがデパート業界専門誌の取材出身と知り、「今の俺も流通系月刊誌の取材で同じ。経歴が似ている。俺もなれるかも」と椎名さんの自伝的小説「銀座のカラス」他を読んだ。

 が、椎名さんは入社した雑誌社で20代半ばにして新雑誌の創刊を提案し、編集長として大ヒットさせた。その傍ら、友人と「本の雑誌」を出版し、エッセイスト・小説家・映画家・旅行家として大成功。自分とは似ても似つかぬ天才だと溜息をついた。

 また、文章書きで参考にした沢木耕太郎さんのようなルポライターはと思ったが、そんな物書きで果たして食えるのか。大半のライターは食えていない。沢木さんは素人だった23歳でもうブレイクした。同じ素人で俺はもう33歳。新しい職業にゼロから挑戦するには遅い。では、今の出版社「ビジネス社」の正社員になるのはどうだ。それも無理だろう。

☆53歳で直木賞取った山本一力さんは、事業失敗で2億の借金を返すため、歩合給仕事の傍ら40代後半から小説にチャレンジ。遅すぎることはないのだ。

 バイトで週に3日出る以外の日は仕事はなく、かといってやる気もなく、相変わらず図書館や公園で人生を模索した。図書館では様々な人の人生や起業物語、転職や天職に関する本を乱読した。どこかに自分の人生を逆転する、起死回生の文章や事例がないかと。

 今回の独立は表向き「無料職業相談業」。実はこれにはモデルがいる。「現代職業研究所」の本多信一さん。共同通信の記者を数年でノイローゼになり退社。内気な自分ができることは何だろうと考え、同じ内気で職業に悩む人の相談相手にはなれるのではと、30歳過ぎに四谷の安アパートの一室を借りて「無料職業相談」を始めた。

 その後20年、平成3年当時で相談者は約1万人になり、本も数十冊出版。中小企業診断士として、企業コンサルや講演も行っていた。仕事に悩み、同じ悩める人の相談相手。そこは俺も同じ。週の半分を無料相談にあてるというボランティア精神にも感心した。

 本多さんも最初の数年は仕事がなかった。相談者も来ず、仕事の依頼もない。作家になるのが夢だったようで、日々、依頼のない原稿を書きまくっていたという。

 そしてスポーツ新聞社の原稿運びなどのバイトをやりながら売り込みもし、徐々に小さなエッセイや取材の仕事を貰い、ついには本の出版にもこぎ着けた。

 一見、大成功している感じだが、事務所は小さな古いアパート。週の半分は無料職業相談で、本の出版も印税は知れている。その他、単発や連載の原稿や講演をこなしても、収入は普通のサラリーマン並みだろう。

 が、その求道的な生き方に憧れた。俺も転職、天職に悩みまくってきた。でも、なかなか相談相手はいない。ならば自分がなろうという本多さんに共感し、自分もなりたかった。

 独立前、実際に相談者として本多さんの事務所を訪れた。

「数社の転職を経て、今回、人材紹介業として独立しますが、どうでしょうか?」
本多さんは原稿用紙の山の中に作務衣で座り、
「あなたは営業経験ありますよね?」
「はい」
「ならば大丈夫ですよ」
「そうですか」

 相談は10分前後で終わった。なんだか、さっさと済まされた感じ。こちらのヒヤリングはほとんどなし。「私は1万人の相談に乗ってきた。占い師のように何でもわかるんですよ」みたいな傲慢さも感じられたが。私も無料職業相談業に近い業態での起業だったので、本多さんのやり方を探る目的もあった。結果としては有名人に会えた程度の満足感だけが残った。

 印象的だったのは、「本多さんと同じような、無料職業相談業の看板が神田駅にありましたね」と私が言うと、即座に「あれは潰れました」。

 内気で静かな本多さんらしからぬ、ライバルへの敵愾心剥き出しみたいな言い方だった。表向きは仏のような人物も、意外に負けん気が強そうだ。まあ、それくらいの気概がないと無料相談業を生業にはできないのかもしれない。

 こうしてビジネス社のバイトを始めたものの、いかに安アパートとはいえ月20万円で東京で生活していくには苦しい。朝食の菓子パンは3つに分けて3日もつようにし、ランチも一番安いスーパーの弁当。アパートの流しで体を洗ったときは、本当に俺も堕ちた、サイテーの人間だと涙が出た。しかし、現状打破はできなかった。

 以前はよく行った異業種交流会も行かなくなっていた。金がないのと、うまく行ってない姿を曝したくない。とにかく、駄目なときは人に会いたくない。内にドンドン籠もっていく。私は悪循環にはまり、まさに行き詰まりだった。

 こんな最低の頃、まさに追い打ちをかけるように、冒頭の実家の連帯保証1億円事件が起きたのだった。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ルサンチマン

© 2021 人生は逆転できる!