最新エントリー

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

インタークロス通信

第158回 人生経営計画/編集好奇 '07年09/21

2007/9/21

★2007年8/28=やずやの日。毎年、この日に福岡で「やずや」創業者・故・「矢頭宣男に学ぶ会」が開かれる。2000年から始まって今年で8回目。今どき、あの世に行って8年も経ち、故人に学ぶ会に100名も集まるだろうか。脅威としか言えない。

今は年商400億だが、当時は30億のどこにでもいる中小企業のオヤジ。七転び八起きの人生だったから、同じ中小零細企業の悩みや失敗や成功するポイントが非常によくわかっていた人。かつ、普通は忙しいから自分のことしか考えないのに、矢頭さんは仕事をほッぽり出しても、悩める零細事業家の相談に乗っていた。福岡県中小企業家同友会の代表幹事+全国同友会の理事も兼務し、社業も大発展中だったのに、なんでそんなボランティアができたのか。

それは嫁さん・矢頭美世子の存在。高卒の単なる朝日生命の事務員上がりで矢頭さんと結婚+共に脱サラで「やずや」を育ててきたが、矢頭宣男が健在の時には、常に後ろに控えて目立たなかった。だから、矢頭さんが昇天したとき、誰もが「やずや」はヤバイのではないかと思ったが、あれよあれよで大成長。「奥様は魔女」だった。

一番の理由は「おしどり経営の経験」+「ものすごい学び」+「もの凄い母性本能から来る愛のパワー」だが、息子や娘+社員+取引先が一丸となって「矢頭美世子」を支援した。それは端から見ても凄かった。かつ、なんと、お客ももの凄い応援をした。

そのきっかけは、矢頭美世子が思いきって顧客へ出した手紙。健康食品会社の社長が55歳で亡くなるというのは非常にマイナスなイメージ。しかし、矢頭美世子は決断し、正直に亡くなったことを顧客に伝えたのだ。その決断の裏には、天命・使命に目覚めたことがある。

その裏には、「生きがいの創造」という1冊の本の存在があった。その本をプレゼントしたのは、その数年前に親をもの凄く不幸なカタチで亡くし、自らも事業不振や人生に悩み、ウツにも何回もなり、あらゆる場所へ救いを求めて彷徨い、人生に関する本を山ほど読んでいた、ある口先コンサルタントだ。それは誰か。内緒。

その立ち直った経緯と決意は、平成12年度の「やずや経営計画書」の冒頭に書いてある。「私はこの本で自分の使命に目覚めた」と。残念なのは、この世に1億冊は有るであろう洪水のような書籍の中から、その運命の本を選んで贈呈した人の名前がないこと。まあ、そりゃ、大事な「経営計画書」に、わけのわからんコンサルタントというか、当時はわけわからん広告代理業をやっていた無名人を載せても意味はない。

というか、勿論、その本はわずかなきっかけであり、その後の大成功は周囲の人々+見えない影の応援者+お客=天の、この世のおかげなのだ。

今回、「世界女性起業家大賞」を日本人で唯一受賞して南アから帰ってきたばかりだが、そんなもんは誰も知らないし、それはまさに、皆さまと神様仏様稲尾様のおかげ。私が凄いのよ、なーんて思うと天罰が下る。

が、それを知っているのか知らないが、矢頭美世子は毎日、仏壇に手を合わせ、供養をし、皆に感謝し、四国へのお遍路も毎年続けている。何より、天から矢頭宣男がいつも見守っている。矢頭美世子には今や、「中小企業にとって伝説になった神様・仏様」が憑いているのだ。ツイテル!ツイテル!

そして、ここが大事なのだが、「やずや」にはどん底から這い上がった1987年以来、当時年商6000万円で夫婦2人とパート3人で、創業13年目にして始めて作った一枚から連綿と続く魔法の書、「経営計画書」がある。外部に公開しているのは一部で、裏には膨大で詳細な計画書があるという。

さらに、矢頭宣男が88歳まで記した人生計画書、他にもメモ魔だった矢頭さんが残した手帳に、生涯でやりたかった夢や気付きが山ほどある。「やずや」が創業者を失ってもビクともしなかったのは、この「経営計画書」「人生計画書」の存在がある。矢頭美世子は、その書に従い、旦那がやり残したことを忠実に実行に移しているだけ。

だからとにかく、あなたも「経営計画書」「人生計画書」を作成しよう。一枚でもいい。体裁や文章のウマイ下手も関係ない。が、矢頭さんも多くの人に学んだように、わからなければ共に学ぼう。

これも天の摂理と使命と天命だと思うのだが、オレは矢頭宣男が生前、最初で最後に自ら講師となって行った「矢頭宣男の経営計画書の作り方・21世紀生き残りセミナー」の生徒であり、集客や事務局手伝いをやった。

さらに、これも驚くべきコトだが、右脳感動感激タイプの矢頭さんは、左脳物理冷静沈着タイプの竹田先生とはあまり親しくはなかったが、亡くなる1年間はオレが何度も引き合わせ、自分がやってきたことが、社是にもある「深く穴を掘れ。穴の直径は自然に広がる」にもあるように、弱者必勝の戦略だと気づいて深く感銘し、その証拠に今も残る矢頭宣男の元社長室には、下記の「竹田陽一・経営戦略格言集」が貼ってある。

さらに、矢頭さんは相田みつをが大好きで、これもオレと全く同じ。オレの目標は、2010年までに「矢頭宣男×竹田陽一×相田みつを=栢野克己」になること。でもなんというか、世界一周から帰国後、その熟成が一段と進み、相当いい味が出てきていると思う。「熟成 栢野のOO」ってな自己満足。

が、今までのすべての経験が、銀河系宇宙の渦巻きのように廻っていて、毎日、新星が誕生しているカンジ。今もこうして、ほんとは本の原稿締切があるから写真だけ載せようと思ったのだが、書き出すと止まらない。次から次ぎに伝えたいものが溢れてくるのだ。それは矢頭宣男と同じ。

自分と同じように失敗を繰り返し、でも、なんとか自分の「天からの一通の手紙」を見つけ、小さくても天職を全うしたい。そんな昔の自分のような零細起業家を救いたい。手取り足取りはダメだが、魚を与えるのではなく、魚の取り方のヒントを少しでも伝えたい。

矢頭さんは偉大な実業家で、その合間に相談にのっていたが、幸い、オレは自由なピンの零細企業コンサルタント。本を読み、人に逢い、学び、書き、話し、伝え、相談に乗り、共に学ぶ場を創造するのが仕事であり天命。それも社員10名以下の小企業と独立起業者限定。おそらく、この分野では日本一の接近戦量稽古をしていると思う。

だから、俺自身の能力はないが、無いからこそ、皆の教えや人生や経営事例を大事に集めてきた。忙しい零細自営業者の代わりに全国を行脚して勉強して人脈を構築し、それを必要に応じてまた皆さんへ返していく。そんな「人間交差点」=インタークロスだと思うのだ。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-インタークロス通信

© 2021 人生は逆転できる!