最新エントリー

一風堂ファウンダー講演レポート

9/17「世界の一風堂」ファウンダー河原成美セミナー1時間+質疑応答2時間。テーマは「無我夢中」だけじゃ自己啓発セミナーなので、合間に戦略戦術の話題も。が、会場の音響チェックミスで音が割れた。録画も。まぁでも創業期〜中小時代の素晴らしい話オンパレード。■期間限定で音割れYouTube動画を公開。

宮崎9/13セミナー交流会

★緊急特別企画★ ≪演題≫「小さな会社★儲けのルール」成功事例100連発by栢野克己氏 4年振りくらいにベストセラー作家で講演家の栢野さんが宮崎に来ます。 今回も事例100連発?で宮崎の経営者を元気づけてもらいます。 フライングで参加表明している方もいますので、迷わず即決で参加申込みしてください! 毎回一週間で満席になる人気講師です! ◆日時:9月13日(火)18時30分~20時30分 ◆会場:宮崎県婦人会館3F「おすず」 宮崎市旭1-3-10(県庁近く) ◆会費:3000円(税込) ※当日の受付混雑を防 ...

ブルースリー完全再現

8/26自作自演セミナー(会場とFacebookライブ)がコロナで?キャンセル続出(お前の実力不足たい)。焦って何かせねば!少林寺の師匠をパクってTikTokやYouTubeに投稿。アホが引っかかるのを待つ。まぁ11人参加で形にはなる8/26詳細は以下↓コメ欄■好きな夏はいつもクーラー入れず全裸フリちんです。

世界の一風堂創業者「私の履歴書」起業ストーリー。成功失敗のウラ話100連発!+質疑応答

①最初のバーひとり起業3つの目標設定 ②ひとりで月商500万円どう集客したか? ③未経験ラーメン技術はどう身につけた? ④ライバル多数の豚骨で差別化したこと ⑤居酒屋タコ焼き他、多角化の失敗 ⑥レジからお金抜かれても文句言えず ⑦オレが入る店は売上増だが他店は減る ⑧複数店舗のマネジメント手法 ⑨天職に目覚めたのは44歳 ⑩年商1億3億10億の壁。そして100億 ・他に何か聞きたいことありますか? 2017年の講演↑ 参加申し込み者は■起業失敗借金“夜逃げ”厨房機器を“盗んで”再起業の西日本トップの唐揚げ ...

七転び八起きで人生は逆転できる!

はじめに どうも!小さな会社お店個人事業主専門の成功事例作家です。私は大企業から中小ベンチャーなどサラリーマン7回就職転職失敗し、8回目の今は小さな自営業で独立起業25年目です。 著書は「小さな会社の稼ぐ技術」(日経BP社)、「小さな会社☆儲けのルール」(フォレスト出版)、「弱者の戦略」大逆転バカ社長」(経済界)など8冊25万部。その何割かは台湾・韓国・中国・インドネシア・ベトナムでも翻訳出版されてます。 今や大企業サラリーマン向け一流コンサルタントのビジネス書もも平均1万部売れませんが、サラリーマン失敗 ...

無料・天草でセミナー+経営人生計画発表会

  「チラシ?任せますよ」で届いた。盆明けに号外配ると。何だこの小さな写真は?これは世界一周のイエメンで街の壁を“ドラゴン危機一髪”キック!左足をも少し引き上げれば完璧だが。って写真を当時のlivedoorブログで見つけたようだ。このノリが素晴らしい。2日で9時間。セミナー+人生計画+経営計画を一枚書いて各自発表+参加者から無責任な感想意見アドバイス+愛のバッシング! 天草セミナー9/15-16の詳細はコチラ

夢や目標を叶える方法

夢や目標を叶える方法の一つに、夢や目標を公言する「積極的自己宣言」があります。そんなの恥ずかしいから自分の心のうちに秘める。も控えめな日本人には多いでしょう。でも、「皆に言ってしまうと引っ込みつかなくなり、やらざる得ない」「怠け者のオレは夢や目標や経営計画を公言することで、初めて年商が2億になった」byやずや創業者。以来毎年、経営計画書を作って、従業員に加え、取引先や銀行や友人知人を呼んだ発表会を開催。その後は社員全員で朝礼時に毎朝読み上げ唱和。私が広告業でやずやに出入りするようになった1993年は年商2 ...

東京8月セミナー(会場+Facebookライブも)

【残8】福岡ライブ(会場+FBライブ)楽しかった!ので東京でも。前回の様子。冒頭の動画50分公開中 ■2022年8/26(金)18:30-20:30 その後交流会 ■会場20名・Facebookライブ10名 ※コロナ対策で間隔空けます。 ■会場は秋葉原の神田佐久間町イオン「まいばすけっと」東神田ビル4階 会場で3000円支払い ■懇親会はセミナー後に各自1階まいばで飲食500-1000円買って会場で立食懇親会。 ※セミナーより参加者同士の交流メイン。各自の自己紹介後は自由に。 ※セミナー18:30-20: ...

福岡セミナーは盛況でした

冒頭50分無料公開↓以下コメ欄 ■あざっす!やっぱ濃厚接触接近戦サイコー!が、zoomにも15名ほど申込でしたが、何度も練習したiPadのzoomアプリが繋がらない!やばい!急遽iPhoneで繋げてokに。参加者はライザップも指導した通販コンサルの岡崎さん、西日本トップの博多とよ唐亭豊永社長、お礼ハガキ通販ホワイトベース小串さん、硬派スピリチャル講演家石田さん、大阪王将のLINE戦略も指導する23歳起業家、美容店10店舗経営の元ホスト?、さえない損保代理店だが不動産副業で3億資産家、地場トップ年商10億の ...

増刷あざっす!これで16万部に。

今朝気づいた印税の振込。担当者が3月に退社して後任未定で?増刷連絡もなし。でも入金あざっす!8年間Kindle印税未入金のK出版社もw。33万円はたぶん2016年の青本新版3000部増刷だ。下のKindleはほぼ毎月なので、2002年の初版から総計で16万部ぐらいか。韓国台湾タイ翻訳も含めると。これも1998年から「本を出す」と夢シートに書いて毎年挫折して書き溜めて2002年に実現した。当初は竹田陽一ゴーストライターの依頼だったが「共著にして下さい!」FAXに1分後「アンタが書くんだから著者も印税もあなた ...

インタークロス通信

第149回 「田舎で日本一」の理由/編集好奇 '05年10/27

どうも!栢野です!この1ヶ月では浮羽・筑後の商工会、東京の大田区異業種交流会(幹事は宮坂税理士)、静岡の伊東商工会議所、神奈川県厚木異業種交流会(猪俣行政書士主催)、和歌山県田辺市(しんか総合コンサル主催)、和歌山市(ネクストステージ主催)、福井市法人会青年部、島根県・松江商工会議所に講演講師で伺いました。

★「伊東」(人口8万人)は昔、CMで「♪伊東に行くならハトヤ。電話はヨイフロ♪」とよく聞いていましたが、行ったことがなかったので楽しみでした。予想通りの街並み。

近隣の熱海と同じく、伊東は温泉街。熱海などの温泉街は廃れている・・とよく聞いていて、事実、旅館等はピーク時の半分?2/3に減っているらしいですが、車中や駅前や町中は中高年+ジジババで溢れ、都会の喧噪とは全く違う心地よさを感じましたね。

熱海?伊東の列車も60代?男女で溢れかえってましたが、イスが海側に向き、絶景の景色が楽しめる。これからの本格的な高齢化社会を迎え、浅草のジジババ寺みたいに、この近辺は復活するなと感じました。

★和歌山県田辺市は紀伊半島の南部にある人口7万人前後の町。昨年「世界遺産」に登録された熊野古道への入り口駅でもあり、観光客は倍増とのこと。夕方、駅前商店街をブラブラしているとパン屋が3軒ありましたが、そのうちの1軒が大繁盛。行くと「1時間ごとに焼きたて」。弱者が大量生産・大量販売・安さの大手メーカーに克つには手造り・出来立て・鮮度ですが、おーヤッパリと。
◎弱者の商品戦略=手造り+鮮度で勝負!

★さらに田辺講演会主催の保険総合代理店「しんか総合コンサルティング」吉本社長は、前職のGEエジソン生命時代から日本一の実績。大阪や名古屋から2時間以上かかる人口数万人の田舎には「オーダーメイド」+「コンサルティング営業」する同業皆無で敵なし。
一緒にパネラーで同席の名倉公認会計士・税理士は監査法人勤務を経て、隣町の人口3万人の御坊市で開業。やはり一人勝ち状態。
◎弱者の地域戦略=大都市より田舎!

★同じくパネラーの和歌山市在住の堀内行政書士29歳は、業務を「内容証明手続き代行」に特化してネット検索+処理件数で日本一。
◎弱者の商品戦略=一点集中で商品は絞る!

★和歌山市では、男性より印象が良い女性の飛び込み営業部隊が大活躍している人材派遣「トリプルウイン」の九鬼さん、単独店で月に6000人が来店するイタリア料理「シエスタ」の山添さんは料理と接客に加え、名刺・メニュー・会報の「うんちくコピー」が秀逸。
みかんを日本一ネットで売る「紀伊国屋文左衛門本舗」の上野さんは、全身をオレンジ色の服で身を固め、名刺も持ち物も全部オレンジ:投資もして集めたメルマガ17万部をほぼ毎日発行。和歌山マリーナシティの園芸店「園芸茶房」の石井さんは、室内用のミニ観葉&雑貨「なごみ」に特化。学習塾で脱サラ4年目の加速学習トレーナーの貞國さんは、通常の授業に右脳・七田+人生成功哲学系をアレンジ。

★福井では夜逃げからスタートした焼き鳥店を100店以上展開する「秋吉」。なるほど!と唸ったのは、出された焼き鳥が冷めないようテーブルにホットプレートを設置=寒い雪国の知恵だというが・・さすが!

そう言えば和歌山NO1のパスタ屋「シエスタ」のランチに出たパンは暖かかった!冷えたパンより暖かい方が格段にウマイ!商売はこういう「少しの差の積み重ね」ですね。田辺市での講演懇親会で参加者といろいろ話していたんですが、「いやー?、吉本さんからは本当にマメに手紙を頂くんですよ?」。「しんか総合コンサル」の吉本社長は、お客へ「毛筆で手紙やハガキを出す」そうです。さらに、単なる保険の売り込みではない、地域の人へ役立つ勉強会も定期的に主催。全国一になっている理由が少しわかりました。

★本日のゲスト「ホワイトベース」小串社長は「販促用ポストカード」の企画制作・販売。約1700種類のデザインされた「ハガキ」で、主に美容室さんなんかがお客さんへ出す時に使われています。

わかっていてもなかなか出せない葉書や手紙。しかし、ネットやメールになればなるほど、ハガキや手紙のアナログは光りますね。

その葉書の効用とコツ、さらに小串さん自ら、数億円の小さな市場で日本一になった独立起業の話しも楽しみです。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-インタークロス通信

© 2022 人生は逆転できる!