最新エントリー

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

実話ノンフィクションと作り話フィクション小説

私は本を9冊出版してるが、すべて小さな会社お店向けのビジネス書だ。エラそー理論もあるが、中小企業の実例が多い。事実実話で架空作り話=小説ではない。20代前半までは小説も読んだが、就職転職起業で失敗悩むこと多く、架空作り話は読まなくなった。でもスターウォーズインディージョーンズ東京ラブストーリーロッキー等の作り話ドラマ映画も好きだが。息抜きで。最初は共産党の大学で朝日ジャーナル読み、本田勝一や鎌田慧立花隆戸井十月沢木耕太郎などの影響受けた。大宅壮一はほぼ読んでないが、企業モノ大下英治はなんかヨイショ軽い。佐 ...

毎朝のゴミ拾い

あしたのために。5日目。同じ番地を毎日掃除するとゴミ激減。巨大なアマガサ自社ビル前の歩道に杖ついた老人が。もしや創業者?「君は何をやってる?」「8月に福岡から引っ越して来た新参者です。自分の住んでる36番地に感謝を込めてゴミ拾いしてるだけです」「気に入った。このビルを君にやろう」「そんな!ありがとうございます」ホントに妄想しましたw。一日一偽善。 ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKD ...

倒産するとどうなるか?by内藤明亜

事業経営が持続できなくなった場合、倒産(法人の破産)処理をしなければならないという決まり(法的根拠)はない。その事業を放置して(何の処理もしなくて)、逃亡しようが今まで通りの居所にとどまっていてようが、それが罰せられるということはない。 では、どうなるか…。 [倒産]の定義は「債務超過でなおかつ資金不足で、債権者に支払い(返済)ができなくなり、事業を停止すること」だ。 事業経営が継続できなくなったということは、債務を負っていることだ。 ・給与などの人件費。 ・税金や社会保険。 ・仕入れなどの買掛金。 ・光 ...

8/1セミナー岡山+ZOOM全国へ

■岡山8/1アナログ会場+ZOOM全国全世界セミナー 『小さな歯科医師の逆転ストーリー 小さな会社の成功事例100連発 』 〜現金損益®︎経営岡山1周年記念特別講演会〜 岡山を代表する歯科医師・経営者でいらっしゃる「華房 宏一 (寛城)先生」と、 武闘派ランチェスター戦略講師で大人気の「栢野 克己先生」のダブル講演会。 実は、お二方とも5・6月に出版されたばかり。 今まで、いろんな著者とお話しする機会がありましたが、ほとんどの方は『本に書けない事の方が多い…』と。 今回は『赤裸々ぶっちやけ座談会』を行いま ...

とにかく死ぬな。コロナなんかで

とにかく死ぬな■コロナで(どうしようもない)中小事業者は『どーしたらいーのー!?』って考える必要はない。借りて借りて借りまくるのだよ。貰って貰って貰いまくるのだよ。どうせ返済猶予期間が終わって返済が始まるころには民事再生(倒産)の嵐がやってきて、どこもかしこも民事再生祭りになるから、便乗して民事再生すれば良い。民事再生で全てチャラで良いんだよ。しかもいち早く民事再生して次に備えた方がよい。 仮にコロナって死んでしまえば団体信用生命保険(通称『団信』)で借入はチャラだ。生命保険が見事当たったと思えば良いのだ ...

インタークロス通信

第148回 「最初の人」へ感謝/編集好奇 '05年09/28

2005/9/28

元気ですか?!どうも!栢野です!この1ヶ月市外では、久留米の九州ゴム工業会、さいたまの創業支援センター、山口の西京銀行+西京総研の福岡VIP会、佐賀県基山町商工会+法人会さんなどに行きました。

★まあ、私は「ベンチャー大学」を中心に福岡の元気企業・人の事例を紹介するだけですが、講演参加の皆さんも元気!ゴムは零細メーカーの集まりだから暗いかなあと思ったら、ゴムを使う中小企業の製品向け用途=少量生産手造り系の仕事が多く、意外にも好調な会社が多い。さいたまは弱小人材派遣会社「エンタープライズ21」の一サラリーマン西澤さんが県と周囲の力を巻き込んで大交流会を決行。

西京銀行・西京総研は、頭取になりそこねてこれ幸いと、思う存分好き勝手な行動の平原社長他の計らいで、私も好き勝手に話をさせていただき、基山も街中に立て看板の宣伝で商工会・堤さんが応援していただき、大いに楽しませていただきました。

★人前で話をする人はわかるでしょうが、同じ話をするのでも、会場の雰囲気=参加者の聞く姿勢で全然違う。これは1対1も同じ。例えば「徹子の部屋」が長寿人気番組なのは、あの黒柳徹子さんの「聞き方」「うなずき方」があってこそ。

先日、このベンチャー大学の受付+事務局の久米がラジオ対談に出ましたが、相手の聞き方が抜群にうまかった。へえ?!なるほど!スゴイ!ワ?とか笑いとか驚きの声と態度も、タレントで大げさでしたが、明らかに他の対談よりノッテました。
つまり・・これは私も最近やってるんですが、何かの講演に参加した、誰かと会う話すことになった。が、どうも気が乗らない、相手の話がつまらない・・場合でも、気を入れて一所懸命に聞く姿勢、頷く・・と、明らかに相手がノッテきます。

★先日もある参加したセミナーで、どうも講師の調子が今ひとつと思ったので、講師にわかるように多少大げさに頷いたり、笑顔でなるほど!と振る舞いました。明日は我が身だ、あなたも頑張れ!と。すると、明らかに途中から良くなり、後で「いや?栢野さんが反応してくれて話し易かった!」

まあ、金を払って参加するプロの講演会なんかの場合、参加者側がどうであろうが、うまく乗せるのが講師の責任であり実力。接客や営業その他コミュニケーションが仕事の場合も、聞く気がない人の関心をいかに引き出すか。
ま、とにかく、良い講演会、会、対談、商談になるかどうかは、話し手と聞き手双方のかみ合わせ次第だなと思いました。

★さて、今日のゲストは、住宅リフォーム業界の革命児「ホームテック」小笠原社長。私は7年前の98年10月に初めて会い?98年12月にホームテック(株)設立?99年3月にベンチャー大学で講演+株主出資説明会から現在まで、仕事のパートナー+株主+社外応援団ですが、わずかな期間に年商60 億・500名の組織になり驚きです。

まあ、規模で言えば人材派遣と介護のグッドウィル・コムスン折口会長みたいに10年で1400億になった人など、まあ、小笠原さん以上?の経営者はヤマほどいます。かつ、大きければ成功かといえば、デカイだけでクダラン会社も山ほどあるし、人格や他がサイテーの社長もヤマほどいる。数百億?1000 億以上の「すかいらーく」や「ジョイフル」は起業大成功かもですが、こだわりの料理職人や食通から観れば単なるエサの製造工場。社員の働きがいは??

でも、ゼロから組織を立ち上げて数多くの人を雇用して出入りの業者も食わせ、当然、多くのお客に指示されるデカイ組織をつくるのは凡人ではできません。独立起業も大半の人には現実的に無理で、結果はサラリーマンを働く場を創出するのは社会的な使命。デキル人にはやってもらわねば。

★実はこの小笠原さんを紹介してくれたのは福岡の元祖居酒屋「ぶあいそ」「丸海屋」「日本浪漫座」他てっしい村グループ創業者の溝上さん。現在はアジア海外での活動が多いのですが、福岡の「よさこい祭り」を札幌から誘致創出したのも溝上さん。

その溝上さんに会ったのは誰かのおかげで・・その大本を辿ると13年前福岡へUターン時に出逢った・・フォーラム福岡の近藤さん、イシカワ経営・かたつむり石川さん、帝国データバンクの江口さん、久米さん、吉田倉庫会長、大成印刷社長・・。

石村萬盛堂・石村社長は東京の前職社長の紹介で。明太子「ふくや」川原社長は「親父も同じ福岡シティ銀行に勤めてたので挨拶したい」とわけわからんFAXでの出逢いで、やはり父親に感謝。

さらにこうした出逢いができるのは、この世に産んでくれた亡き母に感謝。

そして、その母を産んだ先祖・・遡ると・・地球・宇宙・・すべてに感謝しかないとなるんすね。

うーん、墓参りに行くか?。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-インタークロス通信

© 2020 人生は逆転できる!