最新エントリー

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 著書への感想 お客様の声

ランチェスター経営など知らない言葉

これが私の生きる道。小さな会社やお店には、難しい経営理論や用語じゃ伝わらない。英語使わず事例で ■「読み始めはランチェスター経営など知らない言葉が出てきて、読めるのか少し不安になりましたが、読み進んでいくと具体的な事例が多く、とてもわかりやすい良い本だと思いました。本日は会場に伺えませんでしたが、ご縁がありましたらお会いしてお話ししてみたいものです。有限会社椎名畜産・椎名大悟」 ■私たちの仕事には豚を屠畜(とちく)するという工程があります。大切ないのちの恵に感謝する心を忘れずに、従業員ひとりひとりが「食 ...

著書への感想 お客様の声

事業失敗かつ逮捕された読者の手紙

「私は逮捕され、この手紙や留置場より書いております。会社は廃業。友人も知人もお客も、全てを失いました。また裸一貫ゼロからというか、マイナスからのスタートです。せっかく這い上がったと思ったのですが、一瞬で谷底へ転げ落ちました。今回、留置場で差し入れてもらった本の中に栢野さんの「弱者の戦略」がありました。それを読んで勇気を貰いました。「あきらめるな!また逆転できるぞ!」そう言われたような気がしました。ありがとうございます。どん底に落ちて、栢野さんの本の素晴らしさを再認識しました。栢野さんの這い上がる姿に、 ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ブログ

Amazon「ほしい本」ランキング1位

あざっす!Amazon中小系ほしい本で1位! 「ほしい本ランキング」https://is.gd/s4Evrv ■渡邉義道 2020年6月23日 Amazonで購入 デールカーネギーさんの本がとても好きです。偉人の事例だけではなく、ごくごく普通の人物の事例も数多く出して一つの教えが様々な形で世の中で応用されているという気づきを与えてくれるから。栢野さんの本も、カーネギーさんのそれと共通するものを感じます。著名な経営者の話はためになります。とはいえ、偉人と呼ばれる経営者の生き方や経営手法を記した書籍は凡人には ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ニュース

麻薬ビジネス軍団が来たw

大麻=ヘンプの合法的ビジネス情報誌を発行するヘンプトゥデイジャパンのCEO他幹部が東京から個別相談に。知らなかったが化粧品やサプリ、伊勢丹では大麻の麻布地の服も販売?実店舗を出す計画だが東京は高くて福岡は?と視察中。天神大名今泉薬院平尾渡辺通り歩いたが「どこも最高!今から糸島の視察へ」。私は10年前に禁煙快適で健食サプリとかに頼らず自前主義。が、日本で大麻ビジネスは穴場かも。大麻と聞いた瞬間ギクッとしたし、9割以上の日本人は拒否だろう。海外で大麻はまぁまぁ普通で「日本で合法的大麻製品とはいえ、商売やる大手 ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 メディア掲載

ベストセラーランキングで渋沢栄一とドラッカーに囲まれた

渋沢栄一とドラッカーに挟まれ光栄ですw。Amazonビジネス書「週間」ランキング6/14-20。文芸等全体では700-2000位ぐらい。中小企業経営や店舗カテゴリでは1-3位。これを毎日毎週毎月毎年で最低3万部目指す。本の詳細とレビューは以下 ■ベストセラー1位 アマゾン https://amzn.to/2zk4JZ7 ■6/29滋賀の朝会BNIでZOOM講師 ■7/3千葉 13-15時社内研修 ■7/3木更津 夜セミナー ■7/4東京 品川で企業研修 ■7月長野 飯田商工会議所 ■8/1岡山 主催は損益 ...

ルサンチマン 私の履歴書

「忘備録」2001年~昔の日記を転載

仕事のヒント 私の夢。それは皆が喜ぶこと。 私ができることで皆が喜ぶ事は・・ さあ、遠慮せずいろいろホラを吹こう!!!! 九州アドベンチャー大学・異業種交流で皆が勉強・人脈・友人知人・仕事・・・・ 広告集客・求人集客・売れるコピー 他に、私にできることは何か・・・。 常に明るく元気で、プラス発想+感謝の人間になる。 九州アドベンチャー大学の日刊化。毎日セミナー+交流会を開催。毎回30名×2000円=6万円×5日×4週=120万円。会場は・・・どこかただか格安の場所を。まずは月1回を月2回、月4回、月10回 ...

ニュース 成功事例

「元祖長浜屋」秘話③ by猪股るー

■私らが初めて博多に着いた時に食べたのはちゃんぽんだし、他ははうどん屋ばかり。ラーメンもあったのかもしれんけど、見たことがなかった。私たちが始めたのは、もちろん李さんが教えてくれた台湾のラーメン。場所は博多駅前。何せ人がいっぱいいて、福岡で1番賑やかな場所だからね。季節は冬。台湾式の温かい豚骨スープはきっと喜ばれるやろうって、2人で一生懸命準備した。1952年冬。さぁ、いよいよ後の〇〇〇につながるラーメン屋台が開店することになった。雪がチラチラ降って、暖簾がひらひら揺れとる。隣の屋台には早くからお客さんが ...

ニュース 成功事例

「元祖長浜屋」秘話② by猪股るー

9割は使う?味の素無し。ホントか?2005年の自伝だから今は??個店で推定年商2億の高額納税者。栢野の友人が岩田屋百貨店でこの夫人を担当。「家から店まで冬は寒いけん、毛皮のコートちょうだい」で何千万かポンっと払った■家のラーメンのおいしさの秘密はスープにある。とにかく、変なものは一切入れんで、自然のものだけで味を出す。材料は豚の骨と皮とニンニク、調味料は洋胡椒だけ。化学調味料やら塩やらは、一粒も入れん。豚骨スープの味の決め手となる豚は、豚を食べて育った豚の肉だけを使う。豚を食べて育った豚とは、つまり残飯を ...

ニュース 成功事例

替え玉の「元祖長浜屋」創業秘話

なるほど!秘伝は凄い。また新たな創業成功秘話を発見。この本見つけるのに10年かかった■李さんとの出会い・この闇市で親父が親しくなった人がいる。台湾人の李さん。どっか風呂屋か何かで知り合ったんだろう。李さんは同じ台湾出身の奥さんと2人で生活しとったんやけど、仕事がなくて困っとった。それで、オヤジが李さんのためにバラックを1つ買って貸した。親父は商売が好きな人間だけど、友達の為だったら金は惜しくない人間。やけん、李さんに貸すバラックの値段も、あって無いような安い値段やった。当時、台湾や韓国の人を差別する人も ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ブログ メディア掲載

20人目のレビュー「小さな会社ランチェスター式儲けの戦略」

「栢野さんの著書を色々と読ませていただいてますが、これまでにない濃ゆい内容の事例がギッシリ詰まってます。インタビューアーである栢野さんだからこそ聞き出せたであろう、起業して成功した方達の赤裸々でギリギリの内容の連続で。ビジネス書としてだけでなく痛快な短編集を読んでるような気分でした。ランチェスター戦略が何たるかを、身近な中小企業経営者を事例に説いていくので大変わかりやすく、改めて勉強になりました。次回作も楽しみです」■20人目のレビューあざっす!今日で18日連続Amazonベストセラー1位。ビジネス書中小 ...

基本戦略

事例を動画で見る

第1章
小さな会社が成功するために ?弱者の基本戦略?

◎あなたの経営目的はコレだ!

<会社は粗利益で生きている>

いまからなにかをしようとする場合、まずは目的を明らかにしなくてはなりません。

目的を間違えると、先に行くに従って狂いが大きくなりますので、まずは目的をハッキリさせる。

経営の目的をはっきりさせるのはものすごく難しいんですが、経営活動で粗利益が出るのは一体いつなのか、と考えてみればわかります。

人が食事からの栄養で生きているように、会社の存続にも必要なものがあるのです。

それは、粗利益。

100円で仕入れたものを200円で販売すると、手元に100円が残る。この粗利の積み重ねが10万円、100万円となり、そこから自分の給与や家賃を支払う。ですから、粗利益がなければ会社はやっていけません。これは大昔から変わってないですね。

<粗利益はいつ生まれるか>

では、粗利益が生まれるのはいつかと考えましょう。

それは、商品とお客さんのお金を交換したときなんですね。お札に手が触れた瞬間にポンと粗利益が生まれる。

その時以外では粗利は一つも生まれません。

油断すると、帳面をつけたり、会社の中でなんだかんだしている時に粗利益が生まれると思ってしまいがちですが、そうではありません。

粗利益は、お客のお札に触れたとき以外には生まれないのです。

だから、お客からもらう小銭のありがたさがわからなくなったら、会社は倒れます。お客からいただく1000円札、100円玉から粗利が生まれている。このことを忘れてはいけないのです。

それがつい、帳面を付けるとか管理とかが経営だとか言う。税理士や会計士や学者はこればっかりですからね。でも、管理とは単なる過去のデータのひっくり返しなんです。

そのデータは何で生まれたのか。それはお客さんから貰う1000円札などのお金です。ここを押さえなければダメです。全部、最初に生まれたところを押さえる。

人によって、お客さんからお金を貰うことをやましいことだとか、遠慮する人がいますね。商売人をバカにしている。そういう人は伸びません。それは経営というものを理解していない。

お客さんがふところからお札を出そうとしたら、サッと取るとか(笑)。ほんとはそれくらいやってもいいくらいなのです。

遠慮すると伸びません。それは自分がカッコつけてるだけなのです。個人の都合が優先され、経営の原則から外れてるんです。

<経営の目的はお客づくりにある>

経営には粗利益が必要で、その粗利益はお客の金をもらった時しか生まれません。

ということは、経営の目的とは、

「経営の源であるお客を作りだし、その数を多くすること」なのです。

(※経営の目的には他に「自己実現」とか「社会のため」などもありますが、ここでは個人的な目的は省き、経営の原則という意味で説明をしています)。

しかし、どの業界にも競争相手がいて、その多数の競争相手もお客の数を多くしようとやっきになっているから、お客の数が多いか少ないかは、多数の競争相手と比較して判断する必要があります。こういう見方を「市場占有率」とか「お客占有率」といいます。

図のように、経営におけるものの見方は3つです。自社から見た「主観」、お客から見た「顧客観」、競争相手から見ら「競観」。この3つの真ん中で物事を考えることが大事なのです。

ところが、経営について考えるのは自分の会社や自宅で、そこにはお客も競争相手もいません。だから、ついつい主観だけで考えてしまいがちです。

お客(顧客観)

×

競争相手(競観)      自社(主観)

独立で失敗する人は、自分のことしか考えていないことが多いです。特に技術者や発明家タイプにはそういう人が多いです。

営業は? 競争相手との関係は?

と聞いても、「いや、わたしがやれば大丈夫」なんて自分で舞い上がって、お客や競争相手のことを全然考えていない。

こういう人は1回、失敗した方がいいですね。そうしないと経営の原則が分からない。みんな、最初は何回か失敗するんです。その中で学んで、ルールが大事だと、身をもって体験しないと本物にならないですね。だから、失敗も大事です。

<何かで1位を目指すこと>

経営の目的はお客を作りだし、その数を多くすること=市場占有率を高めることです。

これを決算書が公開されている株式上場企業で確かめてみると、市場占有率1位の会社の業績は、9割の確率で良くなっていますね。例外もありますがね。

しかも、一人あたりの経常利益は、市場占有率の二乗に比例しています。市場占有率が2対1だと一人当たりの経常利益は4対1になり、同じく3対1だと9対1になる。

つまり、1位の会社の一人あたり経常利益は、2位から4位の会社に比べて3?6倍も多くなっている。逆に2位から4位は、1位の0・33?0・17しかありません。

ブリジストンと横浜ゴム、日清食品と東洋水産、富士写真フィルムとコニカ、花王とライオンなど、各業界の1位の一人当たり利益は、2位以下の2?8倍になっています。

ここで考えてもらいたいのは、たとえば花王はライオンの8倍も一人当たり利益を上げていますが、はたして花王とライオンの社員の能力に8倍もの差があるかどうかです。

知能や身体能力のテストをやっても、せいぜい数%から数割程度の差でしょう。

とても8倍もの差があるはずもないですね。これは経営陣の戦略目標と実行力の違いです。

これは経営原則ですから、上場企業に限らず小さな会社でも当然あてはまります。

小さな会社として独立する人も、長期目標では、何かで1位になることを目指すべきだということです。

経営規模は大きくても、1位がない会社は利益が少ない。

一時期の日産やマツダがそうですし、サントリーのビールは45年も赤字でした。

だから、経営規模が大きな会社は儲かるけど、小さな会社は儲からないというのはウソなんです。

商品か地域か営業力か、直接、お客さんと関係する何かで1番になることを目指すんです。

人は1番じゃないと覚えないし、紹介もしません。日本で1番高い富士山の名前は知ってても、2番や3番は知りませんね。

別に日本一とか、県で1番とかでなくてもいい。その地域、OO町のラーメン屋で醤油ラーメンなら1番だとか、年商は低いが高齢者向けリフォームではOO市で1番とか、価格や品質は普通だけれど、仕上げの早さでは町内で1番のクリーニング店とか……。

意図的に1位を作るのと、いろいろやっていて偶然1位ができたというのでは、時間が違います。あれこれやって偶然1位ができたというのは、科学的じゃない。ロスが多すぎるでしょ。だから、業績を良くするには、意図的に1位を目指す必要があるのです。

人生には限りがありますから、意図的で1位を作った方が早く目的を達成しますね。

ポイント! 会社は粗利で生きている。
粗利はお客からしか生まれない。
よって経営の目的は、お客づくりである。
安定させるためには、お客を多くし市場占有率を高めることだ。
それには、「何か」で1位になることを目指すのが早道だ。

◎経営は戦争だ!

あなたの地元の職業別電話帳を開いてみてください。またはネットで検索を。

そこには、あなたのライバル会社が山ほど載っているはずです。前にも説明したように、どんな業界にも競争相手がいて、あなたと同じお客を取り合っています。つまり、経営とは戦争と同じです。まあ、競争相手と直接殴り合うようなことはないですが、経営はお客を通じての間接的な戦争なのです。

一部のコンサルタントなどは「21世紀は共生の時代」なんて言ってますが、そりゃ業種が違えば共生もあるでしょうが、同業他社とは戦争ですよ。

とにかく、やるからには勝たねばなりません。

経営と個人の生活は別です。個人の生活では、家族や友人知人、地域への愛や慈悲は必要ですが、いざ、ライバルとのビジネスは、問答無用の戦争なのです。

ポイント! ライバルとの競争は戦争だ。
やるからには勝たねばならない。

\ スポンサーリンク /

-小さな会社☆儲けのルール(初版)

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.