最新エントリー

歌舞伎町と貧困女子と私に関する事

第5章 カモられる中年男性 「ホスト狂いの女の子たちは、無限にお金が必要なので、常にどうやってお金を作ろうか考えています。ホス狂い女子会みたいなのはよくある。基本的にお金の話ばかり。内容はえぐいです。どこの風俗が稼げるかというレベルじゃなく、おじさんたちからどうやって財産を奪うかみたいなこと」 彼女たちに狙われているのは、寂しいおじさん。40代、50代で未婚で優しそうな人をなんとか見つけて、ガチ恋をさせて、お金を引っ張りたがっている。 結婚しない、できない男性は本当に増えた。2020年の生涯未婚率(50歳 ...

博多のストーリー殺人と私との関係

こんな事件はスルーするが、博多で美女だがいかにも中洲風で派遣事務?がなぜ野獣男と交際?自ら引き寄せたな。と思った。よくあるケバい夜の女とヒモ男だと。中洲で有名なロイヤルボックスとリンドバーグの藤堂ママがいち早く男の名を実名写真で拡散したんで、2人はママの店で働いてたんだ。と思ったが別な中洲の高級ラウンジらしい。藤堂ママは知人の情報を社内メールで流したら、社員がTwitterで拡散。犯人逮捕のために。みな善意で。でも警察は最初から寺内進を追ってた。ストーカー処分されてたから。彼女はタレント女優目指してたが挫 ...

缶ビール

缶ビール会!あざっす!福岡■12/3土曜13-17第149回「缶ビール会」します。遅刻早退出入り自由。各自1000円分の飲食ツマミ持参。想像以上に頑張って驚きの能古島ツバキ化粧品通販ママ山本嬢、神戸大学ノエビア経て地場オンリーワン博多人力屋神谷さん、結婚者続出の恋愛コンサル純古さん、某有名大手とも契約探偵の岩河さん、敏腕コピーライターかつ福岡No. 1防犯機器二代目安永さん、暴力団対策他九大体育会の堀内弁護士、不動産4棟オーナーでバイク買取他OHG大賀さん、通販グッズ企画で年商10億弱20人抱えるコウダプ ...

2022年12/1博多で九州ゴム工業会エラソー講師

昨夜は博多駅で、真面目でお堅い「九州ゴム工業会」さんで15年ぶりのリピート講演。「面白くて役立ったので」by中島ゴム工業会長。ところが反応頷きがほぼない。講師にはツライ。全員マスクで表場見えないのもあるが。途中で大半は下請け的な中小メーカー。上から仕様書がきて見積もり合戦経て設計製造納入。自社ブランド商品ほぼ無い。営業だマーケティングだ顧客フォローとか関係ない。九州は8割がブリヂストン他タイヤ関連の下請け。「僕たちはそれ以外のニッチ2割で頑張ってます」他業界の事例や綺麗事の経営戦略戦術とか通用しない、、と ...

東京から失意のUターン

東京から失意のUターン。私の第二の人生はココから始まった。当時33歳無職独身。7社目の転職活動中、35万の中古プレリュードで糸島半島の素晴らしさを発見(福岡市生まれ育ちでしたが、高一で引っ越したので行ったことなかった)。家から30分でこんな透明な海岸(弊の浜)が!東京じゃありえん。ふと道沿いの今宿・牧のうどんに入る。美味い安い早い!おばちゃん元気がイイ!食っても無くならん!独身時代に毎週行き、元妻との最初のデートもココ。赤ん坊をカゴに入れて3人で毎週。4人になっても毎週。当時、実家絡みの借金1億抱えてたの ...

佐賀県七山村の温泉で職員研修

昨日は福岡・糸島半島隣の七山村にある佐賀県No. 1アルカリ性トロトロの「鳴神温泉ななの湯」でミニ研修講師。前日食った地元の「牧のうどん」と焼肉うどん「ウエスト」。前者は18店舗で後者は200店舗以上。「どっちが美味しい?」研修参加15名中13名が牧のうどんで圧倒的勝利。 ウエストの1/10以下の規模だが。「なぜ美味しい?」「手の前で製麺裁断して釜茹で出来たてだから」「その通り!ウエストはカト吉の冷凍麺。大量生産品で安いが、手作りめんどくさい出来たてには勝てない。さらに牧のうどんはスープに使う利尻昆布が稀 ...

奢りますw。過去最高益のラーメン一風堂

おー!売上も一気にコロナ前の290億を超えそうだ。そうか!海外店舗も多いんで円安効果も。しかし、商品作り〜運営までマニュアル化のチェーン展開うまく行くと、あとは店出すだけだ。ユニクロとかも商品しっかりしてるから、店長以下凄い人材も要らんし。究極は一蘭みたいに店舗で製造接客無しロボット人材でイイ。サイゼリヤも他のチェーン店も。でも商品は工場で大量生産販売店であっためるだけだから、小さな会社お店個人店が食材調理採れたて新鮮手作り出来たて熱々でやれば勝てる!家系ラーメン元祖の吉村家(横浜一店のみ)に行ったら70 ...

失敗忘備録

失敗忘備録。会報巻頭インタビューに寿司ざんまい、星野リゾート、コクヨの社長に石田純一も。税理士・社労士・行政書士+経営コンサル+保険他で550人(関与先3万社で業界ベストテンの規模)の巨大士業コンサル集団「ティグレ」東京支店の定例セミナーに登壇。知的エリート士業や常務幹部も目の前に4-5人いて、会場とzoom同時並行で目線反応にプチ戸惑って前半は不調。いつもなら機関銃のように出るアドリブも詰まる。滑舌も悪い。絶体絶命のピンチだ。ってもう何百回も経験した。大丈夫だ。最初にコクヨとぺんてるの敵対的買収ウラ話で ...

一風堂ファウンダー講演レポート

9/17「世界の一風堂」ファウンダー河原成美セミナー1時間+質疑応答2時間。テーマは「無我夢中」だけじゃ自己啓発セミナーなので、合間に戦略戦術の話題も。が、会場の音響チェックミスで音が割れた。録画も。まぁでも創業期〜中小時代の素晴らしい話オンパレード。■期間限定で音割れYouTube動画を公開。

宮崎9/13セミナー交流会

★緊急特別企画★ ≪演題≫「小さな会社★儲けのルール」成功事例100連発by栢野克己氏 4年振りくらいにベストセラー作家で講演家の栢野さんが宮崎に来ます。 今回も事例100連発?で宮崎の経営者を元気づけてもらいます。 フライングで参加表明している方もいますので、迷わず即決で参加申込みしてください! 毎回一週間で満席になる人気講師です! ◆日時:9月13日(火)18時30分~20時30分 ◆会場:宮崎県婦人会館3F「おすず」 宮崎市旭1-3-10(県庁近く) ◆会費:3000円(税込) ※当日の受付混雑を防 ...

小さな会社☆儲けのルール(初版)

基本戦略

事例を動画で見る

第1章
小さな会社が成功するために ?弱者の基本戦略?

◎あなたの経営目的はコレだ!

<会社は粗利益で生きている>

いまからなにかをしようとする場合、まずは目的を明らかにしなくてはなりません。

目的を間違えると、先に行くに従って狂いが大きくなりますので、まずは目的をハッキリさせる。

経営の目的をはっきりさせるのはものすごく難しいんですが、経営活動で粗利益が出るのは一体いつなのか、と考えてみればわかります。

人が食事からの栄養で生きているように、会社の存続にも必要なものがあるのです。

それは、粗利益。

100円で仕入れたものを200円で販売すると、手元に100円が残る。この粗利の積み重ねが10万円、100万円となり、そこから自分の給与や家賃を支払う。ですから、粗利益がなければ会社はやっていけません。これは大昔から変わってないですね。

<粗利益はいつ生まれるか>

では、粗利益が生まれるのはいつかと考えましょう。

それは、商品とお客さんのお金を交換したときなんですね。お札に手が触れた瞬間にポンと粗利益が生まれる。

その時以外では粗利は一つも生まれません。

油断すると、帳面をつけたり、会社の中でなんだかんだしている時に粗利益が生まれると思ってしまいがちですが、そうではありません。

粗利益は、お客のお札に触れたとき以外には生まれないのです。

だから、お客からもらう小銭のありがたさがわからなくなったら、会社は倒れます。お客からいただく1000円札、100円玉から粗利が生まれている。このことを忘れてはいけないのです。

それがつい、帳面を付けるとか管理とかが経営だとか言う。税理士や会計士や学者はこればっかりですからね。でも、管理とは単なる過去のデータのひっくり返しなんです。

そのデータは何で生まれたのか。それはお客さんから貰う1000円札などのお金です。ここを押さえなければダメです。全部、最初に生まれたところを押さえる。

人によって、お客さんからお金を貰うことをやましいことだとか、遠慮する人がいますね。商売人をバカにしている。そういう人は伸びません。それは経営というものを理解していない。

お客さんがふところからお札を出そうとしたら、サッと取るとか(笑)。ほんとはそれくらいやってもいいくらいなのです。

遠慮すると伸びません。それは自分がカッコつけてるだけなのです。個人の都合が優先され、経営の原則から外れてるんです。

<経営の目的はお客づくりにある>

経営には粗利益が必要で、その粗利益はお客の金をもらった時しか生まれません。

ということは、経営の目的とは、

「経営の源であるお客を作りだし、その数を多くすること」なのです。

(※経営の目的には他に「自己実現」とか「社会のため」などもありますが、ここでは個人的な目的は省き、経営の原則という意味で説明をしています)。

しかし、どの業界にも競争相手がいて、その多数の競争相手もお客の数を多くしようとやっきになっているから、お客の数が多いか少ないかは、多数の競争相手と比較して判断する必要があります。こういう見方を「市場占有率」とか「お客占有率」といいます。

図のように、経営におけるものの見方は3つです。自社から見た「主観」、お客から見た「顧客観」、競争相手から見ら「競観」。この3つの真ん中で物事を考えることが大事なのです。

ところが、経営について考えるのは自分の会社や自宅で、そこにはお客も競争相手もいません。だから、ついつい主観だけで考えてしまいがちです。

お客(顧客観)

×

競争相手(競観)      自社(主観)

独立で失敗する人は、自分のことしか考えていないことが多いです。特に技術者や発明家タイプにはそういう人が多いです。

営業は? 競争相手との関係は?

と聞いても、「いや、わたしがやれば大丈夫」なんて自分で舞い上がって、お客や競争相手のことを全然考えていない。

こういう人は1回、失敗した方がいいですね。そうしないと経営の原則が分からない。みんな、最初は何回か失敗するんです。その中で学んで、ルールが大事だと、身をもって体験しないと本物にならないですね。だから、失敗も大事です。

<何かで1位を目指すこと>

経営の目的はお客を作りだし、その数を多くすること=市場占有率を高めることです。

これを決算書が公開されている株式上場企業で確かめてみると、市場占有率1位の会社の業績は、9割の確率で良くなっていますね。例外もありますがね。

しかも、一人あたりの経常利益は、市場占有率の二乗に比例しています。市場占有率が2対1だと一人当たりの経常利益は4対1になり、同じく3対1だと9対1になる。

つまり、1位の会社の一人あたり経常利益は、2位から4位の会社に比べて3?6倍も多くなっている。逆に2位から4位は、1位の0・33?0・17しかありません。

ブリジストンと横浜ゴム、日清食品と東洋水産、富士写真フィルムとコニカ、花王とライオンなど、各業界の1位の一人当たり利益は、2位以下の2?8倍になっています。

ここで考えてもらいたいのは、たとえば花王はライオンの8倍も一人当たり利益を上げていますが、はたして花王とライオンの社員の能力に8倍もの差があるかどうかです。

知能や身体能力のテストをやっても、せいぜい数%から数割程度の差でしょう。

とても8倍もの差があるはずもないですね。これは経営陣の戦略目標と実行力の違いです。

これは経営原則ですから、上場企業に限らず小さな会社でも当然あてはまります。

小さな会社として独立する人も、長期目標では、何かで1位になることを目指すべきだということです。

経営規模は大きくても、1位がない会社は利益が少ない。

一時期の日産やマツダがそうですし、サントリーのビールは45年も赤字でした。

だから、経営規模が大きな会社は儲かるけど、小さな会社は儲からないというのはウソなんです。

商品か地域か営業力か、直接、お客さんと関係する何かで1番になることを目指すんです。

人は1番じゃないと覚えないし、紹介もしません。日本で1番高い富士山の名前は知ってても、2番や3番は知りませんね。

別に日本一とか、県で1番とかでなくてもいい。その地域、OO町のラーメン屋で醤油ラーメンなら1番だとか、年商は低いが高齢者向けリフォームではOO市で1番とか、価格や品質は普通だけれど、仕上げの早さでは町内で1番のクリーニング店とか……。

意図的に1位を作るのと、いろいろやっていて偶然1位ができたというのでは、時間が違います。あれこれやって偶然1位ができたというのは、科学的じゃない。ロスが多すぎるでしょ。だから、業績を良くするには、意図的に1位を目指す必要があるのです。

人生には限りがありますから、意図的で1位を作った方が早く目的を達成しますね。

ポイント! 会社は粗利で生きている。
粗利はお客からしか生まれない。
よって経営の目的は、お客づくりである。
安定させるためには、お客を多くし市場占有率を高めることだ。
それには、「何か」で1位になることを目指すのが早道だ。

◎経営は戦争だ!

あなたの地元の職業別電話帳を開いてみてください。またはネットで検索を。

そこには、あなたのライバル会社が山ほど載っているはずです。前にも説明したように、どんな業界にも競争相手がいて、あなたと同じお客を取り合っています。つまり、経営とは戦争と同じです。まあ、競争相手と直接殴り合うようなことはないですが、経営はお客を通じての間接的な戦争なのです。

一部のコンサルタントなどは「21世紀は共生の時代」なんて言ってますが、そりゃ業種が違えば共生もあるでしょうが、同業他社とは戦争ですよ。

とにかく、やるからには勝たねばなりません。

経営と個人の生活は別です。個人の生活では、家族や友人知人、地域への愛や慈悲は必要ですが、いざ、ライバルとのビジネスは、問答無用の戦争なのです。

ポイント! ライバルとの競争は戦争だ。
やるからには勝たねばならない。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-小さな会社☆儲けのルール(初版)

© 2023 人生は逆転できる!