最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

ニュース ブログ 著書への感想

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版


■吉江勝のひどい話①

ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん
■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみました。

~わたしはサラリーマンの最後6年間課長をやって開業しまだ1年後くらいだったときでしたから書けるかな(笑)と~

ちょうど栢野セミナーを主催させていただいたころだったので、当時そのまま栢野さんに相談しました。

私(西山)が当選したというメールの後、何回かのやりとりで構想や目次が決まりました。

そのあと
「明日香さんが、西山さんではダメだと言っています、吉江に書いてもらおうと思って持ってきた企画と言っています。・・そこで、今回の話はどうしましょうか?せっかくのいい話というか機会がもったいないので、西山さんが書いて、私が直し、一旦は出版社のいうとおり吉江の名前で出しておいて、今度は発言力を持った吉江が西山さんの名前の1冊目を責任を持ってあっせんする」・・・

・・・その後は「共著ではどう」「ダメ」といったやりとりだったような・・・

当時のK編集者(新人女性、その後他部署に異動)がどうしてもそんな人では売れないと言っていると言われたような・・

おもしろいので、当時のやりとり(メール)を以下に貼っておきます(笑)

本当に吉江さんは善意だったのか、巧みな戦略だったのかはわかりませんが、今は地元で無事食べていけてます。新潟のN社労士

■吉江が新刊出したようです。その後支払いは?

■いまアマゾン見てみました。相変わらずな感じというか、おそらくこういうことでしかできないんでしょうね。2010年くらいから接触はありませんし、当然ながらお金も一円も動いていません😢

おかげさまで今の商売では食べていけましたので。あの本を見て人事コンサルを頼んだ上場企業などがあったらしいですが、実力が伴わずに解約されたりしたと人づてには聞きました。

起業創業を支援する輩は、善良=3割、ヒヨコ食い=7割な感じでしょうか。国金公庫にいたときには「ヒヨコ食い」分野というか産業が存在することもわかりませんでした。

■吉江勝のひどい話② by騙された某社労士Nさん

栢野さん、フェイスブックで本の経緯を何回も周知していただいて、誠にありがとうございました。胸がすく思いでしたわ。栢野さんの「3日以内」という期限が怖かったのか、今週3月2日火曜日に吉江さんからわたしの社労士事務所に電話がきました。わたしの携帯番号などはとっくの昔の削除していたのでしょう、HPを見ての事務所固定電話に午前11時くらいに来ました(事務員が出て「横浜からだ」と言っています、何かあやしい電話がきています、代わりますか、と言われ代わったら吉江さんでした。わたしに対する申し訳ない気持ちはあるということで、説明させてくださいと言われたのでまず説明を伺いました。

明日香出版のしくみは、1印刷=500冊で、あの本は20刷までいったので、500冊×20=10,000冊の印税が入ったこと。8%印税なので、1冊1400円×8%=1冊112円・・・×10000冊
=1,120,000円の印税になったこと。

しかし、何回も広告を打ったり、全国の書店に営業活動して印税収入の何倍も経費がかかっていて決してもうけをひとり占めしたわけではないこと。自分でまとめ買いまでしていて、自分の家が本の在庫だらけであること。明日香出版からは、当時、次に「係長のルール」という構想があるので、それを西山さんに直接電話が行くように手配をしたはずなんですが行ってなかったですか、 などという内容でした。

実はこれらは、2009年か2010年にも「まったく同じ内容」の説明受けていたので、そんなことをもお忘れになっていたようでした。

栢野さんがどうしてわたしのことをネットで取り上げるかが知りたかったらしく、わたしが、開業後に「はじめての主催セミナー」で、栢野さんを新潟に呼んだ際に、ちょうどこの出版コンサルの話がスーパービジネスマン養成講座経由でわたしに来て、当時栢野さんに相談したこと、栢野さん自身も竹田陽一先生との共著で世に出た経緯があったので、最悪でも吉江さんとの共著になってもいいと思うし、吉江という男には1~2回くらいしか会ったことがないものの、悪人には思えなかったので、ぜひその話乗ってみたらというアドバイスを、そのときにしてくれた手前、ずっと責任を感じていてくれて、定期・不定期に「その後どうなったか?吉江は善処してくれたか?」と、わたしに確認・連絡をしてくれているのだ と伝えたら、ものすごくびっくりしていました。

わたしは出版に際し「経費がかかったこと」と「わたしがお金というか原稿料をもらえなかったこと」とは話のすりかえだと思っていますが、吉江さんの中では同じことなのでしょう。というかそもそもが、会員に出版してもらう企画だったですし。

今では、おそらくわたしの方が売上や利益は上だと思いますし、「明日香出版に掛け合って、わたしとの「共著」に変更をしてもらってくれ(101のルールのうち吉江さんもマーケティングの7つを書いている、わたしは94書いた)」と言ったら「増刷分からはできるはずだから交渉する」と言われました。

わたしは真実というか本当の経緯が世に知れたことでかなり満足しましたし、そんなには期待はしないで今後の結果連絡を待ちたいと思います。おそらく、いろいろと軌道修正をかけてきて、最後は今回もなしくずしにしてくると予想しています。

なお、今回わたしにした説明を、栢野さんにも、リターンで同じように説明をしてあげてください、そうでないとまた記事に書かれますよと伝えましたら、わたし(西山)には申し訳ないとは思っているが、栢野さんのことは「スルーするから」と言われました。

でも、わたしは栢野さんから聞かれれば普通にこの内容をお話ししますよ、だって最初の相談した相手ですからと伝えました(それは西山さんの自由です、と言われたので、こうして全部お伝えします。

4~5年前に栢野さんから連絡があった際に、それを契機に知り合いの弁護士にわたしの持っている原稿と出版された本とを比較して見てもらったら、弁護士は大笑いをして「あなたは本当に人がいいんですね、何やってるんですか、戦いますか?」と言われました。が、本業でも大事なときだったし、お金もかかるだろうし依頼をしなかったとも吉江さんに伝えたら、これにもびっくりしていました(笑)

最後にオチではないですが、わたしの手元に数冊ある「課長のルール」は2017年7月28日発行で「第21刷」です。本当は、いったい、今何刷まで増刷しているのでしょうね(~少なくとも「20刷」ではなかったですね)(笑)

長くなってすみませんでした。婚活の記事もいいですね。わたしも独り者なのでこの面も学ぼうかなと(笑)

■あと、わたしは開業直後に今井孝さん主催の「福島正伸 究極の経営コンサルタント講座」にも参加をしていました。当時の今井さんは、6回で25万円(1回あたり19:00~21:00の2時間だったような)で、まだ比較的良心的な方で、それでも「25万円は高い、ぼったくりだ」と参加者から言われると「私が高いのでなく福島先生だか高いんです」と反論してまだまともな(笑)感じでした。それでも50人は集めていて、ピークでは年2回やっていましたから、@25万円×50人×2回=2500万円 となかなかな商才です。

今井さんが「申し込みを断ることのできない」高額セミナーを開発したのは、おそらく、中井塾の入塾の際のまねだと思います(今井さんは中井塾9期生 ちなみにわたしは13期生です)。

中井先生自体は「幸せな成功者」講座の中身を、1日まるまるかかるような内容で充実させまくり(計6回)絶対にクレームなどは来ないように完成をさせて(~値段もたしかパターンによるが40~60万くらい、まだがまんできる範囲か?)それ自体はそれでいいのですが、ただ1点、入塾の際に申込書を書かせる風景(書かないと部屋から帰れない)は、まさに先日、栢野さんがFBに引用した風景そのものでしたわ。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ニュース, ブログ, 著書への感想

© 2021 人生は逆転できる!