最新エントリー

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

セミナーのご案内

福岡◆11/26ジャンル日本一!あの平野友朗セミナー交流会

2015/11/23

参加できない人に動画⇒ http://bit.ly/1QCmiDI

フェイスブックはhttps://www.facebook.com/events/1548923178731235/

福岡11/26◆小さな起業家☆ジャンル日本一への軌跡

20151123_1

【満員】どうも!栢野(かやの)です!友人で真面目な著名コンサル平野さんがアソウの研修講師で来てまして、その合間に急遽、4日後に公開セミナー決定!<時間管理術>を中心に、以下の項目ならなんでも応答。コンサルとして超優秀で、表向きはビジネスメールやメルマガコンサルですが、5人の法人起業経営者であり、累計数千人の会員制勉強会「ビジネス実践塾」も主催。自らの起業経営に成功し、多くの人を成功に導く経営コンサルタントでもあります。特に小規模経営者、コンサルやコーチやカウンセラー、士業、個人事業主には最適です。

講師◆平野友朗(ひらのともあき)

ビジネス実践塾 主宰
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考え、2007年の7月からビジネスでの成功をトータルでサポートする通信教育事業「ビジネス実践塾」を開始。平野友朗自身の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供中。「年商1億円、粗利3,000万円のビジネスモデル構築」を目指す方を対象に、必要なノウハウや経営情報を提供中。「経営者のブランド構築は、メディア戦略の一つ」と位置づけ、大手出版社と共同で出版プロジェクトを実施するなど、ベストセラー作家の誕生にも携わる。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

公式サイト http://www.sc-p.jp/prof/index.html

セミナー内容(参加者の要望で臨機応変に)

・平野友朗の独立起業ストーリー
・ブレイクしたキッカケと具体的にやったこと
・小さな起業家の時間管理術(詳細は一番下)
・5名事務所の経営管理術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他、以下のアドバイスができます。

・ウェブマーケティング
・はじめてのメルマガ成功術
・やり直しのメルマガ改善術
・売れるホームページの作り方
・ホームページとメルマガ改善テクニック
・売り上げを伸ばす実践的ネット活用術
・インターネットで売り上げを最大化する方法

・起業術
・ビジネスモデル構築?売り上げを上げて利益を生み出す方法
・ブランディング構築?自分だけのブランドを簡単に作る方法
・出版をしてビジネスにつなげる方法
・マーケティング実践
・ビジネスを仕組み化する方法
・会員制継続課金ビジネス構築法
・集客テクニック?問い合わせを増やす方法
・販売ノウハウ?営業力をアップさせ、売り上げを増やす方法
・顧客化?顧客満足度を高めてリピート率をアップする方法

・仕事術
・整理術
・時間管理テクニック
・業務効率化

◆さらに、以下、各1万円で販売した77項目から質疑応答

http://bit.ly/1NiIzpH
http://bit.ly/1lAOQRr

日時 2015年11/26(木)14時?17時
場所 福岡市中央区天神2-8-41 福岡朝日会館7F
アソウ・ヒューマニーセンター 研修室
地下鉄天神・徒歩3分・地図 http://bit.ly/1lb5CpG
参加費 5400円 当日払い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加できない方に動画⇒ http://bit.ly/1QCmiDI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェイスブックは
https://www.facebook.com/events/1548923178731235/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催・事務局・栢野克己(かやのかつみ)

<時間管理術>の内容

私(平野)はどちらかというと忙しい部類に入ると思います。

「平野さん、忙しそうだけど、なんでこんなに出来るの?」
「本当に一人でこれだけの業務をやっているんですか?」

会う人、会う人に、このような質問をされます。
しかし、そのたびに「まだまだ時間ありますよ」と答えています。

たとえば、日々どんなことをやっているのか。
その一覧を書き出してみましょう。

毎日1?2通のメルマガ執筆
毎日300?400通くらいのメール受信
毎日100通くらいのメール送信
自社ウェブサイト(5種類)の管理
お客様のウェブサイトの管理(4?5本)
顧問先(5?10社へのアドバイス)、月5?10日の出張
年間30?40回のメディア露出(その仕掛けと取材対応)
年間2?3冊の本を執筆
連載中のコラムを毎月5本執筆
ビジネス実践塾のための対談収録(1時間)を月1本実施
ビジネス実践塾のイベントに参加(月2?3回)
年間100回近くの講演やセミナー開催、企画、募集ページ作成、コンテンツ作成
FacebookやTwitterでの情報発信
年間200?300冊くらいの読書
新規事業の企画
一般社団法人日本ビジネスメール協会の運営
スタッフへの指導
社外のキーマンとの積極的なコミュニケーション
経営者として事業戦略の立案
今、自分で書き出しても「タスクが多いなぁ」と自分でも驚くほどです(笑)
たまにスタッフのサポートをすることもあるくらいです。

これだけのタスクがあってもすべて問題なくこなせている。
そして、このような状態でも、1日1時間くらいは捻出できるくらい余裕があります。

なぜそれが可能なのか??

その秘密は、私のオリジナルの「時間管理術」があるからです。

あなたが次のような悩みを抱えているなら、ぜひ今回のセミナーにご参加ください。

時間が足らない
期限を守れないことが多い
情報の管理が苦手だ
仕事が多すぎで処理しきれない
移動中の時間を無駄にしたくない
隙間時間を有効に活用したい
集中して業務に当たれない
きっと打開策が見つかると思いますよ。

SMBCコンサルティング様のセミナーでも大人気!
時間管理のセミナーをSMBCコンサルティング様で年間4回実施しています。

価格は、約2万円なのに、いつも満席。
80人の参加者が毎回会場を埋め尽くす、大人気のセミナーです。

今回は、そのエッセンスをさらに凝縮して、私の仕事術を公開します。

■あなたがこのセミナーに参加するメリット

期限が守れるようになる
決断力が上がる
事業の効率が格段に上がる
自由な時間が生まれる
仕事の処理が早くなる
売上げアップに繋がる
思考の時間がとれる
コミュニケーションが円滑になる
ものがなくならない
情報の整理が学べる

■セミナーでお話しするコンテンツ

なぜ時間がいくらあっても足らないのか?
時間管理と10年後の予測の関係
時間管理ができない人の典型パターン
ノートは不要、A4メモで十分
カレンダーは一元管理
1日に100通のメールを書ける理由
自分の頭にデータを保管しない方法
ちょっとした隙間時間が人生を分ける
画期的なカレンダーの利用方法
東京大阪間の新幹線で本を2冊読む方法
ストックのスペースを決めておく
今やるべき事を見極める
捨てる、保存の判別方法
封筒で管理すると失敗する理由
クリアファイルを活用した新しい情報管理法
PCを買うべきか、使い続けるべきか(コストのかけ方)
Dropboxで情報共有
evernoteを使わない決定的な理由
時間短縮の概念は工場に学ぶべし
投資とリターンを常に把握する
人に依頼をするときの成功法則
思ったら即行動、迷っている暇はない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■共催・栢野克己(かやのかつみ)

講演家・作家・天職コーチ・旅人。■著書は累計15万部「弱者の戦略」「やずやの秘密」「小さな会社★儲けのルール」「大逆転!バカ社長」「35歳から一生負けない生き方」はアマゾン<中小企業経営>で10年間ベストテンのロングセラー■セミナー交流会「ベンチャー大学」「経営人生計画」「早朝サロン」他20年1000回開催。人生成功の法則<夢戦感>で人生逆転を応援。■2007年に家族で世界一周(24カ国)を実現!■現在65カ国→死ぬまでに世界200ヵ国渡航が夢。必ずやる!

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2021 人生は逆転できる!