最新エントリー

大阪セミナー+懇親会20240804

栢野克己さん講演会(ゲスト中小企業診断士マキノヤ先生)@大阪 大阪市中央区本町1丁目4−5 | By 学んで、実行して、人脈を広げよう!交流会@大阪 カテゴリー ベンチャー/スタートアップスタートアップ起業中小企業自営業 イベント詳細 ビジネス出版計8冊、売上総数27万部(アジア翻訳含む)、 またFacebookなど有名でいらっしゃる、 弱者の戦略・ランチェスター戦略の第一人者、 そして破天荒武闘派!?の 栢野克己(かやのかつみ)さんを大阪にお招き致します。 https://yumesenkan.jp/ ...

衝撃の結末「サイゴンから来た妻と娘」近藤紘一

衝撃の結末◾️羽田の記者クラブにいた時、サイゴン支局の近藤紘一から「家族が行くのでよろしく」と連絡があった。「サイゴンから来た妻と娘」はその日の夕刻、羽田に着いたが、彼女らはもうすぐ消滅する南ベトナムの旅券を持っているだけで、日本の入国ビザはなかった。近藤との結婚証明書もなく、入管を説得して2人を仮上陸させるのにずいぶん苦労した。そんなこともあって帰国してからの近藤とあれこれ話をするようになった。サイゴンで結婚した妻ナウのことも結構詳しく話してくれた。どこかに書いていたように、ナウはベトナム人の夫がいて、 ...

小さな会社向けセミナー③

小さな会社向けセミナー②

小さな会社向け3日連続セミナー①

兵庫の青年会議所でセミナー講師

昨夜は兵庫県の龍野青年会議所で「小さな会社の稼ぐ技術」成功事例のウラ話100連発!参加者のノリが良く、私も最初から調子に乗って脱線しまくり。でも本も全部売れた。あざっす!動画は以下コメ欄に。 たつの市人口7万人だが、日本一の揖保乃糸やランドセルのセイバン、ヒガシマル醤油の本社も。以下商工会議所のサイトより ◾️ 龍野には醤油・素麺・皮革と伝統的な三大地場産業があります。 醤 油 龍野の醤油の起源は1587年。龍野が発祥の地である淡口醤油は、色が薄く煮た食材に色が付かないため、精進料理や茶懐石料理に最適とさ ...

インドの路上火葬場に来て見た

以下2枚目の写真に足が。インドの路上火葬場ガンジス川のワーラナーシー202306月

インドの路上火葬場ガンジス川ベナレスへ

インドは貧しい。平均月収2万円は東南アジア以下。でも世界一の人口14億人ステイハングリーパワー凄い。仏教のブッダやイギリス首相の他、Google、Adobe、Microsoft、IBMのCEOもインド人。頭はイイし英語ペラペラで安い労働力は中国を軽く超える。アメリカも抜いて2050年GDP世界一あり得る。首都ニューデリーと路上火葬場バラナシ4-5日程度歩いただけだが。インド人優秀説は検索で沢山

バンコクのスラムへ潜入

スラム探訪。カンボジアのシアヌークビル

 

ブログ 成功事例

船井総研創業者 最初の起業ドン底秘話に勇気もらった

いつものTSUTAYAカフェ読み。当初の経営コンサルタントから晩年はトンデモ教祖だった船井幸雄の次男が出してる月刊ザ・フナイに「今後も船井総研を資本家の立場で見守っていきたい」上から目線。調べたら母子で2割弱の大株主。船井総研は創業者からサラリーマン社長に変わって業績大躍進中。年商210億経常利益50億時価総額1400億。母子で2割の300億長者か。元々はスーパー等の流通業コンサル会社だったが、現在では住宅・不動産・医療介護・士業・パチンコ・生産財・人材採用等へ多角化。月20万円〜でいつでもクビにできる経営戦略幹部を雇う余力ある中小企業にオススメ。「変わらなければ生き残れないのが不変の法則」大株主は創業家同族のままだが、経営現場には口出しせず、サラリーマン社長以下に完全に任せてる。そんな人材を残したトンデモ船井幸雄の、今は表に出ない最初の独立起業失敗カミングアウトは以下
■「私(船井)の27歳の頃の写真は人相が良くない。つきの悪い油断のならない人間だ。私は世を拗ねていた。騙されて大損をし、借金取りに罵倒され追っかけられ、親戚や友人知人からもまったく相手にされない日々を送っていた。父からは勘当だ!と叱られた。やむをえず経営コンサルタントを名乗りはじめたが、失敗者に仕事の依頼をする人はなく、まともな職もなくお金もない。さらに私のことを心配しながら父が癌で他界した。また妊娠中の妻に失敗の心配をかけ、貧しさの故に十分な栄養も摂らせられず、そのため産後の肥立ちが悪く、幼い子を残したまま先立たせてしまった。妻25歳の時。他にも悪いことが次々に起こり、誰から見ても私はツキのない人間だった。私は世を拗ね妬み、それ以上に自信を無くし、マイナス発想の卸問屋だった。酒にも溺れ、ケンカも売り、より自己嫌悪に陥った。よく病気にもなり、周囲も病気にさせ、それらの人のツキまで落としてしまった。こんな私が考え方と行動を変えただけで、その3年後から急速に立ち直った。それにはきっかけがあった。助けてくれた人がいた。3人の女性のおかげだった。母、妹、3人目は再婚してくれた家内だった」
■以上は船井幸雄の文庫本。買った日付を見ると、私が連帯保証1億円事件や母の自殺などで東京から帰郷した直後か。その直前まで船井総研の子会社にいたこともあり、船井幸雄の本はほぼ全部数十冊持っていた。その後も起業してうまくいかない時が何度もあったが、その都度このページを読み返した。こんな偉大な人でもダメ時代があったんだと。船井さんは2014年に亡くなったが、この20代後半から30才までの履歴経歴は、つまり最初の就職先である安全協会を辞めて「25、6才で独立したが失敗」のことはどのプロフィールにもない。31才で再就職して36才で再び起業したあとは株式上場もして、その後に100億ほどの累積失敗はしたが、後任の小山社長会長が大改革に成功した。さらに創業者と息子を船井総研から追い出した。晩年は経営コンサルなのにスピリチャル系に傾倒し、信者クライアントの多くも狂わせたが、私にとって恩人の一人だ。船井さんの他の本は全部ブックオフしたが、このボロボロな本だけは残した。トキめいたからw
■船井総研のコンサル成功事例■船井幸雄自身最後のコラムは以下コメント欄

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ, 成功事例

© 2024 人生は逆転できる!