最新エントリー

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

セミナーDVD・動画・音声 成功事例

倒産から再起したリフォーム三光サービス

講演のライブ動画はこちら

どうも!栢野です。先日の第275回九州ベンチャー大学(起業家を招いた成功事例セミナー)で招いた講師は、福岡を本社に九州で120店の衣服リフォーム(裾上げやサイズ直し)を展開するリフォーム三光サービス創業者・宮崎栄二さん68歳。お父さんが高級紳士服の仕立て屋をやってたですが、宮崎さんが高校生の時に急死。家業はたたんでお母さんは外へ働きに出て、宮崎さんは当時ブームだった建築の設計事務所へ。ところがある日、「家業を失った父は天国で悲しんでいるのでは?」と家業の再興を決意。丁稚奉公サラリーマン経て26歳で起業。面白いように高級紳士服の受注ができ、月収はサラリーマン時代の、なんと100倍に。独立起業大成功ですね。調子に乗ってお店をダイエーなどのSCへ次々展開。ある日、傲慢になっていた宮崎さんは取引銀行とケンカ。生地の仕入れ支払いに足りない50万円を街金から借金。金利は60%と途方もない高さでしたが、すぐに返せると手を出す。街金もどうぞどうぞと気前良く貸してくれた。貸して金利を取るのが仕事ですからね。銀行も。それが数年後、気づいた時には10社で5000万円に。その大半が金利の借金です。結果、不渡り手形を出して36歳で倒産。そして離婚。家財差し押さえや厳しい取り立ても。しかし、返すものは返さねば。破産してチャラもあるが、知人が保証人だったので、こっちが破産すると知人に請求が行く。覚悟を決めて業者と交渉し、法外な金利分を減額して借金は3000万円に。必ず返すと目標設定し、昼間は友人の会社で歩合セールス。朝晩は縫い物のダブルワークで必死に頑張り完済。41歳で二度目の起業へ。手持ち資金はない。それでも衣服の業界でできることは・・。以前のような高級紳士服の仕事は生地の仕入れが必要。資金ゼロでできること、それは業界では都落ちと云われた衣服のお直し、裾上げとか穴を修繕するリフォームだったんですね。すぐに地元紳士服チェーン店の一つに飛び込むと、ちょうど良かったと下請け。他店からも依頼が殺到し、数年で40店舗の裾上げを担当するように。他に、直営の衣服リフォーム店も含めると、今では120店で年商8億円。従業員もパートさん中心に約300名。九州一の規模になりました。なぜ、成功したのか?服の製造販売は大メーカーが工場で大量生産大量販売しますが、服の修理は大量販売大量生産できませんね。一品一品の手作業。しかも単価は数百円から2000円ぐらいが多い。原価は糸代で粗利は高いですが、人件費はかかりますね。パートさんが中心とはいえ。だから、衣服のリフォーム業をやる大企業は皆無。しかし、服を買うと、例えばパンツは必ず裾上げが必要になりますし、服に穴が開いたり、サイズを個別に合わせる必要もありますね。市場は新品の服に比べるとはるかに小さいですが、服を直す市場や需要は必ずある。新品の服を製造や販売する分野は大手企業が山のようにありますが、「リフォームは大企業やエリートが無視する都落ちの分野。だから、私のような失敗者や田舎の中小でもチャンスがあったんです」と宮崎さん。これは他の業界も同じですね。中古やリフォーム、大量生産でないオーダーメイドや手作り。あなたの業界で、大手が嫌がる手作りめんどくさい、イメージの悪い都落ちの分野は何ですか?そこが独立起業で成功する狙い目です。ところで、宮崎さんは倒産から再起したときからはじめ、今も継続していることがあります。「それは日記です。最初は借金3000万円を5年で返すと目標設定。毎月では50万円の返済です。週では約12万円。毎日2万円。毎日、2万円の利益を生む、もしくは2万円節約する。そのために何をやるべきか?方法は?そしてやったことは?結果は?なんてことはない、PDCАですね。プラン、ドゥ、チェック、アクション。その繰り返し。1年、3年、5年後の目標を設定し、そこから逆算で年間、月間、週間、毎日のPDCAをやる。私はこの日記でうまく行きました。これからの皆さんへ一番おススメしたいこと。それは毎日、PDCAの日記を1Pでいいから書くこと」。と、セミナー中に宮崎さんの日記を皆で見ましたが、普通の大学ノートに毎日1P、何か書き殴っています。仕事に限らず、ダイエットでも受験でも恋愛でもなんでもいい。人生はあっという間に終わる。周囲に流されて。ではなく、将来の夢や目標を立て、そこから逆算してやるべきことを書き、あとは行動。当然、失敗することもたくさんある。でも改善もできる。その繰り返し努力ですよと。

講演のライブ動画はこちら

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーDVD・動画・音声, 成功事例

© 2021 人生は逆転できる!