最新エントリー

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

実話ノンフィクションと作り話フィクション小説

私は本を9冊出版してるが、すべて小さな会社お店向けのビジネス書だ。エラそー理論もあるが、中小企業の実例が多い。事実実話で架空作り話=小説ではない。20代前半までは小説も読んだが、就職転職起業で失敗悩むこと多く、架空作り話は読まなくなった。でもスターウォーズインディージョーンズ東京ラブストーリーロッキー等の作り話ドラマ映画も好きだが。息抜きで。最初は共産党の大学で朝日ジャーナル読み、本田勝一や鎌田慧立花隆戸井十月沢木耕太郎などの影響受けた。大宅壮一はほぼ読んでないが、企業モノ大下英治はなんかヨイショ軽い。佐 ...

毎朝のゴミ拾い

あしたのために。5日目。同じ番地を毎日掃除するとゴミ激減。巨大なアマガサ自社ビル前の歩道に杖ついた老人が。もしや創業者?「君は何をやってる?」「8月に福岡から引っ越して来た新参者です。自分の住んでる36番地に感謝を込めてゴミ拾いしてるだけです」「気に入った。このビルを君にやろう」「そんな!ありがとうございます」ホントに妄想しましたw。一日一偽善。 ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKD ...

倒産するとどうなるか?by内藤明亜

事業経営が持続できなくなった場合、倒産(法人の破産)処理をしなければならないという決まり(法的根拠)はない。その事業を放置して(何の処理もしなくて)、逃亡しようが今まで通りの居所にとどまっていてようが、それが罰せられるということはない。 では、どうなるか…。 [倒産]の定義は「債務超過でなおかつ資金不足で、債権者に支払い(返済)ができなくなり、事業を停止すること」だ。 事業経営が継続できなくなったということは、債務を負っていることだ。 ・給与などの人件費。 ・税金や社会保険。 ・仕入れなどの買掛金。 ・光 ...

8/1セミナー岡山+ZOOM全国へ

■岡山8/1アナログ会場+ZOOM全国全世界セミナー 『小さな歯科医師の逆転ストーリー 小さな会社の成功事例100連発 』 〜現金損益®︎経営岡山1周年記念特別講演会〜 岡山を代表する歯科医師・経営者でいらっしゃる「華房 宏一 (寛城)先生」と、 武闘派ランチェスター戦略講師で大人気の「栢野 克己先生」のダブル講演会。 実は、お二方とも5・6月に出版されたばかり。 今まで、いろんな著者とお話しする機会がありましたが、ほとんどの方は『本に書けない事の方が多い…』と。 今回は『赤裸々ぶっちやけ座談会』を行いま ...

とにかく死ぬな。コロナなんかで

とにかく死ぬな■コロナで(どうしようもない)中小事業者は『どーしたらいーのー!?』って考える必要はない。借りて借りて借りまくるのだよ。貰って貰って貰いまくるのだよ。どうせ返済猶予期間が終わって返済が始まるころには民事再生(倒産)の嵐がやってきて、どこもかしこも民事再生祭りになるから、便乗して民事再生すれば良い。民事再生で全てチャラで良いんだよ。しかもいち早く民事再生して次に備えた方がよい。 仮にコロナって死んでしまえば団体信用生命保険(通称『団信』)で借入はチャラだ。生命保険が見事当たったと思えば良いのだ ...

ランチェスター経営など知らない言葉

これが私の生きる道。小さな会社やお店には、難しい経営理論や用語じゃ伝わらない。英語使わず事例で ■「読み始めはランチェスター経営など知らない言葉が出てきて、読めるのか少し不安になりましたが、読み進んでいくと具体的な事例が多く、とてもわかりやすい良い本だと思いました。本日は会場に伺えませんでしたが、ご縁がありましたらお会いしてお話ししてみたいものです。有限会社椎名畜産・椎名大悟」 ■私たちの仕事には豚を屠畜(とちく)するという工程があります。大切ないのちの恵に感謝する心を忘れずに、従業員ひとりひとりが「食 ...

事業失敗かつ逮捕された読者の手紙

「私は逮捕され、この手紙や留置場より書いております。会社は廃業。友人も知人もお客も、全てを失いました。また裸一貫ゼロからというか、マイナスからのスタートです。せっかく這い上がったと思ったのですが、一瞬で谷底へ転げ落ちました。今回、留置場で差し入れてもらった本の中に栢野さんの「弱者の戦略」がありました。それを読んで勇気を貰いました。「あきらめるな!また逆転できるぞ!」そう言われたような気がしました。ありがとうございます。どん底に落ちて、栢野さんの本の素晴らしさを再認識しました。栢野さんの這い上がる姿に、 ...

ニュース セミナーのご案内 小さな会社の稼ぐ技術

福岡20190420特別セミナー

◆毎日数分の日報で売上2-10倍の事例 ◆素人が出版でベストセラー事例 ◆小さな会社の成功事例ウラ話

ビジネスブックマラソン土井英司メルマガより
■本日ご紹介する一冊は、中小零細企業がPDCAを回していくための画期的ツールを紹介した一冊。著者は、山口県でニッチ分野の「小さな日本一」をたくさん輩出している日報コンサルタント、中司祉岐さんです。

■これは2013年の中司さんセミナー

本書によると、著者のクライアントの85.6パーセントは、日報を書き始めて売上を2倍以上に伸ばしたとか。

月商89万円の雑貨屋さんがたった4カ月で1.8倍の161万円、その1年後には228万円に。店長兼料理人とパート3人のパスタ屋さんは、日報導入後1年で月商が53万円から215万円に。鉄工所を引き継いだ3代目の経営者の方は、3年で年商を1億6830万円から2億8466万円に伸ばしたそうです。

本書では、このめざましい成果を達成した「PDCA日報」を、そのフォーマットと書き方を含め、紹介しています。

購入特典として、日報フォーマットのダウンロードと著者の動画セミナーをプレゼントしているので、これ一冊で今すぐに「PDCA日報」を始められるのが特長です。

著者いわく、
<経営者で努力をしていない人はいないと思います。問題なのは、努力の中身と方向性です。1日の限られた時間をどのように有効かつ生産的に使っていくか>
そのために、日報でどんなことができるのか。
さっそく、ポイントをチェックしてみましょう。
———————————————–
この日報には、「手帳」といわゆる「一般的な日報」と「日記」の三つの要素が入っています。みなさんは、自分の予定や計画を手帳に書きますよね。でも、手帳は予定を書き込む備忘録としての機能しかありません。実際に何をしたか、結果はどうだったかを書き込むのは「日報」の役割です。ただ、一般的な日報は上司などに報告することが目的であることがほとんどで、事実や数字を淡々と書くだけ。細かなことや失敗したこと、反省点などはなかなか正直に書けません。自分のその日の生活を振り返るのは「日記」です。手帳、日報、日記がばらばらだと、PDCAを一元的に管理することができません

◆PDCA日報の項目
1.元気の出る一言
2.「夢・希望」を書いてやる気アップ
3.「今日の目標」を具体的に書く
4.「今日の予定」を組む
5.「実際の結果」を正直に書く
6.「今日の結果」に対して評価する
7.うまくいったことを「ルール化」する
8.うまくいかなかったことの「改善策」を考える

最も効果的なのが、朝、昼間の業務中、夜の三度に分けて書くことです。つまり、朝の始業前に予定を書き込み、昼間は日報をそばに置いて行動するたび、気づきがあるたびに書き、仕事が終わったあとの夜に、1日を振り返りながらよかったことや改善策を考えます

欠点を長所に変える方法を考える

うまくいったことをルール化し、再現可能に
目標がアバウトな人は成功しない

クロージングの商談の初め頃に、雑談で「社長、最近面白いボールペンを買ったんですよ。これなんですけど、こうやって握るとプニュプニュして癒やされるんです。ちょっと試してみませんか?」といって、ボールペンを握ってもらいます。たったこれだけ。そのあと、クロージングのタイミングを見計らって、「今日、契約書にサインをいただきたいのですけれど」と言って、契約書と先ほどのボールペンを相手の前に差し出すと、こちらの想像以上に、すんなりサインをしてくれました。もちろん、「プニュプニュ・ボールペン作戦」は、ルール化して、その後も大きな成果を収めました

その結果、誕生したのが「サワモト・ジャンプ」です。来店客の方に手をつないでもらって、店の前でジャンプしてもらい、その様子を店主の木原さんが写真に撮り、お店のインスタグラムのページに載せる、というものです(喫茶店のケース)

毎月面白いメニューを出して、常連客のリピートの回数を増やすことが当初の目的でした。実際に蓋を開けてみると、それが当たって常連さんの来店頻度が短くなり、半年に1回あるいは1年に1回が、2カ月に1回、毎月に変わっていきました。新規顧客はそんなに増えなかったのですが、既存客の来店頻度が上がったことで、1日の平均来客数は、32人から58人に増加しました(カレー店のケース)
———————————————–
本書がユニークなのは、成功したはずの喫茶店がその後閉店したり、800人の会場を押さえて開催したセミナーに80人しか来場しなかったりといった、いわゆる「失敗談」をそのまま載せていること。(ちなみに80人しか集まらなかったセミナーは、NHKが取材したことで、大きな集客につながったようです(弁護士事務所のケース))

中小零細企業が成功するには、社長の意識改革と時間の使い方改善、すぐ真似できる具体的な事例が必要ですが、本書にはそれがすべて揃っています。

ひさびさに、コテコテの中小企業本で、使えそうな本に出合いました。

■以上のさらに詳しい福岡セミナー詳細は以下

九州・山口エリアの中小企業経営者は必聴!福岡で栢野克己さん、中司祉岐さんとセミナーやります!

※主催は日本一の出版コンサル土井英司。この最新インタビュー記事は必見です。by 栢野

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州・山口エリアのみなさま、お待たせしました!ひさびさにエリエス主催で福岡セミナーを開催します!

◆2019年4月20日(土)15時(開場14時半)~17時
ランチェスター×日報×マーケティングで中小企業が最高の業績を上げる方法

今回は何と、ベストセラー『小さな会社の稼ぐ技術』の著者、栢野克己さんと、売れ行き好調の『PDCA日報』の著者、中司祉岐さんとのコラボセミナーです!

※参考:『小さな会社の稼ぐ技術』栢野克己

■小さな会社・お店・個人事業主向けビジネス書の作家・講演家。「小さな会社の稼ぐ技術」(日経BP社)「小さな会社☆儲けのルール」(フォレスト出版)他8冊で22万部。全国の商工会や青年会議所等で約1600回講演。創業経営者に学ぶセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「缶ビール会」を27年で1000回以上開催。趣味はバックパッカーで世界70カ国へ。福岡市出身。ヤマハ発動機やリクルートなど大企業から中小迄7社経て1995年に独立起業。当初は広告代理店だったが、2002年より作家・講演家に転身。熟年離婚したが、現在は24才のカンボジア美女とラブラブ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822251934/businessbookm-22/ref=nosim

※参考:『PDCA日報』中司祉岐

■株式会社日報ステーション代表取締役。山口県生まれ。高校卒業後、零細飲食店に入社。集客を担当し来店数10倍、客単価2倍を実現。その後、勤務した大手アパレルチェーンでは、販売員として全国トップテンに入る業績を上げる。 その実績を買われ、零細企業の創業、事業立て直し支援事業に従事し、中小零細企業こそ少しの工夫で成果が出せると気づき、零細企業専門コンサルタントとして独立。 日報の赤ペンコンサル指導で数多くの企業の売上を倍増させ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822289613/businessbookm-22/ref=nosim

■主催・土井英司(どい・えいじ)●出版マーケティングコンサルタント/日刊書評メールマガジン「ビジネスブックマラソン」編集長。1974年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。日経ホーム出版社(現・日経BP社)を経て、2000年にAmazon.co.jp立ち上げに参画。数々のベストセラーを仕掛け、「カリスマバイヤー」と呼ばれる。2004年、エリエス・ブック・コンサルティング設立。数々の著者のプロデュースを手掛け、毎年10万部超のベストセラーを連発。2011年にはミリオンセラー『人生がときめく片づけの魔法』も手掛けた。2004年7月よりメールマガジン「ビジネスブックマラソン」を日刊で発行、1日も休まない卓抜なビジネス書評が支持され、読者数6万人に迫るメディアに成長した。自己表現に関するセミナーや作家養成コースも毎回満員御礼の人気。著書に『一流の人は、本のどこに線を引いているのか』(サンマーク出版)などがある。 http://eliesbook.co.jp

◆中小零細企業向けの内容ですので、小細工満載、事例満載、裏話満
載の実践セミナーにしようと思っています。

ご期待ください!

この濃い~メンバー、内容で、お値段はなんと8000円!
ぜひみなさまお誘い合わせの上、ご参加ください!

終了後はみんなで博多ラーメンを食べましょう!

募集人数は、96名です。※現在25名申し込み。4/3現在
みなさまのご参加、お待ちしております!

日時:4月20日(土)15時(開場14時半)~17時
場所:西鉄イン福岡 貸しホール(福岡県福岡市中央区天神1丁目16番1号
講師:栢野克己、中司祉岐、土井英司
料金:8000円(税込)※当日払い

参加申込はコチラ

フェイスブックの告知はコチラ

※当日飛び込みもOKです。会場広いので。

◆2019年4月20日(土)15時(開場14時半)~17時
ランチェスター×日報×マーケティングで中小企業が最高の業績を上げる方法

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ニュース, セミナーのご案内, 小さな会社の稼ぐ技術

© 2020 人生は逆転できる!