最新エントリー

缶ビール

缶ビール会!あざっす!福岡■12/3土曜13-17第149回「缶ビール会」します。遅刻早退出入り自由。各自1000円分の飲食ツマミ持参。想像以上に頑張って驚きの能古島ツバキ化粧品通販ママ山本嬢、神戸大学ノエビア経て地場オンリーワン博多人力屋神谷さん、結婚者続出の恋愛コンサル純古さん、某有名大手とも契約探偵の岩河さん、敏腕コピーライターかつ福岡No. 1防犯機器二代目安永さん、暴力団対策他九大体育会の堀内弁護士、不動産4棟オーナーでバイク買取他OHG大賀さん、通販グッズ企画で年商10億弱20人抱えるコウダプ ...

2022年12/1博多で九州ゴム工業会エラソー講師

昨夜は博多駅で、真面目でお堅い「九州ゴム工業会」さんで15年ぶりのリピート講演。「面白くて役立ったので」by中島ゴム工業会長。ところが反応頷きがほぼない。講師にはツライ。全員マスクで表場見えないのもあるが。途中で大半は下請け的な中小メーカー。上から仕様書がきて見積もり合戦経て設計製造納入。自社ブランド商品ほぼ無い。営業だマーケティングだ顧客フォローとか関係ない。九州は8割がブリヂストン他タイヤ関連の下請け。「僕たちはそれ以外のニッチ2割で頑張ってます」他業界の事例や綺麗事の経営戦略戦術とか通用しない、、と ...

東京から失意のUターン

東京から失意のUターン。私の第二の人生はココから始まった。当時33歳無職独身。7社目の転職活動中、35万の中古プレリュードで糸島半島の素晴らしさを発見(福岡市生まれ育ちでしたが、高一で引っ越したので行ったことなかった)。家から30分でこんな透明な海岸(弊の浜)が!東京じゃありえん。ふと道沿いの今宿・牧のうどんに入る。美味い安い早い!おばちゃん元気がイイ!食っても無くならん!独身時代に毎週行き、元妻との最初のデートもココ。赤ん坊をカゴに入れて3人で毎週。4人になっても毎週。当時、実家絡みの借金1億抱えてたの ...

佐賀県七山村の温泉で職員研修

昨日は福岡・糸島半島隣の七山村にある佐賀県No. 1アルカリ性トロトロの「鳴神温泉ななの湯」でミニ研修講師。前日食った地元の「牧のうどん」と焼肉うどん「ウエスト」。前者は18店舗で後者は200店舗以上。「どっちが美味しい?」研修参加15名中13名が牧のうどんで圧倒的勝利。 ウエストの1/10以下の規模だが。「なぜ美味しい?」「手の前で製麺裁断して釜茹で出来たてだから」「その通り!ウエストはカト吉の冷凍麺。大量生産品で安いが、手作りめんどくさい出来たてには勝てない。さらに牧のうどんはスープに使う利尻昆布が稀 ...

奢りますw。過去最高益のラーメン一風堂

おー!売上も一気にコロナ前の290億を超えそうだ。そうか!海外店舗も多いんで円安効果も。しかし、商品作り〜運営までマニュアル化のチェーン展開うまく行くと、あとは店出すだけだ。ユニクロとかも商品しっかりしてるから、店長以下凄い人材も要らんし。究極は一蘭みたいに店舗で製造接客無しロボット人材でイイ。サイゼリヤも他のチェーン店も。でも商品は工場で大量生産販売店であっためるだけだから、小さな会社お店個人店が食材調理採れたて新鮮手作り出来たて熱々でやれば勝てる!家系ラーメン元祖の吉村家(横浜一店のみ)に行ったら70 ...

失敗忘備録

失敗忘備録。会報巻頭インタビューに寿司ざんまい、星野リゾート、コクヨの社長に石田純一も。税理士・社労士・行政書士+経営コンサル+保険他で550人(関与先3万社で業界ベストテンの規模)の巨大士業コンサル集団「ティグレ」東京支店の定例セミナーに登壇。知的エリート士業や常務幹部も目の前に4-5人いて、会場とzoom同時並行で目線反応にプチ戸惑って前半は不調。いつもなら機関銃のように出るアドリブも詰まる。滑舌も悪い。絶体絶命のピンチだ。ってもう何百回も経験した。大丈夫だ。最初にコクヨとぺんてるの敵対的買収ウラ話で ...

一風堂ファウンダー講演レポート

9/17「世界の一風堂」ファウンダー河原成美セミナー1時間+質疑応答2時間。テーマは「無我夢中」だけじゃ自己啓発セミナーなので、合間に戦略戦術の話題も。が、会場の音響チェックミスで音が割れた。録画も。まぁでも創業期〜中小時代の素晴らしい話オンパレード。■期間限定で音割れYouTube動画を公開。

宮崎9/13セミナー交流会

★緊急特別企画★ ≪演題≫「小さな会社★儲けのルール」成功事例100連発by栢野克己氏 4年振りくらいにベストセラー作家で講演家の栢野さんが宮崎に来ます。 今回も事例100連発?で宮崎の経営者を元気づけてもらいます。 フライングで参加表明している方もいますので、迷わず即決で参加申込みしてください! 毎回一週間で満席になる人気講師です! ◆日時:9月13日(火)18時30分~20時30分 ◆会場:宮崎県婦人会館3F「おすず」 宮崎市旭1-3-10(県庁近く) ◆会費:3000円(税込) ※当日の受付混雑を防 ...

ブルースリー完全再現

8/26自作自演セミナー(会場とFacebookライブ)がコロナで?キャンセル続出(お前の実力不足たい)。焦って何かせねば!少林寺の師匠をパクってTikTokやYouTubeに投稿。アホが引っかかるのを待つ。まぁ11人参加で形にはなる8/26詳細は以下↓コメ欄■好きな夏はいつもクーラー入れず全裸フリちんです。

世界の一風堂創業者「私の履歴書」起業ストーリー。成功失敗のウラ話100連発!+質疑応答

①最初のバーひとり起業3つの目標設定 ②ひとりで月商500万円どう集客したか? ③未経験ラーメン技術はどう身につけた? ④ライバル多数の豚骨で差別化したこと ⑤居酒屋タコ焼き他、多角化の失敗 ⑥レジからお金抜かれても文句言えず ⑦オレが入る店は売上増だが他店は減る ⑧複数店舗のマネジメント手法 ⑨天職に目覚めたのは44歳 ⑩年商1億3億10億の壁。そして100億 ・他に何か聞きたいことありますか? 2017年の講演↑ 参加申し込み者は■起業失敗借金“夜逃げ”厨房機器を“盗んで”再起業の西日本トップの唐揚げ ...

ニュース ブログ

フェイスブックがインスタグラム買収した凄い理由

障害でフェイスブックとインスタグラムが使えず、調べて買収も初めて知った。以下は豊福ジャンさんの記事

■Facebookは当初、マーク・ザッカーバーグ氏が大学2年次に所属していたハーバード大学の学生が交流を図るための「The Facebook」というサービスで始まりました。その後「同じようなサービスが欲しい」との要望に応え、アイビーリーグの学生、全米の高校生にサービスは解放され、2006年9月には一般公開されたことで、世界中の誰もが利用できるようになりました。

Yahoo!ファイナンス調べ

2018年8月3日時点でのFacebookの株式時価総額は4,287億ドルで世界の時価総額ランキングのなかで7位となっています。2018年は4月にFacebook利用者約8,700万人のユーザー情報流出問題などが判明して以来、Facebook株は一時期大きく下落し、現在も不安定な状態です。

2.Facebookの収益源

Facebookは収益のほとんどを広告収入により叩き出している会社です。売上高の約93%が広告収入によるものであり、2017年度の売上高は406億5,300万ドルとなっています。Facebookの広告収入の種類としてはデスクトップ広告、モバイル広告が大きな割合を占めています。その中でも約87.7%がモバイル広告によるもので、この割合も年々高くなっているのが特徴です。2017年度は広告収入が前年度比で49%増収、売上高も47%増収となっておりFacebookは安定的に成長し続けています。

広告収入の安定的な成長と関係しているのはFacebookのアクティブユーザー数の推移です。ユーザー数の推移としてDAU(1日あたりのアクティブユーザー数)とMAU(1ヶ月あたりのアクティブユーザー数)があげられます。2012年度から2017年度のDAU・MAUを見ると、共に右肩上がりで安定的に伸びていることがわかります。2017年度はDAUが14億、MAUは約21億となっており、2017年の世界人口は約76億人であることから、世界の約5人に1人が毎日Facebookを利用していることがわかります。

3.FacebookのM&A戦略

Facebookは2018年1月までに合計66社を買収してきました。株式公開の2012年5月18日までには、Instagramを含む29社を買収しており、株式公開直前の2012年5月には3件の買収を行いました。さらに株式公開日にはモバイルソーシャルギフトサービスを手がけるKarmaの買収を発表しました。

上場以前のFacebookの買収戦略は「優秀な人材の確保」という側面が強いものでした。2009年に買収した「FriendFeed」にはGmail開発責任者のポール・ブックヘイトやGoogleMap開発者であり、のちにFacebookCTOとなるブレット・テイラーがいました。このように上場前は優秀な人材の確保に力を入れ、Facebookの機能拡張を軸にM&Aを行なっていましたが、Instagram買収はこれまでのM&Aとは意味合いが違うものでした。Instagramの買収目的についてはのちの章で詳しく説明します。

上場後、2012年5月に上場してからのFacebookの買収戦略の軸には「モバイルファースト」が掲げられていました。実際に上場後の買収の約4割はモバイル関連であり、この買収戦略を通じてモバイルの収益を右肩上がりで伸ばし続けていました。そして2014年2月には最高額の190億ドルでスマホ向けメッセージサービス「WhatsApp」を、翌月に拡張現実のハードウェア・メーカーの「OculasVR」を20億ドルで買収しました。上場後のFacebookの買収にはFacebookから離れつつある10代を中心とした若いユーザーを取り囲むサービスの獲得と、AIやVRなど次世代テクノロジー企業の獲得が軸として行われており、「世界をつなげる」というFacebookの目標に向けて、Facebookと連携するプラットフォームの強化と、テクノロジーによる新たなコミュニケーションツールの開発を推進していることがわかります。

4.創業1年で1,000万ユーザーのInstagram

Instagramはケビン・シストロム氏とマイク・クリーガー氏によって創設されました。当初はユーザーが居場所、写真等のコンテンツを共有可能にしたソーシャルチェックインアプリ「Burbn」を開発していましたが、世界中の人が何をやっているかを写真で追いかけられるようにしたら面白いと考え、「Instagram」を開発しました。その後、2010年10月にApple StoreにてiOSアプリを公開しました。アプリを公開してから2ヶ月後には100万人ユーザーを獲得し、2011年6月には500万人ユーザーを突破。同年11月には1,000万人までユーザー数は拡大しました。

5.買収概要

5-1.M&Aサマリー

スキームとしては、最初に現金3億ドルとInstagramの社員以外の株主に普通株を約1,200万株の合計5億2,100万ドル相当が支払われ、9月の契約締結時にInstagramの社員に対して約1,100万株(約1億9,400万ドル相当)が支払われました。またFacebookはInstagramを買収する1年前に約1500億円相当の資金調達を実施していました。

5-2.Facebookの株価チャート

https://ussto.com/chart/FB アメリカカブドットコムBETAより引用・編集

FacebookによるInstagramの買収は10億ドル(約810億円)と発表されましたが、Facebookが上場した2012年5月から同年11月頃までで株価は上場時の約1/3にまで下落してしまいました。これを受けて同年10月に提出された四半期報告書では買収価格も7億1,500万ドル(約580億円)に変更されていたことがわかりました。

5-3.Facebookの買収目的

Instagramを買収する以前のFacebookは買収してきた企業を自社に統合し、被買収企業のサービスはその度に停止させることが多かったのですが、Instagram買収の際、FacebookCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は「Facebookに統合するのではなくInstagramの強みや特徴を維持し、拡大していく」と述べていました。つまり今回のInstagramの買収目的として人よりもサービスの獲得を目指して行なっており、これまでの買収との大きな違いがあることがわかります。ここからInstagramの買収目的をさらに分解して見ていきます。

5-3-1.将来の競争企業の買収

なぜFacebookは、当時従業員13名で売上の出ていないInstagramを買収したのでしょうか。主たる理由としては、Instagramが将来の競合企業となる可能性を排除するためであったと考えられます。Instagramはサービス開始から2年弱でiOSアプリにおける利用者数を3000万人まで伸ばしており、これはFacebookがサービス利用者数を伸ばしたスピードよりもさらに早いものでした。そして買収前にInstagramが40億ドルの資金調達を行うと報道されたことによって、Facebookは本格的にInstagramが将来の競合企業になると考え、買収を急いだと考えられます。またGoogleやYahoo!がInstagram買収を試みていたことも影響したと考えられます。

5-3-2.モバイルアプリ広告のデータ収集

Facebookは当時あまりモバイルへの移行が進んでいなかった一方で、Instagramはモバイルアプリとして会員数を順調に拡大していました。ユーザーがモバイルへと移行する中で、Facebookはモバイル利用者のデータをより多く手に入れたいと考えていたため、Instagramの買収はその目的のためには打ってつけであったと考えられます。しかしやはり一番の理由は、将来競合となりうる企業を買収したかったという要素が大きかったように思えます。

6.FacebookとInstagramの買収シナジー

6-1.Instagramのユーザー数拡大効果

Instagram月間ユーザー数推移(2010〜2017)

https://find-model.jp/insta-lab/instagram-users-enrollment/ InstaLabより引用

この買収では、FacebookとInstagram双方に一定のシナジーがあると考えられます。まずInstagramのユーザー数は買収前時点で約3,000万人でしたが、2013年には1億人を突破、その後もユーザー数は非線形に伸び続け、2018年6月にはユーザー数10億人を突破しました。これはInstagramが世界のSNS市場でFacebookに次ぐ2番目に多いユーザーを獲得していることを表します(つまりSNS界のナンバー1、2をFacebookが有しているということです)。Facebookとのシナジーについては、買収直後から18ヶ月までの間にInstagramに流入してくるユーザーの約64%がFacebookからの流入でした。これはFacebook上でInstagramの写真をシェアしていることを意味しています。そしてFacebookは世界で最も利用者の多いウェブサイトであることから、 Instagramの利用ユーザーの増加に貢献していたと考えられます。

Instagram側からするとユーザー数の増加に加えて、売上を立てるための戦略はまだ発表できておらず、広告運用に関してのノウハウを持ち合わせるFacebookをバックに持つことは大きな魅力であったと考えられます。

Facebook側はモバイル分野での存在感を強化できることがあげられます。サービス自体はFacebookからInstagramは独立していますが、Instagram独自のソーシャルネットワークユーザーを獲得でき、ユーザーに関するデータを蓄積できることで、広告に活かすことができるという面でシナジーがあったと考えられます。

6-2.モバイル広告の利用

Facebookといえば収益のほとんどを広告により稼ぎ出しており、Facebook広告の適切な利用者にリーチすることのできる広告のノウハウを、 Instagramが活用できるという面で大きなシナジーが見込めます。実際に2015年ごろからInstagram広告は始まり、Facebook広告と同様に地域、年齢、性別、言語、趣味など非常に詳細なターゲット広告を行うことができ、届けたい層に広告を届けることができます。広告は通常のフィードと混ざるようにして表示されるインフィード広告であり、画像だけでなく動画も表示させることができることが特徴です。

7.現在のInstagram

2018年6月にInstagramの月間アクティブユーザー数は10億人に達しました。FacebookはInstagramの売上高を公表していませんが、2018年6月25日に発表されたブルームバーグ・インテリジェンスの集計データによると、 Instagramは向こう1年間で売上高が100億ドルを超え、Instagram単体の評価額は1,000億ドルになると言われています。

8.Instagram v Snapchat

Instagramと比較される競合企業としてSnapchatがあげられます。Snapchatは共有した写真や動画が10秒で消えるコミュニケーションアプリです。そのSnapchatを2016年8月、Instagramは徹底的に模倣した機能として「Instagram Stories」をInstagramのアプリ内に実装しました。Instagram Storiesは投稿した写真や動画などが24時間で消滅する機能です。このサービスをリリースして以来、Snapchatが追加する機能を徹底的に真似してきました。Snapchatがストーリー上に位置情報を追加したときに、Instagramも位置情報を追加できるステッカー機能を追加、カスタムスタンプの機能をSnapchatが始めるとそれも真似しています。Instagram Storiesは約1年でデイリーアクティブユーザー(DAU)が2億5,000万人を突破しました。また Instagram自体は2017年4月にDAUが7億人を突破しました。一方でSnapchatのDAUは1億6,600万人とわずか1年でInstagram StoriesはSnapchatを追い抜きました。

9.備考

今回のFacebookによるInstagramの買収はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOと創業時から現在までInstagramのCEOを勤めるケビン・シストロム氏の2人の間で、3回交渉したのみで決まったと言われています。というのもザッカーバーグ氏はFacebook全株式の28%、議決権の57%を持っており、ケビン・シストロム氏もInstagramの45%の議決権を有していたためです。Facebookの取締役会がこの話を聞かされた頃には事実上買収は決定しており、取締役会は形式的なものでした。関係者によると取締役会は「相談されたのではなく、言い渡された」と表現しています。またFacebookCOOのシェリル・サンドバーグ氏もザッカーバーグ氏からInstagram買収を進めたい意向を聞いていましたが、交渉には実際には関わらなかったと言われています。今回のFacebookのInstagram買収はザッカーバーグ氏の独壇場で行われたことがわかりますが、ここまでのInstagramの成長を見ると上場前の時期に当時最高額でこの買収を行うことを迅速に決断したザッカーバーグ氏の判断は正しかったと言えるでしょう。

ライター:豊福ジャン(M&Aクラウドリサーチャー)日本証券アナリスト協会検定会員補

豊福ジャンさん 素晴らしい記事をありがとうございます!

■Amazon中小企業系ベストセラー1位
レビュー購入は http://amzn.to/2finYCs
立ち読み http://bit.ly/2FHT8AU
■3/3 缶ビール会 https://bit.ly/2HbA0iz
■3/30福岡 岡崎栢野 https://bit.ly/2HgOZYh
FBページ https://www.facebook.com/events/2049420365095218/
■4/13東京 https://bit.ly/2V80a9E
■4/20福岡 日報コンサル中司 土井英司
■2019年5/23岡山県津山市
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガで定期情報 http://bit.ly/x0iCND
■公式ホームページ http://yumesenkan.jp/
以下、セミナー成功事例を動画で公開中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最新動画はあの起業物語 https://bit.ly/2lzRM2R
■栢野最新セミナー動画 http://bit.ly/2nXhuxD
■これぞブルーオーシャン!http://bit.ly/2tPcHFF
■電話の鳴らない不動産屋 http://bit.ly/2skCOPY
■小さな文系ネット成功事例 http://bit.ly/2o3ZrZG
■福一・地域戦略の凄さ http://bit.ly/2mSrKtP
■小さなお店エミリーの奇跡 http://bit.ly/2oe3cZn
■スゴい講師6人6時間セミナー http://bit.ly/2kUPEkf
■ハガキで年収2000万営業術  http://bit.ly/2ezK3Qn
■初版+新版で感謝の12万部へ http://amzn.to/29ArQvT
■YouTube投稿で売上アップ  http://bit.ly/2dwKEjO
■天才あらわる。スゴい35才  http://bit.ly/1WsC8zk
■借金40億を逆転経営【実録】 http://bit.ly/1OaaV4m
■破産で死を考えることはない http://bit.ly/2ceQwfR
■12万部へ。「新版」出ました http://amzn.to/29ArQvT
■倒産から大逆転人生⇒ http://bit.ly/1VPPAjT
■斎藤一人の永松茂久セミナー http://bit.ly/1oPMb8u
■日本一目指す江藤税理士の動画 http://bit.ly/1SmoQpM
■59歳でコンサル起業物語 http://bit.ly/1Qy4nc2
■小さな会社のニッチ戦略 http://bit.ly/1JABjUG
■ニュースレターで売上アップ!http://bit.ly/1OVpQvn
■あの人のスゴい時間管理術  http://bit.ly/1QCmiDI
■栢野公式ホームページ http://yumesenkan.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/2eVtYDs
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/2xIaugC

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ニュース, ブログ

© 2022 人生は逆転できる!