最新エントリー

豪州のプロサッカー「コニストン」で活躍中

ユナイテッドはチャンスが殺到し続けたが、34分にコニストンのセンターバックのカヤノタカユキが滑り込み、ナスティックを越えてボールを押し込んだ。防御の争いだった。by翻訳アプリ■オーストラリア・サウスコースト・サッカーリーグ戦2021・5/9■記事詳細は以下

大山倍達正伝

  「私はね、結婚に失敗し、娘の教育も失敗しました。きみ〜、このままじゃ極真は潰れてしまうよ。10年後、全国の支部長の3分の2が50歳を超えるんだよ。極真は老人の組織になってしまうよ。国も会社も老人たちが支配する組織は必ず崩壊します。いま極真が直面している危機がここにあるんです。極真に老人は私1人だけで良い。支部長を世代交代させて、組織全体を若返らせなくてはならない。だから私は毎朝、こうして極真会館全国支部勢力地図をみては、その方法を考え続けているんだよ。徳川家康が大名の改易や転封の方便を考え ...

一風堂があの麻生グループより資金調達

約35億調達「やりましたね。抜群の安定感。IR情報見ましたよ。正直ホッとしました」「まぁ以前から知り合いだったんで」「国内は、、。海外からガンガン攻めるぜ!」「まぁとにかく良かった」スマホ談義 ■博多ラーメン「一風堂」を展開する株式会社 力の源ホールディングス(本社: 福岡市中央区、代表取締役社長:河原 成美)が、株式会社麻生(本社:福岡県飯塚市、取締役社長:麻生 巌)に対し第三者割当を行い16億46百万円を調達する。払い込み期限は5月31日。 <関連記事> 一風堂、パンダエクスプレスとの合弁を解消。商業 ...

こんな悲惨?なビジネス書がベストセラー

まさかのベストセラー第六弾!ヨボヨボ介護日記が4月に出てもう5刷!成功や自慢話でなく、交通誘導員、ガスメーター検診員、旅行添乗員、マンション管理人など、現場の悲惨な?実録日記本がバカ売れ中! ■新刊レビュー https://is.gd/AlPUys ■6月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■LINEやZOOM等で無料雑談歓迎! ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネ ...

成功事例と熟年離婚と婚活についての考察

成功事例と熟年離婚と婚活について  

竹田陽一からメッセージ

私、竹田陽一個人の話ですが、 6月13日にコロナワクチンを接種しました。副作用は少しありましたが、元気です。 ☆竹田陽一「営業昔話CD」お知らせ☆ 皆様のご協力で思っていたよりも多く売れました。そこでこのCDをお買い上げ頂きました方々を対象に、ZOOMによる感想と、竹田に対する質問の会を開くことにしました。実はこの話は栢野さんから出たものです。ご参加、お待ちしています。 日時7月9日(金) 15:30~17:00 参加人数先着10名様 参加料は無料です。 申込先は、ランチェスター経営迄。 【必須入力】会社 ...

プノンペン在住のモデル見習いです。

【お仕事募集】プノンペン在住のモデル見習い26歳タリーです。FB友達の私が勝手に告知w。独身165㎝45㎏。広島で5年の農業技能実習生経て2020年12月に帰国。日本語カタコト。歌も上手い?出演料はお試し1万円〜数万円応相談。問合せは私かタリーへ直接も。SNSメッセンジャー教えます。 https://yumesenkan.jp/wp-content/uploads/2021/05/IMG_7641.mp4 FullSizeRender FullSizeRender

追い込まれ、本の出版にチャレンジ

こうして事務所に閉じこもり、3月の中旬までになんとか24名の人生逆転物語(+約50人の短い実例)をまとめました。本にするには充分な量です。実は24人中、10名前後の物語はすでに書いていました。過去3年、毎年3ヶ月程度で本を書くのに挫折してましたが、気づけば10人分は溜まっていたんですね。三日坊主、三ヶ月坊主、三年坊主と挫折しても、また再開継続すれば「チリも積もれば山となる」ですね。 しかし、全体の構成がどうもうまく行きません。作家・中島孝志さんの「40歳からどう書くか」という<本の書き方本>を読んだり、市 ...

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

セミナーのご案内

福岡◆7/18「経営コンサルタントを目指す人へ」

入社時500億⇒3000億企業の代表取締役専務を57才でクビ
⇒辞めたらタダの人⇒仕事がない浪人
⇒63歳の現在は中小企業10数社の経営顧問コンサルタントとして大活躍。
企業の栄枯盛衰、成功する社長・失敗する社長とは?経営コンサルになる方法とは?

※参加できない方に動画 http://bit.ly/1J000DF

20150706_1

7/18「クビでも経営コンサルで起業成功の秘訣」

・経営コンサルタントで成功した秘訣
・サラリーマンで専務まで行けた秘訣
・成功する経営者、失敗する経営者
・その他、質疑応答なんでもあり

■講師は正統派の経営コンサルタント・オフィスIZAWAの井澤信親さん63才。早稲田大学卒業後、ベスト電器入社。店頭小売経て、社長秘書・会長秘書を歴任。その後はシンガポールやインドネシアの海外担当。「人生は一度。サラリーマンになったからには社長を目指す」と2010年には代表取締役専務に。が、その頃には元国内ナンバーワンだったベスト電器はガタガタの負け組で、井澤さんも内紛2ヶ月で解任。クビ。57歳で無職のニート。なんちゃってコンサル「オフィスIZAWA CEO」の名刺で財界の各社を廻るも居留守や無視される。サラリーマン、辞めたらタダの人。の頃、私、栢野も会ったが、当時の井澤さんは自信も意欲も元気もなく、口を開けばマイナス思考と愚痴ばかり。「あー、典型的な、高学歴大企業元管理職の肩書きだけで使えない人だ」と思っても口に出さず、「人には無限の可能性がある。井澤さんはやれますよ」とお世辞。が、あれから5年。今や井澤さんは正統派の経営コンサルタントとして、常時10数社の顧問や取締役と大活躍。60過ぎた使い捨ての元サラリーマンに、一体全体、何が起きたのか?5月に井澤さんのビジネス人生を1時間聴く機会があったが、参加者も私も大いに感銘感動した。今回はその拡大3時間。専務にまで登りつめたサラリーマン成功人生と、その後の浪人ニート時代から経営コンサルとして成功したキッカケとプロセス、さらに数十社の顧問経験として、成功する経営者失敗する経営者など、質疑応答含めてたっぷり少人数で。3時間後は缶ビール会へ突入。

■2015年7/18(土)14時?17時+その後は缶ビール会
■参加費5000円 会場で。缶ビール会費込み。
■場所・インタークロス栢野事務所
福岡市中央区舞鶴2-7-21-803(舞鶴パークホームズ)
地図は http://bit.ly/1PyiNtl
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加できない人は http://bit.ly/1J000DF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェイスブックは https://www.facebook.com/events/1058635677489578/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下は2006年のアジア新聞記事より

井澤信親さん:ベスト電器海外事業部長
1952年、福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、ベスト電器入社。現在は本社取締役とシンガポール現地法人社長なども兼務。妻と息子1人を日本に残し、単身赴任中。接客する社員が武器「365日、マネジャー教育やっていきたい」

シンガポールで400人、海外全体で1,300人。ベスト電器の海外展開をずっと見守ってきた井澤さんは、シンガポールに駐在し海外事業の指揮を振るう。

「当面の間シンガポールをベースに、発展・拡大をめざします。シンガポールをテストケース、モデル店舗にして世界に発信していくこと。現場をみると同時に世界をみながら、最新の情報を先取りし、お客さんに提供していきたい」

■初の海外出店

井澤さんは現場を2〜3年ほど務めた後は、ずっと同社創業者である北田光男氏に仕えてきた。社長室秘書課長から会長室長へと横滑りし、海外やドラッグストアなど各事業を兼任してきた。

1985 年。初の海外店がシンガポールに登場した。合弁相手だったヤオハン(現在のプラザ・シンガプーラ)の1階に300坪という当時としては特大の店を出す。地元電器店は当時、商品を配達せず、店は狭く、アフターサービスもなかった時代だ。ベスト電器は日本のやり方を取り入れ、品ぞろえも断トツだった。「ヤオハンがいなければ難しかった。当社側の要求を全部のんでくれました」

ベスト電器は有薗憲一現社長の就任で、第2創業期を迎えた。井澤さんは、「海外は国によって千差万別ですが、特に東南アジアは経験と現地の人材がいます。当面は東南アジアを中心に強化拡大していきたい。新体制の全面的なバックアップを受けています」と話す。

海外展開では、過半を出資して主導権を握るやり方に変えた。シンガポール法人は、98年のヤオハンの撤退と同時に完全子会社化した。

今年は9月のインドネシア1号店に続き、10月にはベトナム進出も決めた。「ベトナムは電器店の水準が高く、値段競争ではなくサービス重視です。候補になった4〜5社ともレベルが高く、選考に苦慮しました」

ベスト電器は2004年に海外事業部をシンガポールに移した。井澤さんは、「土日は(シンガポール以外の)第三国の店を見て回っています。社員のこともお客様のことも、現場を回らないとわかりません」と多忙な日々を送る。

■店の広さ倍増

シンガポールの店の大きさは進出当時の倍、1店あたり600坪まで広がった。「今後は店の数ではなく、1フロアで1,000坪といった効率の良い大型店を出していきたい」。今後はシステムの戦いになると読み「ハイクラスでありしかもローコスト」の店作りを練る。

小売りでは接客、人材育成が要となる。「何といっても、社員の育成と質の向上が第一番です。お客様とはマンツーマンになるので、社員は商品と同じくらいの武器。できれば365日、マネジャー教育をやっていきたい」と語る井澤さん。昨年はシンガポール人2人を現法取締役に起用した。将来的には、シンガポール人社長を誕生させたいと意気込んでいる。(シンガポール編集部・初見勇一郎)

※このあと、日本へ帰国。2010年の57歳で代表取締役専務へ。その2ヶ月後に解任。ニート・無職・仕事無し状態に。5年後の現在は、経営コンサルとして常時10数社の経営顧問や取締役を兼務。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2021 人生は逆転できる!