最新エントリー

大阪セミナー+懇親会20240804

栢野克己さん講演会(ゲスト中小企業診断士マキノヤ先生)@大阪 大阪市中央区本町1丁目4−5 | By 学んで、実行して、人脈を広げよう!交流会@大阪 カテゴリー ベンチャー/スタートアップスタートアップ起業中小企業自営業 イベント詳細 ビジネス出版計8冊、売上総数27万部(アジア翻訳含む)、 またFacebookなど有名でいらっしゃる、 弱者の戦略・ランチェスター戦略の第一人者、 そして破天荒武闘派!?の 栢野克己(かやのかつみ)さんを大阪にお招き致します。 https://yumesenkan.jp/ ...

衝撃の結末「サイゴンから来た妻と娘」近藤紘一

衝撃の結末◾️羽田の記者クラブにいた時、サイゴン支局の近藤紘一から「家族が行くのでよろしく」と連絡があった。「サイゴンから来た妻と娘」はその日の夕刻、羽田に着いたが、彼女らはもうすぐ消滅する南ベトナムの旅券を持っているだけで、日本の入国ビザはなかった。近藤との結婚証明書もなく、入管を説得して2人を仮上陸させるのにずいぶん苦労した。そんなこともあって帰国してからの近藤とあれこれ話をするようになった。サイゴンで結婚した妻ナウのことも結構詳しく話してくれた。どこかに書いていたように、ナウはベトナム人の夫がいて、 ...

小さな会社向けセミナー③

小さな会社向けセミナー②

小さな会社向け3日連続セミナー①

兵庫の青年会議所でセミナー講師

昨夜は兵庫県の龍野青年会議所で「小さな会社の稼ぐ技術」成功事例のウラ話100連発!参加者のノリが良く、私も最初から調子に乗って脱線しまくり。でも本も全部売れた。あざっす!動画は以下コメ欄に。 たつの市人口7万人だが、日本一の揖保乃糸やランドセルのセイバン、ヒガシマル醤油の本社も。以下商工会議所のサイトより ◾️ 龍野には醤油・素麺・皮革と伝統的な三大地場産業があります。 醤 油 龍野の醤油の起源は1587年。龍野が発祥の地である淡口醤油は、色が薄く煮た食材に色が付かないため、精進料理や茶懐石料理に最適とさ ...

インドの路上火葬場に来て見た

以下2枚目の写真に足が。インドの路上火葬場ガンジス川のワーラナーシー202306月

インドの路上火葬場ガンジス川ベナレスへ

インドは貧しい。平均月収2万円は東南アジア以下。でも世界一の人口14億人ステイハングリーパワー凄い。仏教のブッダやイギリス首相の他、Google、Adobe、Microsoft、IBMのCEOもインド人。頭はイイし英語ペラペラで安い労働力は中国を軽く超える。アメリカも抜いて2050年GDP世界一あり得る。首都ニューデリーと路上火葬場バラナシ4-5日程度歩いただけだが。インド人優秀説は検索で沢山

バンコクのスラムへ潜入

スラム探訪。カンボジアのシアヌークビル

 

セミナーのご案内

福岡◆7/18「経営コンサルタントを目指す人へ」

入社時500億⇒3000億企業の代表取締役専務を57才でクビ
⇒辞めたらタダの人⇒仕事がない浪人
⇒63歳の現在は中小企業10数社の経営顧問コンサルタントとして大活躍。
企業の栄枯盛衰、成功する社長・失敗する社長とは?経営コンサルになる方法とは?

※参加できない方に動画 http://bit.ly/1J000DF

20150706_1

7/18「クビでも経営コンサルで起業成功の秘訣」

・経営コンサルタントで成功した秘訣
・サラリーマンで専務まで行けた秘訣
・成功する経営者、失敗する経営者
・その他、質疑応答なんでもあり

■講師は正統派の経営コンサルタント・オフィスIZAWAの井澤信親さん63才。早稲田大学卒業後、ベスト電器入社。店頭小売経て、社長秘書・会長秘書を歴任。その後はシンガポールやインドネシアの海外担当。「人生は一度。サラリーマンになったからには社長を目指す」と2010年には代表取締役専務に。が、その頃には元国内ナンバーワンだったベスト電器はガタガタの負け組で、井澤さんも内紛2ヶ月で解任。クビ。57歳で無職のニート。なんちゃってコンサル「オフィスIZAWA CEO」の名刺で財界の各社を廻るも居留守や無視される。サラリーマン、辞めたらタダの人。の頃、私、栢野も会ったが、当時の井澤さんは自信も意欲も元気もなく、口を開けばマイナス思考と愚痴ばかり。「あー、典型的な、高学歴大企業元管理職の肩書きだけで使えない人だ」と思っても口に出さず、「人には無限の可能性がある。井澤さんはやれますよ」とお世辞。が、あれから5年。今や井澤さんは正統派の経営コンサルタントとして、常時10数社の顧問や取締役と大活躍。60過ぎた使い捨ての元サラリーマンに、一体全体、何が起きたのか?5月に井澤さんのビジネス人生を1時間聴く機会があったが、参加者も私も大いに感銘感動した。今回はその拡大3時間。専務にまで登りつめたサラリーマン成功人生と、その後の浪人ニート時代から経営コンサルとして成功したキッカケとプロセス、さらに数十社の顧問経験として、成功する経営者失敗する経営者など、質疑応答含めてたっぷり少人数で。3時間後は缶ビール会へ突入。

■2015年7/18(土)14時?17時+その後は缶ビール会
■参加費5000円 会場で。缶ビール会費込み。
■場所・インタークロス栢野事務所
福岡市中央区舞鶴2-7-21-803(舞鶴パークホームズ)
地図は http://bit.ly/1PyiNtl
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加できない人は http://bit.ly/1J000DF
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェイスブックは https://www.facebook.com/events/1058635677489578/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下は2006年のアジア新聞記事より

井澤信親さん:ベスト電器海外事業部長
1952年、福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、ベスト電器入社。現在は本社取締役とシンガポール現地法人社長なども兼務。妻と息子1人を日本に残し、単身赴任中。接客する社員が武器「365日、マネジャー教育やっていきたい」

シンガポールで400人、海外全体で1,300人。ベスト電器の海外展開をずっと見守ってきた井澤さんは、シンガポールに駐在し海外事業の指揮を振るう。

「当面の間シンガポールをベースに、発展・拡大をめざします。シンガポールをテストケース、モデル店舗にして世界に発信していくこと。現場をみると同時に世界をみながら、最新の情報を先取りし、お客さんに提供していきたい」

■初の海外出店

井澤さんは現場を2〜3年ほど務めた後は、ずっと同社創業者である北田光男氏に仕えてきた。社長室秘書課長から会長室長へと横滑りし、海外やドラッグストアなど各事業を兼任してきた。

1985 年。初の海外店がシンガポールに登場した。合弁相手だったヤオハン(現在のプラザ・シンガプーラ)の1階に300坪という当時としては特大の店を出す。地元電器店は当時、商品を配達せず、店は狭く、アフターサービスもなかった時代だ。ベスト電器は日本のやり方を取り入れ、品ぞろえも断トツだった。「ヤオハンがいなければ難しかった。当社側の要求を全部のんでくれました」

ベスト電器は有薗憲一現社長の就任で、第2創業期を迎えた。井澤さんは、「海外は国によって千差万別ですが、特に東南アジアは経験と現地の人材がいます。当面は東南アジアを中心に強化拡大していきたい。新体制の全面的なバックアップを受けています」と話す。

海外展開では、過半を出資して主導権を握るやり方に変えた。シンガポール法人は、98年のヤオハンの撤退と同時に完全子会社化した。

今年は9月のインドネシア1号店に続き、10月にはベトナム進出も決めた。「ベトナムは電器店の水準が高く、値段競争ではなくサービス重視です。候補になった4〜5社ともレベルが高く、選考に苦慮しました」

ベスト電器は2004年に海外事業部をシンガポールに移した。井澤さんは、「土日は(シンガポール以外の)第三国の店を見て回っています。社員のこともお客様のことも、現場を回らないとわかりません」と多忙な日々を送る。

■店の広さ倍増

シンガポールの店の大きさは進出当時の倍、1店あたり600坪まで広がった。「今後は店の数ではなく、1フロアで1,000坪といった効率の良い大型店を出していきたい」。今後はシステムの戦いになると読み「ハイクラスでありしかもローコスト」の店作りを練る。

小売りでは接客、人材育成が要となる。「何といっても、社員の育成と質の向上が第一番です。お客様とはマンツーマンになるので、社員は商品と同じくらいの武器。できれば365日、マネジャー教育をやっていきたい」と語る井澤さん。昨年はシンガポール人2人を現法取締役に起用した。将来的には、シンガポール人社長を誕生させたいと意気込んでいる。(シンガポール編集部・初見勇一郎)

※このあと、日本へ帰国。2010年の57歳で代表取締役専務へ。その2ヶ月後に解任。ニート・無職・仕事無し状態に。5年後の現在は、経営コンサルとして常時10数社の経営顧問や取締役を兼務。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2024 人生は逆転できる!