最新エントリー

日雇い筋トレダイエット セブンイレブン向け工場

念願のセブンイレブン向け食品工場に潜入日雇い。以前行った山崎パンやマツエツスーパーと同じく、衛生管理処置が超絶厳しい。手指手洗いやトイレに行っても一定秒数以上手かざし消毒せんとドアあかない。■休憩時間にユニフォーム脱いで、マスクや靴もゆるめて歩いてると、社員や古株パートから連続で指摘叱られまくり。ここも工場ラインでは嫌味な注意指導言い方や即キレする奴が複数いました。■が、ノロや食中毒出すと、下手したら年商数百億がパーに。巨大なセブン専属?下請けメーカー凄いっす。感心感服です。たぶん手抜きな中小は見習うべき ...

久々のアナログ講演+接近戦

業界のニッチ分野で地域No. 1+目指すアナログ接近戦な勉強会でエラソー講師。静岡、埼玉、千葉、栃木、茨城等から社長や後継者が集まって一泊二日。事例100連発以外に、人生の夢や経営計画を書く簡単なワークシート入れてたら、主催の冨山塗装・冨山さんが強く反応。「イイ機会なので事前に書いてもらい、セミナー後に再度見直しワークを皆でやってみます」。3時間あっという間に終わり、居酒屋飲み会で各自の自己紹介と夢やホラを発表。某バツイチ父子家庭社長の娘さんが秋葉原のメイド喫茶で店長に!おーそりゃ凄い!一回で100万40 ...

翻訳・中国本土版が出ます

あざっす!中国本土版が出ます。韓国と台湾とKindle含むと4万部強。これで他の拙著含めベトナム語とインドネシア語に日本語で世界6カ国で出版。「アルケミスト〜夢を旅した少年」がブラジルで20万部→スペイン語や英語や日本語等世界38カ国で翻訳計1億5000万部へ。ってな夢は諦めてません。まぁ読者市場小さいビジネス書じゃ無理なので、巨大市場=大衆や女性にもウケる感動創作小説、、全く無理w

ユニクロ創業の安かろう悪かろうの頃

柳井さん肉声ユニクロ創業〜安かろう悪かろうの頃。私が初めてユニクロで買ったのは1995年頃。すぐボロになって驚いた。それを承知の上で柳井さんはやってたんだ。客も。不良品売っても稼ぐ。そういう度胸が必要な時はある?オレは騙しウソダメw ■1984年ユニクロ1号店の商品は、当時全盛だった岐阜のメーカーものが中心で低価格、これがベースで、インポート商品を目玉にしていた。どちらかと言うと品質より値段優先だった。ほとんどがメンズのティーンズカジュアル専門店といった品揃え。郊外店を出し、1号店と同じ品揃えをしたのだが ...

テレ東の中小企業奮闘番組グロースの翼

【嫌な客はこちらから切る】中里スプリング製作所(群馬県高崎市)▼「町工場だからといって卑屈になるな。嫌な客はこっちから切る」――。群馬県に本社と工場を構えるバネ専業メーカーは、下請けを見くだす企業との取引を停止する独自の経営スタイル。その一方、腕ほどの太さのものから髪の毛より細いものまで、多彩なバネを取りそろえ、臨機応変に対応しています。 【廃業を見据え共尊共栄】武蔵境自動車教習所(東京都武蔵野市)▼「経営理念は(共存共栄ではなく)共尊共栄です」――。春の足音が聞こえ始めると自動車教習所のかき入れ時。 ...

香港の重慶大夏とタンザニア商人

Amazon■香港のタンザニア人ビジネスマンの生活は、日本の常識から見れば「まさか! 」の連続。交易人、難民、裏稼業に勤しむ者も巻きこんだ互助組合、SNSによる独自のシェア経済…。既存の制度にみじんも期待しない人々が見出した、合理的で可能性に満ちた有り様とは。閉塞した日本の状況を打破するヒントに満ちた一冊。 という切り口で零細商人の日常を描いたエッセイ。オレもマネしようw 香港在住タンザニア商人ブローカーの実態ドキュメントエッセイ本。2019年7月発売で15刷。推定5万部〜ベストセラーで大宅壮一ノンフィク ...

スパルタ餃子の王将の成功要因

以下の店長研修YouTubeは必見。感動するわ。成功の半分はコレやな。私の大学卒論は「餃子の王将〜繁盛の研究」久々食うとやっぱ美味い。餃子は高級中華や中国でも食べたが、やっぱ王将が一番。学生時代から舌が洗脳されてる。鬼辛ラー油で激辛に。余った餃子のタレは全部飲む。プラス思考のゼミ先生から「カヤノ君は王将に就職しては?」と本気で言われたが、その勇気はなかった。当時の京都で稼ぐなら佐川に王将、京セラは狂セラと言われてた。餃子早食いの王将がまさか東証1部上場企業になるとは。コロナでも年商800億で営業利益60億 ...

ジャパネットの凄い創業秘話

凄い。貴重な創業秘話。人生を変えた5分間。「ラジオで喋って通販してる会社が佐世保にあるよ。伸びてるんだよ」1992年に福岡へUターン転職した広告代理店で噂を聞いた。その後はテレビ通販に広げ、一気に全国区に。話が上手い!でも買わん。ヨドバシやビッグカメラの方が安いかも知れんし、なんか寅さんみたいな怪しい縁日の香具師(ヤクザ系多し)な口八丁手八丁で。これで買うのは比較検討しない右脳情弱女シニアだ。疑い深い左脳男はほぼ買わん。必要ないのについ買う買わせる悪徳だ。今でも思うが大成功。 以下日経ビジネス有料会員限定 ...

コロナワクチンで死にかけた友人の実話

【ワクチン副作用で重体】1/10万人の確率だが 友人がワクチン接種2回目直後、重篤な血栓で倒れてICU集中治療室で壮絶な入院後に復帰した全記録↓ ※「ワクチン 血栓」で記事多数 中村律子です。 ■これからワクチンを打つ方に大切なメッセージです。<要約>ワクチン接種1ヶ月は下記のことを注意。血栓ができやすくなる場合があります。 対策は ①水分を十分にとる ②座りっぱなしはNG(せめて1時間に1回は立って歩いたり、足踏みを!) 私は、ワクチン接種後5日目の、9/9〜9/29 21日間突然入院していました。ワク ...

日雇いやってみた

すごい日雇い労働ダイエット!さらにプライド捨てる修行。防塵衛生管理ちゃんとしてる埼玉県郊外の某化粧品メーカー下請け物流センターで、無料サンプル品送る小さな段ボール箱の組み立てと、大きな段ボール組み立てガムテープ作業を立ちっぱなし8時間!1日で2キロ弱痩せた!流れ作業でサボれない(コレ大事)強制労働で1万円貰って画期的なダイエット!私はフルキャストシニアに登録して日雇いのみ。常時雇われるのはイヤなので。今日もいたな。底辺肉体労働現場の嫌味な上司。いきなり怒鳴る「命令口調」が頭に来る。到着時の服装チェック男3 ...

セミナーのご案内

福岡◆4/16「アジア」九州ベンチャー大学・第196回

4/16(月)福岡「アジア就職・転職・起業体験談」座談会

講師は成長発展のアジア+タイ・バンコクで大活躍の日本人起業家

091115_0904~01◆急ですが、2012年4/16(月)朝9?12時・福岡天神舞鶴の栢野オフィスで、タイ現地で圧倒的NO1企業となった人材紹介会社「パーソナル・コンサルタント」小田原社長を迎えて座談会★海外・アジアで働く★アジア・タイで起業する★アジアとつき合うには★成功する経営戦略★営業方法★マーケティング★言葉の習得方法★ゼロからの海外生活・・など、現地経験19年+経営の成功体験を少人数でじっくり学びます。

◆対象は◎アジアで起業したい◎タイで働きたい◎アジアで生産・販売したい◎タイへ輸出したい◎アジアを輸入販売したい◎海外体験聞きたい◎成功する起業・経営方法を知りたい◎海外系人脈を創りたい◎なんかわからんが、発展アジアの生体験談を聞いておきたい◎他

◆私(栢野)もタイは4回視察。タイ・アジアは最高に面白い。小田原さんや他のアジア諸国の日本人と雑談すると「アジアは燃えている」「タイも絶好調」「我が社も絶好調!」「アジアから観た日本」など、普通、日本では聞けない話ばかり=今後の日本・日本企業・日本人が学ぶべき元気話のオンパレード。いち早くアジアに出た大企業メーカーは今も過去最高決算を更新中。ユニクロのように現地で安く生産+日本へ輸出、優秀な日本製を現地の市場に販売。トヨタやヤマハは現地生産+現地販売など。その進出した日系企業・日本人向けの飲食店・サービス業・日本語新聞タウン誌など数知れず。アジアを知ると日本と自分が見える(栢野体験談)

◆【事業概要】パーソナルコンサルタント(株)/1994年に共同パートナーと創業/人材紹介業では圧倒的NO1/取引先約6000社(日系企業中心)/登録者数万人(タイ人・日本人)/従業員30名(日本人8・タイ人20)/年商?億円/経常利益2ケタ/個人年収?000万円

◆以下は2009/03/11  タイ現地のメディア取材記事

「微笑みの国タイ。笑顔あふれる職場作りのお手伝い」
「より多くの人の役に立つために…タイでの人材紹介業を立ち上げる」

小田原社長1993年、小田原氏がタイを訪れた時、日本人求人状況は現在と大きく異なっていた。日系企業において、現地採用求人などは、ほとんどない状況であった。そのため、日本人がタイで生活の糧を得るためには、起業するしかない状況だったという。ニーズとして考えられたのは、日本食レストラン、または日本から来る駐在員を現地でサポートする仕事が主であった。そこで、小田原氏は駐在員の住居斡旋と社員を紹介する会社を設立した。2つの柱の仕事を半年から一年進めていくうちに、人材紹介業の方が、より多くの人たちの役に立てるということに気付いたという。

結局、その一年後には人材紹介専門の会社に事業内容をシフトしていたという。

設立当初は、日本から進出してきた大手人材会社の壁が厚く、なかなか顧客獲得につながらなかった。そこで、新しい求人依頼が入ると、それがどれだけ遠く離れた場所であってもお客様に直接会うために、必ずその会社を訪ね、さらに一緒に食事をするなどしてヒアリングを行った。そのようにして、会社の社風、お客様の性格を見極め、求められる人物像を確認することにより、最適な人材を紹介するように心がけたと小田原氏は語る。

設立時から今まで、紙面の広告を一切打たずに営業を続けている同社。それは、一元のお客様よりも、口コミで紹介されてきたお客様を大事にし、「一件ずつ」確実に求人募集を決めていくためだという。

また、お客様が大手人材紹介会社で適任者を見つけることができず、困ったあげく依頼してくるケースもあるそうだ。このように適当な人材を見つけることが難しい求人に対しても、誠意を尽くして対応し、結果につなげることで、信用を積み重ねてきたのだ。

タイの人材不足は、当時も今も変わらないが、最初の数年は今よりもはるかに少人数でのスタッフで運営を行っていたという。バンコクから車で一時間ほど離れた町にも2店舗の支店を置き、平日はバンコク、土日はそちらに出向き、登録に来る求職者と面接を行った。

今振り返ると、年始とタイ正月以外は休み無しで働き通しの日々であったという。24時間寝ても覚めても、ずっと会社の事を考える生活が続いた。仕事のために費やした時間量では絶対に他に負けないという自負があると語ってくれた。
そんな小田原氏を始めとするスタッフ達の努力が実り、現在では、業界最大手の会社になり、昨年、一昨年にはタイ国労働省から135社業務登録している人材紹介会社の中で、最優秀の表彰を受けている。

ほとんどの大学に就職課がある日本とは異なり、タイの大学には就職課と言うものが現在でも無い。また、小田原氏が会社を設立した15年前には、新卒者の定期採用もない状態であった。その頃、小田原氏は、ある大手企業の人事部長からの依頼で、新卒者の定期採用を始める手伝いをし、成功を収めた。それ以来、お客様が採用計画を立てる際には、中途半端な経験者の中途採用よりも、聡明でポテンシャルの高い新卒者を定期採用することを勧めるようになったという。
会社のカラーに順応しやすく、吸収が早い、優秀な新卒者の紹介に特に力を入れている同社。現在、タイにある主要な大学との太いパイプは業界一だという。

「私達がタイでの大卒新卒者の定期採用の先鞭をつけた」と自負していると小田原氏。

「15年前、紹介した会社で今も働く人からは、今でも感謝の声が」

20120331_3

創業より15年、最大手となった現在でも、当事と変わらず、一人一人に対し、日本人スタッフが登録時に面接を行い、細かなチェックを行っている。中でも多いのが、面接で受かるための取り繕った答えを準備する求職者だという。そのような求職者に対しても細やかなアドバイスを行い、企業のニーズとマッチングさせた紹介を行っている。

紹介した人材が、入社後、いかに会社で力を発揮できるかという点を考慮し、紹介することを心がけている。その、「15年間の努力の積み重ね」が何よりの強みになっているとのことだ。

今まで紹介した人材で10年、15年間、同じ会社で働いている人も多いが、再会すると、いまだに「良い仕事を紹介してくれた」とお礼を言われることも多いという。

彼らのような存在が私達の励みであり、同時に強みでもあると小田原氏は話してくれた。

「職を得る事は、人生の大きな分岐点です。私達に関わる全ての人に適所を紹介し、採用された人はもちろん、採用した会社も幸せになれる、それを実現できる人材紹介会社にしたいと思います」と理想とする形を語ってくれた。

「微笑みの国」のキャッチフレーズで紹介される国、タイ。女性100%の職場だという小田原氏の会社にも、女性スタッフの笑顔があふれているという。

「タイ人は基本的に素直な性格のため、指示の仕方を間違わない限り、とてもよく仕事をしてくれます。問題に直面した時も、決して暗くなることがない彼女たちの笑顔に救われています」と小田原氏も微笑む。

「人々が懸命に働くことで会社に貢献し、そして社内がいつも笑顔で満ちているような環境を作るお手伝いをこれからもしていきたいと思います」と、最後に今後の抱負を熱く語ってくれた。

■プロフィール■
小田原 靖/パーソネルコンサルタント・マンパワータイランド株式会社/代表取締役社長/1969年3月生まれ。福岡県福岡市出身/19歳で渡米、オレゴン州の大学を卒業後渡タイ、1994年パーソネルコンサルタント社を設立。

◆ホスト◆栢野克己/カヤノカツミ◆アジア一?日本一?過激な小企業コンサル・講演家。全部で18万部→「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週?現在までベストセラー第1位?5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年?2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航■福岡県立小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年?今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。

◆日時:4/16(月)9?12時 ※出入り自由(2012年)

◆参加費2000円 ※会場で 【残3】

◆会場(株)インタークロス・栢野オフィス(天神駅5分)
◇福岡市中央区舞鶴1-2-33ライオンズマンション天神304
◇地下鉄「天神」徒歩5分・昭和通り・スマイルぷらざ横◇会場への地図

◆主催・九州ベンチャー大学 ◆マスコミ記事はコチラ

◆相談・質疑の時間も!

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2022 人生は逆転できる!