最新エントリー

ニュース

YouTuberビジネス系日本一のキミアキ先生とライブ

なんと!日本一クラスのビジネス系YouTuberキミアキ先生とこで17:30-ライブ乱入対談予定。私や竹田陽一の100倍わかりやすいビジネス系YouTuber話し手です。硬派スピリチャルの石田久二に大阪のミドウスジ大学で中小企業診断士の牧野谷さんも。  

世界一周 ニュース ブログ

イランはイイとこでした。

美男美女ばかり。今や戦争状態のイラン。イイとこでした2017年8月。行っててよかった。ホントは今の紛争を観たいが。日本人少なくモテモテ。イスラム圏はイイ感じ。が、宗教や今回みたいな米国との争いになると一気に狂気へ。米国も。イイんです。何かを為すには狂気が必要。以下に秘境マスレ村やホメイニ廳への潜入盗撮動画が貴重 FullSizeRender FullSizeRender

ニュース 小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

独立起業して何をやるか?サラリーマンの延長?自由に好きなこと?悪徳ボッタクリFC?

■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は https://amzn.to/2finYCs ■個別相談 https://bit.ly/2q2v7lr ■1/20東京 キミアキ先生コラボ ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■メルマガ https://www.mag2.com/m/0000099898.html ■公式サイト https://yumesenkan.jp/

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

中小企業の成功戦略13カ条その5

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 5、非関連の多角化や商品の幅を広げすぎると戦力が分散する。弱者は商品の幅を狭くし、強い商品に力をより集中せよ。■自治体専門の広告代理店ホープ、不良専門の矢沢永吉、ヤンキーバカのドンキホーテ、最初はみんな単品通販で成功した九州通販、総合リフォームから外壁塗装に絞って60億ホームテック、賃貸やめて売買特化ハウスウェーブ、ラーメンうどん総合麺の一風堂に勝つため豚骨のみ一蘭■昔、百貨店は小売の最高峰で皆の憧れだった。読んで字の如く何でもあった。小売の競争がゆるい時代は。競争 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

弱いものイジメの法則

■弱い者いじめの法則 ※経営の場合です 日産自動車の業績がひどく悪くなり、フランスのルノー傘下に入ったのは、日産の2倍以上の経営力があるトヨタを攻撃目標にしたためです。三洋電機の業績が悪くなったのも、元をたどれば三洋電機の5倍以上の経営力があるパナソニック松下電器産業を攻撃目標にしたからです。※ロッテリアが40年経ってもダメなのは、大資本ロッテのプライドでずっとマクドナルドのマネしてるから。貧乏脱サラのモスは最初からマクドナルドと差別化で競争せず 上場企業には、組織の上層部に学歴が良くて、戦力をしっかり ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

小さくても1位づくりが大事な理由

■小さくても「一位づくり」が大事な8つの理由 1位作りを目標にしている社長と、目先の売り上げや利益を追い求めている社長とでは、5-7年もすると利益性に大きな差が出ます。 ①特定の地域に多くのお客を作ると移動時間が少なくなります。移動時間が少なくなると余った時間で多くのお客が回れるので、営業マン一人当たりの粗利益が多くなります。これを「一位粗利益増加の原則」といいます。 ②特定地域に他社よりも多くの客を作ると、営業活動で必ず発生する生産性マイナスの移動時間が少なくなります。営業マンの実質営業経費はとても高 ...

ブログ 成功事例

成功者の意外な過去

私のライフワークは成功起業家の人生Wiki。を調べてると「またか!?」という負のマイナスの共通点が。例えばマルチ商法ネットワークビジネス経験。本人がカミングアウトしてるケースでは■「皇潤エバーライフ創業者井さんは羽毛布団時代のジャパンライフ」。■同じく「やずや創業者も「ジャパンライフをやった。でも自分の分だけ仕入れて他人には売れんかったなぁ」。■「鏡の法則」野口さんはYouTube動画でアムウェイやってたとカミングアウト。これは真逆の清廉潔白イメージだったので驚いたね。■本田健も以前から「昔有名なディスト ...

世界一周 ニュース

パパ活継続中

  今日のパパ活。ここなら安心「何でもイイぞ!」と太っ腹なとこ見せようと思ったんですが、買ったのは100円のドロップと手袋の2点220円。ランチはバーミヤンでしゃぶしゃぶ牛食べ放題2人で4200円。倹約往復の高速バス7200円。バス客は大半の若者に混じって困窮中高年チラホラ。プチ屈辱的。ってか国内バックパッカーだな。3時間の日帰りデートでした。黒いローラ、黒いザギトワって感じ。近くで見ると少女マンガのような目鼻立ち。こんな美女がなぜオレと?出稼ぎパパ活ってのが一番わかりやすいがw。来日1年で10 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ 成功事例 お客様の声

中小企業の成功戦略13カ条その3

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 3、経営力に限りがある弱者は、戦わずに勝てるものや勝ちやすいものに目標を定め、まず小さなもので1位になることを目指せ。 ■著者の栢野さんを初めて見かけたのは12年ほど前、パテシエの修行中に技術だけでなく、経営や宣伝などを学ぼうと福岡の商工会議所での講演でブルースリーの真似した怪しい変な講師が栢野さんでした・・・「小さな会社☆儲けのルール」を読むようにおススメする宣伝みたいな講演で胡散臭いなぁと思いながらもその本を読んだらびっくり!!、衝撃が走りこれを参考に自分なりの ...

ブログ

中小企業の成功戦略13カ条 その①

■中小企業の成功戦略13カ条 1、経営の目的は利益発生源の顧客を増やし、1位の地域か1位の商品を作ることにある。1位と2位や3位とでは、一人当たりの利益で3倍も4倍も差が出る。とにかく何かで1位になることを目指せ。by竹田陽一■2位じゃダメなんですか?いいんだよ。実際には99%以上が2位以下で生きてる。経営の目的は顧客づくり?まぁドラッカーの受け売りで一般人にはわけわからん。そりゃ顧客がいないと潰れるが。そりゃ自分が属するカテゴリで2位や3位より1位はイイ。目立つしカッコイイし、顧客もどうせ買うなら付き合 ...

福岡9/21◆35歳で上場。奇跡の起業物語セミナー

2016/8/25

【満員】
■「がっちりマンデー」9/25に出演 http://www.tbs.co.jp/gacchiri/
■満員ですが補助イスあり。※当日飛込みも可。遅刻早退OKです。出入り自由。
FB告知サイトは https://www.facebook.com/events/1423147301085445/

2016年に株式上場。その起業物語と質疑応答3時間!

20160825_1

時津 孝康(ときつ たかやす)プロフィール

1981年福岡生。2005年2月の福岡大学在学中に自宅でホープ設立。夢と志で起業するも2年弱売上ゼロ。貯金も1万円に。コンビニや警備員バイトで食つなぐ。11年目の35歳で2016年に東証マザーズと福岡Qボードに上場。社員102名・今期年商20億を計画。創業から現在までの起業ストーリーを「情熱大陸」的にライブで熱く語る+会場の質疑応答で3時間!
会社のHP http://www.zaigenkakuho.com/

2015年の放送

2015年11月の投稿(栢野)

スゴい!またも(努力の)天才あらわる。福岡のベンチャー企業「ホープ」時津社長。全国の自治体「公報誌」専門の広告代理店。電博など大手は無視するニッチ市場。まさにライバルなしのブルーオーシャン市場を開拓。福岡大学時代から起業して2年で資本金300万が貯金1万円に。が、起業サークルとか仲良しクラブは出ない。コンビニや交通整理警備員でしのぎ、ついに掘り当てた。11年目の今期は年商20億で一番厳しいVCグロービスや佐賀銀行VCから1億数千万調達。今でも九州の株式市場なら上場できるが、最低でも東証マザーズと。ヌルい社長の集まりや会にも出ない。群れない。孤高。セミナー交流会にも出ない。友達もいない。こういう人は成功前の創業期に逢いたかった。座右の書はビジョナリーカンパニー2。正しいワンマン経営で社員80名の誕生祝いとありがとうを欠かさない。打ちのめされました。近々、時津さん招いてセミナー交流会をやります!

セミナー概要

日時 2016年9/21(水)18:45?21:30
※遅刻早退OKです。出入り自由。
場所 福岡市中央区天神2-3-36 ibbビル6階会議室
地図 http://bit.ly/2aTvHGD 警固神社の西・ファミマの上
会費 残3名・3000円
※当日会場で 当日飛込みも可(補助イス)
申込み方法 当サイトのお申込みフォームまたは
FB告知サイト⇒https://www.facebook.com/events/1423147301085445/
懇親会 有志で懇親会

■主催・事務局・栢野克己(かやのかつみ)
参加を申し込む

ホープのブログより抜粋

「そば屋でカレーライス出した時点でアウト」
株式会社のホープの強みは行政への営業力です。小さな世界かもしれませんが、11年やり続けてきた信用は積み上がっています。お客様の数も約6000社を超えてきており、地域に根ざした企業様と取引させて頂いております。ベンチャー企業で強みを沢山持てることは嬉しいと同時に本当にそれが強みなのかと自問自答することが多々あります。

蕎麦屋でカレーライス出した時点でアウトです。
何かを極める事、強みと言えるにはそれ相応の「覚悟」と「時間」を要します。それがこの11年だったと私は思っています。圧倒的なコアコンピタンスを構築する。来期以降はこれらを活かし更に「強み」を拡大させるフェーズだと認識しています。来期は売上も伸ばします、利益も出します、新しいことにも挑戦します。無謀かと思われるかもしれませんが今決断しなければ未来は無いです。売上高数十億で良いなら今の延長線で十分です。成長曲線を変えるには今です。中途採用も常時募集

「ベンチャー通信」取材記事より

■時津:日本全国にある自治体の財源確保に特化したサービス事業を行っています。主な事業として、自治体の持つメディアの空きスペースなどに有料広告枠を設け、掲載料の一部を自治体の歳入に充てる有料広告事業です。具体的には、自治体のホームページへのバナー広告や広報誌での広告枠などを代理販売しています。現在、契約案件数130以上、契約企業数は1000社を超えています。広告主は地元の個人事業主から大手企業まで幅広く、信用力の高い自治体媒体に価値を感じていただいています。

起業の経緯を教えて下さい。

■留学中に知り合った友人が帰国後、自治体に「高速道路の高架下をフットサル競技場として活用しよう」という事を提案しました。紆余曲折を経て最終的にその提案は採用され、フットサル場として運営される事に。それを聞いた私は「こんなことができるんだ」という衝撃と共に大きなヒントを得たのです。当時の私は起業を志してはいたものの、特別な知識や技術があるわけでもなく、相当大きな変化が必要とされるマーケットでないと勝負できないだろうと考えていました。多くの地方自治体は、財政難をはじめとした様々な課題を抱えています。それらを解決する事でビジネスに繋げる事ができるのではないかと確信し、大学卒業直前に起業しました。

―もともと時津さんは起業を考えていたのですか?

■時津:はい。学生時代から自分が誰かの下で働くというイメージがまったく持てず、起業しか考えていませんでした。自治体を対象にした事業は当時から思い描いていました。地方自治体は財政難をはじめとした諸課題を抱えており、そこに大きな変化とニーズが潜んでいると思ったからです。直感的に自分が挑戦すべき世界はここだと確信し、大学卒業と同時に起業しました。ただ、最初から広告事業を始めたわけではありません。当初は滞納者からの税金を代理徴収するサービスなど、いま考えれば馬鹿なアイデアを自治体の担当者に真剣に提案していましたね。無論、まったく相手にはされませんでしたが(笑)。その中で一番現実味のあった有料広告事業がメイン事業に発展することとなりました。起業当初からずっと根底にあったのは「目先の利益や私利私欲に走らず、世の中に必要とされる企業を自らの手で創り上げていきたい」という想いでした。

―地方自治体を含めて、行政機関は前例を重んじる傾向があります。そのような斬新なサービスは受け入れられたのですか?

■時津:最初はまったく受け入れられませんでした。起業してから1年8ヵ月の間、契約はゼロ。自分を信じていましたが、どこか焦りも感じつつありました。成功した前例のない新しいビジネスでしたから。まったく売上が上がらず暗中模索の中、生活も追い詰められる。これは底なし沼なんじゃないか、このまま力尽きるんじゃないかという思いがよぎる時もありました。そして、会社の通帳の残高が「11551円」にまで減少。正直、社会から必要とされていないという烙印を押されたような気持ちでした。

―どうやって、その苦境を乗り越えたのですか?

■時津:忘れもしない、福岡県太宰府市役所の広報誌での契約です。太宰府市役所には、それまで1年半通い詰めていました。いつも担当者の方には「ここに広告枠を設けるだけで年間何十万円もの財源が確保できるんです!」と熱意をストレートに伝えていました。ある日、それまで渋っていた担当の方が、ついに提案を受け入れてくれたんです。「そこまで言うなら、一度やってみるか」と。閉ざされつつあった道が開き始めました。そして、絶対に結果を出さなければならないと必死に営業を行い、無事に広告枠を完売。初めて会社として売上が生まれた時のことは今でも感覚が残っています。その後は他の自治体でもビジネスの仕組みについて理解が深まり、広告事業全体が軌道に乗っていきました。

―最後に、御社の今後のビジョンについて聞かせてください。

■時津:まずは年商100億円です。まったく売上が上がらなかった創業期、「この事業は世の中から必要とされないんじゃないか」と何度も悩みました。だからこそ、社会から必要とされる会社にしたいという想いが強い。私個人の考え方ですが、「100億円」という価値は、企業が社会から必要とされるひとつの指標だと思います。そして、企業・地域・自治体という3者の関係を活かしながら、シナジーのある新規ビジネスを創出していきたいと考えています。ただし、「自治体の財源確保」という基本理念からは軸をブラすつもりはありません。今後も自治体マーケットのパイオニアとして、お客さまの期待以上に応える企業であり続けたいですね。

セミナー概要

日時 2016年9/21(水)18:45?21:30
※遅刻早退OKです。出入り自由。
場所 福岡市中央区天神2-3-36 ibbビル6階会議室
地図 http://bit.ly/2aTvHGD 警固神社の西・ファミマの上
会費 残3名・3000円 ※当日会場で 当日飛込みも可(補助イス)
申込み方法 当サイトのお申込みフォームまたは
FB告知サイト⇒https://www.facebook.com/events/1423147301085445/
懇親会 有志で懇親会

■主催・事務局・栢野克己(かやのかつみ)

参加を申し込む
\ スポンサーリンク /

-セミナーのご案内

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.