最新エントリー

歌舞伎町と貧困女子と私に関する事

第5章 カモられる中年男性 「ホスト狂いの女の子たちは、無限にお金が必要なので、常にどうやってお金を作ろうか考えています。ホス狂い女子会みたいなのはよくある。基本的にお金の話ばかり。内容はえぐいです。どこの風俗が稼げるかというレベルじゃなく、おじさんたちからどうやって財産を奪うかみたいなこと」 彼女たちに狙われているのは、寂しいおじさん。40代、50代で未婚で優しそうな人をなんとか見つけて、ガチ恋をさせて、お金を引っ張りたがっている。 結婚しない、できない男性は本当に増えた。2020年の生涯未婚率(50歳 ...

博多のストーリー殺人と私との関係

こんな事件はスルーするが、博多で美女だがいかにも中洲風で派遣事務?がなぜ野獣男と交際?自ら引き寄せたな。と思った。よくあるケバい夜の女とヒモ男だと。中洲で有名なロイヤルボックスとリンドバーグの藤堂ママがいち早く男の名を実名写真で拡散したんで、2人はママの店で働いてたんだ。と思ったが別な中洲の高級ラウンジらしい。藤堂ママは知人の情報を社内メールで流したら、社員がTwitterで拡散。犯人逮捕のために。みな善意で。でも警察は最初から寺内進を追ってた。ストーカー処分されてたから。彼女はタレント女優目指してたが挫 ...

缶ビール

缶ビール会!あざっす!福岡■12/3土曜13-17第149回「缶ビール会」します。遅刻早退出入り自由。各自1000円分の飲食ツマミ持参。想像以上に頑張って驚きの能古島ツバキ化粧品通販ママ山本嬢、神戸大学ノエビア経て地場オンリーワン博多人力屋神谷さん、結婚者続出の恋愛コンサル純古さん、某有名大手とも契約探偵の岩河さん、敏腕コピーライターかつ福岡No. 1防犯機器二代目安永さん、暴力団対策他九大体育会の堀内弁護士、不動産4棟オーナーでバイク買取他OHG大賀さん、通販グッズ企画で年商10億弱20人抱えるコウダプ ...

2022年12/1博多で九州ゴム工業会エラソー講師

昨夜は博多駅で、真面目でお堅い「九州ゴム工業会」さんで15年ぶりのリピート講演。「面白くて役立ったので」by中島ゴム工業会長。ところが反応頷きがほぼない。講師にはツライ。全員マスクで表場見えないのもあるが。途中で大半は下請け的な中小メーカー。上から仕様書がきて見積もり合戦経て設計製造納入。自社ブランド商品ほぼ無い。営業だマーケティングだ顧客フォローとか関係ない。九州は8割がブリヂストン他タイヤ関連の下請け。「僕たちはそれ以外のニッチ2割で頑張ってます」他業界の事例や綺麗事の経営戦略戦術とか通用しない、、と ...

東京から失意のUターン

東京から失意のUターン。私の第二の人生はココから始まった。当時33歳無職独身。7社目の転職活動中、35万の中古プレリュードで糸島半島の素晴らしさを発見(福岡市生まれ育ちでしたが、高一で引っ越したので行ったことなかった)。家から30分でこんな透明な海岸(弊の浜)が!東京じゃありえん。ふと道沿いの今宿・牧のうどんに入る。美味い安い早い!おばちゃん元気がイイ!食っても無くならん!独身時代に毎週行き、元妻との最初のデートもココ。赤ん坊をカゴに入れて3人で毎週。4人になっても毎週。当時、実家絡みの借金1億抱えてたの ...

佐賀県七山村の温泉で職員研修

昨日は福岡・糸島半島隣の七山村にある佐賀県No. 1アルカリ性トロトロの「鳴神温泉ななの湯」でミニ研修講師。前日食った地元の「牧のうどん」と焼肉うどん「ウエスト」。前者は18店舗で後者は200店舗以上。「どっちが美味しい?」研修参加15名中13名が牧のうどんで圧倒的勝利。 ウエストの1/10以下の規模だが。「なぜ美味しい?」「手の前で製麺裁断して釜茹で出来たてだから」「その通り!ウエストはカト吉の冷凍麺。大量生産品で安いが、手作りめんどくさい出来たてには勝てない。さらに牧のうどんはスープに使う利尻昆布が稀 ...

奢りますw。過去最高益のラーメン一風堂

おー!売上も一気にコロナ前の290億を超えそうだ。そうか!海外店舗も多いんで円安効果も。しかし、商品作り〜運営までマニュアル化のチェーン展開うまく行くと、あとは店出すだけだ。ユニクロとかも商品しっかりしてるから、店長以下凄い人材も要らんし。究極は一蘭みたいに店舗で製造接客無しロボット人材でイイ。サイゼリヤも他のチェーン店も。でも商品は工場で大量生産販売店であっためるだけだから、小さな会社お店個人店が食材調理採れたて新鮮手作り出来たて熱々でやれば勝てる!家系ラーメン元祖の吉村家(横浜一店のみ)に行ったら70 ...

失敗忘備録

失敗忘備録。会報巻頭インタビューに寿司ざんまい、星野リゾート、コクヨの社長に石田純一も。税理士・社労士・行政書士+経営コンサル+保険他で550人(関与先3万社で業界ベストテンの規模)の巨大士業コンサル集団「ティグレ」東京支店の定例セミナーに登壇。知的エリート士業や常務幹部も目の前に4-5人いて、会場とzoom同時並行で目線反応にプチ戸惑って前半は不調。いつもなら機関銃のように出るアドリブも詰まる。滑舌も悪い。絶体絶命のピンチだ。ってもう何百回も経験した。大丈夫だ。最初にコクヨとぺんてるの敵対的買収ウラ話で ...

一風堂ファウンダー講演レポート

9/17「世界の一風堂」ファウンダー河原成美セミナー1時間+質疑応答2時間。テーマは「無我夢中」だけじゃ自己啓発セミナーなので、合間に戦略戦術の話題も。が、会場の音響チェックミスで音が割れた。録画も。まぁでも創業期〜中小時代の素晴らしい話オンパレード。■期間限定で音割れYouTube動画を公開。

宮崎9/13セミナー交流会

★緊急特別企画★ ≪演題≫「小さな会社★儲けのルール」成功事例100連発by栢野克己氏 4年振りくらいにベストセラー作家で講演家の栢野さんが宮崎に来ます。 今回も事例100連発?で宮崎の経営者を元気づけてもらいます。 フライングで参加表明している方もいますので、迷わず即決で参加申込みしてください! 毎回一週間で満席になる人気講師です! ◆日時:9月13日(火)18時30分~20時30分 ◆会場:宮崎県婦人会館3F「おすず」 宮崎市旭1-3-10(県庁近く) ◆会費:3000円(税込) ※当日の受付混雑を防 ...

成功事例

ユニクロ創業の安かろう悪かろうの頃

柳井さん肉声ユニクロ創業〜安かろう悪かろうの頃。私が初めてユニクロで買ったのは1995年頃。すぐボロになって驚いた。それを承知の上で柳井さんはやってたんだ。客も。不良品売っても稼ぐ。そういう度胸が必要な時はある?オレは騙しウソダメw

■1984年ユニクロ1号店の商品は、当時全盛だった岐阜のメーカーものが中心で低価格、これがベースで、インポート商品を目玉にしていた。どちらかと言うと品質より値段優先だった。ほとんどがメンズのティーンズカジュアル専門店といった品揃え。郊外店を出し、1号店と同じ品揃えをしたのだが、客層が変わったのが分かったので、商品も徐々にベーシックなもの、幅広い客層向けシフトしていた。

カジュアルウェア=普段着は、いつでも誰でもどこでも自由に着られる服装。普段着として単品の完成度をあげれば、どんな服装にでも合わせられる。上から下までユニクロで揃える必要は無い。他のブランドと組み合わせることができる。こうして、男女の別なく着られる無理セックスのカジュアルウェアが大量に売れれば、大成功のはず。現実はそう甘くないのは承知の上だが、できればそんな商品を自分たちで作ってみたいと思い始めた。3号店、4号店を出した頃だった。

メーカーから仕入れてくる商品は、安いが品質は二の次だった。商品が出始めると、メーカーを経由して海外で作ってもらうようになった。その段階では、品質管理体制が整っていないため、どうしても不良品が含まれてしまう。仕入れ値が低いので、まともな商品をきちっと作ろうとすると生産工場は儲からないからだ。こうなったら自分たちで本格的に生産管理をし、現地で直接作らないとだめだな、と思うようになっていた。

■ユニクロ1号店を出す前の1980年頃、アメリカの大学生協に立ち寄ったことがある。学生が欲しいものをすぐにでも手に入れられるような品揃え、それでいて接客が入らない。セルフサービスだ。フランクなと言う商業的な匂いがしないし、買う側の立場で店づくりされている。本屋やレコード店と同じようにすーっと入れて、欲しいものが見つからない時は気楽に出ていける。こんな形でカジュアルウェアの販売をやったら面白いのではないかと思った。

ただ単にセルフサービスと言うと「わが社は経費節減のためにやっています」と言う感じがして嫌なので、お客様の要望としてのセルフサービスの店が理想だ。それがわが社のモットーになるヘルプユアセルフ方式だった。

本屋やレコードショップを求められない限り、接客はしない。その分、お客様の欲しいもの欠品しないようにする品揃えする。そういった買いやすい環境を作ることに手すれば良いのだ。欧米のカジュアルショップでも接客はしていたが、なるべく接客することなくカジュアルウェアを得る。こんな店を作れないだろうかと考えていた。

■1980年代に入るとアメリカではリミテッドとかギャップとか、チェーン店として売り上げ数千億円とか1兆円を超えるような目覚ましい伸びをする会社が現れた。同時に、巨大スーパーやディスカウントストアなどのセルフサービスの店が伸びてきた時期である。

1983年前後には、日本でもDCブームが巻き起こっている。つまりデザイナーブランドやキャラクターブランドの高価な洋服が売れ始めた時期でもあった。だがDCブランド商品は、10代の子供たちには高くて手が出ない。

10代の子供たち向けに流行に合った低価格のカジュアルウェアを、セルフサービスで提供できないだろうか。次第に店舗と商品のイメージが固まっていた。いつでも服を選べる巨大な倉庫と言う意味も込めて、店名「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」も決まった。

■店舗を徐々に増やしていったら、資金繰りはいつまでたっても楽にならない。低価格を売り物にしているので商品の回転数が勝負だ。当時は金がないので、すぐに売れそうな商品を仕入れ、早く売る。売れないものはシーズン中に値下げしてでも振り切る。決して翌シーズンまで持ち越さない。商品バイヤー毎週、岐阜、名古屋、大阪のメーカーの問屋を回って、見切り品を仕入れてくることもあった。当然、100%買取だ。店が増えていくので、売れ筋商品を確保するのはますます大変になる。

従来の衣料品業界では、民間や卸業者の企画した商品を選択肢でバイイングし、委託販売する方式が一般的であった。委託販売方式が、商品が売れ残れば返品可能で、小売業者にとってリスクが少ない反面、リスク回避の分だけ仕入れ原価に上乗せされるために粗利益は低い。それを維持しようとすると売値を高くせざるをえない。

結果、少々高い買い物をする可能性がある。また、商品企画がメーカーや卸業者主導になりやすいため、小売店舗での商品構成に一貫性がなくなり、かつ販売価格もメーカーや卸業者の指示に従わざるを得ず、小売業者は自由な価格設定もできない状況だった。

販売価格を小売店がコントロールするためには、別注を増やすしかない。店舗数を増やし、バイイングパワーを作るのと同時に、自主企画商品をメーカーへ製造委託する方式=別注を取るしかないのだ。海外メーカーに委託するには発注量がまとまらない届けてくれない。おまけに、メーカーへの返品は不可なので100%完全買取になる。リスクを全部自社で背負いこむことになるので、売れない商品を企画発注してしまうと、当然命取りとなる。

1985年のプラザ合意以降、円高が進む。1986年から急激な円高となり、メーカー品やブランド品が安く売られても良いはずなのに、現実はそうならなかった。

■そんな時、小売店の視察をしに香港へ行き、「ジョルダーノ」のポロシャツが目に止まった。低価格の割に品質が高い。「これだ!」と思った。ジョルダーノ創業者のジミー・ライ氏に会いに行った。

もともと彼は、アメリカの衣料品専門店チェーン(リミテッド)のセーターの生産も請け負っていた。彼は、僕と同じ年齢。失礼を承知で言うと、「ぱっと見はたいしたことないおっさんが大した事やっているな」と言う感じだった。この人にできて、僕にできないはずはない。そう思った。彼からは「商売には国境がないこと、製造と販売の境がないこと」を学んだ。

中国共産党の革命が起きて、上海近郊で工場を経営していた人々が、中国本土から当時英国が装飾していた香港に逃げてきて、香港や東南アジア1年に工場を作り始めた。そこに欧米のバイヤーがやってきて、商品を企画発注する。輸出が増えていく。こんな構造になっていった。香港のメーカーには合理とメーカーの境がなく、欧米のブランド品の請負工場やりながら氷もしている。僕らが日本でやっている商売よりももっと進んでいて、こちらの方がはるかに成長性が高いのではないかと気づいた。自分たちもそういうことをやらないといけない。僕の場合は小売出身なので生産はできないが、メーカーに委託した場合の生産管理は可能だ。可能と言うより、品質の高い商品を作るためには必須なのだ。

まず、1987年にはユニクロオリジナル商品を手がけてみようと思いだす。社内にはデザイナーのパタンナーもいないので、仕様書は手書きでいい加減なもの。これをメーカーに製造委託する。まだ生産管理はこちらでできないため、メーカー品に負け、最初に付けた価格で忘れずに、結局、値下げ販売が多くなった。海外ブランド品をディスカウント価格で打ち出し、チラシで訴求する、と言うスタイルはしばらく続く。1988年3月には香港に商品のバイイング事務所を作り、現地法人香港の人と合弁で立ち上げた。

後の話だが、生産管理の担当者を募集したところ、スポーツ用品メーカーに勤めてはいたが、その会社の中では傍流と言えるアパレルの生産管理経験者の古谷さんが入社してくれた。1993年1月のことである。その後、彼を慕って同社から3人が次々と当社に転職。その人たちを中心に中国に駐在してもらった。自分たちで商品を作る環境が整い始めた。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-成功事例

© 2023 人生は逆転できる!