最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

ブログ 成功事例

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。

■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざるビジネスモデルに迫った。(ライター 根本直樹)

■氾濫する中国エステの実態は
風俗店からときどき不健全店まで

中国エステの大半は、表向き「リラクゼーション店」をうたい、「非風俗店」ということで営業している。だが、その形態は大きく二つに分けられる。射精に至るまでのサービスを行う風俗用語で言うところの「ヌキあり」店と、マッサージだけの「ヌキなし」店(業界では「健全店」と呼ばれている)だ。

しかし、どちらの形態にせよ、ほとんどの店がホームページなどで「当店は風俗店ではありません」とうたっており、外からはどちらなのか見抜くのは難しい。また、二つの形態にきっちりと分類できない曖昧さがあるのも“中国系”の特徴だ。

■ 「中国系のエステで、完全な健全店なんて少ないと思うよ」と語るのは、東京・池袋で、デリヘルチェーンを経営するO氏だ。

「表向きは健全店として営業していても、女のコが店に内緒でライトなサービスをして、勝手に別料金を取ったりしてる場合もあるし、口の固そうな常連客にだけは“特別サービス”があったりする店もある。恐らく、割合的には健全4、やや健全3、完全ヌキあり風俗店3ってところじゃないかな」

■法の抜け穴を突いたグレーな存在
「店舗」を武器に勢力拡大

要するに、健全店といっても、「健全寄り」と「風俗寄り」の二つに分かれるらしいのだが、その曖昧さの背景には何があるのか。

「中国系エステは、どちらであろうが、風営法に基づく届け出を出していない店がほとんど。かと言って、純粋なマッサージ店かと言えば、それも違う。国家資格の免許がないとマッサージ店と名乗ることができないから、法的に縛りのないリラクゼーション店として営業しているのがメンズエステ業界。法の抜け穴を突いたグレーな存在だから、警察も介入しづらい。そんなことでどんどん増殖していったんだ」(O氏)

増殖の理由は他にもある。

1998年の風営法改正により、店舗型性風俗店の新規開業に大きな規制がかけられ、性風俗店の多くが無店舗型であるデリヘルに移行したが、グレーな存在である中国エステは、「店舗」という強みを武器に、勢力を拡大していったのだ。

そしてそれは、実質的に風俗店と変わらぬ店もあれば、完全な健全店もあり、“健全ときどき不健全”な店もある。それが中国エステの実状なのだ。

■ 健全店でも売り上げが
月1000万円に上る店舗も

「この手のお店の9割は、黒字だと思いますよ。普通にやれば、ほぼ赤字になんてならないんじゃないかな。だから、多くの中国人女性がエステ店を持ちたがるんです」

こう語るのは、都内中央線沿線のK駅近くで「健全店」を営む、ハルビン出身の陳雪華さん(仮名・43歳)。日本に住んで22年、エステ経営歴7年になるという彼女に、店の立ち上げから経営の実態まで、いわば「中国エステのビジネスモデル」について話を聞いた。

まず、陳さんが「9割は黒字」と言い切る理由は何か。

「何か特別なカラクリがあるわけじゃないです。お客さんがたくさんいるから儲かる。それだけですよ」(陳さん)

実は、中国エステには相当な需要がある、ということらしい。

「K駅周辺だけでも、10店舗近いエステ店があるけど、私の店だけで1日平均13~15人のお客さんがくる。客単価は1万円で、月の売り上げは最低でも400万円はいく。家賃や光熱費、女の子の給料を払って、私の手元に残るお金は、だいたい150万円くらい。これでも低いほう。私の店、ベッドが四つしかないから」と陳さんは言う。

その上で陳さんは、「もっと大きい店なら毎月600万~1000万円近く売り上げがありますよ。はっきり言って、エステは儲かるね。スナックとかパブなんかよりも、全然、利益率は高いと思います」と明かす。

■ 警察に通報されるリスクもないから
長い目で見れば「健全店」が儲かる

繁華街から少し外れた路地裏に建つ、雑居ビルの一室に陳さんの店はある。ビルの前に店名の書かれた看板が置かれているが、いわゆるキャッチ行為は一切行っていない。

店内では、コスチュームも選べる

「店を始めた7年前は、まだ警察が今ほどうるさくなかったので、キャッチを使っていた時期もあります。でも、警察から目をつけられたくないのと、常連客もついたことから、4年前からは一切やめました。新規客の集客はホームページと『エステナビ』などの専門サイトに出す広告だけです」(同)

では、なぜ「健全店」なのか。

「3ヵ月とか、半年間とか、短いスパンで見れば、ヌキありの方が確かに儲かります。でも、違法風俗店なので、周りの日本人の店からにらまれ、すぐに警察に通報され、潰されてしまいます。だから、長い目で見れば、健全店のほうが全然儲かると思います。マッサージをしていて気持ちよくなって、抜いてほしいって頼んでくるお客さんもいるけど、実はそれほど多くないです。それよりむしろ、リラックスして、女の子との会話を楽しみたいというお客さんが中心だと思います」(同)

とはいえ、本当に陳さんの店では、健全ではないサービスが行われいないのだろうか。

「以前、女の子が勝手に風俗的なサービスをして、ネットで噂になってしまったことがあるんです。そうなると、エッチ目的のお客さんが大勢押し寄せ、『あのコはサービスしてくれたのに』などと文句を言ってきたり、中には警察に通報したりする人も出てきます。だから、大きな問題になる前に、すぐにその女の子をクビにして、その後もそういうことがないように常に気をつけていますね」(同)

■ 立ち上げの背後には
丸ごと請け負う中国マフィアの影

では、それだけ儲かるエステ店をオープンさせるには、どれくらいの費用がかかるのだろうか。

「立地にもよりますが、私の店の場合、全部で300万円程度でした。新宿や池袋などの大きな繁華街では1000万円くらいかかるみたいですが、沿線の駅付近なら、こんなものですよ」(同)

その内訳はこうだ。

店舗入居の保証金(家賃15万円×8ヵ月分)が120万円。クロス張替えなど部屋の内装費用20万円、簡易シャワー設置30万円、看板10万円、ベッド4台、シーツ、カーテン、タオル、マッサージ用オイル、観葉植物など備品一式で50万円、ホームページ制作2万円(エステ専門サイトへの登録が条件)、在日中国人向け新聞での求人広告(4回セット)が3万円、求人サイトへの出稿が3万円(4週)、予備費50万円などで、ざっと288万円也だ。

「日本人の業者に頼んだら、この倍はかかると思います」(同)

今どき、在日中国人女性がエステ店をオープンさせるのは、非常に簡単だ。内装から備品、看板制作、ホームページの制作に至るまで“セット”で丸ごと請け負う、中国系の「エステコンサル業者」がいるからだ。

「そういう業者は、たぶん、ちょっと怖い中国人がやってると思います」(同)

警察に準暴力団指定を受けている、中国系の不良集団「チャイニーズドラゴン」のメンバーH氏も言う。

「あれは、俺たち中国系グループのシノギの一つだよ。ヤクザみたいに一軒一軒からミカジメ料取るのも面倒だから、コンサルって形で店に食い込み、カスリを取る。頭いいでしょ。でも、備品なんかにしても、ヤクザ系の業者なんかよりもよっぽど安いから、店側にも喜ばれているよ」

■エステの9割が個人営業だから
税金を納めている店は皆無

開店後のランニングコストはどんなものか。再び陳さんの話に耳を傾けてみよう。

「一番大きいのは、人件費です。基本的に女の子への支払いは固定給ではなく、完全歩合制。以前は、店と女の子の折半が普通でしたが、最近は女の子不足なので、売り上げの6~7割を女の子に渡す店も増えています。うちの店の場合、いまも折半にしています。月の売り上げが400万円なら、女の子(4人)の取り分が200万円。その他家賃、水道・光熱費、広告代など諸経費が約50万円で、店側の純利益は150万円といった感じです」(陳さん)

しかし、それだけ儲けていて、税金は払っているのだろうか。

「税金?数店舗規模のチェーン展開をしているような店では、最小限の額を申告しているみたいですが、エステ店の9割は個人営業なので、税金納めている店なんてないと思いますよ。毎日の売り上げなどはノートにつけていますが、1ヵ月で捨てるようにしています」(同)

このように、日本人の客から吸い上げられたカネは、中国人のエステ経営者、中国人エステ嬢、中国系コンサル業者の間をグルグル回るだけ。日本には1円も落ちない構造ができあがっている。

中国エステを舞台に生み出される巨額マネーは、在日中国人社会の暗部に巣食う“闇マネー”の一つといえる。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ, 成功事例

© 2021 人生は逆転できる!