最新エントリー

豪州のプロサッカー「コニストン」で活躍中

ユナイテッドはチャンスが殺到し続けたが、34分にコニストンのセンターバックのカヤノタカユキが滑り込み、ナスティックを越えてボールを押し込んだ。防御の争いだった。by翻訳アプリ■オーストラリア・サウスコースト・サッカーリーグ戦2021・5/9■記事詳細は以下

大山倍達正伝

  「私はね、結婚に失敗し、娘の教育も失敗しました。きみ〜、このままじゃ極真は潰れてしまうよ。10年後、全国の支部長の3分の2が50歳を超えるんだよ。極真は老人の組織になってしまうよ。国も会社も老人たちが支配する組織は必ず崩壊します。いま極真が直面している危機がここにあるんです。極真に老人は私1人だけで良い。支部長を世代交代させて、組織全体を若返らせなくてはならない。だから私は毎朝、こうして極真会館全国支部勢力地図をみては、その方法を考え続けているんだよ。徳川家康が大名の改易や転封の方便を考え ...

一風堂があの麻生グループより資金調達

約35億調達「やりましたね。抜群の安定感。IR情報見ましたよ。正直ホッとしました」「まぁ以前から知り合いだったんで」「国内は、、。海外からガンガン攻めるぜ!」「まぁとにかく良かった」スマホ談義 ■博多ラーメン「一風堂」を展開する株式会社 力の源ホールディングス(本社: 福岡市中央区、代表取締役社長:河原 成美)が、株式会社麻生(本社:福岡県飯塚市、取締役社長:麻生 巌)に対し第三者割当を行い16億46百万円を調達する。払い込み期限は5月31日。 <関連記事> 一風堂、パンダエクスプレスとの合弁を解消。商業 ...

こんな悲惨?なビジネス書がベストセラー

まさかのベストセラー第六弾!ヨボヨボ介護日記が4月に出てもう5刷!成功や自慢話でなく、交通誘導員、ガスメーター検診員、旅行添乗員、マンション管理人など、現場の悲惨な?実録日記本がバカ売れ中! ■新刊レビュー https://is.gd/AlPUys ■6月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■LINEやZOOM等で無料雑談歓迎! ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネ ...

成功事例と熟年離婚と婚活についての考察

成功事例と熟年離婚と婚活について  

竹田陽一からメッセージ

私、竹田陽一個人の話ですが、 6月13日にコロナワクチンを接種しました。副作用は少しありましたが、元気です。 ☆竹田陽一「営業昔話CD」お知らせ☆ 皆様のご協力で思っていたよりも多く売れました。そこでこのCDをお買い上げ頂きました方々を対象に、ZOOMによる感想と、竹田に対する質問の会を開くことにしました。実はこの話は栢野さんから出たものです。ご参加、お待ちしています。 日時7月9日(金) 15:30~17:00 参加人数先着10名様 参加料は無料です。 申込先は、ランチェスター経営迄。 【必須入力】会社 ...

プノンペン在住のモデル見習いです。

【お仕事募集】プノンペン在住のモデル見習い26歳タリーです。FB友達の私が勝手に告知w。独身165㎝45㎏。広島で5年の農業技能実習生経て2020年12月に帰国。日本語カタコト。歌も上手い?出演料はお試し1万円〜数万円応相談。問合せは私かタリーへ直接も。SNSメッセンジャー教えます。 https://yumesenkan.jp/wp-content/uploads/2021/05/IMG_7641.mp4 FullSizeRender FullSizeRender

追い込まれ、本の出版にチャレンジ

こうして事務所に閉じこもり、3月の中旬までになんとか24名の人生逆転物語(+約50人の短い実例)をまとめました。本にするには充分な量です。実は24人中、10名前後の物語はすでに書いていました。過去3年、毎年3ヶ月程度で本を書くのに挫折してましたが、気づけば10人分は溜まっていたんですね。三日坊主、三ヶ月坊主、三年坊主と挫折しても、また再開継続すれば「チリも積もれば山となる」ですね。 しかし、全体の構成がどうもうまく行きません。作家・中島孝志さんの「40歳からどう書くか」という<本の書き方本>を読んだり、市 ...

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

ブログ 成功事例

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。

■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざるビジネスモデルに迫った。(ライター 根本直樹)

■氾濫する中国エステの実態は
風俗店からときどき不健全店まで

中国エステの大半は、表向き「リラクゼーション店」をうたい、「非風俗店」ということで営業している。だが、その形態は大きく二つに分けられる。射精に至るまでのサービスを行う風俗用語で言うところの「ヌキあり」店と、マッサージだけの「ヌキなし」店(業界では「健全店」と呼ばれている)だ。

しかし、どちらの形態にせよ、ほとんどの店がホームページなどで「当店は風俗店ではありません」とうたっており、外からはどちらなのか見抜くのは難しい。また、二つの形態にきっちりと分類できない曖昧さがあるのも“中国系”の特徴だ。

■ 「中国系のエステで、完全な健全店なんて少ないと思うよ」と語るのは、東京・池袋で、デリヘルチェーンを経営するO氏だ。

「表向きは健全店として営業していても、女のコが店に内緒でライトなサービスをして、勝手に別料金を取ったりしてる場合もあるし、口の固そうな常連客にだけは“特別サービス”があったりする店もある。恐らく、割合的には健全4、やや健全3、完全ヌキあり風俗店3ってところじゃないかな」

■法の抜け穴を突いたグレーな存在
「店舗」を武器に勢力拡大

要するに、健全店といっても、「健全寄り」と「風俗寄り」の二つに分かれるらしいのだが、その曖昧さの背景には何があるのか。

「中国系エステは、どちらであろうが、風営法に基づく届け出を出していない店がほとんど。かと言って、純粋なマッサージ店かと言えば、それも違う。国家資格の免許がないとマッサージ店と名乗ることができないから、法的に縛りのないリラクゼーション店として営業しているのがメンズエステ業界。法の抜け穴を突いたグレーな存在だから、警察も介入しづらい。そんなことでどんどん増殖していったんだ」(O氏)

増殖の理由は他にもある。

1998年の風営法改正により、店舗型性風俗店の新規開業に大きな規制がかけられ、性風俗店の多くが無店舗型であるデリヘルに移行したが、グレーな存在である中国エステは、「店舗」という強みを武器に、勢力を拡大していったのだ。

そしてそれは、実質的に風俗店と変わらぬ店もあれば、完全な健全店もあり、“健全ときどき不健全”な店もある。それが中国エステの実状なのだ。

■ 健全店でも売り上げが
月1000万円に上る店舗も

「この手のお店の9割は、黒字だと思いますよ。普通にやれば、ほぼ赤字になんてならないんじゃないかな。だから、多くの中国人女性がエステ店を持ちたがるんです」

こう語るのは、都内中央線沿線のK駅近くで「健全店」を営む、ハルビン出身の陳雪華さん(仮名・43歳)。日本に住んで22年、エステ経営歴7年になるという彼女に、店の立ち上げから経営の実態まで、いわば「中国エステのビジネスモデル」について話を聞いた。

まず、陳さんが「9割は黒字」と言い切る理由は何か。

「何か特別なカラクリがあるわけじゃないです。お客さんがたくさんいるから儲かる。それだけですよ」(陳さん)

実は、中国エステには相当な需要がある、ということらしい。

「K駅周辺だけでも、10店舗近いエステ店があるけど、私の店だけで1日平均13~15人のお客さんがくる。客単価は1万円で、月の売り上げは最低でも400万円はいく。家賃や光熱費、女の子の給料を払って、私の手元に残るお金は、だいたい150万円くらい。これでも低いほう。私の店、ベッドが四つしかないから」と陳さんは言う。

その上で陳さんは、「もっと大きい店なら毎月600万~1000万円近く売り上げがありますよ。はっきり言って、エステは儲かるね。スナックとかパブなんかよりも、全然、利益率は高いと思います」と明かす。

■ 警察に通報されるリスクもないから
長い目で見れば「健全店」が儲かる

繁華街から少し外れた路地裏に建つ、雑居ビルの一室に陳さんの店はある。ビルの前に店名の書かれた看板が置かれているが、いわゆるキャッチ行為は一切行っていない。

店内では、コスチュームも選べる

「店を始めた7年前は、まだ警察が今ほどうるさくなかったので、キャッチを使っていた時期もあります。でも、警察から目をつけられたくないのと、常連客もついたことから、4年前からは一切やめました。新規客の集客はホームページと『エステナビ』などの専門サイトに出す広告だけです」(同)

では、なぜ「健全店」なのか。

「3ヵ月とか、半年間とか、短いスパンで見れば、ヌキありの方が確かに儲かります。でも、違法風俗店なので、周りの日本人の店からにらまれ、すぐに警察に通報され、潰されてしまいます。だから、長い目で見れば、健全店のほうが全然儲かると思います。マッサージをしていて気持ちよくなって、抜いてほしいって頼んでくるお客さんもいるけど、実はそれほど多くないです。それよりむしろ、リラックスして、女の子との会話を楽しみたいというお客さんが中心だと思います」(同)

とはいえ、本当に陳さんの店では、健全ではないサービスが行われいないのだろうか。

「以前、女の子が勝手に風俗的なサービスをして、ネットで噂になってしまったことがあるんです。そうなると、エッチ目的のお客さんが大勢押し寄せ、『あのコはサービスしてくれたのに』などと文句を言ってきたり、中には警察に通報したりする人も出てきます。だから、大きな問題になる前に、すぐにその女の子をクビにして、その後もそういうことがないように常に気をつけていますね」(同)

■ 立ち上げの背後には
丸ごと請け負う中国マフィアの影

では、それだけ儲かるエステ店をオープンさせるには、どれくらいの費用がかかるのだろうか。

「立地にもよりますが、私の店の場合、全部で300万円程度でした。新宿や池袋などの大きな繁華街では1000万円くらいかかるみたいですが、沿線の駅付近なら、こんなものですよ」(同)

その内訳はこうだ。

店舗入居の保証金(家賃15万円×8ヵ月分)が120万円。クロス張替えなど部屋の内装費用20万円、簡易シャワー設置30万円、看板10万円、ベッド4台、シーツ、カーテン、タオル、マッサージ用オイル、観葉植物など備品一式で50万円、ホームページ制作2万円(エステ専門サイトへの登録が条件)、在日中国人向け新聞での求人広告(4回セット)が3万円、求人サイトへの出稿が3万円(4週)、予備費50万円などで、ざっと288万円也だ。

「日本人の業者に頼んだら、この倍はかかると思います」(同)

今どき、在日中国人女性がエステ店をオープンさせるのは、非常に簡単だ。内装から備品、看板制作、ホームページの制作に至るまで“セット”で丸ごと請け負う、中国系の「エステコンサル業者」がいるからだ。

「そういう業者は、たぶん、ちょっと怖い中国人がやってると思います」(同)

警察に準暴力団指定を受けている、中国系の不良集団「チャイニーズドラゴン」のメンバーH氏も言う。

「あれは、俺たち中国系グループのシノギの一つだよ。ヤクザみたいに一軒一軒からミカジメ料取るのも面倒だから、コンサルって形で店に食い込み、カスリを取る。頭いいでしょ。でも、備品なんかにしても、ヤクザ系の業者なんかよりもよっぽど安いから、店側にも喜ばれているよ」

■エステの9割が個人営業だから
税金を納めている店は皆無

開店後のランニングコストはどんなものか。再び陳さんの話に耳を傾けてみよう。

「一番大きいのは、人件費です。基本的に女の子への支払いは固定給ではなく、完全歩合制。以前は、店と女の子の折半が普通でしたが、最近は女の子不足なので、売り上げの6~7割を女の子に渡す店も増えています。うちの店の場合、いまも折半にしています。月の売り上げが400万円なら、女の子(4人)の取り分が200万円。その他家賃、水道・光熱費、広告代など諸経費が約50万円で、店側の純利益は150万円といった感じです」(陳さん)

しかし、それだけ儲けていて、税金は払っているのだろうか。

「税金?数店舗規模のチェーン展開をしているような店では、最小限の額を申告しているみたいですが、エステ店の9割は個人営業なので、税金納めている店なんてないと思いますよ。毎日の売り上げなどはノートにつけていますが、1ヵ月で捨てるようにしています」(同)

このように、日本人の客から吸い上げられたカネは、中国人のエステ経営者、中国人エステ嬢、中国系コンサル業者の間をグルグル回るだけ。日本には1円も落ちない構造ができあがっている。

中国エステを舞台に生み出される巨額マネーは、在日中国人社会の暗部に巣食う“闇マネー”の一つといえる。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ, 成功事例

© 2021 人生は逆転できる!