最新エントリー

大阪セミナー+懇親会20240804

栢野克己さん講演会(ゲスト中小企業診断士マキノヤ先生)@大阪 大阪市中央区本町1丁目4−5 | By 学んで、実行して、人脈を広げよう!交流会@大阪 カテゴリー ベンチャー/スタートアップスタートアップ起業中小企業自営業 イベント詳細 ビジネス出版計8冊、売上総数27万部(アジア翻訳含む)、 またFacebookなど有名でいらっしゃる、 弱者の戦略・ランチェスター戦略の第一人者、 そして破天荒武闘派!?の 栢野克己(かやのかつみ)さんを大阪にお招き致します。 https://yumesenkan.jp/ ...

衝撃の結末「サイゴンから来た妻と娘」近藤紘一

衝撃の結末◾️羽田の記者クラブにいた時、サイゴン支局の近藤紘一から「家族が行くのでよろしく」と連絡があった。「サイゴンから来た妻と娘」はその日の夕刻、羽田に着いたが、彼女らはもうすぐ消滅する南ベトナムの旅券を持っているだけで、日本の入国ビザはなかった。近藤との結婚証明書もなく、入管を説得して2人を仮上陸させるのにずいぶん苦労した。そんなこともあって帰国してからの近藤とあれこれ話をするようになった。サイゴンで結婚した妻ナウのことも結構詳しく話してくれた。どこかに書いていたように、ナウはベトナム人の夫がいて、 ...

小さな会社向けセミナー③

小さな会社向けセミナー②

小さな会社向け3日連続セミナー①

兵庫の青年会議所でセミナー講師

昨夜は兵庫県の龍野青年会議所で「小さな会社の稼ぐ技術」成功事例のウラ話100連発!参加者のノリが良く、私も最初から調子に乗って脱線しまくり。でも本も全部売れた。あざっす!動画は以下コメ欄に。 たつの市人口7万人だが、日本一の揖保乃糸やランドセルのセイバン、ヒガシマル醤油の本社も。以下商工会議所のサイトより ◾️ 龍野には醤油・素麺・皮革と伝統的な三大地場産業があります。 醤 油 龍野の醤油の起源は1587年。龍野が発祥の地である淡口醤油は、色が薄く煮た食材に色が付かないため、精進料理や茶懐石料理に最適とさ ...

インドの路上火葬場に来て見た

以下2枚目の写真に足が。インドの路上火葬場ガンジス川のワーラナーシー202306月

インドの路上火葬場ガンジス川ベナレスへ

インドは貧しい。平均月収2万円は東南アジア以下。でも世界一の人口14億人ステイハングリーパワー凄い。仏教のブッダやイギリス首相の他、Google、Adobe、Microsoft、IBMのCEOもインド人。頭はイイし英語ペラペラで安い労働力は中国を軽く超える。アメリカも抜いて2050年GDP世界一あり得る。首都ニューデリーと路上火葬場バラナシ4-5日程度歩いただけだが。インド人優秀説は検索で沢山

バンコクのスラムへ潜入

スラム探訪。カンボジアのシアヌークビル

 

ブログ

歌舞伎町と貧困女子と私に関する事

第5章 カモられる中年男性

「ホスト狂いの女の子たちは、無限にお金が必要なので、常にどうやってお金を作ろうか考えています。ホス狂い女子会みたいなのはよくある。基本的にお金の話ばかり。内容はえぐいです。どこの風俗が稼げるかというレベルじゃなく、おじさんたちからどうやって財産を奪うかみたいなこと」

彼女たちに狙われているのは、寂しいおじさん。40代、50代で未婚で優しそうな人をなんとか見つけて、ガチ恋をさせて、お金を引っ張りたがっている。

結婚しない、できない男性は本当に増えた。2020年の生涯未婚率(50歳の未婚率) = 25.7% (総務省調べ)であり、男性は4人に1人が結婚しない社会となっている。この傾向はずっと続く。2040年、男性の生涯未婚率は30%の水準に達すると予想されている。ちなみに半世紀前(1970年)の男性の生涯未婚率は3%台。昭和から平成を経ている間に8万以上も跳ね上がっている。

本書の取材でも、地下アイドルイベントで童貞の群れを目撃した。第二次ベビーブームに生まれた現在アラフィフの団塊ジュニア世代は、人口が多い。今、中年男性で底無しの寂しさを抱える者たちは大量に存在している。

無限のお金を必要とするZ世代(1995-2005年生まれ)のホスト狂いたちは、この底なしの寂しさを抱える中年男性たちの懐を狙う。

「ホス狂いは、おじさんからお金を取ることに何の抵抗もないのです。騙して、貢がせて、既婚おじさんの家庭が壊れようが、おじさんの子供の人生が狂おうが、騙されたモテないおじさんが自殺しようが構わない。おじさんが借金しようが、家を売ろうが関係ないわけです。

とにかくホストに貢ぐお金を作りたいって、それだけ。ホストクラブに行くお金を作るため、風俗や街娼をする女性たちは、これまで本書で紹介した。若い女性を求める中年男性に、肉体を提供して、その対価をもらうだけでは限度がある。

ホストクラブで他の女性に勝つためには、それではお金が足りない。さらに、稼ぐために、寂しい心を抱える中年男性を恋愛状態にさせ、そこからお金を引っ張ることまで企んでいる。

どこでおじさんを見つけるかというと、風俗店で探しているケースが1番多い。風俗客は寂しいおじさんがたくさん来る。風俗嬢になって、お金があってめちゃめちゃ優しいみたいなおじさんを探すんです。客の収入が高い傾向があり、充分なコミニケーションが取れるのは高価格帯のソープランドだ。

狙いのおじさんを定めたら、連絡先を交換してつながる。女からアフターとかデートを誘って購入してガチ恋させる。自分のことを好きにさせて色恋でお金を引き出す。

お金を引き出す理由はそれぞれ。学費が必要とか、親が病気になったとか、結婚をちらつかせるとか。手段を選ばないで嘘を言って、同情させてお金を出させる。

おじさんが既婚者でも独身でもいいけど、生涯未婚おじさんの方が純粋なので騙しやすい。既婚者は奥さんとか子供がいて、それがストッパーになるし、奥さんから訴えられてめんどくさいから。風俗での就労収入と色恋での収入でダブルインカムとなる。稼ぎながら仲間を探すことができるので、ホス狂いたちはこぞってソープランドで働く。

彼女たちがターゲットにする団塊、ジュニア世代、バブル世代の男性たちは、男子校で育っているものも多い。女性に元素を抱いたまま年齢を重ねると、悪い女性が存在すると言うことを知らない。セスナ風貌した若い女性に少し優しくされると、すぐに長引いてしまう。女性になりしていない性格の良い優しいおじさんを見つけて、自分に恋愛感情を抱くように誘導し、行為を確信したところで4 × 0同情を誘う。嘘をつき、演技しながらお金を無心し、その足で担当のいるホストクラブに駆けつける。

■おじさん攻略「情報商材」

最近では、おじさんをガチ恋愛状態にして、お金を引き出す方法が、情報商材となって高額取引されている。

「情報商材は20,000円とかするけど、真似したら女の子たちがどんどん買っている。めちゃ売れています。情報交換、情報商材だけでなく、おじさんからお金を奪う方法をコンサルティングする女性も現れた。LINEサポートとか。おじさんから、こういうLINEが来たら、後を返すみたいなことを教える。おじさん、相手の色恋もだんだんマニュアル化されている。みんなとにかくお金を稼げる手段を探している。理由は、たった1つ、担当にみつぐため。おじさんは歌舞伎町には近づかないほうがいいです。本当に危ないし、やばいです。

「ホス狂いの女はロクなのがいないです。趣味とか、好きなことがなかった人がハマる。それでホストに依存して執着する。好きなことがない人間なので、まず人として面白くない。今まで何も楽しいことがなかった、みたいな人ははまりやすい。自分には何もないってコンプレックスがあるから、男とか人に依存しちゃう。ホス狂いは薄くて、面白くなくて、何も持っていない人ばかり。つまらない人たちです」歌舞伎町に詳しい安部理帆子は語る。

■パパ活の「定期」が19人いる女子大生

都立、私立大学4年生、山瀬れいか(仮名22歳)は、通学や就職活動は一切しないで、ずっと歌舞伎町を中心にパパ活をしている。パパ活で使うのはパパ活専門アプリで、初めて会う男性とは、歌舞伎町のドンキホーテで待ち合わせて、セントラルロードにある喫茶店に行く。

そのままラブホテルに行くこともあれば、日を改めて食事デートすることもある。コロナが長期化する中、おじさんと「定期」と呼ばれる長期的な関係になることが増えている。パパ活=売春という意味でこの言葉を使う人が多い。

しかし、パパ活を定義すると、デートをしてその見返りに金銭的な援助をしてくれる人を探す事になる。お金が絡んだ男女の恋愛関係で、お金があって若い女性を欲している40〜50代男性と、就労収入が低い20代女性がカップルになる。

恋愛感情は、お金を払う男性の一方通行というのが、一般的なパパ活の関係性だ。

「定期」とは定期的にデートする関係のことで、定期は、女性にとって不特定多数を相手にする売春と違い、安定した収入が見込め、男性にとっては好きな女性と疑似恋愛関係になれる。「定期」はパパ活女子やパパ活男性が目指す理想形となる。

山瀬れいかはスマホを取り出して、LINEを開く。定期の現状把握をするため、現在続いてるパパを数えている。LINEのピン止めでパパの管理をしているらしい。

「いま定期は19人です。会うのは人によってで、毎週の人もいれば、月1の人もいる。全員からどんどん連絡があるので、頻繁に会話をしていて、名前の横に最初にどこで会ったのか、会話内容をメモしています。数が多すぎるので、他のパパと間違えないようにしています」

山瀬れいかは大学紹介のパンフレットに載っていそうな清楚で清潔感のある普通の女の子だ。あえて言えば、太い眉毛を書いていないイモトアヤコに少し似ている。

定期パパの一部は、彼女と付き合っていると思っている。状況的には同時に彼氏が19に入るのとあまり変わらない。LINEや電話、デートとパパの相手をするだけで膨大な時間を使う。

山瀬の日常はパパ活一色だ。大学にほとんど行かない。お昼過ぎに起床して寝起きでパパ活サイトでのイイネをチェック。新規の男性たちにメッセージ、それから19人の定期パパからの連絡に返信する。

夜になると、LINE通知がひたすら鳴り続ける。スケジュールは平日も休日もパパとのデートで埋まる。パパ活男性は中小企業の社長が多いので、平日でもどんどんデートが入る。たまに空いた時間ができれば、新規パパとの顔合わせを入れる。19人もいるのに新規開拓を止めないのは「いつ関係が切れるか分からないから」と言う危機感からだった。

「パパからは頻繁に連絡が来ます。19人もいるので管理が大変。誰かとデート中に急に別の人から会える?って連絡があったら、何時以降だったら大丈夫って返す。定期パパは何度も会っている。よく知っている人たちなので、何時に終わるとかわかる。そんな感じ」

■月6万円の奨学金と2万円の仕送り

定期パパの年齢は30から60歳。19人全員と肉体関係がある。デートのときには基本的にセックスを求められる。そして1度のデートやセックスで3万円から6万円をもらう。洋服や持ち物は全てパパから買ってもらったもので、食事はパパとのデートだけで賄える。

歌舞伎町を中心に活動するが、パパ同士が鉢合わせしないように、渋谷や池袋店、錦糸町にも行き、パパが暮らしている地域に出向くこともある。

「もう、大学を卒業するつもりも、就職するつもりもないです。ずっとパパ活をしていたいから。楽だし、楽すぎるし」山瀬れいかは笑いながらそういう。

4年前、東北の田舎から大学進学のために上京している。この4年間に一体何があったのだろうか。

「高校の時、田舎が嫌になって、なんとなく東京に行きたいなって思った。それで大東亜帝国の指定校推薦をとって、上京次第すぐ歌舞伎町のガールズバーで働いた。夏休みから区役所通りにある店でキャバ嬢になった。で、2年生になってコロナになってからはキャバとパパ活です」

東北の両親は米農家である。貧乏ではなかったが、学費と東京の生活費の全ての面倒を見るのは難しく、月100,000円はアルバイトで稼がないと学生生活が送れない。高校の卒業式が終わって上京。すぐに繁華街として有名な歌舞伎町で店を探してガールズバーで働いた。

■セックスなしのパパ割は継続しない

彼女はほんとに忙しい。ちなみに今日のスケジュールを聞くと、14時に45歳パパと待ち合わせしてラブホテルでセックス、この取材が終わり次第、41歳パパとのデートが待っている。おそらく食事してからホテルに行くので、帰るのは終電近く。明日も13時、19時待ち合わせのデートのダブルヘッダーである。中年男性とのセックスまみれなのだ。

「パパ活はコロナになってからやっているけど、最初は茶飯女子だった。全然駄目だった。ご飯だけの人を探したけどなかなか会えないし、相手も続かない。多くても3回位で終わっちゃう。最初はめっちゃいい人でも、ホテルに行くのは無理だった。知らない人とホテルに行くのは怖いし、おじさんと仲良くできるけど、セックスするまでは嫌だって踏み切れなかった」

茶飯女子とは、食事だけのパパ活のことで、肉体関係を求められても断る方針でパパ活をしている。1年生の夏休み、時給の高いキャバクラ嬢になった。キャバクラだけでは不安なので、後期が始まる頃に茶飯のパパ活を頑張ろうとアプリに登録する。

コロナになってからパパ活に力を入れ、様々な男性にアプローチした。うまくいかなかった。男性に肉体関係を誘われても「大人はしません」と返すと返信は来ない。ブロックされてしまうこともある」ちなみに大人とはパパ活でセックスのことを指す。

「キャバクラもお客さんが来ない。出勤制限みたいなものもかかった。全然稼げなくなってやばい、お金ないってなった。そんな時、新規のパパに“大人はいくらで考えていますか?”と聞かれた。その人と腹をくくってホテルに行きました。それで大人は大丈夫になりました。知らないおじさんと、その日にあって、すぐにホテルとか、ずっと考えられなかった。でも、やればすぐに大丈夫になった」

茶飯の時はパパとの関係は続かなかった。しかし、セックスをするとパパはまた会いたかった。新規のオファーも激増した。定期パパがどんどん増えていった。

「エッチはホテルに入って始めれば、いずれ終わる。終わるのを待とうって感覚。定期パパが増えまくった時期に彼氏もできて、その彼氏が性欲強くて毎日デートとかセックスとか。ほんとに訳が分からなくなりました。彼氏がいるときは定期パパとはホテルに行くけど、新規探しはやめました。それにキャバクラもやっていたし、本当に忙しくなりました。」

■Wiki中村淳彦 1972年東京都目黒区生まれ。明治学院東村山高等学校を経て[1]専修大学経済学部卒業[2]。大学在学中の1996年より雑誌編集業務に従事し[3]、1998年の大学卒業と同時にフリーライターとして活動する。実話誌や男性娯楽誌での執筆が多かった[4]。アダルト雑誌を中心として執筆していたこともあり、後述のように業界や女優をテーマにした作品も多い。2006年にはAVメーカー「あけぼの映像」を起業している[5]。

2008年から高齢者デイサービスセンターを運営したが、2014年に廃業[3]。現在は貧困、介護、風俗、超高齢社会などをテーマにノンフィションを執筆している。

2016年、東洋経済オンラインMVP賞、2017年、東洋経済オンラインルポルタージュ賞を受賞している[2]。

※漫画化された「東京貧困女子」オンライン記事は閲覧1億2000回越え

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ

© 2024 人生は逆転できる!