第二十四章 感謝

投稿日:2008/10/28 更新日:

天の摂理

実は「小さな会社★儲けのルール」が出た後、当時の親父の同僚で、福岡シティ銀行のNO2専務まで務めた九州リースの森田相談役(当時)に会った。

「カッチャン。何の本を出したんね」

「いやー、ランチェスター戦略っていうヤツです。昔、流行ったらしいですが、今はこの博多で竹田先生という人が日本の第一人者で、この本は竹田先生の替わりに私が初心者向けに書いたんです」

「ふーーん。へーー。そりゃ親父と同じだ。おやっさんもランチェスター、ランチェスターって言っていたよ。弱者の戦略だ。ローラー作戦だって。まあ科学的なドブ板営業だね。でも、血は争えないねえ。そりゃ奇遇だ」

俺は我が耳を疑った。高校時代に死に別れ、あんなに憎んだ父だったのに、なんと!父の死後30年以上経った今、父と同じ事をやっている!これを奇跡と呼ばずになんと言うか!運命、天命、宿命か。

まあ、冷静に考えれば、父の活躍した昭和40年代後半は、日本で最初に「ランチェスター法則・弱者の戦略」に言及した中原氏や奥村正二氏らに続き、統計学者だった田岡氏の本が200万部も売れた第2次ブームの頃。勉強好きなビジネスマンなら誰でも読んだろうし、地方銀行の本部長のような立場にいた幹部なら、ほぼ100%ランチェスター法則の本を読み、強者の都銀や地場最大手の福岡銀行との差別化を真剣に考えたはず。

 同じ相互銀行でも一歩先を行かれていた西日本銀行にいかに勝つか。そのために、弱者の戦略を銀行内に徹底させたのだ。だから、父がランチェスター戦略をガンガンやっていたのはおかしくはない。当時の時代背景を考えれば。

さらにこれも奇跡的なことなのだが、俺が福岡に帰る寸前まで働いていた「ビジネス社」は、田岡氏が昭和40年代~50年代に一連のランチェスター戦略の大ヒットを飛ばしていた出版社だった。竹田先生も1冊「ランチェスター弱者必勝の戦略」を出している。倉庫で手に取ったが、略歴で福岡在住とだけ見て、あとは難しそうだったので読まなかった。

しかし、田岡氏が昭和59年に亡くなり、その後、田岡氏の会社社員だった矢野さんと外部の一番弟子だった竹田先生を始め、その他、パクったコンサルタントや講演家が数百人いたが、田岡氏の奥さんが「ランチェスター戦略」の商標登録を振りかざし、全国のコンサルタントに内容証明を送りまくった(俺にも2003年に来たが、反撃でFAX50枚送りつけ、東京の田園調布の自宅に飛び込み訪問したが、居留守を使われた)。

そのため、竹田先生と矢野さん以外のコンサルタントはランチェスターの名前を消し、「小が大に勝つ戦略」とか「OO流一番化戦略」に名称を変え、さらに、やはり他人のブランドがいつまでも跋扈するのが気に入らなかったある有名コンサルタントなどは、あーだーこーだ書いて「もうランチェスター戦略は古い」と著書で切り捨て、自分の名称を売るのに躍起になった。今も昔も原理原則系はパクリの歴史なのだ。

その後、元社員だった矢野さんも、なぜか社名からランチェスターの名前を外し、結局、ランチェスターの名前を社名・本・講演・教材に正々堂々と冠するコンサルタントは、竹田陽一だけになった。田岡氏から直接の教えを受けたのもこの2人だけ。(その後は全国の竹田ランチェスター代理店や故田岡さん系のNPO団体が継承)

しかし、竹田先生の活動拠点は福岡。本は「小さな会社★儲けのルール」が出る前までに累計40万部くらい出ていたとはいえ、それは約10年間でのこと。年間では4万部程度。かつ、先生はこの15年ほど、田岡ランチェスターを大幅に改良した「竹田ランチェスター・ビジネスモデル(7月から特別コースあり)」の構築とDVD・CD総計200本以上のシリーズを完成させるのに注力し、約10年間は休業同前だった。

だから、2002年の段階では、昔学んだ現在の60代以上を除けば、ランチェスター戦略なんて一般的には無名だった(幸い、今も無名同然。講演先で毎回アンケート取るが知ってるのは0~1割。そんなもの)。そういう意味では、竹田先生と同じ福岡にいたとは言え、俺が竹田ランチェスターの本を書いたのは、やはり奇跡以外の何ものでもない。その時点ではブームでも何でもなかったから。

とにかく!理由や背景はおいといて、俺が今、33年前にケンカ別れした父と同じことをやっていることに改めて気づき、その時代の証言者に今日も会え、なんというか、生まれて初めて父とじっくり話したいと思っている。

父も地方銀行の営業畑だったから、取引先は今の俺と同じく、地場の中小ベンチャー零細自営業ばかりだったはず。今、一緒に飲んだら、「いやー、今の明太子<ふくや>の川原社長はエラソウにしているが、家業を継ぐ前はうちの銀行に兄のコネで補欠入社した不良社員だったよ(事実・笑)」とか、30年前と今の比較ができ、それは盛り上がる飲み会になっただろう。

が、その父はいない。

「小さな会社★儲けのルール」が大ヒットしたあと、なんど父が生きていればと思ったことか。仲悪かったが、今なら話は尽きないだろうと。

が、今日、この講演会場に、まさに当時の父をよく知る、同僚3名の方が駆けつけてくれた。本当に奇跡だ。

今度、この方たちの「うずしお会」に参加する。願わくば、そこで10分でいいので、「小さな会社★儲けのルール/ランチェスター経営7つの成功戦略」の講演をしたい。そして、昔の田岡ランチェスターと今の竹田ランチェスター戦略が、どう違うかを聞きたい。そして、32年前の父と見比べてもらいたい。

当然、父を越えることはできないだろう。実務の第一線の指揮官としてやっていた父と、同じ分野とはいえ、単なる評論家の俺では比較にならない。

しかし、俺は密かに弱者の戦略を練っている。酒が進み、皆が酔っぱらった後でミニ講演をするのだ。そんなタイミングなら、内容の違いなどはわからない。

俺には見える。聞こえる。ミニ講演が終わった後の皆さんの第一声は

「やっぱりお父さんと同じだ!そっくりだあ!!」

俺はうれし涙で顔をくしゃくしゃにする。そしてふと見ると、涙の向こうの座敷の隅には、32年前の姿のままの親父がいる。いつも俺を軽蔑の目で見ていた親父しか思い出せなかったが、今日はニコニコ笑って頷いている。

「克己。やっとお前は、俺がつけた名前に追いついたな。己に克つ。パパはうれしいよ。素晴らしい講演をありがとう」

うれし涙と嗚咽がこみ上げてきて、たまらず俺は土下座して、畳に頭を着けてこう言うのだ。小説・映画の「鉄道員(ぽっぽや)」のように。

「パパ。今まで本当にすまなかった。生前、パパは平日も休日も家にいないし、一緒に旅行に行った記憶も2回しかない。いつも叱られて殴られた俺は、いつもパパが嫌いだった。いや、むしろ憎んでいた。
でも、今日、パパの同僚から銀行時代の大活躍の様子を聞いてわかったよ。パパは本当に多くの人のために、一所懸命に頑張っていたんだね。まさに命を削って。だから、家庭を顧みる余裕なんてなかったんだね。それを逆恨みして、本当にごめんなさい!」

「いいんだよ。パパはねえ。ものすごくうれしいよ。偶然とは言え、お前がパパと同じ様なことを、それも同じ中小零細企業向けに講演しているなんて、これ以上の親孝行はない。パパの分まで頑張って。
でも、体には気をつけろよ。やりすぎると、パパのように血管が切れるぞ。睡眠は充分にとるんだ。それともう一つ。今のお前があるのは多くの人のおかげだが、最大の功労者はお前の嫁さんだ。家族を大事にね」

「わかりました!パパ!ありがとう!」

・・・と頭を下げ、再び父を見ると、なんと!その傍らにはママがいる!!

「克己。頑張ってるね。あなたが私に最後に言った言葉は辛かったけど、ママはもう、全然気にしてないよ。すべては終わったこと。ママにもあなたにも辛い過去だったけど、だからこそ、あなたは人の痛みがわかる人になった。

まあ、まだまだ時々キレて変なことを言うけど、あなたは毎年、大きくなっているわ。まさに自分で言うとおり、あなたは転びながら成長しているわ。もっともっと転んで、素敵なダルマさんになってね。
栢野のカヤは、仏陀さんの悟ったインドのブッダガヤから伝わってきているのよ。それは本当よ。コチラの世界でこの前、ゴーダマシッダルーダさんに会ったから間違いないわ。だから、あなたは同じインド出身の達磨さんと同じなの。一生修行よ。覚悟してね」

「わかりました。やはり、私の今までの数々の失敗や挫折は、実は同じ様な経験をしている大半の他人様の心が少しでもわかるようにと、最初からプログラムされていたのですね。パパとママに親孝行できなかった分、今後益々!こちらの世界の悩める弱小起業家のために、この身を捧げます。今日は本当にありがとうございました!!」

と畳につけた顔を上げると、もうパパとママはいない。

ふっ。そういうことかと、家の居間を見上げると、壁に掲げた大きな額が目に入った。

それは数少ない父の遺品で、自殺した母の家から持ってきたものだ。父は昭和50年に他界したので、少なくとも30年以上は栢野金之家に伝わっていることになる。

母も他界したあと、大半の家具類は処分し、この額も「こんなもの・・・」と捨てようと思ったが、なぜか処分できず、15年間も私の寝室に掲げている。

「天の摂理」

人に感謝 物に感謝 すべてに感謝 

この世に起こることは全て正しい。

それが天の摂理なのだ。

-ルサンチマン

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.