第八章 堕ちた

投稿日:2008/10/28 更新日:

初めての独立起業。しかし・・・

わずか半年で廃業

こうして32歳の2月22日、異業種交流会で知り合った行政書士に頼み、資本金150万円の(株)アントロポス・データ・ジャパンという法人を設立。新宿御苑の家賃15万円ワンルームマンションに自宅事務所を構えた。貯金は約300万円。

アントロポスとはギリシャ語の「人間」で、当時創刊された日経の自己実現雑誌「月刊アントロポス」と、憧れていた日野浩三さんの会社「オゥトゥジャパン」から拝借した。

昼間はフトンを三つ折りにしてカバーを掛けたソファーにし、机やイスは中古や知り合いの不要品。パソコンは初めて購入し、ワープロも見よう見まねではじめた。

この時点で顧客企業はゼロ。転職相談・登録者もゼロ。今、考えると、無謀意外の何ものでもない。失敗する可能性は限りなく高かった。

(事実、私の場合はすぐに失敗したが、あの無謀さがなければ、いまだに独立できてなかったかも知れない。事前に失敗の可能性が高いとわかっていると、行動できないことが多い。逆に、世間知らずだからの挑戦も多いと思う。挑戦→行動→失敗→改善→行動の繰り返しこそが貴重な経験となる。素人や未熟さ、無知、若さゆえの挑戦は素晴らしい)

開業後、知り合いへハガキを出した。形は開業案内だが、転職に悩む人を助けたいとの趣旨を文章で綴ったところ、期待以上の反応で転職相談者が立て続けに来た。彼らの多くは20代後半から30代前半で、そのほとんどはどこかの異業種交流会で知り合った人。

考えてみれば、今の会社に満足している人や必死にしがみつこうとしている人は、異業種交流会なんかには出ない。そんな暇はないし、良くも悪くも全勢力を会社にそそぎ込む。自分もヤマハ発動機~CSLまではそう。会社以外に目を向ける精神的余裕はなかった。

ミッドで会社に失望し、前向きに悩みはじめ、時間もあったので異業種交流会へ参加しだした。勤めていた会社のことは考えず、自分のことだけを考えた。

もちろん、違う理由で異業種交流会へ出る人も沢山いる。今の会社は辞める気はなく、自己研鑽の勉強をしたい人、純粋に社外人脈を広げたい人、仕事のパートナー、お客を捜す人、参加理由は様々だと思う。

それはさておき、相談者の話を聞くと、大半の人は自分の希望する業界とか職種は決めていない。つまり、自分と同じように、自分の適職とか天職がわからないのだ。まあ、だからこそ、こういう場に来るのだ。わかっている人はすでにその職場に収まっているだろうし、ダイレクトに企業へ就職活動をするだろう。わからない人だけが相談に来るのだ。

大半は雑談、相談で終わったが、そのころ、希望会社が特に決まっていない人によく紹介したのが、池袋に本社があったテレマーケティング会社「ベルシステム24」。転送電話装置メーカーでベンチャーの雄「チェスコム」の子会社だったが、チェスコムの経営危機でCSKグループ入りしていた。

私が転職してもいいなあと思う会社の1社で、かつ、ここの人事担当者は30代半ばの人妻だったが、なかなか私好みで色っぽかった。ここには半年で4名が入社し、「人材コンサルティング料」として1人あたり40万円ほどもらった。

他に紹介した会社に、異業種交流会で知り合った絵画の販売FC本部「アートレンタシステム」があった。社長からは「君は僕にいろいろよくしてくれると思っていたが、人材紹介で金をくれということか・・」とコチラの魂胆を見透かされて恥ずかしかったが、30万円くらいの紹介料を振り込んでくれた。「ぱど」の倉橋社長も、君は頑張っているからと、半ば無理矢理紹介した人を採用していただき、それなりの紹介料を頂いた。

出だしは順調に思えたが、売る商品=求職相談者はすぐに枯渇した。なんとか売れる転職相談者を集めねばならないが、広告を出す金はない。求職者、失業者、転職希望者はどこにいる?本屋で求人誌を読んでいる人に声をかけようとしたが、どう見ても怪しまれる。 そうだ、職安だ。失業した求職者は、失業手当や職探しで職安・ハローワークに行く。そこで飯田橋のハローワークに行き、失業手当の説明会に潜入。参加者を見渡し、20代後半で売れそうな風貌の若者に雑談のふりをして声をかけた。まさに人買い同然。

職安の周辺では求職者に声をかけている人がいるが、あれは保険会社やネットワークビジネスのリクルーターだ。歩合で使い捨ての人員集めで、職がない不安を抱えた失業者にすり寄るハイエナだが、いつのまにか俺も同類になっていた。

雑談した若者は最初から私を信用し、何度か転職相談に乗った。彼は気胸の持病持ちでたまに発作を起こしていたが、当時、伸び盛りで業界2位の大手パソコンソフト商社「ソフトウエアジャパン」へ紹介。目出度く入社し、良い会社だったので双方とも大喜びした(しかし、その5年後に「ソフトウエアジャパン」は倒産。申し訳ない気持がした)。

また、いわゆるスカウト活動も1回だけやった。これは古巣のリクルート人材センターの営業マン・六郷から依頼された。既取引会社からスカウトを依頼されたが、リクルート人材センターは登録者を斡旋するのみでスカウトは出来ない。そこで私に声がかかったのだ。依頼先はアメリカ半導体検査装置メーカーの日本法人。その社長からある技術セミナーの参加者名簿を渡され、この参加者なら誰でもいいと言われた。

私はスカウト活動などやったことはない。いったいどうやればいいのだろう。勤務先の出入口で待ち伏せするか。テレビドラマの刑事のように。でも怪しいな。うーん、まあ、要は本人に会って話すこと。まずは単純に会えばいいのだと、セミナー参加者リストの上から、各所属会社に友人を装って電話した。かなりドキドキしながら。

「かやのと申しますが、開発一課の山下さんお願いします」
「どちらの栢野さまですか?」
「友人です」
「わかりました」
「はい、山下です」
「あ、どうもすみません。わたくし、栢野と申します。実は、私は人材スカウトです。ある会社が山下さんに興味を持っています。一度、お時間を頂けませんでしょうか?」

人材スカウト=何やら陰の世界で暗躍するスパイのような後ろめたさがあり、嫌がられたり怒鳴られたりするのではと心配しながらエイヤで3人ほど電話したが、意外にどの人も好意的だった。

結果的には「今は転職は考えていません」と拒否されたが、スカウトの声がかかるということは、自分が認められているということ。言ってみれば、既婚者の男性が、妻以外の女性からあなたに興味があります。好きですと言われるようなものだから、悪い気はしないのだと気づいた。

そして5人目、シーメンスというドイツ系の会社に勤めるエンジニアAさんが気軽に会ってくれた。たまたま職場に不満があり、スカウトを依頼してきた米系企業との条件も双方一致。接触から半年後、スカウトに成功した。報酬は約50万円だった。

これで俺もスカウターになったと満足感はあったが、徒労感もあった。初めてのスカウト活動だったが、おそらく今回は相当順調に行った方だろう。それでも半年かかった。たった一人のスカウト活動だったが、気疲れした。

スカウトがうまく行くか不安もあったが、それ以上に、今回の転職がAさんにとってプラスになるのか。一人の人生を変えることになるが、もしダメだったら申し訳ない。そんなことでは仕事にならないぞと自分を叱咤激励したが、二人目のスカウト活動に入ることはなかった。

こうして独立半年で7人の人材紹介やスカウトが成立。売上は350万円となった。しかし、食って行くには足りず、資金は100万円を切るまでに減っていき、同時に、急速に人材紹介やスカウト活動にやる気が失せていった。

表向きはボランティア的な転職相談を装いながら、実際はその人を売るという良心の呵責。でも、それは言い訳だろう。どんな仕事にも、そういう後ろめたい部分はある。営利を追求する民間企業なら当たり前だ。ボランティアではないし、ボランティアは結局続かない。そのためには、転職希望者が満足する紹介先企業をもっと開拓せなば。

しかし、どうもやる気が出ない。こうして迷いが深くなり、貯金も100万円を切り、創業した年の秋には自宅事務所移転を決断。わずか半年で15万円のマンション事務所から四谷4丁目の木造風呂なしアパートへ転落した。

★明日のために・お返しと撤退はお早めに。仕返しも。

木造風呂無しアパートの悲哀

ボロボロアパートの6畳一間は家賃6万円。床や階段がギシギシ音を立てる。階下には正体不明のパキスタン人、隣は50歳位の姉さん女房と20代後半でいかにもヤクザ水商売系旦那の奇妙な夫婦。新宿駅まで歩いても20分強という大都会のど真ん中だが、この四谷4丁目の路地には貧困の悲哀が漂う。

ああ、俺も堕ちた。またも堕ちた。

車は前の新宿御苑の事務所に来たとき、駐車料がバカ高く、ホンダのシビックは売却。交通手段はヤマハのオフロードバイク・セローに変更していた。学生時代以来、約10年ぶりに銭湯通いをすることになった。33歳にもなって・・・。

学生時代の貧乏は全然苦ではなかった。俺には輝ける未来、大企業で華やかにエリートサラリーマンとして活躍する。そんな将来が確約されていると思っていた。それがこのざまだ。金が無く、アパートの流しで体を洗った時は、情けなくて涙が出た。
堕ちた、墜ちた、落ちた。本当に俺は堕ちた。

ヤマハ発動機、リクルート人材センター、コンピューターシステムリース、ミッドと就職転職に失敗し、5社目の独立も半年で実質廃業状態。かといってどうすればいいのかわからない。まさに闇夜のトンネルを一人彷徨うばかり。

自宅にいると気が滅入るので、とりあえず外に出る。しかし、金のかかる場所には行けない。となると、行くところは公園か図書館のような場所。するとそこには、仕事や人生の行き場のない浮浪者や失業者が溜まっている。

その何割かは服装や顔や頭が汚れていて、明らかに夜は新宿の公園あたりで寝泊まりいているホームレスだ。昼間に金も職もないヤツが落ち着ける場所は・・・・考えることは同じなのだ。いや、俺はまだ住む家はあるが、実質的には彼らと同じ。表向きは株式会社の代表取締役だが、その実態は貧乏で先の見えない失業者だ。

図書館では過去の新聞や本を乱読し、何か自分を奮い立たせるきっかけを探した。ビジネスのアイデアは?心を元気にする方法は?こんな人生を打破するヒントは?俺を救ってくれる文章を探しながら、日々が暮れていくのを待っていた。

金はじりじり無くなっていく。ある日、新宿三越の地下食品売場を通り過ぎようとすると、あちこちのブースから試食を勧められた。そうだ、これで晩飯代が浮くかもなと、おかず、焼き飯、サラダと3つの売場で試食をして腹に流し込んだ。

翌日も三越に行こうと思ったが、またあの人が来たと思われるのが恥ずかしく、その日は小田急百貨店、3日目は伊勢丹の試食コーナーでお世話になった。

しかし、これはまさに乞食同然。お腹の飢餓感は満たされても、逆に心の飢餓感は益々高まる。新宿高層街の地下には、浮浪者が列をなして段ボールで創った家に住んでいたが、とても他人事とは思えない。見ているとふっと吸い込まれそうで、足早に立ち去った。

-ルサンチマン

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.