最新エントリー

豪州で活躍する日本人サッカー選手・栢野敬之

親バカ失礼。表紙に日本人!長男の栢野敬之です。豪州オーストラリアのサッカー開幕!たぶんディビジョンの低いチームですがw。でも「夢はサッカー選手」叶えたね。あっぱれ!平均引退26なんで次へ!光通信ワタミ等の良いブラックへ転職! ■Wiki FFAカップ(英語: FFA Cup)はオーストラリアで開催されているサッカーの国内カップ戦である。大会名はオーストラリアサッカー連盟(略称:FFA)にちなんで名付けられており、FFAが組織、運営を行っている。大会には国内のトップディヴィジョンリーグであるAリーグ所属のク ...

夢を見る書く人生計画や経営計画のパワー

夢を見る・人生計画・経営計画を書く宣言する意義。ちなみに大企業上場企業は100%やっている。悔しいが。特に上場企業は毎日がバッシングされるのでとてつもないパワーが。

すごい客層戦略。田舎のシニア向け10万部

すごい客層戦略。ジャパネットも地方の痴呆、オレも地方の社長向け。ダサい客層は大手エリートしないから。オレはこんな客層に書きたくない。が「スマホがあればアジア美少女といつでも繋がれる」?オレじゃん!よし連載売り込もう!時代はアナログ! ■出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。 「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」「50歳からのオモシ ...

エロな店より健全な店が儲かる理由

なるほど!怪しい男向けエステはエロでなく健全な店の方が儲かる!私は意外にこういう店一度も行ったことないので逆だと思ってた。 ■繁華街で「お兄さん、マッサージいかがですか」とカタコトの日本語で、中国系の女性に声をかけられた経験のある人は多いだろう。路上での客引き行為の取り締まりが厳しくなった昨今は、キャッチ女性の数こそだいぶ減ったが、彼女たちの職場「中国エステ」は80年代後半からどんどん増え続け、いまや全国津々浦々にまで広がっている。DOL特集「地下経済の深淵」第10回は、そんな「中国エステ」店の知られざる ...

外食、瀬戸際の闘い「ロイヤル」

ロイヤルホールディングスは双日と組んで経営立て直しを狙う。「存亡のリスクを考えた」。ロイヤルホールディングスは2月15日、双日などから約240億円の金融支援を受けると発表した。新型コロナウイルスで傷んだ財務の立て直しを図るほか、双日の海外ネットワークを使い将来東南アジアなどでの出店拡大を計画する。 コロナ対応で長引く時短営業に、自宅で食事を済ます巣ごもりシフト――。外食を取り巻く環境がこの1年で一変し、ロイヤルの経営も大打撃を受けた。今回の支援で当面の資金繰りのメドがついただけに、記者会見の席上、ロイヤル ...

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

お客様の声

あの人が目覚めたキッカケ

◆硬派スピリチャル講演家・石田久二さんのブログより◆

さて、今日はお昼からセミナーに出かけました。昼はマクドで取ってその場で30分ほど執筆。かなり乗ってきました。セミナーは行政書士・士業コンサルの横須賀てるひささん。結論から言うと、今日もすごくよかった。一回のセミナーで「やること」を一つでも見つけたら、それだけで完全に元取りますが、今日は3つくらい見つけました。先日の谷さんのセミナーと言い、最近は当たりが多いです。明確な目的意識があるので、それだけ必要な情報を引き寄せるのでしょう。

横須賀さんの話で面白かったのが、まずブレイクのきっかけについて。大学卒業して就職したのだけど、社長と合わずに一ヶ月でリストラ。行政書士資格は大学のときにとっており、リストラされた会社の命令で自腹で登録したばっかでもある。どっかに再就職してもいいけど、とりあえず開業したんだそうです。だけど、まともに仕事もなく食えない状態。もう腐り果ててるとき、知人から栢野克己さんのセミナーに誘われ、なんとなく藁をもつかむ気持ちで導かれるように東京から大阪まで参加したのだと。セミナー代金よりも交通費の方が高い。だけど、それなんです。その行動力。もっとも、ご本人はそれほど行動力があったわけじゃなかったそうですが、おそらく何か感じたんでしょうね。

その当時、横須賀さんは自分を世界一不幸な男だと思ってたそうな。23歳で行聖書士の資格も持ってそりゃないだろう、、、とはたから見たら思うのだけど、彼は不幸であることに酔ってる部分もあり、だけどそれじゃいけないこともわかる。そこで栢野さん。こんな不幸な人が存在してたんだ、、、と衝撃を受け、じゃあ、自分はこの人ほどやったのかと自問。何もやってない。その数日後、栢野さんが東京接近戦を呼びかけたとき、朝6時に歌舞伎町のマクドナルドで対面することに。そこでまた貴重な意見を聞き、さらに開眼して、とにかくできることをするしかないと、コツコツ、コツコツやって意外と早く開花。26歳くらいで出版もし、当時はまだ本が売れる時代とは言え、20,500冊も刷ったのは大したもの。それからも本業の行政書士に加えて、士業向けコンサルも開始して、著書も14~5冊書いて、この道では完全な第一人者に。

やっぱ思ったのが、コツコツって大切だってこと。そう言えば今日、注文してた「風俗行ったら人生変わったwww」が届いたんだけど、改めて読んで、あのセリフがしびれますわ。

「とにかく人生でもなんでも1%づつでいいんですわ。それをどれだけ続けられるかですわ」

もうね、これに尽きると思うのです。では、具体的に「士業(弁護士・行政書士・司法書士・税理士・会計士・社労士など)」の人たちがどうやれば仕事を取れるのか、年収1000万円以上稼げるようになるのか。そのために「何」をすればいいのか。それは今日のセミナーでも30ページ以上にわたる資料で公開されましたが、これは私の立場から見ても垂涎の情報ですね。微に入り細に入り、やんなきゃならないことがたくさん出てきました。

そしてもう一つ。横須賀さんが変わったきっかけは栢野さんとの出会いがそうなんだけど、とにかく「メンタル」の面で大きな変化があったとか。結論。やっぱりメンタルなんですよね。実際、横須賀さんは数多くの士業の方、特に開業前とか直後の人たちと会うことが多いそうなんですが、もう、会ってちょっとしゃべっただけで成功するかどうかわかりそうなものだと。どこでわかるのか。それはやっぱりメンタル。成功しそうな人は、知識や経験がどうであれ、なんとなく根拠もない自信のようなものがある。だけど、逆にどんなに知識や実績があったとしても、成功しそうににない人は成功しない。場合によっては「会社辞めるの、もう少し待った方がいいんじゃないですか?」とアドバイスしたくなることもあるとか。ただ、栢野さんいわく、横須賀さん自身が最初は「成功しそうもない人」だったそうで、ここまで大成功したことにビックリだとか。世の中どうなるかわかりません。

だけど、まあ、大かたはわかりそうなもの。どう考えても成功しそうもない人は、別にプロの目じゃなくとも分かりますもんね。その点で言えば私はどうだったのか。もっとも、今の時点で「成功」かどうかは分かりませんが、少なくともその途上にある自負はあります。まだまだいけます。まだまだやることあるし、それやったら大きく飛躍することもイメージできてる。何より、本当にゼロの状態から、とりあえず食える状態にはなっている。2005年に会社を辞めた時点で、、、周囲から私はどう思われていたか。きちんと聞いたわけじゃないですが、100名ほどいたブログ読者さんのわずかに交流のあった人からすれば、私はどう見ても「成功」する雰囲気だったそうです。だけど、身近な人からは「どうかな?」って感じ。ま、会社辞めてもどっか就職するくらいには思っていたとか。じゃあ、肝心の私はどうかと言うと、確かにミクロレベルでは不安ばかり。だけど、大きな視点から見ると、やっぱり「なんとかなる」とか「絶対大丈夫」って信念があったんですよね。強がりでもなんでもなく。そしてその都度その都度でピンチはやってくるんだけど、先日、銀行の明細をお見せしたように、いつもギリギリで助かっている。そんなことの連続で7年間。普通は3年で半分、5年でその半分とか、正確な割合は忘れましたが、独立いて残る割合って決して高くない。そんな中、曲がりなりにも7年間生き残ってきたのは、奇跡と言えば奇跡だけど、振り返ってみると必然だった気もするのです。そんで、これからもどんどん進化する根拠なき自信がある。

世の中、運のいい人、悪い人っていますよね。その点で言うと、私は間違いなく「運のいい人」です。こんな幸運な奴ってなかなかいないだろうな?って思うほど。これがまさにメンタル。何があってもなくても、メンタルさえあれば結果は付いてくる。

だけど、実際にはそのメンタルが一番難しい。セミナーに参加して教わったことをするのか簡単。例えば士業の人で、ホームページに営業時間を書くだけでも反応が違うと聞きました。困ってる人は朝7時とか、夜中10時とかにも電話したい。だけど営業時間が書かれてなかったら電話しにくい。そこで、、、「営業時間:朝6時?夜22時」って書くだけで、「6時?9時・18時?22時」に電話したいクライアントはゲットできる。私も近いうち「7時?22時」って書こうと思います。で、それも一つの知識なんだけど、それやってもメンタルなかったら不発。そんな小手先の技はいくらでもあるのだけど、メンタルがなかったらすべては効果激減。

じゃあ、そうすればメンタル鍛えられるのか。少なくとも栢野さんは横須賀さんにそのきっかけを与えた。ものすごい仕事じゃないですか。そして私自身もそうありたいと思っており、いあ、そうあるべき、そうするしかない、そうできるって確信がある。このブログを通してもそうだし、セミナーなどでは悩めるビジネスマンを救うことだってできるんじゃないか。そんなミッションを改めて確認できた次第。それもまた、私にとってメンタル強化の大きなきっかけとなり、その点でも今日のセミナーは大正解でした。

なんか私もここ数日の動きで見えてきた。ますます見えてきた。やっぱり、大丈夫。読者さんがそんな気持ちになれるブログをこれからも書くぞ?!!!ってテンションです。ちなみに懇親会のとき、なんか知らんけど社労士さんからからまれて、その後もフェイスブック上で喧嘩したっておまけがつくんですが、いや?、私もまだまだ人間力が足りない。言ったそばからすぐ喧嘩。殴り合いはないけど。横須賀さんとか絶対喧嘩しないんだろうな~とか思いながら、その師匠格である栢野さんは喧嘩しまくり(YouTube動画)やんけ(笑)。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-お客様の声

© 2021 人生は逆転できる!