最新エントリー

疑惑の作家「吉江勝」課長のルールの未払いについて。明日香出版

■吉江勝のひどい話① ってか犯罪横領だ吉江勝。この本は新潟のN社労士がゴーストで書いたんですが、10年後の今も偽著者?吉江勝は執筆料未払い。私はこういう悪徳大嫌いなんでボランティア征伐。以下Nさん ■当時執筆した原稿(ワード)と吉江とのメールでのやりとりがまだ全部取ってありましたわ。吉江勝スーパービジネスマン会員メルマガで「明日香出版から、ルールシリーズで『課長のルール』という本を書かないかと打診が来てますが、どなたか会員さんの中で書いてみようという方はいませんか」というメールでの執筆募集に、応募してみま ...

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

インタークロス通信

第133回 出逢いは人生を変える!/編集好奇 '04年05/27

2004/5/27

■先週1週間、ほぼ東京に行ってました。5/19は著書「社会人として大切なことは全部ディズニーランドで学んだ」が大ヒットした香取感動マネジメント社長のセミナーへ参加。実は接客マニュアルのないディズニーランドの極意は参考になりました。 会場で、34歳で公務員を辞めて人事・経理・営業・スーパーバイザー・介護コムスンの支店長を経て2年前に退職金年金コンサルで高島礼子に似ているバツイチ社労士で本も出して順調な「ミタクル」三田正子さんや、ベンチャーリンク辞めて起業したばかりだが主催セミナーは100人集める「起業サポーターズ倶楽部」増澤代表、人事教育コンサル・セミナー主催「ヒューマンスキルプラネット」篭池代表などとも有益な情報交換。

■夜はコンサルタントのネット上紹介会社「コンサルジェント」主宰の会合。思ったよりも相当強者コンサル約15人が参集。パルコで美容室部門を永年経験して美容室専門コンサルとか、医院向け営業・病院事務長経て医院専門コンサルの行政書士など、それまでの人生を活かした人が沢山。会合主宰の樋笠代表はリクルートで広告制作・中堅コンサルのソーケンマネジメント経て起業。コンサルは皆、営業が下手で、かつ、お客からもわかりにくい・・ニーズを結びつけたニュービジネス。既に税理士の仲介会社もあるが、こういう特化した人材紹介はもっと増えるか?

■5/20は栃木県宇都宮青年会議所、5/21は銀座で「独立開業成功セミナー」、5/22は墨田区両国で「資格屋・コンサル成功セミナー」、 5/23は芝公園で「人生逆転セミナー」で講師をさせていただきました。まあ、いつものことで私自身は大した成功をしていないので、他人の成功事例を沢山話してきました。 私がいつも楽しみにしているのは、セミナーが終わった後の相談会・懇親会。ここでなるほど!と思うような、私よりもはるかにスゴイ起業家や自営業に会うんですね。なんでこんな人が参加しているの?ですが、まあ、自分がやっていることが間違っていないかの確認、復習に来てるんです。

■宇都宮で思わず唸ったのは「アプラック実践スクール」という小中学生向けに学習塾をやっている野寺さん。学生時代に塾でバイトや家庭教師をやり、そのまま起業した24歳です。本格的に始めたのはこの1月からですが、既に生徒は18人で月収100万円突破。特徴は「1対1の個別指導」。大手の大量授業に対し、丁寧な?「個別指導塾」が伸びていますが、そういう塾も実態は一人の講師が3?7人を巡回する集団指導で手抜き・・と親が気づき始め、効率は悪いが、集団はイヤというニッチな子供・保護者のニーズに合致しましたね。 まあ、単に客層戦略が当たった・・のではなく、今日のゲスト・ランチェスター竹田先生の「テープを100回は聞いた」勉強家。エリアは栃木県芳賀郡二宮町という弱者必勝の田舎でライバルもいないに等しい。チラシもイメージ広告ではなく文章中心で手紙説明風で中身勝負でマメにポスティング 他にも一見よくあるレストランだが、待っていてはダメだと外へ出て、葬儀屋なんかの法事料理を営業でガンガン取って毎年2ケタ成長の「ロイアル」樋口社長・・営業戦略で成功。酒の卸だが競争激しく差別化できないビールは捨てて日本酒とワインに特化した業務用酒類卸し「淀川」・・商品戦略の成功。

■5/21・22の東京セミナーでは秘境系に特化した海外旅行代理店「地球探検隊」、営業下手なコーチング専門紹介会社「ジャストレード」、婦人服セールス経て起業6年・相談25000件で実行2500件・悪徳商法クーリングオフに特化してネットを駆使「吉田行政書士」・・・など。

■こうして、広く浅くですが、様々な人の成功要因が多少は読めるようになったのは、勿論、今日のゲストのランチェスター経営(株)竹田陽一先生から、中小企業分野で日本一と言われる「弱者必勝のランチェスター戦略:竹田ビジネスモデル」を学んだお陰です。

 最初の「出逢い」は、私が東京で'91年に「無料職業相談業・人材紹介業」で起業したものの半年で廃業し、仕方なくバイトで入ったビジネス社という出版社の倉庫で竹田先生の本を見かけ、'92年に福岡へUターンしてから初めて参加したセミナーも講師が竹田先生でした。ああ、あの本の人だと。 その後、ベンチャー大学のゲストに来ていただきましたが、当時はリーマンでしたので疎遠に・・。そして'95年に2度目の独立を考えるようになり、友人のダスキン伊藤君から「お前にちょうどいいのでは?」と誘われたのが、またも竹田先生のセミナーでした。

 最初は5000円のテープを買い、次に30万円のスモールビジネスサクセスコース、その後は稲田・中村・伊佐コンサルの社長塾・独立起業塾へ参加し、教材も全部で約200万円分を買いましたが、まあ、軽くその30倍のリターンはありましたね。 一般のリーマンや事務職には関係ないですが、営業マンや独立起業・中小企業で「本気で成功を目指す人」には、弱者必勝の竹田ランチェスターは必須。本も累計で50万部を突破。ビジネス系ローカル在住では日本一!そんな偉人が福岡在住とはラッキーですネ。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-インタークロス通信

© 2021 人生は逆転できる!