リカちゃん ダッコちゃんのタカラ創業者人生が面白い!

投稿日:

ふとWiki検索。29歳で起業。最初の自社商品ダッコちゃんの秘話がおもしろい!

佐藤ビニール工業所を創業し、のちにタカラに改組し、一代で日本屈指の玩具メーカーにまで成長させた。タカラの社長として「ダッコちゃん」、「リカちゃん人形」、「人生ゲーム」、「チョロQ」、「トランスフォーマー」などのヒット商品を次々と開発したことから、「おもちゃの王様」と呼ばれた[1][2]。現在は山形大学工学部福島工業高等専門学校にて、客員教授として教鞭を執っている。また、日本玩具文化財団では、名誉理事長に就任している[3]

1924年3月20日、現在の福島県いわき市三和町に生まれる[2]太平洋戦争中は福島県郡山市学徒動員されていたが、その際にアメリカ合衆国による空爆を受け、周りには死傷者が多数出たにもかかわらず一人だけ無傷で生存した[1]1945年米沢工業専門学校化学工業科(のちの山形大学工学部)を卒業した[2]

タカラ編集

太平洋戦争後は上京し、懸命に働いた。1953年東京都葛飾区にて佐藤ビニール工業所を設立した[2]。当初は有限会社であったが、その後、1959年株式会社化している[4]。発足当時は、ビニール製の雨合羽雑貨など、ビニール製品の製造を主要な事業としていた[5]

その後、空気入りビニールの素材開発に取り組み、その一環としてビニール人形を試作し百貨店の店頭に展示していた[6]。ところが、それに目を留めた百貨店の店員が、自分の腕にそれを付けて昼食をとりに外出したことをきっかけに、その人形がブームとなった[6]。さらに、大相撲七月場所のテレビ中継にて、その人形を持った観客が映ったことから、流行が全国に拡大した[6]。その人形は「ダッコちゃん」との愛称が定着し、佐藤ビニール工業所には注文が殺到した。そのため、同社の業績は大きく成長した。また、人気に着目した暴力団員が、現金を直接持参し、自分たちにダッコちゃんを卸せと要求することもあった[6]。佐藤は「ダッコちゃんを待っている人がたくさんいる」[6]と述べてこの申し出を拒絶したため、暴力団員との間でもめることになり、最終的には警察官らが工場を警備する事態にまで発展した[6]

その後、佐藤ビニール工業所は、社名を「宝ビニール工業所」から「タカラビニール工業所」を経て「タカラ」に変更し[4]、本格的に玩具業界に進出することになった。「リカちゃん人形」、「チョロQ」、「フラワーロック」といった自社開発商品は、大きなヒット商品となった[2]。また、「人生ゲーム」や「トランスフォーマー」など、日本国外の企業と提携したボードゲームや玩具も大きなヒット商品となった[2]1994年、安太はタカラの社長を退任して会長に退き、後任の社長には長男佐藤博久が就任した[4]。しかし、1999年に博久が社長を退任したため、安太が会長と社長を兼任した[4]。翌年、安太はタカラの社長を再び退き、後任の社長には二男佐藤慶太が就任した[4]

タカラ退任後編集

2002年、タカラの経営の一線を退き、「ライフマネジメントセンター」を設立するとその理事長に就任した[2]。また、2007年には山形大学の大学院に進学し、理工学研究科のものづくり技術経営学専攻にて学んだ[1][2]。なお、山形大学の学生・院生としては、佐藤が史上最高齢である[7]2010年博士課程を修了し、山形大学から「博士(工学)」の学位を授与された[1][2]。現在は、山形大学工学部客員教授として「未来設計と成功エンジニアリング」を講じたり[1]、福島工業高等専門学校客員教授として「マトリックス思考法」を講じたり[2]、後進の育成に力を注いでいる。

また、実写映画『トランスフォーマー/リベンジ』のワールドプレミアに出席し、「25年前に作ったロボットが、まさかこんな映画になるなんて。本当に感激です!」[8]と語るとともに、監督マイケル・ベイに謝辞を述べたうえでモニュメントを贈呈した[9]

2019年2月26日、老衰のため死去(享年94)

■タカラの「ベイブレード」のヒットとポケモンの不振が重なった2001年度にタカラに2位を取り返され、再度3位に転落した。しかし、そのベイブレードの失敗でタカラは経営不振に陥り、トミーを存続会社として合併『タカラトミー』となった。

■この2005年合併前のタカラは売上450億に対して純利益はマイナス200億。死に体だったがトミーと合併で生き延びたんですね。創業家は早い時期に引退。息子の元社長も自分の会社は再起中の様子。人生だなぁ。

 

-ニュース

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感☆ , 2019 AllRights Reserved.