最新エントリー

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 著書への感想 お客様の声

ランチェスター経営など知らない言葉

これが私の生きる道。小さな会社やお店には、難しい経営理論や用語じゃ伝わらない。英語使わず事例で ■「読み始めはランチェスター経営など知らない言葉が出てきて、読めるのか少し不安になりましたが、読み進んでいくと具体的な事例が多く、とてもわかりやすい良い本だと思いました。本日は会場に伺えませんでしたが、ご縁がありましたらお会いしてお話ししてみたいものです。有限会社椎名畜産・椎名大悟」 ■私たちの仕事には豚を屠畜(とちく)するという工程があります。大切ないのちの恵に感謝する心を忘れずに、従業員ひとりひとりが「食 ...

著書への感想 お客様の声

事業失敗かつ逮捕された読者の手紙

「私は逮捕され、この手紙や留置場より書いております。会社は廃業。友人も知人もお客も、全てを失いました。また裸一貫ゼロからというか、マイナスからのスタートです。せっかく這い上がったと思ったのですが、一瞬で谷底へ転げ落ちました。今回、留置場で差し入れてもらった本の中に栢野さんの「弱者の戦略」がありました。それを読んで勇気を貰いました。「あきらめるな!また逆転できるぞ!」そう言われたような気がしました。ありがとうございます。どん底に落ちて、栢野さんの本の素晴らしさを再認識しました。栢野さんの這い上がる姿に、 ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ブログ

Amazon「ほしい本」ランキング1位

あざっす!Amazon中小系ほしい本で1位! 「ほしい本ランキング」https://is.gd/s4Evrv ■渡邉義道 2020年6月23日 Amazonで購入 デールカーネギーさんの本がとても好きです。偉人の事例だけではなく、ごくごく普通の人物の事例も数多く出して一つの教えが様々な形で世の中で応用されているという気づきを与えてくれるから。栢野さんの本も、カーネギーさんのそれと共通するものを感じます。著名な経営者の話はためになります。とはいえ、偉人と呼ばれる経営者の生き方や経営手法を記した書籍は凡人には ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ニュース

麻薬ビジネス軍団が来たw

大麻=ヘンプの合法的ビジネス情報誌を発行するヘンプトゥデイジャパンのCEO他幹部が東京から個別相談に。知らなかったが化粧品やサプリ、伊勢丹では大麻の麻布地の服も販売?実店舗を出す計画だが東京は高くて福岡は?と視察中。天神大名今泉薬院平尾渡辺通り歩いたが「どこも最高!今から糸島の視察へ」。私は10年前に禁煙快適で健食サプリとかに頼らず自前主義。が、日本で大麻ビジネスは穴場かも。大麻と聞いた瞬間ギクッとしたし、9割以上の日本人は拒否だろう。海外で大麻はまぁまぁ普通で「日本で合法的大麻製品とはいえ、商売やる大手 ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 メディア掲載

ベストセラーランキングで渋沢栄一とドラッカーに囲まれた

渋沢栄一とドラッカーに挟まれ光栄ですw。Amazonビジネス書「週間」ランキング6/14-20。文芸等全体では700-2000位ぐらい。中小企業経営や店舗カテゴリでは1-3位。これを毎日毎週毎月毎年で最低3万部目指す。本の詳細とレビューは以下 ■ベストセラー1位 アマゾン https://amzn.to/2zk4JZ7 ■6/29滋賀の朝会BNIでZOOM講師 ■7/3千葉 13-15時社内研修 ■7/3木更津 夜セミナー ■7/4東京 品川で企業研修 ■7月長野 飯田商工会議所 ■8/1岡山 主催は損益 ...

ルサンチマン 私の履歴書

「忘備録」2001年~昔の日記を転載

仕事のヒント 私の夢。それは皆が喜ぶこと。 私ができることで皆が喜ぶ事は・・ さあ、遠慮せずいろいろホラを吹こう!!!! 九州アドベンチャー大学・異業種交流で皆が勉強・人脈・友人知人・仕事・・・・ 広告集客・求人集客・売れるコピー 他に、私にできることは何か・・・。 常に明るく元気で、プラス発想+感謝の人間になる。 九州アドベンチャー大学の日刊化。毎日セミナー+交流会を開催。毎回30名×2000円=6万円×5日×4週=120万円。会場は・・・どこかただか格安の場所を。まずは月1回を月2回、月4回、月10回 ...

ニュース 成功事例

「元祖長浜屋」秘話③ by猪股るー

■私らが初めて博多に着いた時に食べたのはちゃんぽんだし、他ははうどん屋ばかり。ラーメンもあったのかもしれんけど、見たことがなかった。私たちが始めたのは、もちろん李さんが教えてくれた台湾のラーメン。場所は博多駅前。何せ人がいっぱいいて、福岡で1番賑やかな場所だからね。季節は冬。台湾式の温かい豚骨スープはきっと喜ばれるやろうって、2人で一生懸命準備した。1952年冬。さぁ、いよいよ後の〇〇〇につながるラーメン屋台が開店することになった。雪がチラチラ降って、暖簾がひらひら揺れとる。隣の屋台には早くからお客さんが ...

ニュース 成功事例

「元祖長浜屋」秘話② by猪股るー

9割は使う?味の素無し。ホントか?2005年の自伝だから今は??個店で推定年商2億の高額納税者。栢野の友人が岩田屋百貨店でこの夫人を担当。「家から店まで冬は寒いけん、毛皮のコートちょうだい」で何千万かポンっと払った■家のラーメンのおいしさの秘密はスープにある。とにかく、変なものは一切入れんで、自然のものだけで味を出す。材料は豚の骨と皮とニンニク、調味料は洋胡椒だけ。化学調味料やら塩やらは、一粒も入れん。豚骨スープの味の決め手となる豚は、豚を食べて育った豚の肉だけを使う。豚を食べて育った豚とは、つまり残飯を ...

ニュース 成功事例

替え玉の「元祖長浜屋」創業秘話

なるほど!秘伝は凄い。また新たな創業成功秘話を発見。この本見つけるのに10年かかった■李さんとの出会い・この闇市で親父が親しくなった人がいる。台湾人の李さん。どっか風呂屋か何かで知り合ったんだろう。李さんは同じ台湾出身の奥さんと2人で生活しとったんやけど、仕事がなくて困っとった。それで、オヤジが李さんのためにバラックを1つ買って貸した。親父は商売が好きな人間だけど、友達の為だったら金は惜しくない人間。やけん、李さんに貸すバラックの値段も、あって無いような安い値段やった。当時、台湾や韓国の人を差別する人も ...

小さな会社ランチェスター式儲けの戦略 ブログ メディア掲載

20人目のレビュー「小さな会社ランチェスター式儲けの戦略」

「栢野さんの著書を色々と読ませていただいてますが、これまでにない濃ゆい内容の事例がギッシリ詰まってます。インタビューアーである栢野さんだからこそ聞き出せたであろう、起業して成功した方達の赤裸々でギリギリの内容の連続で。ビジネス書としてだけでなく痛快な短編集を読んでるような気分でした。ランチェスター戦略が何たるかを、身近な中小企業経営者を事例に説いていくので大変わかりやすく、改めて勉強になりました。次回作も楽しみです」■20人目のレビューあざっす!今日で18日連続Amazonベストセラー1位。ビジネス書中小 ...

「世界のアリババ」連載コラムから

これまで、小さな会社は商品・地域・客層で大手と
①差別化して、②小さな1位を目指して、③一点集中
することが必須とお伝えしました。そして今回は④接近戦について話をします。

これは文字通り、ライバルとの戦いや顧客への営業は遠く離れたところからではなく、相手に近づいて泥臭いことしましょうという意味です。

かつて、ベトナム戦争ではアメリカがベトナムに空爆を仕掛け、焼き払ったと思って地上に降りたら、地下に潜んでいたベトコンのゲリラ接近戦で敗退しましたね。これがまさに接近戦を駆使して弱者が強者に勝つということです。
ちなみに、私はホーチミンの郊外にあるゲリラの「クチトンネル」を見に行きましたが、こりゃ米兵は精神的にやられて撤退するわけだと感服したのを覚えています。

弱者が接近戦を仕掛けることで強者に勝てる可能性がある。これは経営についても同じことが言えます。経営における接近戦とは前述の通り、エンドユーザーに直接、泥臭く営業をかけることを指します。

例えば、ライバル大手が多額の費用をかけたTVCMでPRするなら、中小企業は泥臭い電話や訪問営業を駆使する。強者が不特定多数にネット広告を打つなら、弱者は無料のSNSで個別にメッセージを送るなどが考えられます。効率は良くないですが、とにかく相手に近づくことが肝要です。

実際に例をあげてみていきましょう。

接近戦事例10選!

【事例】ZOZOTOWN「前澤社長」

ZOZOTOWN社長が1億円のお年玉プレゼントをTwitterで募集したことで、エンドユーザーのフォロワーが500万人以上増え、リツイート数は世界記録を達成しました。

様々な媒体でニュースとして取り上げられたことを考えると、ものすごい宣伝効果だと思います。Twitterでエンドユーザーと直接繋がった接近戦ですね。私がこのニュースを知ったのはお年玉プレゼントが終わった後ですが、思わずフォロワーになりました(笑)。

【事例】楽天

楽天がまだ創業して数年の2004年頃、興味本位で楽天モールの資料請求メールをしました。すると数分後、電話が鳴って出ると楽天から「資料は後ほどお送りします。ちなみに、博多で今度無料セミナーがあるので参加しませんか?もちろん、後日個別説明にも伺います」と連絡が来たことがありました。それまでネット企業とはメールのやり取りだけでしたから、驚くと同時に接近戦の熱心さに感心しましたね。

【事例】ヤフージャパン

2001年、ソフトバンクグループのヤフーがインターネットの接続事業に新規参入しました。モデムを街頭で無料配布して、一気にシェアを取りましたね。
当時NTTの知人は「顧客増やすにはアレが手っ取り早いけど、あんなキャッチセールスみたいなやり方はNTTでは絶対にできない」と話していたことが印象的でした。業界最大手に対してまさにゲリラ戦を展開した事例です。

【事例】ソフトバンク「孫会長兼社長」

孫さんは高校生の時に日本マクドナルドの藤田社長に飛び込みで起業相談をし、大学時代はシャープ専務に電子翻訳機のアイデアを1億円で売り、パソコンソフト商社の起業時には当時日本一のハドソン創業者に仕入れの直談判をしたことでも知られています。

さらに投資ではアメリカや中国に出向いて、創業期のヤフーやアリババに出資し、最後発だった携帯電話参入時には、アップルのジョブズ自宅まで行ってiPhoneの独占契約を結ぶなど、トップ自らの接近戦がスゴいですね。

【事例】一風堂「河原社長」

ラーメン一風堂の創業者は、最初に5坪のバーを開業し、その後数年で月商500万へと大繁盛させました。
現在は年商250億の上場企業ですが、創業時のバーからいかに繁盛させたか聞くと、毎日の昼飯は得意客と食べていたということでした。

多い時は11時から14時まで個別に3人と食事し、さらに夕方にも若い客と喫茶店で雑談をしていたそうです。ピーク時はキーマン400人の顔と名前と誕生日まで暗記し、誕生日にはカクテルなどプレゼントをしていたそうです。

【事例】パソナ「南部社長」

パソナ創業者の南部さんと30年前に会った時、大物への営業では、最初に巻物のような手紙を送るという話を聞きました。
「筆の大きな文字で何メートルも思いの丈を書くんだよ!その一週間後に電話したらほぼアポ取れる」と話していました。
同じ筆書きの巻物手紙は、先物会社と野村證券の営業マンからももらったことがあります。ちなみに後日営業マンを呼んで話を聞いてみると、野村社内ではこれが伝統ワザになっているらしいです。

【事例】福一不動産「古川社長」

前回紹介した中洲の福一不動産の場合、店舗物件を求めて来店したお客さんには、3日以内に必ずフォロー営業をすると言います。
その営業手法は来店お礼のハガキ、FAX、電話、メール、訪問などです。そのうち、接触パワーの大きな訪問面会は1ポイント、他は0.5ポイントに換算し、3日以内に5ポイントになるまでフォローをするそう。
「以前は私も営業マンには売ってこい!だけでした。しかし、顧客との接触頻度に比例して売上が上がると気づき、行動をポイント化したらうまくいきました」と古川社長。

【事例】ふらんす菓子屋エミリー

愛知県尾張旭の小さなケーキ屋さんエミリーは、この10年で年商400万を8000万へ成長させた地元のケーキ屋さん。
普通、ケーキ屋といえば天気や祝日に大きく左右され、土日は多いが平日は少ないものですが、エミリーは雨の日も平日も、売上の約半分は1~2年先までほぼ確定で安定経営ができていると言います。
その秘密は誕生日ケーキに注力した顧客リストを1万件持っているからです。

ではどうやって顧客データを取って来たか?それは手作りケーキ教室で顧客先を獲得しているのです。
ケーキ教室は子供向けとママさん向けの二つがあり、それぞれ約3時間のワークショップですが、その間一緒にケーキを作っていると、当然仲良くなって連絡先や住所を教えてもらえるのだそうです。
そうして知った連絡先に年に数回季節のハガキを送り、接近戦フォローを行っているのだとか。10年目の現在ではケーキ教室をほぼ毎日やっていて、教室のみの売上も月100万円以上と黒字化しているそうです。

さらに顧客リスト1万件中の上位300人には、オーナーがパティシエの白い帽子と白衣を着て訪問挨拶をするというから驚きです。
年二回、手書きのお礼手紙と、ちょっとした焼き菓子や500円金券も合わせてオーナー自ら自転車で届けに行くのだとか。その戻り来店率はなんと7割!
そりゃそうですよね。私もそこまでされたら、感動して買いに行きますよ。

【事例】ランチェスター経営「竹田陽一社長」

私の師匠でランチェスター経営(株)竹田陽一は経営戦略教材の通販がメイン事業ですが、注文するとすぐ「注文ありがとうございます」FAXが手書きで送られてきます。
さらに振り込み入金すると、これも手書きの入金お礼FAXやハガキが送られてくるのです。
もちろんこれは奥さんや事務員さんがやっているわけですが、竹田陽一はこれを事務員さんによる「第2営業部」と呼び、この程度なら忙しい営業マンのサポートとして事務員さんもできると推奨しています。

お客さんから「凄いねー!」「ありがとう!」と反響があるので、書いている事務員さんの励みにもなり、お礼FAXを楽しんで書いているそうです。ちなみに、数十万円以上の大口注文だと、竹田陽一本人81歳からお礼電話やハガキが来ます(笑)。

【事例】筆者「栢野克己」

私も最近、著書の販売でネット上の接近戦にトライしました。ライバルが休む年末年始、ブログやフェイスブックやTwitterで中小零細向けに役立つであろう投稿と共に、しれっとAmazonの拙著リンクを記載して連投しました。
さらに、コメントには100%返信し、検索で見つけた書評ブログにはお礼コメントをし、Twitter内でも拙著を読んだツイートを検索で見つけてはお礼リツイートをするなど、ありとあらゆる接近戦を駆使しました。

するとTwitter内で有力ブロガーが推薦してくれたり、多くの人が「著者本人からコメントもらった!嬉しい!」と、良い意味でプチ炎上が起きました。
結果は年末から1/8まで10日間以上Amazonビジネス書「中小企業経営」や「店舗・販売」「経営戦略」カテゴリでベストセラー1~3位を記録しました。
文芸含めた推定500万冊中の総合でも900-2000位でした。1/9に在庫切れしましたが、たぶん近々8刷になると思います。

最後に

個別接近戦というのは手間暇がかかって効率は良くない。さらに面倒くさくて多くの顧客にはアプローチできません。だからこそ大手は本気でやりません。
売上も顧客数も少ない、小さな会社だからこそできることです。まずは社長自らが孫さんやZOZOやエミリーを見習って、上得意客に絞ったゲリラ接近戦をやってみてはいかがですか?

全4回に渡る連載で、小さな会社が取るべき差別化、小さな1位、一点集中、そして接近戦の4つの戦略について紹介しました。業種・業態・地理的条件、競合の状況などいろいろな要素から、自社にとっての4つの戦略とは何か、仮説を立てて実践してみてください。

さらに詳しい情報をお聞きになりたい方は「かやのかつみ」で検索下さい。ブログやYouTubeなど含めて約12万件がヒットします。また、個別に質問メールも受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

ありがとうございました!

\ スポンサーリンク /

-ニュース, ブログ, メディア掲載

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.