最新エントリー

増刷あざっす!これで16万部に。

今朝気づいた印税の振込。担当者が3月に退社して後任未定で?増刷連絡もなし。でも入金あざっす!8年間Kindle印税未入金のK出版社もw。33万円はたぶん2016年の青本新版3000部増刷だ。下のKindleはほぼ毎月なので、2002年の初版から総計で16万部ぐらいか。韓国台湾タイ翻訳も含めると。これも1998年から「本を出す」と夢シートに書いて毎年挫折して書き溜めて2002年に実現した。当初は竹田陽一ゴーストライターの依頼だったが「共著にして下さい!」FAXに1分後「アンタが書くんだから著者も印税もあなた ...

福岡で対面セミナー&懇親会※zoomも

※会場20名満員御礼→50人部屋へ→現在24人 ※交流懇親会は同じ場所でワリカン2000円前後 ※オンラインzoomもあります↓ 福岡市で久々の勉強会と懇親会。前日は北九州市の経営者団体で仕事。7/14お暇あればどうぞ!本に書けない成功失敗事例100連発も。何かのヒントになれば幸いです。 ※以下↓会場かzoomかもメッセに記入を。ちょっと変な広告が出ますがスルーをw ■申し込みリンクはコチラ ■成功事例 150手作り面倒ダサいショボい怪しい売小 149年商1億以上目指さない。粗利率と額 148ユニネク・ヤ ...

日雇い筋トレダイエット セブンイレブン向け工場

念願のセブンイレブン向け食品工場に潜入日雇い。以前行った山崎パンやマツエツスーパーと同じく、衛生管理処置が超絶厳しい。手指手洗いやトイレに行っても一定秒数以上手かざし消毒せんとドアあかない。■休憩時間にユニフォーム脱いで、マスクや靴もゆるめて歩いてると、社員や古株パートから連続で指摘叱られまくり。ここも工場ラインでは嫌味な注意指導言い方や即キレする奴が複数いました。■が、ノロや食中毒出すと、下手したら年商数百億がパーに。巨大なセブン専属?下請けメーカー凄いっす。感心感服です。たぶん手抜きな中小は見習うべき ...

久々のアナログ講演+接近戦

業界のニッチ分野で地域No. 1+目指すアナログ接近戦な勉強会でエラソー講師。静岡、埼玉、千葉、栃木、茨城等から社長や後継者が集まって一泊二日。事例100連発以外に、人生の夢や経営計画を書く簡単なワークシート入れてたら、主催の冨山塗装・冨山さんが強く反応。「イイ機会なので事前に書いてもらい、セミナー後に再度見直しワークを皆でやってみます」。3時間あっという間に終わり、居酒屋飲み会で各自の自己紹介と夢やホラを発表。某バツイチ父子家庭社長の娘さんが秋葉原のメイド喫茶で店長に!おーそりゃ凄い!一回で100万40 ...

翻訳・中国本土版が出ます

あざっす!中国本土版が出ます。韓国と台湾とKindle含むと4万部強。これで他の拙著含めベトナム語とインドネシア語に日本語で世界6カ国で出版。「アルケミスト〜夢を旅した少年」がブラジルで20万部→スペイン語や英語や日本語等世界38カ国で翻訳計1億5000万部へ。ってな夢は諦めてません。まぁ読者市場小さいビジネス書じゃ無理なので、巨大市場=大衆や女性にもウケる感動創作小説、、全く無理w

ユニクロ創業の安かろう悪かろうの頃

柳井さん肉声ユニクロ創業〜安かろう悪かろうの頃。私が初めてユニクロで買ったのは1995年頃。すぐボロになって驚いた。それを承知の上で柳井さんはやってたんだ。客も。不良品売っても稼ぐ。そういう度胸が必要な時はある?オレは騙しウソダメw ■1984年ユニクロ1号店の商品は、当時全盛だった岐阜のメーカーものが中心で低価格、これがベースで、インポート商品を目玉にしていた。どちらかと言うと品質より値段優先だった。ほとんどがメンズのティーンズカジュアル専門店といった品揃え。郊外店を出し、1号店と同じ品揃えをしたのだが ...

テレ東の中小企業奮闘番組グロースの翼

【嫌な客はこちらから切る】中里スプリング製作所(群馬県高崎市)▼「町工場だからといって卑屈になるな。嫌な客はこっちから切る」――。群馬県に本社と工場を構えるバネ専業メーカーは、下請けを見くだす企業との取引を停止する独自の経営スタイル。その一方、腕ほどの太さのものから髪の毛より細いものまで、多彩なバネを取りそろえ、臨機応変に対応しています。 【廃業を見据え共尊共栄】武蔵境自動車教習所(東京都武蔵野市)▼「経営理念は(共存共栄ではなく)共尊共栄です」――。春の足音が聞こえ始めると自動車教習所のかき入れ時。 ...

香港の重慶大夏とタンザニア商人

Amazon■香港のタンザニア人ビジネスマンの生活は、日本の常識から見れば「まさか! 」の連続。交易人、難民、裏稼業に勤しむ者も巻きこんだ互助組合、SNSによる独自のシェア経済…。既存の制度にみじんも期待しない人々が見出した、合理的で可能性に満ちた有り様とは。閉塞した日本の状況を打破するヒントに満ちた一冊。 という切り口で零細商人の日常を描いたエッセイ。オレもマネしようw 香港在住タンザニア商人ブローカーの実態ドキュメントエッセイ本。2019年7月発売で15刷。推定5万部〜ベストセラーで大宅壮一ノンフィク ...

スパルタ餃子の王将の成功要因

以下の店長研修YouTubeは必見。感動するわ。成功の半分はコレやな。私の大学卒論は「餃子の王将〜繁盛の研究」久々食うとやっぱ美味い。餃子は高級中華や中国でも食べたが、やっぱ王将が一番。学生時代から舌が洗脳されてる。鬼辛ラー油で激辛に。余った餃子のタレは全部飲む。プラス思考のゼミ先生から「カヤノ君は王将に就職しては?」と本気で言われたが、その勇気はなかった。当時の京都で稼ぐなら佐川に王将、京セラは狂セラと言われてた。餃子早食いの王将がまさか東証1部上場企業になるとは。コロナでも年商800億で営業利益60億 ...

ジャパネットの凄い創業秘話

凄い。貴重な創業秘話。人生を変えた5分間。「ラジオで喋って通販してる会社が佐世保にあるよ。伸びてるんだよ」1992年に福岡へUターン転職した広告代理店で噂を聞いた。その後はテレビ通販に広げ、一気に全国区に。話が上手い!でも買わん。ヨドバシやビッグカメラの方が安いかも知れんし、なんか寅さんみたいな怪しい縁日の香具師(ヤクザ系多し)な口八丁手八丁で。これで買うのは比較検討しない右脳情弱女シニアだ。疑い深い左脳男はほぼ買わん。必要ないのについ買う買わせる悪徳だ。今でも思うが大成功。 以下日経ビジネス有料会員限定 ...

セミナーのご案内

12/5福岡「第171回ベンチャー大学・スペシャル版」

以下の詳細レポートはコチラ

12/5(金)福岡 「九州ベンチャー大学」第171回

■日本一の出版ビジネスコンサル「エリエスブック土井」

■日本一の速読コンサル+ベストセラー作家・寺田」

■日本一の小起業家勉強会「ベンチャー大学・カヤノ」の3講師

◎「楽しみですね。前回の土井さんのセミナーに参加できなかっただけに、今回は是が非でも参加します。寺田さんの速読の本の効果は凄いです!まだレッスン2の段階ですが、それでも以前の5倍は早くなりました」参加申込の博多駅前・音丸行政書士

◎栢野さんや土井さんの過激な感性は今年の〆にばっちりです。来年、よい波に乗れるように勉強したいと思います。楽しみにしています。

◎初めての参加です。土井さんのメールマガジンをいつも読んでおり、寺田先生の速読講座にも参加したことがあるので、今回のセミナーを知り是非参加したいと思いました。私はOO会社の事務をしています。最近になってビジネス書を読むようになり、自分の仕事について考えるようになりました。今までは仕事について何も考えることなく、お金を得るために仕事をしていましたが、最近は自分の仕事は何かの役に立っているのだろうか…等々いろいろ考えてしまいます。今回のセミナーで新たな刺激を受けたいと思います。

◎食品会社で品質管理の仕事を担当してます。私は、以前はあまり本を読む方ではなく、いわゆるビジネス書を読み始めたのがここ一年ぐらいで、その頃から土井さんのメルマガ「ビジネスブックマラソン」を購読し始めました。このメルマガは、本を購入する時に非常に参考になっています。また、寺田さん、栢野さんの本を知ったのもこの「ビジネスブックマラソン」からでした。以前から、ビジネスセミナー等には参加してみたいと思っていたのですが、ほとんどのセミナーが東京での開催となっていて悔しい思いをしてきました。今回こんな豪華なセミナーが九州で開催されると知り、ぜひ参加したいと考え、応募させていただきました。よろしくお願いいたします。

■日本一の出版ビジネスコンサル「エリエスブック土井」

■日本一の速読コンサル+ベストセラー作家・寺田」

■日本一の小起業家勉強会「ベンチャー大学・カヤノ」の3講師

人生を逆転する●ビジネス成功術●速読+勉強術●起業成功のコツ

★お待たせしました。今や伝説となった第155回ベンチャー大学で大反響を呼んだ「日本一の出版コンサル・エリエスブック土井」+福岡在住で10万部に迫る大ベストセラー「フォーカス・リーディング著者・速読のSRR寺田」+新刊「弱者の戦略」も絶好調の栢野が語り尽くします。

■日時:12/5(金)18時?21時 ※あとで懇親会も
■参加費:5250円(★質疑応答・相談もOK)
■会場:博多駅前「TKP博多シティセンター」 (会場地図
・博多駅前3丁目4番8号 サットンプレイスホテル博多内

■司会進行・過激派零細企業コンサル・栢野克己

★相談・質疑・コンあサ ルの時間も!

20081110_1■日本一の出版コンサル「エリエスブックコンサル 」土井英司
出版マーケティングコンサルタント/ビジネス書評家・日刊書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。慶応大学卒後、日経ホーム出版→日本最大ネット書店「アマゾンジャパン」創業スタッフに参画。本の選定や書評・バイヤー担当し2001年「Company Award」受賞。2004年「エリエスブック・コンサルティング」起業。ビジネス書仕掛け人として『鏡の法則』100万部『ユダヤ人大富豪の教え』40万部を始め数々のベストセラー創出。数多くの著者の出版コンサル・プロデュースを手がけ、著者ブランド構築・出版戦略・マーケティングや顧問契約も。出版社への企画・PR・マーケティングアドバイスも。Amazon時代に駆使したネットマーケも詳しく、メディアPR戦略やネット販売戦略も定評。自著「伝説の社員になれ!」は発売1ヶ月で10万部突破のベストセラーに。自らの起業成功+出版+自分ブランディング+ビジネスマン成功術を披露。
■前回参加者の声/●サミット福岡の平良氏/約1時間の講演は物凄く面白かった。僕の中では過去の九ベンで最高です。聞いててドキドキしました。(それは多分に、過去の喋り手うんぬんよりも聞く側の僕の問題だと思います。昔の僕だったらそこまでは感激しなかったとおもうけど、今の僕には脳に衝撃を受けるほどの内容でした)若干32歳。世の中には凄い人間がいるもんだと心底思いましたね。「自分はお金にはさほど興味はない。実際、今の会社をもっと儲かるようにしようと思えばそれは簡単だ。それよりも自分は真実を追究したい。自分の仕事、自分の生きた証を後世に残したい。自らの著作等はないけど、その思想・その哲学は弟子のプラトン、アリストテレスへと引き継がれ、さらには大帝国を築き上げたアレキサンダー大王へと継承された、あの偉大なる哲学者ソクラテスのように。」この言葉に大いなる感動と共感を覚えました。僕の寿命があと何年あるのか、何十年あるのか、へたしたら数ヶ月しかないのか、それは全く分からないけど、ぼやぼやしてらんない。僕が生きている間にどれだけのことができるのかそれは僕にもよくわからないけど、お金よりも事業よりも人を遺せるような経営者になりたいと僕も思ってます。自分とレベルの違う人と生で接するのはいいですね。僕に残された時間、一分一秒を本気で生きないと、とうてい追いつけない。あっち側にはいけない。こんな刺激を与えてもらった土井さんと、こんな場を提供してくれた栢野さんに感謝です。ありがとうございます。

前回155回の様子

20081110_2■日本一の速読インストラクター「フォーカス・リーディング速読スクールSRR寺田社長

中学校時代は、成績は学年トップクラス。卓球部部長、生徒会副会長。高校では物理部部長、大学時代はマンドリンクラブのコントラバス主席奏・・・と、なぜか今一歩、日が当たりにくい世界を無意識に選んで学生時代を過ごす。ヒーローになれない自分へのコンプレックスの反動から、高校2年生の秋に出会った「1冊を1分の方法」という超能力的な速読術にハマる。何の才能もない自分でも、脳の可能性を持ってすればヒーローになれると信じ、速読の教室、セミナー、通信講座にアタックしては玉砕。名古屋大学法学部卒業後、2年間の就職浪人(教師1本!)。その間も 速読に関するありとあらゆる書籍を買い求め、自分なりの修得への仮説を立てて、速読トレーニングソフトを製作・配布しながら、そのソフトウェアの実験台として自分でも実践。その甲斐あって、出会いから7年目にして1ページ6秒の速読術を未完成ながら修得。その後、ようやく福岡県立高校の採用試験に合格(倍率33倍)。公立高校・中学校で公民科・社会科の教師を9年間務め、中学校では進路指導主事にも就任。教師時代は、自分が苦労して手に入れた成果を多くの人とシェアすべく、ソフトウェアを配布しつつ、無料のネット通信教育を実施。同時に、速読術修得のノウハウを公開するメールマガジンを発行。その後、出来心で教職を辞して速読教室を開く。一度は商売優先で大人数を集めての講座を開いてみたモノの、個人の抱える問題・壁に深くタッチできない指導に納得ができず、結局、マンツーマン指導に切り替える。一人一人の悩みと課題と徹底的に向き合い、一緒に乗り越える体験を積み重ねる。そのノウハウが、今のビジネス速読術講座の緻密なノウハウと高い修得率を保証する指導力の基礎を作る。指導の傍ら、海外(主にアメリカ)の速読技法や認知科学・脳科学・眼科系の研究データなどをひもときながら現在のメソッドを確立。その確かなノウハウが認められ、他教室のインストラクターや速読FC本部から、速読技術の指導、インストラクターの養成の依頼を受けることも。また、Yキューブ、東京電力、関西電力などの企業研修も実施。ビジネス系著名人では石原明氏、武沢信行氏、高橋浩子氏、吉野真由美氏、松本和彦氏らを指導。現在は、ただ速く読むことを求めず、効果的な読書、学びをどう実践するかということをテーマにして活動中。

?■【司会進行】日本一の小起業家勉強会+夢戦感「弱者の戦略」講演家カヤノカツミ

■一時期ウィキペディア「過激派」にも掲載の小企業コンサル・講演家。既刊「小さな会社★儲けのルール」+「大逆転!バカ社長<天職発見マニュアル>」はアマゾン<中小企業経営>や<伝記>ジャンルで300週以上ベストセラー1位を記録。中国(台湾)・韓国・タイでも出版。零細起業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「やる気会」「経営人生計画セミナー」「個別相談会」は16年1000回を越え、累計で約1万人参加。年間講演約100回(全国+アジア)+勉強会100回が自主ノルマ。2007年に家族で1年間の世界一周を実現!10年後は1/3をアジアで講演するのが夢。
■福岡県立城南高校+小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年~今までの人生への復讐スタート。

参加お申し込みは、kaya@hf.rim.or.jp または参加申し込みフォームより

◎はじめての申込です。11月28日に僕のはじめての本が出版予定です。次回作のために、土井さん、寺田さんのお話、期待してます!もちろん、栢野さんの過激な話も楽しみにしております!

◎前回の土井さんのセミナーは買付で行けなかったので今回は楽しみにしています。

◎何度聞いてもよい話しは何度でも聞きます。会いたい人にはどこまでも会いに行きます。またまたよろしく。山崎会計事務所

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2022 人生は逆転できる!