最新エントリー

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

このニッチ市場ブルーオーシャンで上場したホープ時津さん起業ストーリー

ニッチなブルーオーシャンに一点集中。まさかの100億越え大成功。最初に知ったのは2015年の日経ビジネス「小なれど大」記事だった。自治体の広報誌やゴミ袋をメディアとして、その空きスペースに地場企業の広告を掲載。普通の広告代理店はテレビ新聞雑誌の広告枠を売るが、まさにニッチだなと感心。でも元広告屋としては、そんなショボい媒体売る気はせん。電通他中小の広告屋も無視してただろう。まさに大手がバカにするニッチ。2016年に年商10数億でマザーズ上場。直後に九州ベンチャー大学で講演してもらったが、この数年は低迷。時 ...

セミナーのご案内

東京セミナー20170626「18時に営業終了。電話も鳴らない小さな会社の稼ぐ技術」

以下のブログ読んでこれはスゴイ!話を聞きたい!と実現
■参加できない人には動画 https://qvenshop.com/?pid=118938087

■当社も会社をスタートさせてから今年で13年目を迎えております。時代の流れとお客様の求めているものによって、会社スタート時からは考えられない位の業態変化がございました?。

会社をスタートさせてから全く変えていない事は、
当社の営業エリアが、葛飾区金町エリアに限定している事です?。

営業スタイルは、会社スタート時と今とでは全く違うんです?。

会社をスタートさせてから約5年前位までは、毎週新聞折り込みチラシを入れて、毎週新築一戸建や中古住宅の売り出しを5?8現場位行っておりました?。

現場売り出しと並行して約9年前位から、当社ホームページによるインターネット営業に力を入れ始めたんです。

平成22年1月からは、新聞折り込みを100パーセント止めて、
現地売り出しも100パーセント止めて、
広告媒体を当社ホームページ1本に絞り込みました?。

お客様との窓口は、当社事務所と当社ホームページのみにした訳です。

これで営業が成り立つの?と言う心配の声もございましたが、
勇気を持って大きく舵を取りました?。

葛飾区金町エリア内では、インターネット営業スタイルをいち早く確立させて頂きましたので、この分野に関しては、自負するものがございます。

今では、当社の電話はほとんど鳴らなくなり、お客様とのご連絡は、ほぼ99パーセントがメールでのやり取りとなっております。

営業時間も朝9時から夜7時までを変えずに行って参りましたが、
電話もならない事務所で夜7時まで営業する事に疑問を感じて参りまして、10/27(月)より営業時間を朝9時から夕方6時に変更させて頂きました?。

不動産売買の仲介業務がメインの会社で、夕方6時までしか営業しない会社は、まず、当社位なものだと思います?

その分、当社ホームページは働き者で24時間働き通しですが・・・

お客様からのご連絡は、24時間メールでお預かり致しますので、
朝一番で、お客様にメールにてご返事を入れさせて頂きます。

メールは、お客様のご都合のよい時間帯に送れると言う最大のメリットがございます。

又、メールのやり取りでお話しを進めて参りますと、後で、言った言わなかったというトラブルも100パーセントなくなります。

全て活字で残っている訳ですから?。

これからも時代の流れとお客様の求めているものによって
業態変化を恐れずに果敢に攻めて参りたいと思います。

・以上は2014年の丸山さんブログより。

じゃあ、そのホームページはどんなスゴイものかというと以下

http://http://www.house-wave.co.jp/

なんじゃこの素人レベルは?!でも様々なノウハウあり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■というハウスウェーブ丸山さんの起業から現在まで、実際にやったことを詳しく聴く質疑応答勉強会を以下企画。
■日時:2017年6/26(月)18-21時・出入り自由・懇親会へ
■場所:葛飾柴又の近くにあるハウスウェーブ本社
■地図は http://http://www.house-wave.co.jp/map.htm
・都心のセミナールームも考えたが、やっぱ地域の現場観たい。
・葛飾区水元1-21-1・金町駅徒歩25分・視察で歩こう!
・金町駅北口からバス8分中央公園下車・西水元三丁目大場川行き
・地下鉄千代田線・JR常磐線・京成の「金町」
・ルート検索は https://transit.yahoo.co.jp/
■会費:5000円 先着10名

申込みは https://yumesenkan.jp/contact 

フェイスブックは https://www.facebook.com/events/469084143445811
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■丸山さんの自己紹介

私、出身が温泉で有名な大分県別府市なんですが、田舎者の性でしょうか?東京に目茶目茶憧れて、東京で1年間浪人して第二希望の大学に入学する事が出来ました。もともと大学で勉強する事が目的ではないので、学生寮で先輩達と自堕落な生活を送り、その結果、大学を7年間掛けて卒業する形になりました。1浪・3留の4年間の遅れを取り戻す為にはどうすればよいかを、無い頭で考えた結果、一番やりたくなかった営業と言う実力で這い上がって行く世界に身を置く事を決心致しました。営業職を選びたくなくて理系を選択したんですが、人生はなかなか思い通りにいなかいものですね(笑)どうせ営業の世界に飛び込むのであれば、一番高額な商品である住宅の営業をやろうと思った訳です。そして27歳での社会人生活がスタートしました。4年間の遅れを取り戻すべく必死で頑張りました。順調に出世もさせて頂きましたが、微妙に自分の仕事に対する価値観とのズレが出てきたんですね。そんなタイミングを見透かす様に、うちの奥さんから二人で不動産屋さんをやろうよ!と誘われまして、平成14年6月からハウスウェーブのスタートを切らせて頂きました。今年で16年目を迎える事が出来ましたのは、当社を応援して頂いたユーザー様方々のおかげだと思っております。これからもハウスウェーブで住宅を買って、借りて、本当に良かったとずっと言い続けてもらえる様なお仕事をさせて頂きたいと思っております。この仕事を通じて成し遂げたい事は、金町エリアだけの徹底した地域密着営業だからこそ小さな会社が成功できたという確固たる実績を残し、地域に貢献したいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■独立のきっかけを教えてください。※2008年インタビュー

※抜粋もと http://saranari.net/inta/inta28/inta028-1.htm

直接のきっかけは奥さんの言葉ですね。7年前の年末に、突然「仕事はどうするの?このまま今の会社で続けるの?」って聞かれたんですよ。前から独立は考えていたから、「じゃあ一緒にやりますか?」「はい、一緒にやりましょう」ってことになったんです。

・迷いや不安はなかったですか?

当時「ついていきたい」という上司がいましたから、正直迷っていたんです。でも、「地域密着でいきたい!」という自分の気持ちと、どんどん成長して他エリアにも進出していく会社との間で、気持ちのギャップが生じてきたんです。正月休みの1週間、じっくり考えて「やっぱり独立しよう」と決心しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・独立されたのは何歳ですか?

40歳のときですね。45、50と年を重ねていけばいくほど会社とのしがらみが出てくる。「40歳になる今なら」という気持ちもありました。

・開業の地に水元を選ばれたのは?

それはもうこの地域で長年仕事をしてきたからですよ。親しくしている業者さんが多いし、「独立しても頼むよ」と、販売を任せてくれたところも数社あったんです。お客様に対しても、「このエリアだったら任せてほしい!」という強い想いがありました。

・以前はどういった方法で集客されていたのでしょう?

チラシと看板ですね。無名の会社ですから、とにかく社名を覚えてもらおうと、新築現場に大きな看板を設置していました。1m×2m以上はあったでしょうか、会社の地図も入れて分かりやすくしたんですよ。地元のお客様が多かったので、これを見て問い合わせをしてくれた方が結構いました。

・チラシの反応はどうでしたか?

毎週の折込チラシに加えて、手まきチラシでも宣伝しました。
最初は奥さんと二人で配っていたんですが、時間がかかる上にヘトヘトに疲れてしまう。「これはもう人に頼んだ方がいいんじゃないか」ってことで、アルバイトを募集しました。毎週4000?5000枚を3人で配付してもらって、問い合わせが月に15?20件ありました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ホームページ開設と@dream導入後の変化

@dreamはホームページ開設と同時に導入されたんですか?

いえ、最初は知り合いの制作会社に頼んで作ってもらったんですよ。アクセス数は日に20件程度でしたね。インターネットメインじゃなくても、そこそこ契約はあったから、ネットにはあまり力を入れていなかったんです。だから、サイトを作って1年経っても、ボチボチといったところでした。

@dream導入後の反応はどうでしたか?

最初の9ヶ月間は、さほど変化はありませんでした。アクセス平均は日に20?25件でした。自分でホームページを作って、物件の入れ替えなど基本的なことはやっていたんですけどね。正直まだ危機感はなかった。いろいろな機能を使いこなそうという努力はしていなかったんです。ネットからの問い合わせが増えたのは2年目からです。1日のアクセス平均が70?80件になりました。

・変化の要因は何だったのでしょう?

まずは自分の意識が変わったことですね。@dreamのユーザー向け勉強会に初めて参加したとき、成功事例を聞いてショックを受けたんです。アクセス数が日に100や200は普通にあるという話を聞いて、「自分は今まで何もしていなかったんだ」と痛感したんですよ。「一からやり直そう!」と奮起したのが2年前。それからはITサポーターさんに弟子入りしたつもりで サイトの立て直しに力を入れました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・どこを変えられたんですか?

当時は目立つように“ピカピカ”の多いページにしていたんです。「まずはこれを全部取りましょう」と(笑)。ITサポーターの小川さんは、はっきり指摘してくれるところが良かったですね。毎日のように電話して、一から指導してもらいました。「物件をもっと前面に出すこと」「トップページの写真を増やすこと」「リンクを増やすこと」、 一つひとつ教えてもらいながら手を加えていったんです。他のユーザーさんのホームページも参考にしました。

・結果、ネットでの集客はどのように変わりましたか?

1日のアクセス数は、3年目で80?100件に増えました。契約数は約6倍ですね。しかも契約の7割はネット経由なんです。うちの場合は現場と来社からの契約も多いんですが、元をたどってみると半分は「ホームページを見て」というお客様なんですね。あの時ネットに力を入れていなかったら……と思うとぞっとしますよ(笑)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ハウスウェーブさんのホームページで、おすすめポイントはどこですか?

トップページの「カテゴリー分け」でしょうか。「築5年以内の不動産物件」とか「内装リフォーム済の不動産物件」とか、お客様からよくある質問を書き出して、とくに問い合わせが多いものをカテゴリーにしてみたんです。これで、お客様は物件を選びやすいし、物件のボリューム感も出て良かったですね。「お客様の声」も評判がいいですよ

・手書きのコメントをアップされていますよね。どのように回収していらっしゃるんですか?

成約された方、全員に往復はがきを送って、お客様の声をいただいているんです。来社のお客様の閲覧用にと、以前から壁に貼っていたんですけどね、「もっと多くの人に見てもらおう」とホームページでも公開することにしたんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・スタッフ・ブログの評判はどうですか?毎日の更新は大変だと思いますが。

案内していると、「ブログ見ましたよ」と言ってくれる方が増えましたね。2年前から始めて、今ではブログだけのアクセスが日に100件ほどあるんです。更新は最初からローテーションを組んでやっているんですよ。一人でやっても続かないですから。内容については、とくに取り決めはありません。スタッフの“人となり”を感じ取ってもらえればと思って続けています。

・メルマガはどなたが書いていらっしゃるんですか?

これは私が書いています。以前は編集後記でプライベートなことを書いていたんですが、ブログをくだけた内容にしているので、今は新着不動産情報だけを配信しています。メルマガはセールスレターという位置づけですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・他に集客で工夫している点はどこですか?

アナログでニュースレターを発行しています。不動産関連の記事を3枚と、社長からの手紙を3枚。月一ですが結構大変ですよ。

・店頭で声をかけられて、というお客様も多いようですが

そうなんです。店頭で物件チラシを見ているお客様には、必ず声をかけるようにしているんですよ。不動産屋の場合、店頭まで来ても中には入らない人が多いんです。買いたい気持ちはあるけど、買えないんじゃないかなと思っているからなんですね。分かりやすく説明することで不安が消えるんでしょうか、去年は声をかけて契約に結びついたケースが11件もありました。

・スタッフの対応などで気をつけている点はありますか?

接客に力を入れています。うちには売り出し現場専門のパートさんが5人いるんです。土日だけ接客のために現場に行ってもらう方々です。去年は現場からの成約率が約16%。やはり、その場に人がいて説明すると説得力がありますよね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・これからチャレンジしたいこと、目標について教えてください。

「売買でひと駅だけ」という特性を活かして、大手さんに勝つところまでもっていきたいです。それにはまず、このエリア内でを買う人全員が、1回はハウスウェーブに来てくれるようにしたいですね。地域密着が当社のポリシー。金町・水元エリアの物件情報はおまかせください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※以上は2008年のインタビュー。約10年後の今は当日!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催・栢野克己(かやのかつみ)
Amazon中小企業経営ジャンルで常時1-3位のベストセラー新刊「小さな会社の稼ぐ技術」12万部のロングセラー「小さな会社☆儲けのルール」「やずやの秘密」他の著者。講演は全国アジアで約1500回。今回のような小さな会社の成功事例セミナー交流会「九州ベンチャー大学」「東京ベンチャー大学」「経営計画作成セミナー」「缶ビール会」など1000回以上開催。福岡市出身。立命館大学卒・ヤマハ発動機・リクルート・IBMリース他経て起業2回目。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-セミナーのご案内

© 2021 人生は逆転できる!