最新エントリー

ニュース

YouTuberビジネス系日本一のキミアキ先生とライブ

なんと!日本一クラスのビジネス系YouTuberキミアキ先生とこで17:30-ライブ乱入対談予定。私や竹田陽一の100倍わかりやすいビジネス系YouTuber話し手です。硬派スピリチャルの石田久二に大阪のミドウスジ大学で中小企業診断士の牧野谷さんも。  

世界一周 ニュース ブログ

イランはイイとこでした。

美男美女ばかり。今や戦争状態のイラン。イイとこでした2017年8月。行っててよかった。ホントは今の紛争を観たいが。日本人少なくモテモテ。イスラム圏はイイ感じ。が、宗教や今回みたいな米国との争いになると一気に狂気へ。米国も。イイんです。何かを為すには狂気が必要。以下に秘境マスレ村やホメイニ廳への潜入盗撮動画が貴重 FullSizeRender FullSizeRender

ニュース 小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

独立起業して何をやるか?サラリーマンの延長?自由に好きなこと?悪徳ボッタクリFC?

■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は https://amzn.to/2finYCs ■個別相談 https://bit.ly/2q2v7lr ■1/20東京 キミアキ先生コラボ ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■メルマガ https://www.mag2.com/m/0000099898.html ■公式サイト https://yumesenkan.jp/

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

中小企業の成功戦略13カ条その5

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 5、非関連の多角化や商品の幅を広げすぎると戦力が分散する。弱者は商品の幅を狭くし、強い商品に力をより集中せよ。■自治体専門の広告代理店ホープ、不良専門の矢沢永吉、ヤンキーバカのドンキホーテ、最初はみんな単品通販で成功した九州通販、総合リフォームから外壁塗装に絞って60億ホームテック、賃貸やめて売買特化ハウスウェーブ、ラーメンうどん総合麺の一風堂に勝つため豚骨のみ一蘭■昔、百貨店は小売の最高峰で皆の憧れだった。読んで字の如く何でもあった。小売の競争がゆるい時代は。競争 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

弱いものイジメの法則

■弱い者いじめの法則 ※経営の場合です 日産自動車の業績がひどく悪くなり、フランスのルノー傘下に入ったのは、日産の2倍以上の経営力があるトヨタを攻撃目標にしたためです。三洋電機の業績が悪くなったのも、元をたどれば三洋電機の5倍以上の経営力があるパナソニック松下電器産業を攻撃目標にしたからです。※ロッテリアが40年経ってもダメなのは、大資本ロッテのプライドでずっとマクドナルドのマネしてるから。貧乏脱サラのモスは最初からマクドナルドと差別化で競争せず 上場企業には、組織の上層部に学歴が良くて、戦力をしっかり ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

小さくても1位づくりが大事な理由

■小さくても「一位づくり」が大事な8つの理由 1位作りを目標にしている社長と、目先の売り上げや利益を追い求めている社長とでは、5-7年もすると利益性に大きな差が出ます。 ①特定の地域に多くのお客を作ると移動時間が少なくなります。移動時間が少なくなると余った時間で多くのお客が回れるので、営業マン一人当たりの粗利益が多くなります。これを「一位粗利益増加の原則」といいます。 ②特定地域に他社よりも多くの客を作ると、営業活動で必ず発生する生産性マイナスの移動時間が少なくなります。営業マンの実質営業経費はとても高 ...

ブログ 成功事例

成功者の意外な過去

私のライフワークは成功起業家の人生Wiki。を調べてると「またか!?」という負のマイナスの共通点が。例えばマルチ商法ネットワークビジネス経験。本人がカミングアウトしてるケースでは■「皇潤エバーライフ創業者井さんは羽毛布団時代のジャパンライフ」。■同じく「やずや創業者も「ジャパンライフをやった。でも自分の分だけ仕入れて他人には売れんかったなぁ」。■「鏡の法則」野口さんはYouTube動画でアムウェイやってたとカミングアウト。これは真逆の清廉潔白イメージだったので驚いたね。■本田健も以前から「昔有名なディスト ...

世界一周 ニュース

パパ活継続中

  今日のパパ活。ここなら安心「何でもイイぞ!」と太っ腹なとこ見せようと思ったんですが、買ったのは100円のドロップと手袋の2点220円。ランチはバーミヤンでしゃぶしゃぶ牛食べ放題2人で4200円。倹約往復の高速バス7200円。バス客は大半の若者に混じって困窮中高年チラホラ。プチ屈辱的。ってか国内バックパッカーだな。3時間の日帰りデートでした。黒いローラ、黒いザギトワって感じ。近くで見ると少女マンガのような目鼻立ち。こんな美女がなぜオレと?出稼ぎパパ活ってのが一番わかりやすいがw。来日1年で10 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ 成功事例 お客様の声

中小企業の成功戦略13カ条その3

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 3、経営力に限りがある弱者は、戦わずに勝てるものや勝ちやすいものに目標を定め、まず小さなもので1位になることを目指せ。 ■著者の栢野さんを初めて見かけたのは12年ほど前、パテシエの修行中に技術だけでなく、経営や宣伝などを学ぼうと福岡の商工会議所での講演でブルースリーの真似した怪しい変な講師が栢野さんでした・・・「小さな会社☆儲けのルール」を読むようにおススメする宣伝みたいな講演で胡散臭いなぁと思いながらもその本を読んだらびっくり!!、衝撃が走りこれを参考に自分なりの ...

ブログ

中小企業の成功戦略13カ条 その①

■中小企業の成功戦略13カ条 1、経営の目的は利益発生源の顧客を増やし、1位の地域か1位の商品を作ることにある。1位と2位や3位とでは、一人当たりの利益で3倍も4倍も差が出る。とにかく何かで1位になることを目指せ。by竹田陽一■2位じゃダメなんですか?いいんだよ。実際には99%以上が2位以下で生きてる。経営の目的は顧客づくり?まぁドラッカーの受け売りで一般人にはわけわからん。そりゃ顧客がいないと潰れるが。そりゃ自分が属するカテゴリで2位や3位より1位はイイ。目立つしカッコイイし、顧客もどうせ買うなら付き合 ...

「面白すぎて前に進まない本」小さな会社の稼ぐ技術

小さな会社の稼ぐ技術。ランチェスター戦略の本が面白すぎて、前に進まない。

理由は1つ。

 

マーケティングのお手伝いを

させて頂いているから。

 

その中で出会ってしまった

超超超絶オススメの1冊。

kasegu-gijutsu

ペンとノートを脇において読むべき1冊。

この戦略を知らずに動くのは怖いですよ。。

特に、海外とかスタートアップとか。

 

何も言わずにポチってください。

2,000円以下でこの内容であれば

絶対に後悔させませんから。

ちゃんと価値がわかる人であれば。

 

あえて強めに言います。ぜひ買ってください。

今、読み始めたのがこの本です。

 

読み始めてすぐ感じました。

読み終えるのが大変。

 

というのも、

めちゃくちゃ面白いから。

 

昨日は、朝7時から

ミャンマー語の家庭教師を受けて

終了後、読書を開始しました。

 

この本を手にしたきっかけを少しばかり。

 

西澤さんが主催される

「DAF」という名前で、面白くコアな

地下系(?)セミナーイベントで

http://ameblo.jp/123daf/entry-12230563418.html

 

お話しをされていて、グッと惹かれた

しかける販促マン の

眞喜屋実行(まきやさねゆき)さん

http://haps.chu.jp/notnetzemi

 

面白い角度から販促を語っておられ

ああ、この人好きだ、と

強く印象に残っていた方です。

 

この方がFacebookで

めちゃくちゃ面白い。

付箋だらけになりました。

と、投稿されていました。

 

その投稿を見て

まきやさんがそういうなら

面白いに違いない!

と、即購入。

 

購入から2日経って

ようやく喫茶店で読み始めました。

 

で、読み始めたら

もう、すごいのなんのって。

気付きだらけ。

付箋だらけになる意味が

よーくわかりました。

 

「弱者のための」の戦略

ランチェスター戦略とは

「弱者の競争戦略」

戦略に触れられた書籍なのですが

この戦略は、やっぱり面白い。

 

鮒谷さんの紹介を受けて

別の本を過去に読んだことがありました。

下記の本です。

 

・弱者と強者では取るべき戦略が違う。

・弱者は弱者の戦略を取るべき。

・絞って、一点突破で、No.1を目指せ。

といったメッセージが強いのです。

 

どうしても、大手と同じように

・大々的なプロモーションをして

・ターゲット顧客はできるだけ広くして

と考えがちです。

 

しかし

それはすべて間違っている、と。

絞れ、と。

「商品、顧客、地域を絞れ」と。

 

そのメッセージを受けて

ランチェスター戦略には

深く感銘を受けてたので

面白いのは間違いない、と

そう信じていました。

 

で、今回、新しい本を読み出したら

面白過ぎ。

 

小さなヒントが詰まりまくってて

これでもか!これでもか!

って追い打ちを掛けられます。

 

面白くて読み進めやすい本です。

 

おかげさまで

インスピレーションがどんどん湧きます。

 

あ、これもやってもおもろいかも!

あー、こういうのもいいな!

あ、これはやめとこ。

 

そんな

気付きがどんどん湧いてきます。

 

仕事がしたくてしたくて

たまらなくなります。

 

でも

本をただ読んでいるのが

苦痛になります。

 

で、喫茶店で読書してたけど

20分ほど読んだところで

 

仕事がしたくてたまらなくなり

すぐにコワーキングスペースへ

向かってしまいました。笑

 

よって、本が進みません。笑

贅沢な本ですね。

 

これ、本当にオススメ本です。

 

なんでこんなに面白いのか?

ちょっと冷静に

なんでこんな風になるのだろう?

と、考えて言語化してみました。

 

・具体事例が豊富なので

 アイディアが浮かびやすいです。

 

・繰り返し繰り返し

 原則が登場するので

 嫌でも頭にポイントが残ります。

 

そんな構成ですから

・「さて、自分はどうしようか」

 と、考えやすいのです。

 

ってか

嫌でも考えてしまうでしょう。

 

まだまだ半分くらいなのですが

どうも読み進められない。

 

読み進めてる間、

考えが巡って止まりません。

 

この本においては

ペンとノートを脇に置いて

読むべき本です。

 

 

現状から脱して何かやりたいけど、

何からやったらいいだろうか。

と考えている方や

 

何となく手詰まり感を感じてる方。

 

ぜひ、ぜひ、ぜひ、ぜひ

読んでみてください。

超おすすめです。

こちらの本です。

ちなみに同じ方の書かれた

下記のKindle本が今は格安。

とはいえ、新しい本ですが。

こちらも早速ポチってみました。

今の期間、なんとKindle本が594円!

買うしかありません。

 

ランチェスター戦略。

知らずに動くのは怖いな、とすら感じます。

人生戦略本もあるようなので、こちらもポチッと。

?????????????-

\ スポンサーリンク /

-著書への感想

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.