最新エントリー

客20人でOK。やきとり大吉が凄い。起業事例

「戦わずして勝つ」立地戦略?どっかで聞いた話だがホントだ!東京を調べたら山手線の中にない!全国640店舗もあるのに!検索すると「昔働いてたので、内情はよく知ってる。地方なら、売上1日2万でも経営は出来る。週一休みで。ただ、仕込みは自分でやるので一日の労働時間は長い。自分でやるからこそ利益率が高い。ヒマそうに見えても実は儲かってます」 ■「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。1月12日(火)の放送では、コロナ禍でも好調な飲食チェーン「やきとり大吉」を特集。セオリーの裏をいく独特のシステムや店主の取り組みを ...

地域アナログ販売の凄い接近戦 

小売の93%は地域アナログ販売。なぜ日本は米中に比べてEC少ない?その理由は↓なるほど!接近戦! ■消費者が足を運ばずに買い物できる、という意味では電子商取引(EC)も移動店舗と同じ利点がある。成長著しい分野だが、日本は他の消費大国に比べて小売市場に占めるECの割合はまだ低い。経済産業省によると、2019年に中国のEC化率は36.6%、米国は11%。対して、日本は6.76%だ。 要因はふたつある。国土が広大な米中に比べて日本は日常生活圏内に店舗が多く、品質を自分の目で確かめて買う行動が根付いている。また、 ...

常にスルーされた。周囲は次々と結婚。暗黒のOL時代がバネになった内館牧子

「常にスルーされた。結婚のアテもなく、仕事では責任も期待もされない。人生を切り拓く術もなく諦めていた。周囲は次々と結婚したり婚約したり」暗黒のOL時代。があっての脚本家・作家で成功! ■武蔵野美術大学卒業後は、伯父さんが勤務していた「三菱重工業」にコネで入社。 実は、内館さんは、2、3年勤めたら、エリート社員と結婚して寿退社をするつもりだったそうで、そのため、ネコをかぶって、結婚相手を探そうと思っていたそうですが・・・ 「海が見たいわ」ではなく、「相撲が見たいわ」という内館さんに、男性たちはひいてしまい、 ...

ソフトバンク創業期の方と飲み会

「フィリピーナにハマった大社長もいたよw」「zoomじゃダメ。大事な話は会わねば」「大勢の飲み会は意味ない。ビジネスの場合は一対一」昨夜は創業期の日本ソフトバンクで孫さんと6年働き「新規事業なんてほとんど失敗よw」借金返済でフォーバル大久保さんと考えた新電電安値自動選択ソフトαLCRをKDDI稲盛千本へ売り込んだら「他社には売るな。ウチが独占する」契約させられたが翌日契約破棄した数ヶ月後に同じソフトがKDDIから出たw。その後は某上場システムソフトの社長やってローソン顧問に(月3桁万円w)。現在は他の上場 ...

世界ブランドは一風堂だけ

先月末、一風堂が浅草橋に新店オープンした。浅草の南で、自宅から自転車で15分ほど。「創業者河原成美が振る舞う」とはサイトのどこにも書いてない。まぁ居たら儲けもんと18時に行って行列横目に店内覗いて「河原さんいます?」すると後ろから顔見知りの社長室長が「カヤノさん!残念ちょっと前に6時で上がったんです」「アッどうも!そうですかー。また明日来ます!」と後ろから「栢野くん!」とバッタリ。「まぁドトールでも行こう」とコロナ談義。一風堂は一部上場企業だから良いも悪いも決算丸見え。年商去年300億が今年は激減で赤字転 ...

離婚はしたくなかった仮面夫婦

離婚はしたくなかったが、夫婦関係は破綻していた。私が100%悪い。今考えても素晴らしい女性で母で妻だった。子育て終わった妻が出て行った時、私は執筆に行き詰まり、積み木崩しもあってドン底絶望。当時のTV番組「流星ワゴン」とほぼ同じ(破綻した夫婦や親子のやり直しがテーマ)。中高年濡れ落ち葉が生きていけるか?外食する余裕はない。自炊はサッポロ一番味噌ラーメン程度。迷いながら行ったイオン天神で回鍋肉のタレを発見。豚肉とキャベツ刻んで炒めたら出来た!さらにレシピ通りに、最初にキャベツを強火でサッと炒めて皿に。豚肉炒 ...

借金ギャンブル破産。最低ダメ人間の再起実話

借金ギャンブル女遊び。職も転々として起業も失敗自己破産で家庭も崩壊。自業自得でホームレスへ転落の50代。典型的なダメ人間60代と約10年ぶりに再会。「失敗したら友人知人がみんな去って行った」と言うが、その前に会った時もグチばかりのマイナス思考。借金や破産失敗原因が本人の放蕩無駄使い女遊びなんだから、救いようがない。「オレが失敗したのは、独立起業で人生逆転!という栢野らのセミナーにそそのかされたからw」と会うたび冗談半分で言う。ふざけるな。オレはよくいる起業初心者を食い物にする悪徳FCや教材押し売りコンサル ...

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので ■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazo ...

あざっす!著者冥利に尽きる

嬉しい。著者冥利に尽きる。Amazon本詳細は以下   ■新刊レビュー https://amzn.to/2zk4JZ7 ■9月缶ビール会・浅草6-36-6-603 ■動画で質疑応答 https://is.gd/VKDTqR ■下品な講演 https://is.gd/9mociX ■講師します!リアル+オンラインで ■YouTubeチャンネル https://is.gd/35aXsb ■成功事例集 https://qvenshop.com/ ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■ ...

新刊のレビューありがとうございます。

レビューあざっす! 中古が在庫切れボッタクリ価格なので新品を^_^ ■Amazonで購入 高野 竜馬 この本に登場する5人の経営者は中小企業のクセに「それをやっちゃあ、おしまいよ」みたいなこと(本業とは無関係な多角経営だったり、弱者に似つかわしくない事業計画や営業手法だったり)に手を染め、潰れそうな経験を皆、赤裸々に語っています。だからこそ、そこから這い上がってきた経営者達の物語はとてもリアルで迫力があります。 珠玉の一文は 「これからネット化が進みますが、ネットでも最後のエンドーユーザーはアナログの人間 ...

逆転バカ社長

目次

大逆転バカ社長

小さな会社の事例はコチラ

目次

人生には様々なシーン、段階があります。生まれ育った家庭環境→学生時代→最初の就職時代→転職時代→独立・起業時代→挫折・発展・危機・倒産→再起・復活・・・。

この本では、各起業家の方々が天職をつかむ上で、大きなきっかけとなった段階ごとに分類しました。多少、強引な分類の仕方になりましたが、あなたの境遇と一致する箇所も多々あるはずです。ご自分の過去を振り返りながら、お読み下さい。

[第一章]バカは貧乏に学ぶ

「俺の人生は何なんだ!?」と悩んだホームレス時代
極貧→生活保護→成績最低→集団就職→ホームレス→転職15回を経て
九州最大の駐車場機械メーカー・(株)テクニカル電子 本房社長
・極貧で生活保護状態
・車に寝泊まりのホームレス時代
・捨てられた自動ドアを改良
・カラオケカードからコインパークへ
・上場会社を買収
・自分で限界を作るな
・転職は自分探しの旅

「大学まで出て、妻子もいるのに露天商か」
商社→トランプ会社→倒産→市場調査→露天商→カギ卸を経て
日本一のカギチェーン・(株)カギの救急車 上野社長
・3歳で父が戦死。金持ちになりたい
・カギとの出会い。いきなり露天商に
・仕入れ会社にスカウトされる
・カギの110番の誕生
・FC希望者が殺到
・日本一のカギチェーンへ

[第二章]バカは受験失敗・無学歴に学ぶ

「受験に失敗し、53歳で大学へ入学」
母子家庭→貧乏→受験失敗→職業訓練校→無線会社→脱サラ→倒産を経て
園芸用散水ノズルで日本一・(株)タカギ 高城社長
・悪ガキのイタズラで発明を連発
・同い年の大学生に負けたくない
・発明のきっかけは社員の声
・53歳で大学に入学
・百聞は一蝕にしかず。

「学業成績は450人中40番の劣等生」
ダメ学生→建材メーカー→ハカリの販売→住宅販売→企業調査会社を経て
九州NO1の経営コンサルタント・ランチェスター経営(株)竹田社長
・450人中440番の成績。
・親父のコネで中小建材会社へ
・転職にことごとく失敗し、企業調査会社へ
・入社5年目で日本一に
・無料の出前講演を開始
・ランチェスター田岡氏との出会い
・クビになりかけ独立を決意
・遅咲きの45歳で独立。東京に負けるものか!
・経営テープで日本一に

[第三章]バカは就職失敗に学ぶ

「夢はことごとく破れ、どん底まで落ちました」
役者に挫折→スーパー→逮捕→6坪のバー→ラーメン店で修行を経て
ラーメン日本一・博多一風堂/(株)力の源カンパニー 河原社長
・漫画家、役者を目指した学生時代
・懲役1年6カ月の判決
・パブオーナーで独立
・32歳でラーメンの世界へ
・人生に無駄はない

「大企業エリートからバカにされましたね」
就職失敗→海外放浪→コーヒー会社→新聞配達→塾講師を経て
ゼロから200社の顧問先を開拓・緒方会計事務所 緒方所長
・夢やぶれて海外放浪へ
・税理士を目指し、新聞配達や塾講師を
・顧問先ゼロから200社へ
・新しい人事賃金制度を提案
・屈辱的な経験が「先生」を超えた
・バカにされて良かった

[第四章]バカは転職失敗に学ぶ

「対人恐怖症でサラリーマン失格。脱サラしかない」
大学中退→飲食アルバイト→アパレル→花屋→季節工を経て
地元トップクラスのテレマーケティング・(株)パナ通信社 亀川社長
・対人恐怖症で転職を繰り返す
・地獄の季節工時代にヒントを得る
・独立4カ月で資金はゼロに
・念願の飲食店も経営
・自分が困った経験を新規事業に転換
・自殺まで考えて気づいたこと

「都市銀行を辞めて、ヤクザな世界へ」
中学は総番長→高校はボクシング→三和銀行→住宅リフォーム会社経て
株式上場を狙う住宅リフォーム・ホームテック(株)小笠原社長
・中学時代は番長で、補導歴20回
・銀行時代は5年連続日本一
・スカウトでリフォーム業界へ
・資金繰りに悩み、学資保険も解約
・脱落者だからチャンスがある

[第五章]バカは脱サラ失敗に学ぶ

創業以来15年の赤字でも「夢は実現する」
酪農学園→米国牧場留学→夢挫折→教材セールス→独立後赤字15年を経て
地場NO1の英会話学校・福岡コミュニケーションセンター 赤峰社長
・牧場を経て、歩合セールスへ
・虚業に気づき、独立を決意
・カードやサラ金で借金1700万円
・訪問販売を辞め、広告集客へ
・念ずれば花開く
・他校がマネできない授業内容

脱サラ1年で3つの事業に失敗
25歳で大学卒業→大和ハウス→パブ→司会業→訪問販売→事業整理を経て
九州を代表する通信販売会社・(株)やずや 矢頭創業者
・転職を繰り返した20代
・脱サラもことごとく失敗
・結婚式司会業へ転身
・健康食品との出会い
・俺は商売の天才だ
・あんたの天職は何かね?
・通信販売に特化し、自社商品を開発
・天からの一つの手紙

[第六章]バカは経営危機に学ぶ

「あの時は、倒産も覚悟しましたね」
家業手伝い→大学1年で宅建取得→大京→24歳で姉と2人で起業を経て
福岡最大級の不動産会社・鳥飼ハウジンググループ 井口社長
・実家は菓子屋。子供の頃から労働
・大京観光に入社。モーレツな仕事
・24歳で独立。初受注は2500円
・創業6年目に倒産の危機
・毎朝、頭のチャンネルを変える
・「出会い」がすべて
・実るほど、頭を垂れる稲穂かな

「重傷を負い、従業員も全員辞めた」
鳥取大学医学部→大学付属病院で救急医療→品川美容外科を経て
日本有数一の美容外科チェーン・聖心美容外科 山川総院長
・集中力の学生時代
・連続84時間勤務の救急病院
・美容外科への転身を反対される
・大手美容外科へ転職
・独立。ストレスで爪が生えてこない
・廃業の危機を乗り越えて

「もうダメだ。どうにでもなれ」と自棄になった3年目
中卒→農業→福岡一の芋生産業者→農業の将来に悲観→19歳の決意を経て
毎年20万人を集客する・のこのしまアイランドパーク 久保田会長
・7歳で島に移住。大地を耕す
・19歳で夢を立てる
・毎年2万本の植樹。気の遠くなる作業
・構想15年。ついに開業
・絶体絶命の経営危機
・時代も味方し、コスモスが大ヒット
・20年先を考えた人生計画を
[第七章]バカは倒産に学ぶ

「同級生に勝つには、社長になるしかない!」
実家破産→高校中退→上京→店員→セールス→カラオケ→自衛隊を経て
無借金で超優良経営の警備会社・(株)日本ガードサービス 市川社長
・12人の愛人の子供として生まれる
・父が倒産して夜逃げで高校中退
・給与は大卒の半分。今に見ておれ
・24歳で独立。会社に寝泊まり
・父が現れ、借金をかぶる
・半分の法則で全国を講演
・娘の死で感謝に気づく

「倒産の日、街が黄色に変わった」
住宅設計→洋服店→テーラーで脱サラ→倒産→営業マン→再度の脱サラで
洋服リフォームで九州一・有限会社リフォーム三光サービス 宮崎社長
・突然、親父の意思を継ごうと
・順調な独立。しかし長くは続かない
・倒産の日は、景色が変わった
・素晴らしい出会い
・再起を賭けて、再度の独立
・障害者の人に教えられる
・潰れない経営とは
・日々の奇跡に感謝する

[第八章]バカは家業の限界に学ぶ

「たこ焼き?何を血迷ったのか!」と大反対
ヤナセで営業→大分スバルで営業所長→たこ焼きの移動販売を経て
世界初の冷凍たこ焼きメーカー (株)八ちゃん堂 川邊社長
・仲間の死でウツ病になる
・このままでいいのか
・たこ焼き?血迷ったか?
・中古18万円の車でスタート
・ヤクザの脅しで固定店舗へ転換
・冷凍たこ焼きへの進出

「あの時は、会社を辞めようと何度も考えた」
東大→学生運動→家業→父との格闘→拡大→危機→再建を経て
ホワイトデーの創案者・(株)石村萬盛堂 石村社長
・生徒会長から東大へ
・飛び込みで結婚式場を開拓
・親父との葛藤
・過大投資でピンチに陥る
・郊外店の成功でFC店を開始
・人生という経営の革新

「不良学生、銀行マンを経て老舗を改革」
大学時代は空手→港湾労働者→銀行営業マン→家業を経て
日本一の明太子メーカー・(株)ふくや 川原社長
・丸刈り頭にサングラス
・最下位の成績で入社
・父が倒れ、ふくやへ転職
・最悪の接客。
・老舗か業界最大手か

「偉大な父の後を継ぎ、大学時代に日本一を決意」
小学生時代から家業手伝い→高校で生徒会長→8坪の仏壇店へ入社
日本一の仏壇チェーン・(株)はせがわ 長谷川社長
・リヤカーで仏壇を30キロ運ぶ
・大学時代に日本一を決意
・死者458人の大事件
・業界初の株式上場
・ユニクロより早い製販一貫体制
・「日本の心をつくる」という天職

[第九章]バカは病気に学ぶ

「人生は一度。詐欺師のままで終わりたくない」
大企業へ内定→強引に家業へ→大儲け→大病→事業転換で赤字17年経て
日本一の無添加石鹸メーカー・(株)シャボン玉石けん 森田社長
・突然の帰郷、突然の社長就任
・自分の湿疹で合成洗剤を辞める
・売上は10分の1。社員も全員退社
・自社工場を建設。本が転機に
・17年間の赤字に終止符
・理想の代償と覚悟

「20代の結核で公務員を断念。あれが良かった」
戦争孤児→ボーイ→炭坑→結核→果樹園→レジスターの歩合セールス経て
地元トップクラスの税理士事務所・中垣浩一税理士事務所 中垣所長
・敗戦後、ボーイから炭坑技師へ
・結核で歩合セールスの世界へ
・お前を先生とは呼びたくない
・人の逆を行く生き方を
・できる経営者とは

「過労で倒れ、組織を持とうと思いました」
大学中退→自衛隊→日本マクドナルド→テープ販売→経営コンサルを経て
九州NO1の宅配すし(株)ドゥイットナウ 蔀社長
・精神病院2度、自殺未遂3回
・自衛隊へ入隊
・マクドナルドに中途入社
・経営コンサルタントで独立
・過労で倒れ、すし屋へ転身
・O157で経営危機に
・独立を目指した就職、転職

[第十章]バカは海外放浪に学ぶ

「高校時代の欧州旅行で天職を発見」
高校卒業→英国留学→英会話学校→自宅で起業
若手NO1の色彩コンサルタント・(株)クロシス 中村社長
・欧州旅行で色に開眼。動物と植物に学ぶ
・10万円で創業。飛び込み営業の日々
・九州で唯一の靴屋も飛び込みで開業
・オンリーワンのこだわり
・起業は「勢い」が大事

「海外放浪と転職を繰り返し、無職で結婚」
専門学校→芸能プロ→イタリア留学→講師→コック→音楽プロダクション
旅行業界のベンチャー企業・(株)エイチ・アイ・エス 大野取締役
・バイトを経て芸能プロダクションに
・始めての海外放浪旅行
・女を追ってイタリアへ留学
・まともな職はなく、無職で結婚
・マンションの一室にあったHIS
・仕事はわからんが世界は知っている

あとがき

\ スポンサーリンク /

オススメ

-逆転バカ社長

© 2021 人生は逆転できる!