最新エントリー

コロナワクチンで死にかけた友人の実話

【ワクチン副作用で重体】1/10万人の確率だが 友人がワクチン接種2回目直後、重篤な血栓で倒れてICU集中治療室で壮絶な入院後に復帰した全記録↓ ※「ワクチン 血栓」で記事多数 中村律子です。 ■これからワクチンを打つ方に大切なメッセージです。<要約>ワクチン接種1ヶ月は下記のことを注意。血栓ができやすくなる場合があります。 対策は ①水分を十分にとる ②座りっぱなしはNG(せめて1時間に1回は立って歩いたり、足踏みを!) 私は、ワクチン接種後5日目の、9/9〜9/29 21日間突然入院していました。ワク ...

日雇いやってみた

すごい日雇い労働ダイエット!さらにプライド捨てる修行。防塵衛生管理ちゃんとしてる埼玉県郊外の某化粧品メーカー下請け物流センターで、無料サンプル品送る小さな段ボール箱の組み立てと、大きな段ボール組み立てガムテープ作業を立ちっぱなし8時間!1日で2キロ弱痩せた!流れ作業でサボれない(コレ大事)強制労働で1万円貰って画期的なダイエット!私はフルキャストシニアに登録して日雇いのみ。常時雇われるのはイヤなので。今日もいたな。底辺肉体労働現場の嫌味な上司。いきなり怒鳴る「命令口調」が頭に来る。到着時の服装チェック男3 ...

ごみ収集バイトやってみた

日雇いやってみた。家庭用ゴミ捨て場を100ヶ所以上巡回。燃えるゴミ(生ゴミ多く重い)の袋を両手で2-4個つかみ、車後部の回転圧縮部へ投げ入れる。生ゴミはプシュ!と袋が破裂して中身の汚水が飛び出る。プラスチックや木のゴミはバキバキと破壊しながら巻き込む。なんか爽快な気分。でも「挟まれることありますよね」「他社で指2本切断したが、足の指を移植したらしい」。ベテラン社員と2人で満杯4回計12トンを焼却場へ。そうか。オレは今日約6トン手に持ったか。1日で2キロ痩せた。日雇いダイエットは凄い。慣れてきた午後は、ゴミ ...

業務スーパーのカレー美味い!

自作自演で史上最高に美味い!離婚後の自炊カレーほぼレトルト。2-3度ルーで作ったが鍋焦がしたりw。久々の今回はニンジン玉ねぎジャガイモごま唐辛子ルーは業務スーパーで。アメリカ産豚肉小間切れは西友浅草で。具沢山意識してザク切り大きめ水少なめが良かったか。業務スーパーPBルー辛口も私の舌に合った。足りないのは愛のスパイスw

私の夢リスト20211201かやのかつみ

2021年11/11「小さな会社ランチェスター式」セミナー動画

2021年11月11日 小さな会社ランチェスター式儲かる戦略① by 栢野克己かやの・セミナー講師  

元AV女優で日経記者出身の社会学者

「東大AV女優」「日経AV記者」などの肩書きをもつ文筆家の鈴木涼美氏が、自身の体験をもとに綴る“警告”後編である。鈴木氏によれば、会社員としての女性社員の生き様は、大きく分けて「社外評価重視型」と「社内評価重視型」の2つ。前者のタイプだった鈴木氏は、仕事姿勢をフォローしてもらうために社内の人間と肉体関係になった経験があり、毎回、大変悲惨な事態に陥ったという――。 例えば、入社して手始めに寝てみた2人の子持ち、30代の中堅社員は、その後、上司から私を守ったり、なんなら私のために原稿を書いてくれたり、思った以 ...

「好きなことは売れた後にやればイイ」ひろしが売れた理由

月収4000万円からゼロへ。しくじり先生ひろし。デビュー売れない頃に言われたアドバイス。そうなんだよな。好きな数学でなく勝てる現代文選んだ林修先生も、為末もサザンも玉置浩二もつんくも意に沿わない売れ線から。チューリップは財津がええカッコしいで連続売れず、売れ線「心の旅」でボーカルも甘い姫野で売れた。商品も起業も歌も本も店もつい自分が好きなことやってしまう。でも一般ウケするのはアナ雪みたいな自分が好きなことやろう!市場がデカい自己啓発本も。でもビジネスは自分だけでなく、客とライバルが決める。まずは食うために ...

日雇い派遣パン工場8時間で3キロ弱ダイエット!

念願?のパン工場で日雇い派遣バイト。裏が見たかった。「日雇いダイエット」「日雇い派遣ヘトヘト日記」暴露本を書くぞー!ランチはパン無料やし(サイテーやった)。それと現場で東南アジアや南米系の美女ナンパできるかもw。いゃ〜実際いた。インド人みたいな美女。まぁマスクで顔半分隠れてるのでわからんが、アッチ系は目が大きくてまつ毛長く、眉毛も天然ワイルド。カラダはドラム缶だったがw。いざ現場入るとサボる暇ない。秒速コンベアで流れてくる一度に6個パン焼き器5-10kgぐらい?何百個も持ち運んだ。メロンパンは1000個ぐ ...

人生は10年しかない

  ◆人生は10年しかない。無我夢中になれる条件 「命短し恋せよ乙女」 黒沢明監督の名作「生きる」のなかで、志村喬扮する一市役所の市民課長が、この歌を幸せそうに歌うシーンがありました。彼、渡辺勘治は30年間無欠勤という模範的な役人だったのですが、ある日、自分が胃ガンで余命幾ばくもないことを知らされます。早くに死に別れた妻との間にできた息子にも冷たくされ、絶望と孤独に陥った彼は、街へさまよい出て、飲みなれない酒を飲むのです。ああ、自分の人生はいったい何だったのか?・・・。 かれは生きることの意味を ...

ブログ 成功事例

涙の屠殺。感動の実話

😹 3日前、東京食肉市場の牛と目が合ったので

■坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。by Amazon

-----------------

坂本さんは、食肉加工センターに勤めています。
牛を殺して、お肉にする仕事です。

坂本さんはこの仕事がずっといやでした。
牛を殺す人がいなければ、牛の肉はだれも食べられません。

だから、大切な仕事だということは分かっています。

でも、殺される牛と目が合うたびに、仕事がいやになるのです。

「いつかやめよう、いつかやめよう」と思いながら仕事をしていました。

坂本さんの子どもは、小学3年生です。
しのぶ君という男の子です。

ある日、小学校から授業参観のお知らせがありました。 これまでは、しのぶ君のお母さんが行っていたのですが、その日は用事があってどうしても行けませんでした。

そこで、坂本さんが授業参観に行くことになりました。いよいよ、参観日がやってきました。

「しのぶは、ちゃんと手を挙げて発表できるやろうか?」

坂本さんは、期待と少しの心配を抱きながら、小学校の門をくぐりました。

授業参観は、社会科の「いろんな仕事」という授業でした。

先生が子どもたち一人一人に 「お父さん、お母さんの仕事を知っていますか?」「どんな仕事ですか?」 と尋ねていました。

しのぶ君の番になりました。

坂本さんはしのぶ君に、自分の仕事についてあまり話したことがありませんでした。

何と答えるのだろうと不安に思っていると、しのぶ君は、小さい声で言いました。

「肉屋です。普通の肉屋です」

坂本さんは「そうかぁ」とつぶやきました。

坂本さんが家で新聞を読んでいると、しのぶ君が帰ってきました。

「お父さんが仕事ばせんと、みんなが肉ば食べれんとやね」

何で急にそんなことを言い出すのだろうと坂本さんが不思議に思って聞き 返すと、しのぶ君は学校の帰り際に、担任の先生に呼び止められてこう言わ れたというのです。

「坂本、何でお父さんの仕事ば普通の肉屋て言うたとや?」

「ばってん、カッコわるかもん。一回、見たことがあるばってん、血のいっぱいついてからカッコわるかもん...」

「坂本、おまえのお父さんが仕事ばせんと、先生も、坂本も、校長先生も、会社の社長さんも肉ば食べれんとぞ。すごか仕事ぞ」

しのぶ君はそこまで一気にしゃべり、最後に、
「お父さんの仕事はすごかとやね!」
と言いました。

その言葉を聞いて、坂本さんはもう少し仕事を続けようかなと思いました。

ある日、一日の仕事を終えた坂本さんが事務所で休んでいると、一台のト ラックが食肉加工センターの門をくぐってきました。

荷台には、明日、殺される予定の牛が積まれていました。

坂本さんが「明日の牛ばいねぇ...」と思って見ていると、助手席から十歳 くらいの女の子が飛び降りてきました。

そして、そのままトラックの荷台に上がっていきました。

坂本さんは「危なかねぇ...」と思って見ていましたが、しばらくたっても 降りてこないので、心配になってトラックに近づいてみました。

すると、女の子が牛に話しかけている声が聞こえてきました。

「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ...」 「みいちゃんが肉にならんとお正月が来んて、じいちゃんの言わすけん、みいちゃんば売らんとみんなが暮らせんけん。ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ...」

そう言いながら、一生懸命に牛のお腹をさすっていました。

坂本さんは「見なきゃよかった」と思いました。

トラックの運転席から女の子のおじいちゃんが降りてきて、 坂本さんに頭を下げました。

「坂本さん、みいちゃんは、この子と一緒に育ちました。だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。ばってん、みいちゃんば売らんと、この子にお年玉も、クリスマスプレゼントも買ってやれんとです。明日は、どうぞ、 よろしくお願いします」

坂本さんは、「この仕事はやめよう。もうできん」と思いました。そして思いついたのが、明日の仕事を休むことでした。

坂本さんは、家に帰り、みいちゃんと女の子のことをしのぶ君に話しまし た。

「お父さんは、みいちゃんを殺すことはできんけん、明日は仕事を休もうと 思っとる...」 そう言うと、しのぶ君は「ふ~ん...」と言ってしばらく黙った後、テレビに目を移しました。

その夜、いつものように坂本さんは、しのぶ君と一緒にお風呂に入りまし た。しのぶ君は坂本さんの背中を流しながら言いました。

「お父さん、やっぱりお父さんがしてやった方がよかよ。心の無か人がしたら、牛が苦しむけん。お父さんがしてやんなっせ」

坂本さんは黙って聞いていましたが、それでも決心は変わりませんでした。

朝、坂本さんは、しのぶ君が小学校に出かけるのを待っていました。

「行ってくるけん!」

元気な声と扉を開ける音がしました。その直後、玄関がまた開いて

「お父さん、今日は行かなんよ!わかった?」

としのぶ君が叫んでいます。

坂本さんは思わず、「おう、わかった」と答えてしまいました。

その声を聞くとしのぶ君は「行ってきまーす!」と走って学校に向かいました。

「あ~あ、子どもと約束したけん、行かなねぇ」
とお母さん。坂本さんは、渋い顔をしながら、仕事へと出かけました。

会社に着いても気が重くてしかたがありませんでした。 少し早く着いたのでみいちゃんをそっと見に行きました。 牛舎に入ると、みいちゃんは、他の牛がするように角を下げて、坂本さん
を威嚇するようなポーズをとりました。

坂本さんは迷いましたが、そっと手を出すと、最初は威嚇していたみいち ゃんも、しだいに坂本さんの手をくんくんと嗅ぐようになりました。

坂本さんが、

「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんと、み んなが困るけん。ごめんよう...」

と言うと、みいちゃんは、坂本さんに首をこすり付けてきました。

それから、坂本さんは、女の子がしていたようにお腹をさすりながら、

「みいちゃん、じっとしとけよ。動いたら急所をはずすけん、そしたら余計苦しかけん、じっとしとけよ。じっとしとけよ」

と言い聞かせました。

牛を殺し解体する、その時が来ました。坂本さんが、

「じっとしとけよ、みいちゃん
じっとしとけよ」

と言うと、みいちゃんは、ちょっとも動きませんでした。

その時、みいちゃんの大きな目から涙がこぼれ落ちてきました。

坂本さんは、牛が泣くのを初めて見ました。 そして、坂本さんが、ピストルのような道具を頭に当てると、みいちゃんは崩れるように倒れ、少しも動くことはありませんでした。

普通は、牛が何かを察して頭を振るので、急所から少しずれることがよくあり、倒れた後に大暴れするそうです。

次の日、おじいちゃんが食肉加工センターにやって来て、坂本さんにしみ じみとこう言いました。

「坂本さんありがとうございました。昨日、あの肉は少しもらって帰って、みんなで食べました。

孫は泣いて食べませんでしたが、

『みいちゃんのおかげでみんなが暮らせるとぞ。食べてやれ。みいちゃんにありがとうと言うて食べてやらな、みいちゃんがかわいそうかろ?食べてやんなっせ。』

って言うたら、孫は泣きながら、

『みいちゃんいただきます。おいしかぁ、 おいしかぁ。』

て言うて食べました。ありがとうございました」

坂本さんは、もう少しこの仕事を続けようと思いました。

-----------------

10万部突破! 『JIN―仁―』で人気の漫画家・村上もとかさんも絶賛! 朝日新聞「天声人語」欄でも取り上げられ、学校での読み聞かせでも愛読されています。

西日本新聞社から刊行されている単行本『いのちをいただく』は、全国で感動を呼び、10万部を突破したロングセラー。『紙しばい いのちをいただく』も、紙しばいとしては異例の売れゆきを続けています。この名作が、新版として、手に取りやすい絵本になりました。

著者紹介

■原案:坂本 義喜(サカモト ヨシキ)
食肉解体作業員。
1957年、熊本県生まれ。15歳で親の仕事だった食肉解体業を手伝いはじめたが、1週間で辞めてしまい、大阪の食肉小売店で板前の修業を3年半行う。その後、熊本に戻り就職。現在の妻と出会い結婚。子どもが小学校に入学するときに、今の食肉解体業につく。この作品に出てくる一頭の牛との出会いで、自身の職業観や生命観が大きく変わる。子どもの小学校の先生からの依頼で、屠畜の仕事について、そしていのちをいただくことについて話したのがきっかけで、九州を中心に、学校や屠畜関係者などに向けて講演活動を続ける。

■作:内田 美智子(ウチダ ミチコ)
助産師。
1957年、大分県竹田市生まれ。国立熊本病院付属看護学校、国立小倉病院付属看護助産学校助産師科卒業。福岡赤十字病院参加勤務を経て、1988年、福岡県行橋市にて、産婦人科医の夫とともに、内田産婦人科を開業した。2004年、九州思春期研究会設立。事務局長をつとめる。また、文部科学省嘱託、性教育実践調査研究事業員をつとめ、現在にいたる。九州の学校を中心に、講演活動も続ける。著書に『ここ―食卓から始まる生教育』『いのちをいただく』『紙しばい いのちをいただく』(すべて共著/西日本新聞社)がある。

■講演で坂本さんが語るエピソードに感銘を受けた助産師・内田美智子さんが、本として綴った「いのちをいただく」。

10万部を超えるヒット作となった単行本は、その後漫画家の魚戸おさむさんがイラストを担当されて紙芝居に、そして今回絵本となって私たちのもとに届きました。

語る人、綴る人、描く人、作品として世に送り出す人。それを子どもたちに読み継いでいく人。様々な立場の人たちの想いがつながり絵本となった作品、こうして紹介する文章を打つ指も、自然に重たくなっていきます。

それほどに「命の重み」を強く問いかけられるのは、命を解かれている坂本さんご本人の声に基づいたおはなしだからでしょう。

生きるために食べること、食べるために働くこと、そして命を解くこと。全てはこのサイクルの上に成り立っている。

多くの生き物たちの命と人々の葛藤に支えられながら、私たちは今日も「いただく」ことができるのですね。by絵本ナビ竹原雅子

■絵本や紙芝居や反響は以下

https://www.google.co.jp/search?client=safari&hl=ja&biw=414&bih=714&sxsrf=ALeKk02uGMOStYao4gzbM1XGrym5tzTeNw%3A1606012525956&ei=bc65X7v3Odvh-Aaru4WABA&q=%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%8F+%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%96%9C&oq=%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%92%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%8F+%E5%9D%82%E6%9C%AC&gs_lcp=ChNtb2JpbGUtZ3dzLXdpei1zZXJwEAEYATICCAAyBAgAEB4yBAgAEB4yBQgAEM0COgQIIxAnOgQIABAEOgYIABAEEB46CAgAEAUQBBAeUIyQR1iPuEdgpdFHaAFwAHgBgAHhAYgBzQ-SAQYwLjExLjKYAQCgAQHAAQE&sclient=mobile-gws-wiz-serp

坂本さんのFacebook

https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Education/%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97%E4%BA%BA-%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%96%9C-1498474900371968/

 

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ, 成功事例

© 2022 人生は逆転できる!