最新エントリー

コロナワクチンで死にかけた友人の実話

【ワクチン副作用で重体】1/10万人の確率だが 友人がワクチン接種2回目直後、重篤な血栓で倒れてICU集中治療室で壮絶な入院後に復帰した全記録↓ ※「ワクチン 血栓」で記事多数 中村律子です。 ■これからワクチンを打つ方に大切なメッセージです。<要約>ワクチン接種1ヶ月は下記のことを注意。血栓ができやすくなる場合があります。 対策は ①水分を十分にとる ②座りっぱなしはNG(せめて1時間に1回は立って歩いたり、足踏みを!) 私は、ワクチン接種後5日目の、9/9〜9/29 21日間突然入院していました。ワク ...

日雇いやってみた

すごい日雇い労働ダイエット!さらにプライド捨てる修行。防塵衛生管理ちゃんとしてる埼玉県郊外の某化粧品メーカー下請け物流センターで、無料サンプル品送る小さな段ボール箱の組み立てと、大きな段ボール組み立てガムテープ作業を立ちっぱなし8時間!1日で2キロ弱痩せた!流れ作業でサボれない(コレ大事)強制労働で1万円貰って画期的なダイエット!私はフルキャストシニアに登録して日雇いのみ。常時雇われるのはイヤなので。今日もいたな。底辺肉体労働現場の嫌味な上司。いきなり怒鳴る「命令口調」が頭に来る。到着時の服装チェック男3 ...

ごみ収集バイトやってみた

日雇いやってみた。家庭用ゴミ捨て場を100ヶ所以上巡回。燃えるゴミ(生ゴミ多く重い)の袋を両手で2-4個つかみ、車後部の回転圧縮部へ投げ入れる。生ゴミはプシュ!と袋が破裂して中身の汚水が飛び出る。プラスチックや木のゴミはバキバキと破壊しながら巻き込む。なんか爽快な気分。でも「挟まれることありますよね」「他社で指2本切断したが、足の指を移植したらしい」。ベテラン社員と2人で満杯4回計12トンを焼却場へ。そうか。オレは今日約6トン手に持ったか。1日で2キロ痩せた。日雇いダイエットは凄い。慣れてきた午後は、ゴミ ...

業務スーパーのカレー美味い!

自作自演で史上最高に美味い!離婚後の自炊カレーほぼレトルト。2-3度ルーで作ったが鍋焦がしたりw。久々の今回はニンジン玉ねぎジャガイモごま唐辛子ルーは業務スーパーで。アメリカ産豚肉小間切れは西友浅草で。具沢山意識してザク切り大きめ水少なめが良かったか。業務スーパーPBルー辛口も私の舌に合った。足りないのは愛のスパイスw

私の夢リスト20211201かやのかつみ

2021年11/11「小さな会社ランチェスター式」セミナー動画

2021年11月11日 小さな会社ランチェスター式儲かる戦略① by 栢野克己かやの・セミナー講師  

元AV女優で日経記者出身の社会学者

「東大AV女優」「日経AV記者」などの肩書きをもつ文筆家の鈴木涼美氏が、自身の体験をもとに綴る“警告”後編である。鈴木氏によれば、会社員としての女性社員の生き様は、大きく分けて「社外評価重視型」と「社内評価重視型」の2つ。前者のタイプだった鈴木氏は、仕事姿勢をフォローしてもらうために社内の人間と肉体関係になった経験があり、毎回、大変悲惨な事態に陥ったという――。 例えば、入社して手始めに寝てみた2人の子持ち、30代の中堅社員は、その後、上司から私を守ったり、なんなら私のために原稿を書いてくれたり、思った以 ...

「好きなことは売れた後にやればイイ」ひろしが売れた理由

月収4000万円からゼロへ。しくじり先生ひろし。デビュー売れない頃に言われたアドバイス。そうなんだよな。好きな数学でなく勝てる現代文選んだ林修先生も、為末もサザンも玉置浩二もつんくも意に沿わない売れ線から。チューリップは財津がええカッコしいで連続売れず、売れ線「心の旅」でボーカルも甘い姫野で売れた。商品も起業も歌も本も店もつい自分が好きなことやってしまう。でも一般ウケするのはアナ雪みたいな自分が好きなことやろう!市場がデカい自己啓発本も。でもビジネスは自分だけでなく、客とライバルが決める。まずは食うために ...

日雇い派遣パン工場8時間で3キロ弱ダイエット!

念願?のパン工場で日雇い派遣バイト。裏が見たかった。「日雇いダイエット」「日雇い派遣ヘトヘト日記」暴露本を書くぞー!ランチはパン無料やし(サイテーやった)。それと現場で東南アジアや南米系の美女ナンパできるかもw。いゃ〜実際いた。インド人みたいな美女。まぁマスクで顔半分隠れてるのでわからんが、アッチ系は目が大きくてまつ毛長く、眉毛も天然ワイルド。カラダはドラム缶だったがw。いざ現場入るとサボる暇ない。秒速コンベアで流れてくる一度に6個パン焼き器5-10kgぐらい?何百個も持ち運んだ。メロンパンは1000個ぐ ...

人生は10年しかない

  ◆人生は10年しかない。無我夢中になれる条件 「命短し恋せよ乙女」 黒沢明監督の名作「生きる」のなかで、志村喬扮する一市役所の市民課長が、この歌を幸せそうに歌うシーンがありました。彼、渡辺勘治は30年間無欠勤という模範的な役人だったのですが、ある日、自分が胃ガンで余命幾ばくもないことを知らされます。早くに死に別れた妻との間にできた息子にも冷たくされ、絶望と孤独に陥った彼は、街へさまよい出て、飲みなれない酒を飲むのです。ああ、自分の人生はいったい何だったのか?・・・。 かれは生きることの意味を ...

ブログ 逆転バカ社長 私の履歴書

追い込まれ、本の出版にチャレンジ

こうして事務所に閉じこもり、3月の中旬までになんとか24名の人生逆転物語(+約50人の短い実例)をまとめました。本にするには充分な量です。実は24人中、10名前後の物語はすでに書いていました。過去3年、毎年3ヶ月程度で本を書くのに挫折してましたが、気づけば10人分は溜まっていたんですね。三日坊主、三ヶ月坊主、三年坊主と挫折しても、また再開継続すれば「チリも積もれば山となる」ですね。

しかし、全体の構成がどうもうまく行きません。作家・中島孝志さんの「40歳からどう書くか」という<本の書き方本>を読んだり、市民バンクの片岡さんや竹田先生からもいろいろとアドバイスをもらいました。が、唸るだけで前に進めない日々が続きました。

そんなとき、横目で見ていた妻が「私が考えてみるわ!」と一気に全文を読んでくれ、サラサラと目次を書いてくれました。これが突破口になり、全体の構成・目次が決まりました。人物伝の寄せ集めですが、なんとか形になりました。

次は出版社への売り込みです。コネや紹介はなし。インターネットや本屋で調べた情報を元に約30社をピックアップし、企画と要旨と原稿の一部を一気に送りました。ダメモトで、まさに当たって砕けろですね。

反応は意外に早く、約2週間の間に、約半分弱の出版社から次々に「今回は見送ります」「残念ですが・・・」と落選の通知を受け取りました。あとで聞くと、無名の新人が売り込んだ場合、大半の出版社は原稿を見もせず、断ることが多いそうです。大手出版社になると毎日数十通以上の売り込みがあるらしく、一々原稿を読む暇はないと。そうでしょうね。本の原稿を読むのは大変ですからね。

ただ、原稿企画を送って1週間後、日本実業出版社の編集担当の方から「原稿受け取りました。個人的には興味あります。しかし、福岡の無名起業家ではインパクトに欠けます。残念ですが、又の機会に・・・」とメールをもらいました。

東京の出版社にとっての難点は、今回の本の内容が福岡の無名中小企業であること。中には「やずや」や明太子「ふくや」とか仏壇「はせがわ」など、全国的に名が売れた会社もありましたが、大半はほとんど無名の社長です。

出版化はやはり無理か・・・・。そんなとき、竹田先生から「もし出版で資金が足りなければ協力します」とFAXをもらいました。ビックリしましたね。自費出版のようにある程度金を出せば出版社もリスクが減るため、出版OKの可能性が高まりますよと。

自費出版の場合約300万円かかり、もちろん私にはそんな余裕はなかったし、竹田先生から借りるつもりもなかったのですが、なんとも有り難い申し出には感激しましたね。友人知人へお金を貸すというのは、様々な意味で大変な決断がいりますからね。

当時の私の日記より 2002年

●3/22さあ、何をやるのだ、栢野。もうお金はない。借金・出資金を考えると実質ゼロだ。まだ、手元に数百万円あるが、それはないのだ。そして、何をせずトモ、毎月70万円は事務所経費や生活費で消えている! 今は月の売上は100万円もない。借金は300万円。ヤバイぜ。しかし、上のやつはどれも元手がかからない。自分の頭と腕と体だけでできる。考えてみれば凄いことだ。どれも仕入れがない。商品の在庫を抱えることはない。やればできる。去年、職安リストを元に飛び込み訪問をした。わずか1カ月程度だ。しかし、それで不動産総合センターを受注。この1年で140万円・粗利20万円を受注した。今後もこの売上は伸びるとして、毎年100万円の受注があるとしたらデカイ。こういうお客さんの積み重ねだ。不動産総合センターは年間7回のお客。他に、大成はほぼ毎月。ホームテックは年に8回くらい。他に年に1回、年に5回、年に10回、そういう客を見つけて積み重ねだ。ダスキン伊藤を見よ。2週間に1回で3000円かもしれないが月で6000円。年で7万円。こういう客を150件で1050万円。彼は実際の年収は約800万円だから、売上は2000万円くらいか。1件当たり数千円の積み重ね。まさにコツコツコツ。素晴らしい。

●3/23さあ、栢野。やるんだ。行動だ。何をやるか。求人広告に絞るか、販促広告もやるか。チラシか。パンフか。コンサルや講演や本の執筆などは後回しだ。あれやこれやはできない。絞る。できることは何だ。広告。何が問題だ。自分一人で営業からコピー・制作までやっていることか。じゃあ、制作は外注しろ。いや、私の売りはコピーだ。コピー一つで広告効果は変わる。それは自分しかできない。職人だ。職人に徹する。うーん、どうしようか。自分ができる範囲でやる。ターゲットを絞る。自分にしかできないことは何か。オンリーワンは何か。栢野のオンリーワンは。やはり、コピー力。文章力。取材力。人を動かす文章力。文章で人は動く=集客・求人。人が集まる求人広告。人が集まる販促広告。コンサルタント。アドバイス。何かの販売。何だ。俺ができることは。ビスカスのような税理士紹介業。ジャパンアーツ。営業力のない作家と、仕入れ力のない百貨店。この双方をつなぐ商社。そして、百貨店の売場で販売する力。今の求人や販促広告の分野では、競合が多い。何か、競合が少ない分野は。そして、50代になってもできる仕事は。俺の過去の成功体験は。

\ スポンサーリンク /

オススメ

-ブログ, 逆転バカ社長, 私の履歴書

© 2022 人生は逆転できる!