東京◆6/23(土)「人生経営計画+事例+ドラッカー」

投稿日:2012/6/13 更新日:

当日の様子やDVDはこちら

■参加申込☆自己紹介■ボストン留学・小松代表・高校卒業後、アルバイトをした後、TOEFL320点(英検4級程)で米国留学にチャレンジ。1999年、マサチューセッツ大学・社会学部を首席で卒業。日系メーカーで海外営業を経験。留学とビジネスでの海外経験を生かし、2008年、留学にチャレンジする方の支援をスタート。■乾 真人さん・(株)優艶化粧品:代表取締役・金粉入りのスキンケア化粧品の販売と金箔エステサロンを営んでいます。小ロット(100個10万円)で化粧品を作るノウハウを提供し、全くの素人からオリジナルブランドを立ち上げるお手伝いを始めました。■佐藤栄作さん・一級建築士事務所■社労士■行政書士■ISOコンサル■コモエスタホールディングス合同会社・村田代表・年齢51歳、起業して金を稼ぐしかないと考え、昨年10月に会社設立。■社会人5年目の公務員です。今年度初めて異動し、色々なことに行き詰まってます。自分を変えたい!そんなきっかけをくれそうなので、参加したいと思いました!■南部光一郎さん・アイクロス(株)代表:大変ご無沙汰しております。10年ほど前、某団体セミナー岡山で接近戦を交わさせて頂きました。久々にお顔を拝見しに参ります。■<女性>20代営業です。刺激をたくさん受けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。■秦洋一さん:横浜GOGOデザイン・栢野さんが東京に来られるというのと、今回中山さんもいらっしゃるというので、即決しました。現在コピーライティングを強化している毎日です。僕のお客さんも参加を決めていたので楽しみにしております。■一度バカリーマン@四谷のセミナーにも参加したことがきっかけで竹田先生、栢野先生のランチェスター戦略に興味を持ちました。現在の仕事は広告代理店である企業を局地戦による地域ナンバー1にすべく日々、奮闘しております。【過去から現在】がむしゃらに勉強したわけでもなく、不良だったわけでもなく、仲間を大切にしたわけでもない30年間を決別し、自分の人生を正すために2010年11月から勉強を始めました。(が、もがき苦しんでいます)【夢】「バカでも年収1000万を読んで、その通りに行動したら年収1000万になった」を実現させることが最初の明確な夢です。2011年10月年収350万円・2012年6月現在年収500万円■梶原丈典さん:株式会社フィールドアップ:千葉で印刷業をしています。紙の需要が減ってきているので、紙以外の印刷に挑戦中です。栢野さんいつもご指導くださりありがとうございます。6/22成田に引き続いて参加させていただければと思います。■鳥取県在住30代です。現在はOO会社の営業部門に勤めていますが、勤めながら起業の道を模索しています。■「人生経営」の考え方を世の中に広めたいと思っている会計事務所の職員です。はじめて栢野さんのセミナーに参加させていただきます。■「小さな会社・儲けのルール」で御名を知りました。理屈だけでなく様々な体験と実践をされている方のお話を直接お聞きしたいと思い参加申し込みを致します。■人生一発逆転!無借金経営から明るい老後(^o^)v・某建材会社・経営者■日本のエレクトロニクス系をメインに中小設計開発会社の営業、マーケティング支援をしてます・経営者■野澤和弘さん: 株式会社ビークル代表取締役:手帳評論家として書籍などを書いてきましたが、検索できるメモ帳「ScanHack」というメモ帳を発売。資本金10万円でコクヨやキングジムに挑みます。その他にもアイデアはありますが、ビジネスモデル、段取りが見えない。尊敬する栢野先生(そりゃ誤解・笑・栢野)の薫陶を受けて自分に活を入れるつもりでうかがいます。◆他

☆6/23(土)東京「人生経営計画セミナー」

☆人生も経営も逆転できる!2012年下期【満員御礼】

☆2012年6/9大阪編

※お陰様で「小さな会社☆儲けのルール」は2012年も増刷で10万部超

1部◇日本一の広告漫画会社・起業成功体験談

2部◇販促コンサル・中山マコトさんの体験談

3部◇小さな会社☆儲けのルール【最新事例69連発】

4部◇夢を叶える人生経営計画の作成+質疑【ミニ版】

◆1部・飛び入りゲスト!販促コンサル・中山マコトさん
◇起業体験+売れる販促のコツをお話戴きます

(アマゾンより)著者はコンビニ、飲食店、酒販店、量販店、百貨店などの多岐にわたる業態の販売促進、マーケティングで実績を出してきた。そんな販促のプロが、どんなテーマに対しても力を発揮するキャッチコピーの書き方を編み出した。それは、人からきいた気持ちからいい言葉を見つけ出す、というもの。かつてないキャッチコピーの書き方10の法則や、新しい売り場の作り方、POPの書き方まで伝授する。◇ネットでも、POPでもたった1行で、商品が動き出す!お店の売上げをアップさせ続けてきた販促のプロが教える、かつてない10の法則。◇シンクロニスト。売れるヒントは人から訊き出せ!がスローガン。「自分以外の人のコトバ、発想」から、売れるための材料を手に入れ、それを企画・コピーに落とし込んでいく「キキダス・マーケティング」の実践者。売れるネタを引き出すインタビュー術に定評がある。これまで20年にわたって、マーケティング、広告制作、コピーライティング、商品のネーミング考案、販売促進、集客を手がけてきた。小売業、飲食業、サービス業の強化、立て直しに圧倒的な手腕を発揮している。ホームページ

←◆未定・この著者で名刺コンサル・福田さんがもしかしたら乱入かも!大手広告代理店等を経て、過去に対人恐怖症を克服した経験から初対面で仕事が取れる名刺メソッドを確立。“名刺は命使”(命の使い方を名刺で瞬間伝達)を掲げ、専門誌・業界誌・WEBにコラム掲載。J−WAVE・日刊ゲンダイ・ビッグトゥモロウ・アントレ・ゆほびかGOLDなど、ラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに取り上げられる。

20120613_1

岡崎充さん◆2部講師(株)トレンド・プロ代表取締役 岡崎充さん

広告マンガ制作会社として日本初、日本一の実績。社員数1万人、年商1兆円の大企業で活躍、中小企業勤務経験から起業の第一コンセプトは、「大企業ができないやらないことしかやるな!」です。そうしないと必ず倒産します。業種業態は好きなものをやればいい。

■経営信条は「日本初」と「日本一」
■経営戦略は「ランチェスター戦略」と「戦わない経営」

◆1975年4月
福岡大学工学部電気工学科入学・クラス100名中女性は僅か。学生自治会クラス代表委員になり近隣女子大との合コンを企画、中州で実施。しかし自分は参加せず翌5月同大学退学

◆1975年5月
ブリタニカ日本支社入社(19歳) 正社員だが完全歩合制であった。英語教材販売セールス。ここで初めてセールスマニュアル、ロールプレーイング、応酬話法を学ぶ。どうすれば人はモノを購入するか、という心理学を応用した販売システムである。現在日本で行われているマーケティング、セールスの源は元を辿ればここに行き着くと思っている。今考えてもこのブリタニカという会社のダイレクトマーケティングシステムはすごかった。お客様が買わない理由「NO」は5つしかない。その「NO」それぞれに対してこちらは10個の弾(応酬話法)を持っている。人はだいたい2つの弾を投げれば次の「NO」に移る。その繰り返しをしていくと最後には、「YES」と答えるしかなくなる。恐るべき心理戦であった。入社30日後に初めて契約を頂けた。その時の情景は今だに覚えている。契約書を頂いて玄関を出た時には本当に世の中が違って見えた。3ヶ月目に月収30万円になる。大学新卒給与が4万円台の時代である。

◆1976年4月
中央大学理工学部入学(20歳) 月の仕送り2万円生活が始まる。下宿は3畳一間6,300円であった。理工学部唯一の体育連盟、理工ボート部に入部。年間130日戸田の合宿所に泊り込み。学生選手権にも出場した。3年夏から主将となる。バイトは、時間効率を考えて家庭教師である。週2回で多い時は3件、週6日家庭教師をやった。教える教科は数学。数学嫌いの高校2年生がクラスでビリからトップになった時は嬉しかった。自分でやるより人に教えて成果を出させる方が得意かもしれないと当時感じた。専攻は、マーケティング・多変量解析・数量化理論。就職活動は、6社応募して5社に内定を頂く。

◆1980年4月
ヤマハ発動機(株)入社(24歳)当時技術系で入社した場合、トヨタやホンダ含め地方の工場・研究所勤務である。耐え難くヤマハに事務系入社。まずは全員営業ということで2ヶ月間の研修後東京支店城東営業所に配属される。本社の企画へ行きたかったがトップセールスになるしか行く方法が無いことを知る。トップセールス目指して1に仕事、2に仕事、3、4抜かして5に女性という日々。とにかく有給休暇など聞いた事も無く夜討ち朝駆けでヤマハのシェアを上げる為に戦い抜いていた。将来、起業の夢がありその為にも営業力が必須と考えていた。83年下期東京支店(関東エリア)でトップセールスになる。84年7月念願の本社営業部企画課へ配属。このセクションでは課長以下5名のスタッフで国内の営業戦略全般の政策を構築する部署であった。その領域は、商品戦略・宣伝・SP・チャネル戦略・社員教育・マニュアル作成・マーケティング調査・新規販売網構築など多岐にわたる。86年国内営業戦略の柱に私が提案したVOIS(victory original information system=顧客管理代行システム・ボイス)が選ばれプロジェクトリーダーとなる。これは全国のオートバイ購入者の顧客データをヤマハが代行管理しマーケティングや販売店サポートに活かすことが目的。

大企業の場合この手の大掛かりなプロジェクトを行う前には本社内で関連部署の責任者達に承諾を頂く儀式がある。そのプレゼンの席上でPLである私は一つの賭けに出た。まず資料は配らない。そして「マンガを使った紙芝居」でプレゼンしたのである。これは大好評で評判となり満場一致で承認を受ける。会議終了後、他部門の部長さんたちから「岡崎君、今日の話はすごく良かった、これからの時代はマンガだな、あの方が判りやすい、いやー頑張ってくれ、○○部も応援するから・・・」多分この部長さんは、プロジェクトの内容よりも「マンガ」「紙芝居」という演出に感激してくれたんだと思う。でも人間と言うのはそういうものかもしれない。
母の死去をきっかけに退社(独立する覚悟であった)

◆1987年2月
某博多ラーメンフランチャイズ本部に転職(31歳)
本部管理部長、加盟店の募集・指導・宣伝・広報・マニュアル制作等を担当。独立せず転職したのは、ラーメン店開業の資金がなかったからである。当時はバブル絶頂期で銀座に10坪のラーメン店を開くのに3000万円は必要だった。(九州の実家を売ってもそんなお金は無かった)1年半後退社、いよいよ独立である。ラーメンではなく・・・。

◆1988年10月
株式会社トレンド・プロ設立(33歳)
知人の勧めでコーヒー豆の焙煎・販売業をやろうと思い創業。しかし私の営業力をしても他人様にはブルマン1袋、980円しか売れなかった。45日で即撤退。やはり「人のやらない、やれないこと」を事業化するしかない、と昔を思い出して「広告マンガ制作事業」を考えた。まだ日本では誰もやっていなかったからである。新規事業のメリットはいくつかある。その一つがパブリシティー効果である。「日本で初めて」ということで沢山のマスコミに取り上げて頂いた。日経新聞・日刊工業新聞・日経ベンチャー・夕刊ゲンダイ・ビッグトゥモロー・ドリブ・・・。当時テレ朝でトゥナイトという番組があった。秋元康さんのコーナーで30分ほど紹介された。この効果は絶大で、翌日から会社の電話は鳴りっぱなし。全国から仕事の依頼ばかりではなく、スタッフや社員の希望者、はたまたこの事業はオレの方が先に考えていたなんて伝えてくる方もいました。パブリシティというのは面白いもので、記事が記事を呼びお客様を呼び、スタッフを集める効果があった。この時にマスコミへのアプローチ、対応を習得。後日電通の友人に聞いたところ、広告効果は2000万円と言っていた。

3年後には同業者が10社ほどになり、彼らもマスコミに登場するようになる。7割方の同業者はお伺いを立てて挨拶に来てくれ「仲良くやりましょう」なんて言って一緒にお酒を飲んだりもしていました。発注いただくクライアントさんも多種多様で毎月5社ほどの新規取引先が増えていた。1年目に50社、2年目には100社というペースである。社員を増やし対応していたが好景気がずっと続いたわけではない。そのうちバブル経済が崩壊し弊社も危機感を持つ。その頃から増え始めたのが官公庁からの依頼であった。千葉県の環境白書のマンガ版は94年から5年間制作され、県内の小中学校に全校配布された。環境庁から出ている「環境白書」のマンガ版は出版物として92年から2001年まで8冊出版された。日本銀行からは、92年、98年に金銭教育マンガ、99年にアニメ版を受注、これも全国の小中学校に配布された。

一番辛かったのは、1998年である。営業会社なのに営業マンが全員辞めてしまった。うーん、倒産するかもと正直考えた。やはり売上の前に品質だろうと社内制作者を強化していった。デザイナー、ディレクター、漫画家である。もがいている中で会社のホームページからポツポツと仕事が舞い込んでくるようになった。2000年頃からインターネットの普及が加速化してくる。不思議なものである。ホームページが営業マンの働きをしてくれるのである。2010年現在は毎日の様にホームページから新規の問い合わせ受注が入ってくる。 その30%が受注に至る。現在も営業マンはいない。広告宣伝費もゼロである。 この好循環が始まってから収益性が極めて良くなった。

◆2005年10月
大企業・中小企業のサラリーマン経験、起業経験、倒産危機を乗り越えた経験を生かし、起業家や起業を目指す意欲ある方への支援を積極的に行っている。大学生を対象とした就職・人生指導塾「岡崎塾」を運営。

◆2009年9月
NPO法人「日本漫画総合研究所」設立準備中。初代代表理事に就任予定。

◆2009年10月
第21期決算、過去最高の売上額を達成。(前年対比112%、5年前対比178%)

◆2012年6月5日
会社の借入金を完済。無借金経営となる。

トレンド・プロのホームページ

20120530_2

知ってました?「戦略」という漢字は何千回も見ていたはずですが、この語源には気づきませんでした。驚きですね。まさに言い当ててます。ちなみに、「ニッチ」は狭い市場とかいいますが、生物の棲み分け・共存共栄という意味も。いや~仕事・経営ってオモシロイですね。人生そのもの。

3日後ですが、愛知県豊橋セミナー合宿の帰り、京都で気楽なミニセミナー+交流会を企画しました。【1部】はこの1年間苦悩し続けている次作「人生を逆転するドラッカーとランチェスター<自己実現編>」のキモを公開。誰もが知ってるドラッカーですが、凡人には超難関で解読不能。が、この1年でドラッカー本を100回は読み返し、さらに、全体の9割を占める社会評論や大企業サラリーマン向けの部分は飛ばし、中小零細企業と個人にわかりやすい部分に特化。3回ほど他で話して大好評だったので京都でもプレセミナー。【2部】は小さな会社の最新成功事例を時間の許す限り。【3部】は今年後半の人生計画・経営計画+将来の夢をその場で書き、希望者・有志がいればその場で発表+皆からアドバイス合戦を。

終わったあとは近所で軽く一杯やりましょう!

20120530_1

◆これは同じ内容・大阪・仙台のアンケート結果です。

■成功事例(一部)

69悪徳に学んだ売れるトークスクリプト・台本セールス
68貴方のミッションキャッチプロフィール社名作成
67ユニフォーム100社アンケート25歳+顧客維持
66半径500M600世帯で売上5倍になったエステ
65やずや年商5億25000人の頃にやってたこと
64広告費は使わず大繁盛ONOえこひいき戦略
63天職・願望・天命・使命・宿命・理念・戦略・戦術
62欠陥住宅の客観的な診断調査で粗利1億
61年商6000万が3年で9000万ほか弁の営業法
60ハガキ15枚で年収2500万円生保営業マン
59チラシを超える年商30億リフォーム会社営業法
58商売人は永遠のウソをついて奇跡を起こせ!
57大手がやらない石けんでネット年商3億弱
56ダメリーマンからドラッカーコンサル100万部
55転職40回経て塗装職人リフォームコンサル
54ダメ人間が雨漏り110番で年商2億日本一に
53「アパート修理その前に」で小成功保険屋
52ダイニチのリフォーム見学会チラシポス3連発
51チャットレディは年収1000万+年商59億円
50ダスキンI・コラボ営業で九州一・初心開業医
49エミールクーエ・世界初のプラス思考
48沖縄教育出版・ウコン年商15億経常3億の秘密
47でんかのやまぐち・口先トーク+クレジット50%
46スゴイ税理士・OOOを年間3600枚!
45日報で業績アップ・中司コンサル
44ミカロジ・運送会社のスゴイ新規開拓法
43宇都宮中古タイヤ・アップライ齋藤・ゴミ
42動画活用=Youtube・ユースト+フェイスB
41定番の成功哲学・早起き掃除ありがとう他
40やずやのパクリで200億えがお
39高額納税起業家アスリート山川雅之の奇跡
38日報コンサル中司+富田+横須賀行政書士
37・中国茶で世界一目指す広州の大高勇気
36・広州で不動産と飲食成功は性交がポイント
35・現地本屋日本語コーナー中国女性をナンパ
34・開業アドバイザーでも成功の店舗デザイナー
33・途上国相手に笑いが止まらない車屋さん
32・リピートコンサルがリピート注文取るために
31・トナー通販社長が目覚めたきっかけと戦略
30・繁盛美容室と増客コンサルがやってること
29・カツラのネットアナログ販売<お客様の声>
28・無料コーヒー出して<しゃべり場>家具店
27・年間150回講演依頼A4一枚コンサル講師
26・倒産から復活笑い止まらない住宅リフォーム
25・50代後半クビボーナス450万円のコンサル
24・セールスもダメ人間が編み出した勉強会営業
23・破産から再起してもう年商2億の飲食業
22・リストラ脱サラ2年で笑いが止まらない運送業
21・繁盛天神居酒屋のネクタイ営業方法
⑳兵庫三田市で繁盛している大工さん
⑲地方都市繁盛の税理士「私は運がいい!」
⑱笑いが止まらない中古車販売店
⑰笑いが止まらないネットコンサル
⑯笑いが止まらないアジア進出コンサル税理士
⑮笑いが止まらない台北在住経営コンサルタント
⑭笑いが止まらないバンコク在住人材紹介会社
⑬笑いが止まらないベトナムラオスの不動産会社
⑫ダメ社員からボーナス450万円と大逆転
⑪成約率抜群の無料サンプル
⑩笑いが止まらない田舎の税理士営業法
⑨脱サラ半年で軌道に乗ったありがとうハガキ人
⑧整体士で成功お客からスカウトされて天職発見
⑦父親が強盗強姦犯人中卒本人逮捕芥川賞
⑥コンサル講師出版対象セミナーも盛況
⑤起業2年間ダメニート年間粗利5000万円自営
④革ジャン専門洗剤販売小成功のネットショップ
③中小企業向けセミナー繁盛のホームページ屋
②バカ相手の携帯通販7億の不良社長
①大手に完勝過去最高の零細英会話学校

☆6/9大阪セミナー

◆3部4部エラソーな口先講師◆栢野克己/カヤノカツミ
◆アジア一過激な小企業コンサル・講演家。全部で18万部→「やずやの秘密」「弱者の戦略」「小さな会社★儲けのルール」「逆転バカ社長:天職発見の人生マニュアル」はアマゾン<中小企業経営>ジャンルで7年300週~現在までベストセラー第1位~5位。台湾(中国語)・韓国・タイ・インドネシアでも出版。零細企業☆人生逆転の事例講演・執筆・勉強会主催の(株)インタークロス代表取締役。主催のセミナー交流会「九州ベンチャー大学」や「経営人生計画セミナー」「早朝マーケ会」「個別相談会」は17年1000回を越え、累計で約1万人参加。全国+アジアで年間講演約100回+勉強会100回が自主ノルマ。2006年~2007年に家族で1年間の世界一周を実現!夢は全世界で1000万部の著書+世界200ヶ国渡航■福岡県立小倉西高校は裏口入学・立命館大学卒。新卒入社のヤマハ発動機を9ヶ月でノイローゼ退社、バイトのリクルートは3年弱で正社員試験落第。失意と復讐を誓い、大阪のIBMリースへ転職するが、またも仕事失敗+ウツ+婚約破棄+自殺未遂で退社。東京へ逃げ、半年失業後チラシ宅配ベンチャーへ転職。しかし、そこも詐欺的FC会社でまたも転職に失敗。もはや「同級生に勝つには独立しかない」と決意し、様々なセミナーや交流会に参加後に「無料職業相談業」で起業。しかし、半年で金がなくなり、出版社:ビジネス社でテープ起こしのバイトをするも先の人生が見えない。そんな92年実家が他人の連帯保証1億円かぶり博多へUターン。6度目の転職で広告代理店へ。同時にビジネス交流会「九州ベンチャー大学」立ち上げ。 95年、借金返済のため2度目の起業。97年完済するも実家失い親は自殺。2002年~今までの人生への復讐スタート。お楽しみはコレからだ。

◆2012年6月23日(土)13:00~17:00 ☆出入り自由・当日飛び込み可

◇1部13:00~14:00トレンド・プロ社長体験談
◇2部14:00~15:00中山マコトさん体験談

◇3部15:00~16:00成功事例69連発

◇4部16:00~17:00経営人生計画ミニ版
※有志・希望者のみ発表+皆でアドバイス

※終了後、有志で魂の懇親交流会

◆参加費◇各2000円=1部+2部+3部+4部=5550円

※お支払いは当日受付で。※【満員御礼】

◆場所:神田・アットビジネスセンター
◇東京都千代田区鍛冶町2-7-2 神田駅前ビル3階◆会場の地図
・JR線「神田」東口・銀座線「神田」1番・徒歩1分
◆主催・(株)九州ベンチャー大学・栢野克己◆活動取材記事はコチラ

-セミナーのご案内

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.