「私が社長です」アパ社長が凄かった!

投稿日:

ココ限定マル秘◆心にスイッチ入る!30分ナマ音声ファイルは以下。最後拍手で終わって無音30秒後に私の追っかけ会話も聴いて。面白いよ

なんとアパ「私が社長です!」は商標登録!■見直した!凄い!若い!夫婦とも怪物だ。72には見えん!M&A会社の客寄せパンダで1時間講演だし、今さら聴いてもね。でも念のために来たら大当たり!生ライブこその迫力!イメージ超えた!一気にファンになった!録音禁止?聞いてないよ。元谷会長・夫は田岡ランチェスター戦略の本で成功したと公言※以下コメント欄に記事 でコネづくりに。■Wiki 元谷 芙美子(もとや ふみこ、1947年7月8日 - )は、日本の実業家。アパホテル社長。歌手としても活動。旧姓・西川。 ニックネームはアパ社長。福井県福井市出身[1]。1歳のときに福井地震で生家が倒壊したが、落ちてきた観音開きになった仏壇に守られて助かった[2]。お茶の水女子大学に進学すること、学校教員になることを夢見ていたが[3]、父親が鉛中毒で倒れたため、福井県立藤島高等学校を卒業後、福井信用金庫に入庫[1]。北陸に拠点を置く金融機関の労働組合の会合にて、小松信用金庫(現・北陸信用金庫)に勤務していた元谷外志雄と知り合い、結婚した[1]。1971年、夫・外志雄が起業した信金開発株式会社(現アパ株式会社)の取締役を経て、1994年、アパホテル株式会社取締役社長に就任した[1]。

半生での不幸を話題に講演を行ったり、不幸を克服した「強運」を売る「ふみこ携帯ストラップ」を作り自社ホテルで販売するなど、自社の広告塔として活動した[4]。「私が社長です」のキャッチコピー、派手な帽子とミニスカートレディーススーツの“正装”風の姿、メディアへの大量露出で有名社長となる[4]。

2001年、法政大学人間環境学部入学[1]、2005年卒業。法政大学在学中、秘書にノートを取らせる事が問題となり、同席しないよう指導を受けた。 また、ホテルの優待券を配布する事もあった。早稲田大学大学院公共経営研究科に入学、2006年3月に修士号を取得、同年博士課程に進学した[2]。その後、本人は博士課程を修了したと述べたが、博士論文を提出し、博士号を取得した記録は存在しない。本人は単位取得退学のことを修了と表現したようであるが、在学期間内に博士号を取得しなかった場合、修了とは言えない[3][5][6]。

東京国際大学客員教授[3]。■凄いダンナや他の情報は以下

アパはランチェスター戦略でやったby会長の夫

顔出し広告で誹謗中傷の嵐を受けた

一番売れてるランチェスター本

 

-ニュース, セミナーのご案内, ブログ, 成功事例

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感☆ , 2019 AllRights Reserved.