最新エントリー

ニュース セミナーのご案内 ブログ

成功の近道はパクリ!守破離!

「考えるな。パクるんだ」by ブルースリー栢野 ■WinはMac、スタバはイタリア珈琲、リクルート社は米キャリア誌、日本はほぼ全部欧米のパクリ。中国も欧米日本TTPで大発展! ■成功への近道は「パクリ!?」そんなの卑怯だ!ズルい!とバカにして、最近まで我流オリジナル正義でやろうとしてた凡人のオレが馬鹿だった!天才ジョブズもエジソンも、ユニクロもセブンイレブンもチキンラーメンも先人を素直に学んで真似てパクって守破離大成功。子供は親や先生や友達のマネ環境で育つ。良くも悪くも恐ろしい。ひねくれモンホリエモンも「 ...

セミナーのご案内 逆転バカ社長

お笑い講演になってしまったw by栢野

今朝の講話YouTube↓お笑い系になってしまったw。偶然観た江頭2:50の影響か?ホワイトボードは何のため? ■2/21東京 http://urx3.nu/TowL ■2/28金沢 http://u0u1.net/vDpW ■メルマガ http://bit.ly/x0iCND ■公式サイト http://yumesenkan.jp/ ■個別相談 http://bit.ly/2q2v7lr ■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は http://amzn.to/2finYCs

ニュース ブログ

The Lanchester Strategy for Manegement by Yoichi Takeda

Foreword    Let us agree that a small company, a principal subject in this book, means a company that employs no more than 100 workers. Now consider a small company where people are not paid fixed salaries, but by percentage. De- spite being surrounded by ...

セミナーのご案内 セミナー勉強会の予定+実績

東京2/21「起業する勇気」小さな会社お店FC加盟の成功体験談と交流会

残4。なんと現在売上400億営業利益30億の某LCC航空会社が、ベンチャーだった頃の元社長も参加。残念ながら2004年に実質倒産=民事再生みたいな産業再生で国とANAの傘下になって再建大成功!本業は小さな衣服リフォーム業という奇想天外偉大な貢献者です。今回一から出直すそうです。他にモスクワ留学やニュージーランドや日本で4-5社の起業経験ある奇人変人も。■メイン講師2人のプロフィールは以下 参加出来ない人へ動画音声 カヤノです!今回はニッチ日本一クラス。感心感服する2人の起業家を招いて起業体験談を。※航空ベ ...

ニュース セミナーのご案内

「無料」福岡2/6モーニングセミナー

※会場が博多駅のホテルクリオコート博多へ変更 【無料】2/6(木)朝6-7時・中洲倫理法人会主催 【場所】博多駅筑紫口のホテルクリオコート博多 ※ノーアポ飛び込みOK・有志で朝食会あり ※話は「逆転バカ社長」ダメ人生逆転成功事例 ■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は http://amzn.to/2finYCs ■個別相談 http://bit.ly/2q2v7lr ■1/25福岡 YouTube勉強缶ビール会 ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■2/21東京 起業成功体験談1-2名 ■2 ...

ニュース

YouTuberビジネス系日本一のキミアキ先生とライブ

なんと!日本一クラスのビジネス系YouTuberキミアキ先生とこで17:30-ライブ乱入対談予定。私や竹田陽一の100倍わかりやすいビジネス系YouTuber話し手です。硬派スピリチャルの石田久二に大阪のミドウスジ大学で中小企業診断士の牧野谷さんも。  

世界一周 ニュース ブログ

イランはイイとこでした。

美男美女ばかり。今や戦争状態のイラン。イイとこでした2017年8月。行っててよかった。ホントは今の紛争を観たいが。日本人少なくモテモテ。イスラム圏はイイ感じ。が、宗教や今回みたいな米国との争いになると一気に狂気へ。米国も。イイんです。何かを為すには狂気が必要。以下に秘境マスレ村やホメイニ廳への潜入盗撮動画が貴重 FullSizeRender FullSizeRender

ニュース 小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

独立起業して何をやるか?サラリーマンの延長?自由に好きなこと?悪徳ボッタクリFC?

■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は https://amzn.to/2finYCs ■個別相談 https://bit.ly/2q2v7lr ■1/20東京 キミアキ先生コラボ ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■メルマガ https://www.mag2.com/m/0000099898.html ■公式サイト https://yumesenkan.jp/

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

中小企業の成功戦略13カ条その5

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 5、非関連の多角化や商品の幅を広げすぎると戦力が分散する。弱者は商品の幅を狭くし、強い商品に力をより集中せよ。■自治体専門の広告代理店ホープ、不良専門の矢沢永吉、ヤンキーバカのドンキホーテ、最初はみんな単品通販で成功した九州通販、総合リフォームから外壁塗装に絞って60億ホームテック、賃貸やめて売買特化ハウスウェーブ、ラーメンうどん総合麺の一風堂に勝つため豚骨のみ一蘭■昔、百貨店は小売の最高峰で皆の憧れだった。読んで字の如く何でもあった。小売の競争がゆるい時代は。競争 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

弱いものイジメの法則

■弱い者いじめの法則 ※経営の場合です 日産自動車の業績がひどく悪くなり、フランスのルノー傘下に入ったのは、日産の2倍以上の経営力があるトヨタを攻撃目標にしたためです。三洋電機の業績が悪くなったのも、元をたどれば三洋電機の5倍以上の経営力があるパナソニック松下電器産業を攻撃目標にしたからです。※ロッテリアが40年経ってもダメなのは、大資本ロッテのプライドでずっとマクドナルドのマネしてるから。貧乏脱サラのモスは最初からマクドナルドと差別化で競争せず 上場企業には、組織の上層部に学歴が良くて、戦力をしっかり ...

小飼弾と栢野の共通点?

2008/11/25

■以下は「成功本50冊・勝ち抜け案内」等の著書がある水野俊哉さんのブログより・・

週末に小飼弾さんの「弾言」と、栢野克巳さんの「弱者の戦略」を読んでしまいました。次の本の資料読みに加えて、「お金持ちになるマネー本厳選50冊」の購入者様キャンペーン用の書評もあり、なぜそのような状況で仕事に関係のない本を読んでしまったのかというと、栢野さんのメルマガ(?)の文章に度肝を抜かれたからでしょう。

以下、最初の10行程度のみ勝手に引用しますが

※ このメールは栢野とメール交換した方へ送っています。※不要な方は最後で自動解除できます。

◆元気ですかあ!!栢野です!(狂ってます)

お陰様で絶好調が止まらない。(自分なりの商品・地域・客層で)
たぶん、私は調子に乗って破滅か、早死にします。
が、どうせ死ぬ。様々な人に迷惑もかける。が、それはお互い様。
成功も失敗も好景気も不況も恐慌も凶行も悲劇も奇跡も全部正解。
なんでも正解。なんでも人生。なんでもOK。なんでもクソッタレ。
アイツはイイ。悪い。全部正解。なんでもありが人生だ。

(このままの調子で何十行か続きますが残念ながら割愛します)

恐らく最初の2行程度までは「ランチェスター戦略」のことだと思うのですが、続く文章の意味がまったくわかりません。しかし、なんというか、確かに全体的に書いてあることは物凄く「正解」な気がします(笑)。

あまりの衝撃につい「絶好調ですね」というような意味のメールをしたら、すぐにお返事が返ってきてしまい、「これは本を買わねば」と、そのまま書店へふらふらと歩いていき、なぜかその時、目に付いた小飼弾さんの「弾言」も一緒に購入して週末に読んでいたという状況です。

……栢野さんの本も非常にターゲットが絞られております。ひと言でいうと「人生はいつからでも勝負が賭けられる」「やりなおせる」というメッセージであり、44歳がターニングポイントとなり、成功を掴んだ人がいっぱいでてきます。まさに「人生七転び八起き」というか、「そこまで見せなくても」と読んでいるこちらが目を伏せてしまいたくなるような栢野さんのカッコ悪い人生でも別にいいじゃん! という開きなおり、もしくは悟りに救われる人は私も含めて多いと思います。

ビジネス書・自己啓発書として見ると、知名度や実績で超一流の著者はたくさん存在しますが、負けずにヒットしている辺りは、まさに「ランチェスターの法則」を著作でも実践されています。竹田陽一先生と栢野さんの共著「小さな会社 儲けのルール」を参照すると

ランチェスター 第1法則 攻撃力=兵力数x武器性能

第2法則 攻撃力=兵力数の二乗x武器性能

となり、力の差が2乗となる第2法則は強者の戦略であり「弱者の戦略」は第1法則の方になります。つまり一騎打ちの白兵戦に持ち込むことこそが「弱者の戦略」であり、ターゲットとなる読者に語りかけてくるようなメッセージ性が強い本です。

ちょっと寝不足で散漫な感想になってしまいましたが、「格差社会」といいますが、何らかの組織に属していない無所属の「強者」も存在するということに気づくと、「未来は決して失われていない」という現実がみつかるのではないでしょうか。

\ スポンサーリンク /

-著書への感想
-

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.