最新エントリー

ニュース

YouTuberビジネス系日本一のキミアキ先生とライブ

なんと!日本一クラスのビジネス系YouTuberキミアキ先生とこで17:30-ライブ乱入対談予定。私や竹田陽一の100倍わかりやすいビジネス系YouTuber話し手です。硬派スピリチャルの石田久二に大阪のミドウスジ大学で中小企業診断士の牧野谷さんも。  

世界一周 ニュース ブログ

イランはイイとこでした。

美男美女ばかり。今や戦争状態のイラン。イイとこでした2017年8月。行っててよかった。ホントは今の紛争を観たいが。日本人少なくモテモテ。イスラム圏はイイ感じ。が、宗教や今回みたいな米国との争いになると一気に狂気へ。米国も。イイんです。何かを為すには狂気が必要。以下に秘境マスレ村やホメイニ廳への潜入盗撮動画が貴重 FullSizeRender FullSizeRender

ニュース 小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

独立起業して何をやるか?サラリーマンの延長?自由に好きなこと?悪徳ボッタクリFC?

■Amazon小企業ベストセラー1位 レビュー購入は https://amzn.to/2finYCs ■個別相談 https://bit.ly/2q2v7lr ■1/20東京 キミアキ先生コラボ ■2/6福岡 中洲川端倫理法人会 ■メルマガ https://www.mag2.com/m/0000099898.html ■公式サイト https://yumesenkan.jp/

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

中小企業の成功戦略13カ条その5

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 5、非関連の多角化や商品の幅を広げすぎると戦力が分散する。弱者は商品の幅を狭くし、強い商品に力をより集中せよ。■自治体専門の広告代理店ホープ、不良専門の矢沢永吉、ヤンキーバカのドンキホーテ、最初はみんな単品通販で成功した九州通販、総合リフォームから外壁塗装に絞って60億ホームテック、賃貸やめて売買特化ハウスウェーブ、ラーメンうどん総合麺の一風堂に勝つため豚骨のみ一蘭■昔、百貨店は小売の最高峰で皆の憧れだった。読んで字の如く何でもあった。小売の競争がゆるい時代は。競争 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

弱いものイジメの法則

■弱い者いじめの法則 ※経営の場合です 日産自動車の業績がひどく悪くなり、フランスのルノー傘下に入ったのは、日産の2倍以上の経営力があるトヨタを攻撃目標にしたためです。三洋電機の業績が悪くなったのも、元をたどれば三洋電機の5倍以上の経営力があるパナソニック松下電器産業を攻撃目標にしたからです。※ロッテリアが40年経ってもダメなのは、大資本ロッテのプライドでずっとマクドナルドのマネしてるから。貧乏脱サラのモスは最初からマクドナルドと差別化で競争せず 上場企業には、組織の上層部に学歴が良くて、戦力をしっかり ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ

小さくても1位づくりが大事な理由

■小さくても「一位づくり」が大事な8つの理由 1位作りを目標にしている社長と、目先の売り上げや利益を追い求めている社長とでは、5-7年もすると利益性に大きな差が出ます。 ①特定の地域に多くのお客を作ると移動時間が少なくなります。移動時間が少なくなると余った時間で多くのお客が回れるので、営業マン一人当たりの粗利益が多くなります。これを「一位粗利益増加の原則」といいます。 ②特定地域に他社よりも多くの客を作ると、営業活動で必ず発生する生産性マイナスの移動時間が少なくなります。営業マンの実質営業経費はとても高 ...

ブログ 成功事例

成功者の意外な過去

私のライフワークは成功起業家の人生Wiki。を調べてると「またか!?」という負のマイナスの共通点が。例えばマルチ商法ネットワークビジネス経験。本人がカミングアウトしてるケースでは■「皇潤エバーライフ創業者井さんは羽毛布団時代のジャパンライフ」。■同じく「やずや創業者も「ジャパンライフをやった。でも自分の分だけ仕入れて他人には売れんかったなぁ」。■「鏡の法則」野口さんはYouTube動画でアムウェイやってたとカミングアウト。これは真逆の清廉潔白イメージだったので驚いたね。■本田健も以前から「昔有名なディスト ...

世界一周 ニュース

パパ活継続中

  今日のパパ活。ここなら安心「何でもイイぞ!」と太っ腹なとこ見せようと思ったんですが、買ったのは100円のドロップと手袋の2点220円。ランチはバーミヤンでしゃぶしゃぶ牛食べ放題2人で4200円。倹約往復の高速バス7200円。バス客は大半の若者に混じって困窮中高年チラホラ。プチ屈辱的。ってか国内バックパッカーだな。3時間の日帰りデートでした。黒いローラ、黒いザギトワって感じ。近くで見ると少女マンガのような目鼻立ち。こんな美女がなぜオレと?出稼ぎパパ活ってのが一番わかりやすいがw。来日1年で10 ...

小さな会社の稼ぐ技術 ブログ 成功事例 お客様の声

中小企業の成功戦略13カ条その3

■中小企業の成功戦略13カ条 竹田陽一 3、経営力に限りがある弱者は、戦わずに勝てるものや勝ちやすいものに目標を定め、まず小さなもので1位になることを目指せ。 ■著者の栢野さんを初めて見かけたのは12年ほど前、パテシエの修行中に技術だけでなく、経営や宣伝などを学ぼうと福岡の商工会議所での講演でブルースリーの真似した怪しい変な講師が栢野さんでした・・・「小さな会社☆儲けのルール」を読むようにおススメする宣伝みたいな講演で胡散臭いなぁと思いながらもその本を読んだらびっくり!!、衝撃が走りこれを参考に自分なりの ...

ブログ

中小企業の成功戦略13カ条 その①

■中小企業の成功戦略13カ条 1、経営の目的は利益発生源の顧客を増やし、1位の地域か1位の商品を作ることにある。1位と2位や3位とでは、一人当たりの利益で3倍も4倍も差が出る。とにかく何かで1位になることを目指せ。by竹田陽一■2位じゃダメなんですか?いいんだよ。実際には99%以上が2位以下で生きてる。経営の目的は顧客づくり?まぁドラッカーの受け売りで一般人にはわけわからん。そりゃ顧客がいないと潰れるが。そりゃ自分が属するカテゴリで2位や3位より1位はイイ。目立つしカッコイイし、顧客もどうせ買うなら付き合 ...

福祉介護事業が私の天職!グループホームきらめき代表 中原亜希子さん

昨夜、ネット動画制作カウテレビジョン高橋さんの素晴らしい採用ノウハウ事例セミナーに参加。横に4年前の怪しい自己啓発研修で一緒だった女性起業家の中原亜希子さんが。真横で見るとイイ女。が、何やってるか検索して驚き!素晴らしい天職事例。ぜひ以下と動画観て。従業員90名の美魔女社長独身!^_^

■ 音響機器のレンタル業から転身し、介護の世界に入った中原亜希子さん。カラオケ機材を軸に商材を増やし、福祉用具のレンタルを始めたことがきっかけだった。バリアフリー勉強会のメンバーと、広島県のグループホームを見学したとき、かつて体験したことのない感情が心の底から湧き上がった。「認知症高齢者の方と介護をする人たちが支え合っている姿を見て、そこに流れる温かい空気に触れ、私がやりたいのはこれだ! と思ったんです」と満面の笑みで語る。

直感に迷いはなかった。レンタル事業を売却し、「みんなが住みやすい家をつくりたい」という一心で、グループホーム設立に向けて動き出した。当時の拠点は福岡市だったが、知人から北九州市八幡西区の物件を紹介されると即決。8カ月の準備期間で『グループホームきらめき』を開設した。

介護経験も土地勘もゼロからのスタート。利用者はなかなか集まらず、定員に達するまで2年かかった。「紹介で来るのは重度の認知症の方ばかり。他では大変だと言われた方を受け入れてきたことが、うちの強みになりました」。気持ちに寄り添う介護をするために、相手が生きてきた歴史や環境を徹底的に学んだ。介護スタッフとの意見の衝突、借金返済も乗り越え、一つの場所で9年間かけて事業基盤を構築。3年前から介護形態の異なる事業所を増やしていった。

現在は、アジアの介護普及活動にも関わっている。志を共にする全国の経営者と手を組み、NPO法人の理事として、ミャンマー国の介護職員を日本で育てる仕組みづくりを始めた。中原さんは主に教育面を担当している。「数十年先には “介護” がノーベル平和賞を取るビジョンを持ち、優れた日本の介護をグローバルスタンダードにしていきます」。直感を信じて切り拓いてきた道を、さらに広い世界へつなげていく。

『株式会社 プロデュース』代表
中原 亜希子さん
1970年山口県下関市出身。短期大学卒業後、サービス業などを経て2000年に『株式会社プロデュース』を起業。2006年から北九州市八幡西区で認知症高齢者を対象にした介護施設『グループホームきらめき』を運営。より利用者ニーズに合ったサービスを提供するために、小規模多機能ホーム、認知症対応型通所介護などさまざまな形態の介護事業を展開。現在、同区の本城地区と上の原地区に4店舗8事業所を運営している。

以上アヴァンティ記事抜粋?http://www.e-avanti.com/1441

■以下はジモスの記事抜粋?https://www.macchialabel.com/contents/future/vol14/

現在、福岡県北九州市内でグループホームやデイサービスなど福祉施設7事業所を運営する代表の中原亜希子さん。彼女がここまでに至る道のりには、離婚や長年連れ添ったパートナーの死去に加え、詐欺師にひっかかって巨額の借金を負ったり、コンサルに騙されたり。波瀾万丈という言葉ではおさまりきれないほどのできごとが、次々と起こった。

それでも決して逃げずに、前を見て誠実に対処してきた中原さん。そんな彼女を神様は見捨てなかった。

「福祉機器のレンタル事業を営んでいた時に、グループホームに見学に行ったんです。その時のあたたかい空気感に、心底やられてしまいました。私が本当にやりたい仕事はコレだ!と」。以来、グループホームを経営したい欲求は日ごとに積もる。とはいえ、何をどうしたらいいのか分からなかった中原さんは、出会った人と名刺交換するたびに、「グループホームをやりたい中原です」と言っていたとか。

各事業所が毎月発行している、スタッフ手作りの「きらめき便り」。入居者さんの充実した毎日が垣間見られ、ほのぼのとした気持ちに。ご家族にも喜ばれているとか。

■依存からの脱却!真の経営者として試される時期

33歳の年のある日のこと。これまでの願いが叶い、北九州でグループホームをやってくれる人を探している人がいるという話が舞い込んできた。場所も用意されていてリフォームするのみ。しかも、経営コンサルタントが付き、広報活動から何から何までサポートしてくれるという、至れり尽くせりの話に二つ返事で引き受けた。すぐに契約して8ヶ月後には「グループホームきらめき」をオープンするも、誰も集まらない。18人満床のホームだったが、オープンから2ヵ月経っても入居者は一人という有様だった。

「ここでやっと気がついたんですよ。頼り切っていたコンサルは何の活動もしていなかったのだと」。当然、悔しい気持ちもあったというが、コンサルに依存していた自分を省みた。当時はまだほかの事業も並行していたので、スタッフの給料も払えたそうだが、「このままだとすぐに立ちゆかなくなる。もう誰にも頼れない」と感じた中原さんは、グループホームに泊まり込み、経費節減のために夜勤なども率先して行った。

当時を振り返るとグループホームを立ち上げてから3年間は、寝食を忘れて必死に働いた。聞けば、布団の中には入らず、何かあればすぐに対応できるように椅子で仮眠をとっていたそう。それだけに中原さんの本気具合がうかがえる。やっと事業が軌道にのってきたと思えば、次に訪れたのが16年間連れ添ってきたパートナーの死だった。「長い間、ガンを患っていたんですけどね。やはりいるのといないのとでは大違いで、ただいてくれるだけでどんなに救われていたことか…」。それでも、悲しみにふける時間はない。グループホームで生活する入居者さんのご飯、お風呂のサポートと、息つく暇もない中原さんは、前へ前へと勇往邁進するしかなかった。

決断に迷った時に開くと、自然とその答えが書いてあるという『中庸』。写真は『中庸に学ぶ』(致知出版社)

■日本の介護(KAIGO)をグローバルスタンダードに

もともと勉強家の中原さんだったが、グループホームの経営をスタートしてからはより一層、経営や自己啓発の勉強に力が入った。外部のセミナーに出向いたり、地元の法人会にも積極的に参加。やがて、当初いちグループホームからスタートしていた事業は、44歳になった頃にはグループホームや小規模多機能ホーム、デイサービスなど全7事業を展開するまでになっていた。

「この先は、事業所を増やす予定はないんです。それよりも目の前の入居者さんに喜んでもらえるように。また、入居者さんのためにも環境も含めて、社員教育にも力を入れています」。現にスタッフを外部の研修会に参加させるなど、積極的に教育を行ってきた。その結果、きらめきグループの人材育成が話題を呼び、昨年、同じ経営者の勉強仲間から、あるNPO法人設立の参加を持ちかけられた。

「今の日本の介護事業は世界的に見ても素晴らしい取り組みをしているので、この日本の介護をグローバルスタンダードにしようという活動なんです。それと同時に、日本はこれから本格的な少子高齢化の時代に入っていきますので、介護現場の人員も不足していきます。そこで、ミャンマーに介護の学校を作って、人材育成を行おうという試みなんです」と目を輝かせる。そして、中原さんはこう続けた。「私だけでは、こんな大それた事業を興すことはできませんでした。でも、これまで時間とお金をかけてきた人材育成だったらお役に立てるかもしれないと思ったんです。

私自身、やっと次のステージに立てたような気がします。ステージが変わってくると出会う人も変わってくる。人生ってつくづく面白いものですね」と笑った。

普段は自己啓発のセミナーやNPOの活動などで国内はおろか、海外出張も多いので、デスクワークは集中して一気に片付ける。

\ スポンサーリンク /

-小さな会社の稼ぐ技術, ブログ, 成功事例

オススメ

Copyright© 夢戦感☆ , 2020 All Rights Reserved.