第156回 54回の失敗=挑戦の末の栄光/編集好奇 '07年07/25

投稿日:2007/7/25 更新日:

■1年間の世界一周から帰国して4ヶ月弱。少し心配していた海外ボケもなく、お陰様で公私ともに絶好調です。自らの講演やセミナー主催・コンサル業務・本の依頼・ブログのランキング・・ことごとく人生過去最高の記録を更新しています。信じられないような話が舞い込み、かつ、自分でもスゴイと思う+相手も納得する言葉やアドバイスや講演の連続です。自己満足ですが、かなりキテます。勿論、これは皆さんのおかげです。本当にそう思います。前は自分の力だと思ってましたが、最近はやっと少し気づきました。有り難うございます!なので、デキル限り恩返しもする!と決め、起業・小企業・人生逆転系の悩みがある方を対象に、私がわかる範囲で相談を電話・メール・面談で受けています。余裕のある方からは相談料を頂き、無い人にはボランティアでやってますが、これがまた私にとってやり甲斐満載。楽しくて、気づけば朝から夜まで飯を食ってない、あっと思ったら夜の3時とか、そんなこんなでこの1ヶ月は半分は事務所の床で数時間寝て、家にはシャワーを浴びに帰るだけ。みたいな日々です。結果、体重も帰国時より7キロほど減り、自然断食みたいな感じで、逆に頭は冴えまくってます。行き過ぎて暴発もしてますが、それはそれで自分らしくて良いかと。

■「ロッキーの真実」最近感銘した話

今「ロッキーファイナル」が公開されてますが、スタローン自身、大変な過去でした。

【人生逆転のシルベスター・スタローン】
ニューヨーク無法地帯ヘルズ・キッチン(地獄の台所、マンハッタン西34丁目から西59丁目にかけてと8番街からハドソン河畔までの区域、アイリッシュとシチリアン多数在住)に生まれ育つ。出産時に医師のミスにより顔面の左側(特に唇、顎、舌)の神経に傷がつき麻痺を起こしたことが原因で言語障害を発症。崩れた容姿と脆弱な性格は常に周辺からいじめの対象となっていた(このトラウマは現在も残る)。12歳の時に両親が離婚したことを切っ掛けに次第に素行不良になる。小学校から高等学校修了までに14の学校から放校処分を受け、母親の経営するボクシングジムで体を鍛えながらも荒れた生活を続けた。

体育奨学金を得て入学したレザンアメリカンスクール在籍時に演劇に興味を持ち始めマイアミ大学の演劇学科に入学するも授業料の支払いが困難となり2年で中退。23才で生誕地のニューヨークに戻り本格的に俳優を志すも、与えられる役は常に台詞の少ない端役ばかりでポルノ映画への出演や用心棒などをこなして日銭を稼ぐ極貧生活が長く続いた。この間54回のオーディションに落ちる。

1975年、29歳の時、観戦したボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に感銘を受け、それをヒントに僅か3日で書き上げた脚本をもって映画製作会社に売り込む。この脚本が映画化された『ロッキー』が世界的な規模で大ヒット(詳細は『ロッキー』の項で記述)し、同年のアカデミー賞を受賞。映画の主人公の境遇とスタローン自身のそれが「荒んだ生活から一夜にして栄光を掴む」という“アメリカン・ドリーム”を体現した点で共通していることから大変な話題を呼び、多くの人間に希望を与えた功績は評価されうるものである。ウィキペディアより。

■うーん、売れない俳優だったとは聞いていたが、ここまでスタローンの前半生が酷かったとは知らなかった。顔も確かにハンサムとは言えないな。54回のオーディションに落ちる=いや、最高。普通なら諦めるだろう。諦めきれない何かがあったのか。いずれにせよ、この前半生の屈辱経験があったからこそ、ロッキーの映画に怨念がこもり、ルサンチマンパワーが出たのだ。そうだ。そうに違いない。エリート俳優にはああいう映画は創れなかったはず。

あなたは1回や2回や3回や7回や20回の失敗?で諦めてはいないだろうか?自分なりに精一杯頑張ったが、ダメなことも多いだろう。むしろ、大半はそんなものかもしれない。でも、何度失敗しても、もう辞めた!と思っても、やっぱり諦められないことが何かあるはず。ならば、もう一度チャレンジしよう。人生に失敗はない。あるのは学習経験(スタローンは54回!)と成功のみだ!

-インタークロス通信

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.