第135回 人間メディアを目指して/編集好奇 '04年08/04

投稿日:2004/8/4 更新日:

どうも!1ヶ月のご無沙汰でした。この1ヶ月の県外の仕事では、富山・原鶴温泉・広島・福井をセミナー講師で訪問。 富山では地元の山田会計事務所の顧問先総会150名、原鶴温泉はこれも地元甘木の稲葉公認会計士事務所の総会100名、広島は広島市主催の創業支援セミナー111名、福井は小松製作所の建設業界向け会合40名でした。

■まあ講師と言っても大したことない。いつも他人の成功事例+竹田ランチェスター弱者必勝の戦略+逆転の人生事例・・・を話すだけです。対象は起業目指す人+小企業経営者。 今は月に5~10回話をさせていただく一方で、参加する会合や勉強会・戦略会議も入れると月に約30回の接近戦。会う人数だけなら4~500人になります。 私の仕事はいわば「接近戦による」情報収集+発信の代行業。本業に忙しい社長や人脈のない起業家に代わり、本や雑誌やネットを読み、実業家に会い、それを弱者必勝の戦略に照らし合わしチェックし、また、それを講演セミナー・接近戦相談会・本・雑誌連載・ネット等で発信する・・・。

■「量稽古だけ」はまあまあ人並み以上にやっているという自負があり、A居酒屋から相談を受けたことは、先月会ったB居酒屋では既に問題クリア成功していた。ただ、立地や客層や経営者の資質には差がある。表面だけをマネしてもダメだ。 その場合はランチェスターやSMIや中小企業家同友会で学んだ「経営理念」=何の為の仕事か?存在意義は?何を持ってお客に役立つのか?や、倫理法人会や日本電産や田中真澄さんから学んだ「早起き」も大事だ。 場合によっては、どうもここは夫婦関係が?だから、アローフィールド矢野さんの「社長婦人革新講座」のあの段階だとか・・・。

私のような評論家にとっては机上の空論なんですが、素晴らしい実業家の方々は、これはという起業家の実例も交えて聞くと、スグに実行に移しますね。

■先週は、広島で私の話に騙されて20代の社内起業家が博多に来たので、「誰でもスグ出せるお客への感謝ハガキ」を制作しているホワイトベース小串さん、アクエリアス留学センター石橋さん、マニュアル制作武下さん、ダスキン伊藤さんらと臨時戦略会議。 私は単なる聞き役+司会役だったのですが、「雑談しながらお互い意見交換なんてことは社内ではなし。会議はやってるんですが意見が全くでない。だからもの凄く役立ちました」と、うれしい意見を頂きました。 今後も、自分は単なる「情報収集+発信+人脈の代理店」、触媒・人間メディア・評論家・聴き役・代表取締役雑談担当・評論家・・・・イイ意味で「お前はそれしか役に立たない人間じゃないか」を忘れないように。

■今日のゲスト「ユニバーサル・ジョイント」の赤松さんとは、私の12年前広告代理店(株)アド通信社勤務時代からのつき合い。赤松さんは当時、テレマーケティング・電話受付代行のベルシステム24に勤務し、広告屋が広告を出しっぱなしで後はシラン・・のフォロー部分をやっていて、ホー、そんな仕事もあるのかと感心しました。 その後、赤松さんは広告代理店のアバを経て通販コンサルタントで独立。アイデアや情報提供だけで食えない時代も経験し、現在は福岡や佐賀の商工会議所、中小企業家同友会などでも講師を務め、通販初心者にネットも含めて指導や勉強会を開催しています。

通販はまだ全小売市場の1割も占めませんが、「やずや」「ジャパネットたかた」「楽天」などの成長はもの凄い。先日福井で会った町工場はネットでメッキ加工を受注。私もネット通販で数割新規開拓できました。この通販・ネットには無限の可能性がありますね。まあ、最後はやっぱりアナログが大事ですが。 謙虚に学んでいきたいと思います。

-インタークロス通信

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.