大阪◆8/20売上アップ営業セミナー

投稿日:2012/8/4 更新日:

【満員御礼】

◆参加申込■関 達夫・きっかけ:増田様:株式会社スプレーフィールド代表取締役:宜しくお願い致します。■余川英俊・きっかけ栢野さん坂元さん:動産流通研究所(ヒデ企画株式会社)代表取締役:盆明けの月曜日に栢野さん達に『闘魂注入』していただきましょう!最新事例、楽しみにしてます。■大杉正義・きっかけfacebook:一度お会いしたいと思っていました。こんな近くに、そのチャンスがあったとは・・・実に、運がいい。■中井良美・お好み焼き・鉄板巧房「喜笑」オーナー■木之下尚令・紹介者きっかけ増田あつとし氏:アドバンスドリテイリング代表・増田さんとは販売士の講師仲間です。小売業専門のコンサルタントです。姫路からなので懇親会は厳しいですがよろしくお願いします。■京谷好三・紹介者:増田先生:株式会社グローバルフーズ:代表取締役:韓国ロッテG清涼飲料の独占輸入販売をしています。今回は是非参加させて頂きたいです。当日は真剣に楽しみながら勉強させて頂きます。宜しくお願い致します。■Sさん・起業準備中■Fさん・きっかけ増田あつとしさん・独立めざして、奮闘中!■並川洋子・きっかけ: 増田あつとしさん:並川洋子税理士事務所:どん底でも笑って過ごせる人になりたいです■吉田陽一・紹介者・きっかけ: 増田様・株式会社サンアーキテック役・代表■佐原三枝子・きっかけ: MSE山本さんとアーツマーケティング増田さん:佐原税理士事務所:阪急逆瀬川駅すぐで開業して10年目の税理士です。いままで、自分の売上を上げることを考えたことはありませんでした。ある意味幸せ、ある意味ぼ~っと生きてきたので、こういうタイプのセミナーに参加させていただくのは初めてです。緊張しています。よろしくお願いします。■神谷重行・きっかけ: 増田あつとし様から、招待をいただきました。:シェイクハンド社会保険労務士事務所:所長:カラオケとボーリングが大好きな社労士です。事務所名「シェイクハンド」には2つの意味があります。1つめは、経営者と当事務所のシェイクハンド。2つめは、経営者と社員のシェイクハンド。詳しくは当日お話できればと思っております。■高岡 洋子・紹介者・きっかけ: 増田さんのご紹介:株式会社ウォリス代表取締役:大阪で小さな会社のIT活用のサポートをしています。セミナーでお会いできるのをとても楽しみにしています。■竹谷泰史・きっかけ増田さん:有限会社M&Y代表取締役・ご無沙汰しております。直でお目にかかるのはずいぶん前の名古屋以来となりますが、お元気そうな姿はWEB等で拝見しております。ブリタニカの怪しいセールスから身を起こし(笑)、なんとかモチベーションと営業支援のコンサルもどきで喰っております。今回コラボされる増田さんと中小企業家同友会で出会い、増田さんがマーケティング、私がモチベーションということでm&mと名乗ってコラボコンサルで営業しております。今回のセミナー楽しみにしております。■村島靖基・きっかけ:増田あつとし先生:村島硝子商事株式会社:代表取締役社長・建築用の板硝子やサッシ他、太陽光発電・キッチン・バスルーム・トイレ等の住宅総合建材問屋を経営しています。建築業界は不況ですが業界の風雲児になる事を目標に頑張っています。お施主様やお取引先そして仕入れ先にも感動を与えられるような会社になりたいと考えています。■田中一仁:有限会社創報堂:兵庫県姫路市にあるホームページ制作・システム開発の総合クリエイティブ会社・リーダー:お世話になります。初めて参加させていただきます。■岩瀬和也・きっかけ:坂元様の発信:六三グラフィックス株式会社■山本真大:(株)森原システムエンジニアリング:担当部長・システム会社でWebディレクターをやっております32歳の若造です。昔、ネットワークビジネスの立上げを経験させて頂き、その後もWeb業界にデザイナーとして入り、ベンチャー企業を渡り歩いてきました。デザインという仕事に触れていく中で、ブランディングや経営戦略などに興味を持ち、事業をデザインしたいということが夢になりました。今の会社で既存事業・自分のビジョンの中にある新規事業を確立させて、将来的には自分の事業を起こしたいと思っています。■村上弘之:アクティブコンサルティング・内部統制・企業再生■他

■大阪8/20(月)4時間!「セミナー+交流会」

ドン底から人生+売上アップ!

新規開拓+マーケティングセミナー(2012年)

喜多州山◆事業再生コンサルタント・喜多州山

借金30億円で倒産寸前の危機から事業再生を実現した社長・7年間で500社超の事業再生成功実績のある経営コンサルタント・1953年、徳島県生まれ。関西大学商学部中退後、ローカル小売業の三代目として家業に従事。年商1億から50億まで事業を拡大しIPOを目指すも、負債30億を抱え破綻寸前の経営危機に陥る。内容証明郵便300通、裁判所からの特別送達100通、競売9物件、数え切れない差押え等、筆舌に尽くせぬ艱難辛苦を経験する。あらゆる修羅場を乗り越え、組織再編とM&Aにて、再生実現。2005年、自らの経験を活かし、経営危機の会社を救うべく、株式会社喜望大地を創業。「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」をミッションに、経営コンサルティングに従事。アドバイザリーボードの外部専門家とチームを組み、金融機関や再生支援機関と連携し、数多くの会社と社長の命を救う。2007年シカゴに本部のある世界資格である、CTP(認定事業再生士)取得。2011年立命館大学経営大学院にてMBA取得。論文「日本電産永守重信社長の事業再生」・幕末の備中松山藩の借金100億円を5年で完済し、100億円の蓄財を実現した事業再生の歴史上の英雄である「山田方谷(ほうこく)」の研究をライフワークとする。2030年ビジョン:延3万社の経営サポート・延十万人の自立経営者成長サポート・延百万人の雇用創出・著書:出版文化社「事業再生家」、幻冬舎「あなたの会社をお救いします―事業再生総合病院」http://gmmi.jp/

◆紹介で新規顧客を獲得する方法
竹内慎也■竹内慎也■ウィル・スキル・アソシエイト(株)代表
■セミナー・交流会主催団体ファーストクラス代表

■大学卒業後、DJとして活動するも挫折。第二新卒で訪問販売会社に入社するが、やる気も技術もなく、 全く売れない時期を過ごす。その後、ベンチャー企業への出向や、 ECビジネスの新規事業に関わるも 挫折し退職する。何もやる事のない状態の中、 たまたま家にあった物をネット販売し 売れたのをきっかけに、ネットショップ開設、アフィリエイトで月収120万円を達成。しかし半年後、有頂天の反動により 急激に売り上げが下がり、断念する。その後、株式会社インテリジェンスに転職をする。この時、「絶対にトップセールスになる」と誓い、翌年新人賞、そのさらに翌年に年間トップセールス。関西だけでなく、全国での入賞の常連となる。その後、部下を率いるが、マネジメントスキルの不足に悩み、読書など自己投資を開始する。営業の必要要素を質問力と仮説構築力に分解し、部下数名をトップセールスまで育成。顧客パターン特性に合わせた指示を行い、業績を上げる。また、翌年、チーム・グループ単位で連続入賞するなど個人でなく組織での業績貢献をする。2009年、個人でセミナー・異業種交流主催団体「ファーストクラス」を 会社勤めのかたわらスタートし、1年間で1000名以上を集客する。2010年退職。個人で、サラリーマン時代に構築した、「質問力と仮説構築力、顧客特性に応じた営業研修」を実施。 月間10日以上を研修実施。2011年、法人営業研修会社「ウィルスキルアソシエイト株式会社」を設立。代表取締役に就任し、 営業研修・コンサルティング・セミナー・講師派遣業として新たにスタートを切る。毎日講演を目標に、苦労体験から営業、コミュニケーションまで幅広いジャンルを持つ。現在は年間研修150日以上実施。http://www.w-s-a.jp/index.html

今回は、こんな事をお考えの方にお役に立てるセミナーです。

●新規獲得営業が苦手・・・
●飛び込み、テレアポの率が下がってきた・・・
●担当者アポは取れるけどそこから先に進まない・・・
●個人事業、零細企業で売上を上げたい・・・
●いつも同じやり方をして売れない・・・
●行動するのがおっくうで続かない

昨今、担当者に会えたとしてもそこから営業が進まない、という事態が起こっています。その一方で、昔からある「テレアポ」や「飛び込み」の数を減らしつつ、毎月安定的にお仕事を頂く営業の方もいるのです。その成功の法則の1つは「勝てるルール」を変えてしまう必要があるのです。われわれ日本人は、「プロセスを改善」し「極限まで高める」のは得意ですが、新たなルールを構築するのは苦手です。しかし時代は変化していく一方です。ですから我々は、「プロセスの改善」ではなく、「やり方・ルールそのものを変える」必要があるのです。

今回は、一度お仕事をした決裁者の方、社長様はじめ、お客様ではない方からの紹介を増やし、売上を高めていくための具体的な方法をご紹介します。この方法であれば、新規のお客様の獲得数は格段に向上します。あなたの営業の切り口を増やし、新規営業が楽しくなるポイントをご紹介してまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆プロ営業マンを使わない、今ある人材で勝負する営業方法
坂元ますみ46年間のBtoB営業ノウハウとゼロからの新規開拓ノウハウを提供

■坂元ますみ■柏菱商事株式会社■

「営業にスタープレーヤーはいらない」

「スタープレイヤーにたよる営業。それはリスクです」。多くの会社が、優秀な営業マン(スタープレイヤー)に頼った経営をしています。しかし、もしもそのスタープレイヤーが退職してしまったら?厚生労働省の調査によれば、離職率は全国平均で8.2%、業種によっては16.8%となっています。また、優秀な営業マンほど離職率は高いと言われ、優秀な営業マンの売上にたよった経営では、即営業力の低下を招き、売上減少に直結します。たった一人のホームラン王だけが9点を取るチームと、ホームラン打者はいなくてもバッター全員がヒットを打って9点取れるチーム。どちらが強いチームといえるでしょう。スタープレイヤーに頼らない。誰もが実践できるノウハウを取り入れることで、全員をヒット打者にする。そのために、わたくしが全力でお手伝いいたします。

■わたくしの強みは「たくさんの営業の現場から生まれたノウハウ」

机上の空論ではなく、自らの営業ウーマン(プレーヤー)としての現場経験、そして、営業経験の全くない新人だけで構成された「ノンプロ営業チーム」を編成しマネージャーとして業績のV字回復を果たした経験から構築された、現場主義の独自ノウハウが強みです。法人間取引(BtoB)においては、「安売りも値引きもせずに」取引をすることが重要だと考えるとともに、これは決して夢物語ではなく「(1)どのような業種でも(2)誰でも」実現できると確信しています。営業成績が好調な会社の営業手法を分析すると『単に優秀な営業マンが在籍しているから』という結論に達することが少なくありません。また、世の中の多くの営業ノウハウは「単に稀有な才能を持った優秀な営業マン」が『単なる体験談』を語っているに過ぎないことも少なくありません。 もちろん、優秀な営業マンならそのノウハウをもって営業成績を上げることは可能でしょう。それを「誰でも」できるようにする。そのために必要な営業戦術をわたくしがお伝えします。

■1969年、大阪生まれ大阪育ち。アパレル、保険会社、教育の営業実績20年を経て、訪問営業を46年間営む商社の3代目。トップ営業マンが顧客の9割を持って独立し、売り上げがほぼぜロになるという危機に直面し、「トップ営業マンに頼った経営はリスクが高い」と学ぶ。一度は会社の解散も考えたが、「ノンプロ営業マン」による営業戦略を立て、全くの新人を率いて新たな営業チームを結成。徹底した顧客戦略と地域戦略を基軸とし、新人営業マンも経理のパートも売り上げを上げられる営業戦術を確立。安売りも値引きもせず、大手広告代理店、菓子メーカー、化粧品メーカー、大学、などとの新規取引を成功させ、奇跡のV字回復を果たす。

2011年からは、ゼロからの集客とノンプロ営業マンによるチーム営業を活用したセミナー、コンサル活動を開始。新規開拓のみならず、徹底した顧客管理による顧客の固定化意識した戦略を提供している。単なる理論に留まらず、実践とオペレーションを意識した戦略は、講演において多くの参加者から支持を得ているほか、公的機関、民間企業での研修も多い。

■ 取引実績 ■
(※弊社営業部での直接取引実績です。)サントリー、象印マホービン、ブラザー工業、ハウス食品、日本ハム、森永製菓、三菱鉛筆、デンソー、ワコール、ウォルト・ディズニーアトラクションジャパン、丹青社、大日本印刷、凸版印刷、資生堂、ナリス化粧品、日本メナード、花王カスタマーマーケティング、ピアス、乃村工藝社、日本航空ビルディング、大成建設、安藤忠雄建築研究所、レンゴー、電通、博報堂、東京藝術大学、京都造形芸術大学、九州産業大学、愛知産業大学、京都精華大学、昭和女子大学、京都女子大学、桑沢デザイン研究所ほか

■ 研修実績 ■
大阪府(中小企業活性化事業における研修講師)
医療・介護業、製造業、サービス業向けなどの民間企業研修 他

■ 講演実績 ■
経済産業省委託起業家支援事業での講演 他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
増田あつとし◆マーケティングで会社が変わる!◆マーケティングコンサル・増田あつとし

マーケティングとは顧客視点で「売れる仕組み」を自ら創ることです。イノベーション(革新)には絶対に欠かせない取組みです。この不況下でもユニクロ、ディズニーリゾート、ニトリ、マクドナルド、サントリーなどの企業の業績が好調なのは、丁寧なマーケティングを実践してきたからにほかなりません。そしてこのマーケティングこそが、今の中小企業に欠けているものだとも言えます。経済不況や発注元企業の業績不振の影響を最小限にとどめ、中小企業が
持続的に発展するためには、まさしく顧客視点の経営、つまりマーケティングが必要なのです。製造業でも、卸業でも、サービス・小売業でも同じです。顧客が誰かを見極め、顧客のニーズをつかみ、顧客に支持される仕組みを創り込む事に、今こそ取り組むべきなのです。マーケティングには、研究、実証されてきたフレームとステップがあります。それらを使う事により、効果的かつ短期間でマーケティングに取組めます。

まずは自社を取り巻く環境を知り、自社の強みと弱みを再認識する事です。そして、顧客は誰か、その顧客のニーズは何か、その顧客にどのようにアプローチすれば良いのかを丁寧に探求していくことです。しかしこれらは、短期的に成果に結びつくものではないかも知れません。したがってマーケティングへの取組みは経営者の強い意志が必要です。だからこそステークホルダー(投資家などの利害共有者)の多い大企業より、中小企業の方が取り組みやすいとも言えます。中長期的な展望に立って、顧客視点のマーケティングに取組む企業こそが、この不況を乗り切り、持続的な発展が可能であると言えるでしょう。言い換えれば大企業であれ中小企業であれ、足元の利益のみを追い顧客に支持されない企業は市場からの退場を余儀なくされるという事です。是非マーケティングの重要性を理解し、取組んで頂きたいと思います。

◆増田あつとし・ARTS MARKETING SERVICE代表
1958年兵庫県生まれ。大学卒業後大手消費機器メーカーに入社。営業担当を経て南関東支店支店長、マーケティング室室長、CS(顧客満足推進)部部長を歴任。2008年独立。前職時代100社以上の小売店、卸店のマーケティングを指導。独立後も美容室やリフォーム店、歯科医、ミートショップ、ベーカリーなどの小売店や専門卸商社などのコンサルティングで成功実績がある。独自の「マーケティングプロセスデザイン(MDP)」研修が好評。また、自らも大学で販売士資格講座、マーケティング講座、就職セミナーなどで教壇に立つ。

◆セールス研修・カリキュラム(例)◆1日12万円の内容を公開

1)売上主義と顧客主義
・売上主義は利益が犠牲になる、利益を犠牲にしないマーケティングを理解します

2)ステップ1:顧客の概要を知る
・知っているようで知らない、顧客の概要(客観的な事実)を整理します

3)ステップ2:顧客の状況を知る
・ステップ1の概要からニーズの背景となる顧客の状況を探り、ストーリー化します

4)ステップ3:顧客のニーズを知る
・ステップ2の顧客の状況から顧客のニーズをストーリー化し、顕在化させます

5)ステップ4:自社の提案や商品の詳細を整理する
・客観的機能、見逃しがちなスペックを漏れなく整理します

6)ステップ5:自社の提案や商品の特徴を整理する
・ステップ4のスペックから他社にない優れた点、特長を漏れなく整理します

7)ステップ6:オファーが顧客にもたらす利点を整理する
・ステップ5の特長が顧客に与える利点を、ステップ3と関連づけてストーリー化します

8)ステップ7:
・ステップ3「顧客のニーズ」とステップ6「オファーの利点」をつなげる事で、顧客が
得る成果(充足や問題解決)をありありと表現します
・ステップ1〜7の複数のストーリーを用意し、トークの展開をシミュレーションします

●日本商工会議所 1級販売士および登録講師
●産業能率大学アドミニストレーター
●大阪商工会議所エキスパートバンク登録専門家
●㈶かがわ産業創造館 経営支援登録専門家
●㈶神戸産業振興センター 登録専門家
●寝屋川市産業振興センター 経営支援専門家
●兵庫県中小企業家同友会会員
●宝塚商工会議所会員

ホームメージ・ブログ・フェイスブック
http://arts-marketing.jp/arts-marketing/top.html

◆8/20(月)☆出入り自由・当日飛び込みも可。
※途中参加+退出の場合、全編DVDを後日贈呈

①16:00~17:00・栢野:最新の成功事例70連発!

②17:00~18:00・坂元:ドン底から新規開拓仕組みづくり成功体験談

③18:00~19:00・増田:ドン底から起業成功談+営業コンサル法

④19:00~20:00・竹内:起業体験+紹介営業の仕方

⑤20:00~20:30・州山:事業再生7つの心得

⑥20:30~21:00・質疑応答+参加者紹介+交流タイム

※21:00~希望者で飲み会へ。実費3000円前後。

◆参加費3500円 ※当日受付で。出入り自由。

◆場所:谷6・柏菱商事・アステラ・カレッジ◆会場の地図

・地下鉄・谷町六丁目(谷町線・鶴見緑地線)3番出口南へ徒歩2分。
・大阪市中央区谷町7丁目1-39新谷町第2ビル207
・空堀商店街から南へスグ。1階に中華の2階

◆主催・共催◆九州ベンチャー大学・柏菱商事・ARTS MARKETING SERVICE
マスコミ記事はコチラ

◆相談・質疑の時間も!

-セミナーのご案内

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.