東京3/04「ドラッカー経営学とランチェスター」セミナーby竹田陽一

投稿日:2011/2/18 更新日:

20110218_1

◆「ドラッカー経営学とランチェスター」セミナー
◇日 時:3月4日(金) 13:15~16:50
◇場 所:東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館
◇テーマ:「ドラッカー経営学とランチェスター」セミナー
◇参加費:12,000円(税込)。同一企業の2人目からは8,000円。
「ドラッカーとランチェスター」CDを購入済みの方は2000円引き。

◎業績の良い会社を目ざすには一度はドラッカー先生の本を読み、ドラッカー経営学を知っておかなければなりません。ドラッカー経営学とランチェスター法則は、とても相性が良いのです。それはドラッカー先生が説明してないものや省略しているものを、ランチェスター法則で補うととてもうまくいくからです。ドラッカー先生は2005年11月11日に96歳で亡くなりました。そのあとドラッカー経営学の解説書が何冊も出版されたことで、下火になるどころか逆に人気が高まっています。ドラッカー経営学はレベルが高くてとても格調も高いのですが、いかんせん難しい部分が多いので、社長の中には少し読んだものの、途中で読むのをやめてしまったという人が多くいるはずです。こういう私も、その1人でした。そこで40歳ぐらいのときに、明日を経営するものを初めとして、抄訳マネジメント、現代の経営、創造する経営者、イノベーションと企業家精神、マネジメントなど、合計12冊の本をそれぞれアナウンサーに頼んで録音してもらいました。これを定期的に聞いて学習したことで、徐々にドラッカー経営学が解かってきたばかりか、ランチェスター法則と組み合わせるととても応用しやすくなることが解かりました。今回のセミナーではこの要点を説明します。

◎第1部は、ドラッカー経営学とランチェスターというテーマで、竹田陽一が担当します。

◎第2部は、小さな会社は社長をブランド化せよのテーマです。
経営コンサルタント、税理士、社労士、歯科医などで、自分自身をブランド化すると差別化力が発揮されて良い経営ができます。インターネットを活用して自分自身をブランド化する方法について、玉井社長に70分間話してもらいます。
◆玉井 昇(株)ソフトプランニング社長。1961年生。大学卒業後損害保険会社に入社。その後ソフト会社に転職してIT技術を身につける。1996年33歳で起業し、ホームページの制作業務を始める。同業他社・ネットコンサルの評価も高い。実績+詳細ページ

◇日 時:3月4日(金) 13:15~16:50
◇場 所:東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館 市ヶ谷駅2分 地図
◇テーマ:「ドラッカー経営学とランチェスター」セミナー

◎ドラッカー先生はマネジメントを発明した人として、ビジネス界に大きな影響を与えました。ドラッカー先生は1954年に現代の経営を出版。10年後にはもっと実際的な創造する経営者を、続いて2年後に経営者の条件を、8年後にマネジメントを出版しています。マネジメントは通常のビジネス書の10冊分にも相当する部厚いもので、これによってドラッカー先生の評価が不動のものとなりました。もしノーベル賞に経営学部門があったら、間違いなく受賞したはずです。そのドラッカー先生は、2005年11月11日に96歳で亡くなりました。

しかしドラッカー経営学にはいくつかの問題点があります。

その1つ目は、説明に出てくる会社の従業員が3万人も4万人もいる大会社が対象になっていて、100人以下の文章は全くないことです。しかし会社の98%は100人以下になっています。

2つ目は、説明されている文章がとても難しいので、普通の人は2~3度読んでもよく理解できないことにあります。
3つ目は、戦略について一応説明はしているものの、詳しくは説明してないことがあげられます。
4つ目は、戦術については全く説明してないので、従業員60人以下、とりわけ30人以下の社長にはモノ足りないところがあることです。

これらが原因となって、コンサルタントはもちろん社長の中には間違って考えている人が少なからずいます。この解決にとても役立つのが、ランチェスター法則です。ドラッカー経営学をランチェスター法則で補完するととても解かりやすくなるので、難しいものでも早く身につきます。つまりドラッカー経営学とランチェスター法則はとても相性がいいのです。このたびドラッカー経営学の大事なところを「ザッと知りたい」という人のために、2巻構成のCDを制作しました。

◎私はこうしてドラッカー経営学を学んだ。 竹田陽一

私は38歳の頃現代の経営の本を買ったのですが、あまりにも難しいので2割も読めず中止してしまいました。しかし経営コンサルタントを目ざす者にとって、ドラッカー経営学の学習は絶対に欠かせません。そこで40歳を過ぎた頃「明日を経営するもの」を初めとして、経営者の条件、抄訳マネジメント、創造する経営者など12冊の本を、丸ごとアナウンサーに録音してもらい定期的に学習してきました。もちろん今でも聞いています。

竹田先生◆メイン講師◆竹田陽一プロフィール◆ランチェスター経営(株)代表。中小企業の経営戦略コンサル・講師・教材開発では日本一と言われる。著書は「なぜ会社の数字は達成されないのか?<社長のための実行計画書作り>」「小さな会社☆社長のルール」「小さな会社☆儲けのルール(栢野と共著)」「一枚のハガキで売上を伸ばす法」「ランチェスター社長学」「人生を逆転する最強の法則」他多数。福岡大学卒業後、建材会社・企業調査会社を経て44才で起業。講演回数4500回。13年かけ、経営ノウハウの教材DVD・CDを約300巻シリーズ開発。以上の本・教材は累計100万部を越え、<中小企業の経営戦略>コンテンツ分野では圧倒的日本一である。そのノウハウと教材を使った代理店・勉強会・戦略社長塾・独立起業塾長が全国に約200人おり、講演と合わせた実参加者は10万人超。

-セミナーのご案内

\ スポンサーリンク /
\ スポンサーリンク /

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.