東京セミナー交流会5/13(土)文系人間が小さくネットで大成功・事例

投稿日:2017/4/4 更新日:

■インタビュー記事

「小学生のころ母親に、社長になるにはどうしたらいいのか聞いたんです。当時の僕に想像できる範囲では、社長がいちばんトップだったので(笑)。それで『普通に会社に勤めたら、せいぜい課長か部長止まりだよね』って言われたときから、会社員という選択肢はなくなりました。人から指図されるのがとにかく嫌だったし、自分が上じゃないと気がすまない子どもだったんですよ」

穏やかな表情や物腰からは想像できないが、作野裕樹氏は子ども時代についてそう語った。六本木と熱海で、3社を経営する実業家、投資家。起業家育成にも力を入れているが、そのバックグラウンドには、自身のさまざまな人生経験があった。

「小さいころに父親が脳卒中で半身不随になったので、経済的には恵まれていなかったんです。親父は僕が17歳のときに亡くなったんですが、そのとき死生観が身につきましたね。生きてるうちに、一生懸命楽しんで悔いのない人生を送ろうって」

でも、なかなか思うようにはいかなかった。そんななか、独自の価値観を形成するうえで決定的な意味を持ったのは、大学生時代の交通事故経験だった。

「親にクルマを買ってもらえる友だちと違ってお金がなかったから、アルバイトでお金を貯めて、中古車をやっと買ったんです。でも2週間で交通事故に遭って、クルマが大破してしまった。ケガがなかったのが幸いでしたけど、そのとき『コツコツやってたら、いつまでたってもお金の面で恵まれることはないな』と思ったんですよね」

■起業に必要な資金はスロットで稼いだ

かくして前に進むことを真剣に考え始めたが、そこで選んだ手段は一般的な価値観からすれば特異なものだった。

「すぐに稼ぐにはどうしたらいいか考えて、思い至ったのがスロットだったんです。友人が稼いでたし、『オレでもイケるんじゃないか?』って安易な考えで(笑)。最初はうまくいきませんでしたけど、懸命に研究したら出るようになりました。将来に生かそうという視点はなかったけれど、仕事感覚でやっていたんですよ。スロットで勝てた理由のひとつが、強い相手と戦わないということ。人気機種は避けて、敵の少ないところを選んでたんです。結果的にそれは、ビジネスに生きてますね」

だがスロットで生計を立てていこうというつもりはなく、大学卒業後はベンチャー企業へ。将来の起業の基盤をつくりたかったからだ。

「将来起業したいとは思っていましたが、手段が分からない。でも小さなベンチャー企業に入れば、大きな役割を任されて学べるかもしれないって思ったんです。ただ現実的には、会社勤めを続けても理想には近づけないとしか実感するだけだったし、結局その会社は5カ月で辞めて起業を目指すことにしました。でもビジネスをやるにもお金が必要ですから、もう1回スロットをやって資本金を貯めたんです。稼ぐことが目的だったので、夢に向かってるみたいで楽しかったですね」

■自分の持っている情報を売ろうという発想がブレイク

半年ぐらいスロットで資本金を貯め、24歳の春にお金がかからない代理店のビジネスを始めた。「なにを売っていいかも分からない状態だった」からいろんな事業を試したが、そこで気付いたのは集客の重要性だったという。

「でも僕は口下手で営業ができなかったので、インターネットを利用しようと思ってWebサイトの作り方やメルマガ発行の方法、マーケティングや集客の仕方を勉強しました。手がけたのは、いまでいうアフィリエイトのような手法。ただ人の商品を売るだけだと粗利が少なくなるし、なにか自分で商品を売ったほうがいいと考えて、自分の情報を売ることを思いついたんです。自分がやってきたインターネットでの集客方法を冊子にして売れば、必要としている人がいるかもしれないと思って。結果的には、それがブレイクのきっかけでしたね。情報商材販売がブームになりかけていた時期だったし、元手もかからないし、印刷するだけで売れました」

2003年には顧客のメールフォローを自動化する「アスメル・ステップメールサービス」を自社開発して成功。さらに2011年に国内唯一のTwitter広告アフィリエイトサービス「ツイアド」の再生に着手し、日本一の実積を打ち立てることに。しかし事業成功の裏側に、独自の戦略があったことを知る人は少ない。

「アフィリエイトをやったときにも、ステップメールの開発に際しても、知り合いのプログラマーに助けてもらったんです。自分でやれないことは、やれる人に任せればいい。それが基本的な発想ですね。例えば僕は法学部出身なんですけど、入ってみたらものすごく大変だったんですよ。でも一方には法律マニアだとか、スペシャリストがいた。弁護士になるのはそういう優秀な人だから、そのときにも『だったら任せればいい』って思ったんです。人と人をつなぐプロになら、凡人の自分にもなれるかもしれない、って」

最初に立ち上げた株式会社レジェンドプロデュースの社長職を早々に退いたのも、そんな思いがあるからだ。そしてもうひとつ重視しているのは、若い世代の可能性を伸ばすことだという。

「2011年に会長になって、代表取締役は譲りました。理由は、若い世代への期待ですよね。それに、いまはトップだけががんばる時代じゃない。むしろ、ひとりひとりがリーダーシップを持って、自立して生きていくべき。だから社長を任せることで、若手にリーダーシップを持ってもらいたかったんです」

“楽しい苦しさ”と“苦しい苦しさ”

だからこそ、3つめの会社であるイーカスタマーサポート株式会社も、20代の若手にあえて任せている。

「電話対応や顧客のサポートをしているイーカスタマーサポートをやろうとしたきっかけが、三宅という若手だったんです。23歳で入社していま26歳なんですけど、最初は自信がなくて、おどおどしているだけでした。でも、顧客サポートの人材として育てていったら、ものすごく才能を発揮してクライアントからも信頼されたんです。そこで、彼を会社の代表にして会社をつくったわけです。今後もそうやって、たくさんの社長を養成したいと思います」

そして現在はワールドピース株式会社代表取締役として、起業を目指す若手を支援している。若手に対しては起業を積極的に勧めているが、それは作野氏自身が「起業することによってものすごく成長できたし、楽しかったから」だという。だが、起業すればすべての人が成功できるわけではないのでは?

「向き不向きもあると思いますし、苦しいこともあるでしょう。でも“苦しい”にも、“楽しい苦しさ”と“苦しい苦しさ”の2種類があります。で、起業は楽しい苦しさなんです。だから、その楽しさを伝えていきたいんですよね。起業って、ひとつのゲーム。僕は小さいころ『ドラゴンクエスト』というゲームにはまっていたんですが、同じようなゲーム感が起業にはあるんですよ」

不景気の方ほうチャンス。日本の土台は整っている

話をうかがっていると、「人のためになりたい」という思いの強さを感じる。

「ただ、人のためだけでもだめなんです。自分のためであり、人のためでもあるべき。自分と他人の差をつけたくないんですよ。自分も他人だし、他人も自分。全部つながってるっていう発想。だから自分もよくなって他人もよくなることじゃないと、うまくいかないなと思いますね」

ところで作野氏はあえて、いまの時代を肯定的に見ているのだそうだ。「ITバブルが弾けたとき、たまたまそこにいて実感した」ことも影響しているというのだが……。

「そもそもいまは日本自体が、すごいチャンスであふれています。景気がよくないし、税金も高いじゃないですか。でも不景気ってチャンスだと思うんですよ。具体的に言えば、まず事務所の家賃が安い。事実、サブプライムショックやリーマンショックのとき、事務所の家賃の交渉をしたら簡単に安くなったんですよね。そんなことも含め、意外とコストが安くすむっていう意味でも大きなチャンス。それから不景気になると、お客さんもノリで買ったりせず選んでくれる。ならば、選ばれる1社になるためにしっかりしたことをやってアピールすればいい。そうすれば、ライバルも勝手に消えていってくれますし」

逆に、日本に見切りをつけて海外に出て行く人たちに対しての考え方も独特だ。そして、その状況すらも成功に結びつけようという発想がある。

「知り合いの社長さんたちも、みんな海外に出て行っちゃってるんです。ということは、国内に優秀な人が減っている。だから日本でちょっとチャンスをつかんだら、簡単にうまくいく土台はそろってるんです。逆にチャンスといわれる東南アジアなどには競合も多い。そういう意味でも、日本はいまチャンスなんです」

素晴らしいインタビュー記事① http://bit.ly/2oHPKQD
素晴らしいインタビュー記事② http://bit.ly/2oiYYAk

■参加できない人に動画 http://bit.ly/2o3ZrZG
■先着10名。■FBサイト https://www.facebook.com/events/705240369656118/

■日時:2017年5/13(土)14-17時 その後有志で懇親会

■内容:講師紹介+起業経緯+質疑応答たっぷり
■場所:新宿区四谷3-9四谷アゼリアビル4階TKPスター貸し会議室 http://bit.ly/2p4T06N
■会費:5000円
■主催:栢野克己「小さな会社の稼ぐ技術」著者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下はメイン講師プロフィール

作野裕樹について-About Hiroki Sakuno-

使いたい放題、無制限の元祖ステップメール「アスメル」創業者。

ステップメールを使って顧客開拓課題を解決するステップメールマーケティングの専門家。

ベンチャーコンサルタント™。

株式会社レジェンドプロデュース代表取締役、ワールドピース株式会社取締役会長、イーカスタマーサポート株式会社取締役会長。

身体が不自由な父を持ち貧乏な幼少期を過ごす。17才の時に父が他界し「人生を本気で生きる」ことの重要性に目覚める。

20才の時からパチスロの数学的アルゴリズムを独自に徹底研究し、ランダム性の中にも法則性を抽出することに成功する。トライアンドエラーの末、最高で月80万円の利益を生み出す。その資金を元に2001年、23歳で独立起業。

2003年、アメリカ合衆国法人レジェンドプロデュース・インコーポレーテッドを設立。同社代表取締役に就任。ITビジネスを展開。

「世にあるメール配信システムは品質が悪い割に値段が高すぎる。しかも、アフターフォローなどのサービスも悪い。これでは、小企業や個人事業主などが優良な商品やサービスを扱っていたとしても、ハードルが高くて導入できない。資金が潤沢にある大手企業だけしか導入できないシステムでは社会のために良くない。だったら、自社で最高品質のメールシステムを作って、低価格で提供してみせる。しかも電話フォローなどは利用者の負担にならないようフリーダイヤルで無料で実現してみせる。」

との想いから、日本初、使い放題無制限のステップメール「アスメル」を開発。

周囲からは「絶対無理だ」「愚か者」「クレイジーすぎる」などのレッテルを貼られながらも、次第に理解者が増え、ほとんど宣伝広告をしていないにも関わらず、口コミを中心に広まり、有料ステップメールサービスとしては日本最大級である1万ユーザーを突破。

資本主義のメカニズムや戦略論を研究実践し、かつ優秀な人材にも恵まれた結果、30才でほぼ出社しなくても事業が回るようになったため、「人生」や「幸福」について徹底的に追求する機会に恵まれる。具体的には、心理学、哲学、歴史、脳科学、宗教など、様々な分野の学問を研究。

現在は、それらの知見、自身の経験を元に夢実現のサポート、資産形成アドバイス、経営コンサルティングなどを行っている。

特にステップメールを軸にした経営コンサルティング、添削指導、ステップメール代行には定評がある。

また、創業ベンチャー社長のための戦略学習機関「平成社長大学」も2016年から開校。セミナーや講座、教材、パーソナルセッションを通じてクライアントのサポートに尽力。独立起業1年目から年商数千万円を稼ぐなど、多数の創業ベンチャー成功者を輩出している。

使命として、世界の貧困撲滅、格差の是正、差別主義の撤廃のため、日々精力的に活動している。

インターネットマーケティングの専門誌『WDウェブデザイニング』にステップメールに関して取材されたり、『経済界』『実業界』などに掲載された実績もあり。『近代中小企業』でコラムで連載経験もあり。『財団法人板橋区中小企業振興公社』や『愛知県中小企業青年中央会』にてウェブマーケティング、ステップメールに関する内容の講演を依頼されるなど、ステップメールの専門家として活躍中

アスメルのミッション(使命)
 アスメルは、本当に世の中の役に立つ商品・サービスを提供している小さい会社(社員10名以下の会社)が、インターネットで円滑に商売ができるようサポートすることをモットーとしています。
小さな会社の一番のネックは、やはり、人件費です。特に、ITに従事する専門家を置くことが、小さな会社が勝つための必須条件になってきています。
そこで、アスメルでは、少人数で、労力をかけなくても、貴社のインターネット事業部が上手く稼動するためのツールを提供しています。それが、「アスメル」です。
アスメルが生まれた理由

インターネット事業を立ち上げたときは、私たちも、手動でお客様に1件1件、メール配信をしていました。
すると、ある時、どうしても「送り忘れ」や「二重配信」などが起こり、顧客満足度を落としてしまっていることに気がついたのです。また、せっかく集めたメールアドレスに対し、1度だけのメールでコンタクトを終えてしまい、ろくにフォローができておらず、知らず知らずのうちに営業機会を損失していることに後々気づきました。マーケティングは、「システム」として稼動することが、成功の条件です。つまり、ベルトコンベアーのように、流れ作業的に円滑に運ぶことが大事なのです。

「見込み客に対してのフォローメール」「既存客様に常連客になっていただくための、フォローメール」「お客さんを逃さないための、追撃メール」などを、いかにして、「自動化」し、「集客を安定させるか」を考えていました。

そこで、開発企画し、試行錯誤し、生まれたのがアスメルです。2003年の3月のことでした。最初は、自社で運用しながら、欠陥を修正していきました。何度も、カベにぶち当たり、その度にプログラマーやスタッフと議論、討論しました。時には朝まで時間を忘れて議論し続けることもありました。
その結果、システムの質が高まり、「これを是非、第三者の方々にも使っていただき、各社のインターネット事業を活性化させたい」と思うようになりました。

そして、2005年5月より、アスメルを外部にレンタルすることに致しました。
インターネットの市場は活性化し、ネットショップも増加し、おかげさまで、アスメルを活用する人たちも日に日に増えています。
今現在も、クライアント様のご要望を中心に、アスメルが日々パワーアップしています。

【マスコミ掲載】

2007年3月 BIGTomorrow掲載
2007年10月 BIGTomorrow掲載
2010年12月 テレビ東京『アリなし』出演
2013年10月 『ビジネスメディア誠』掲載 記事はこちら(前編/後編
2014年1月東方通信社『コロンブス』掲載
2014年2月『実業界』3月号掲載
2014年3月『e・コロンブス』掲載
2014年5月『近代中小企業』コラム連載開始
2014年8月『経済界』掲載
2016年3月マイナビ社『WDウェブデザイニング』掲
20131225コロンブス_表紙
【所属・支援活動】

カンボジアの健康及び教育と地域を支援する会SCHEC
NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(国境を越えて、人権を守る国際人権NGO)
自由報道協会
日本認知心理学会
日本心理学会
認定心理士会
【著書】

『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(ソフトバンククリエイティブ)』
『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』
『「CD起業」のススメ(現代書林)』
【趣味】

プライベートでは、経営者中心のオーシャンスイムチーム『CEOCEANS』を主宰。

2013年、第7回パラオ・トライアスロン初出場初完走。MENS部門4位(タイム3時間25分)。
2014年、第8回パラオ・オープンウオータースイム(海の水泳大会)3000m部門完泳。3位入賞(タイム45分40秒)。
2015年、第9回パラオ・オープンウォータースイム3000m部門、2位入賞(タイム1時間25分20秒)
他、ハーレー、ウィスキーなど。

【保有資格等】

全日本SEO協会認定コンサルタント
上級ウェブ解析士
通販エキスパート検定2級
認定心理士(公益社団法人日本心理学会)
TICEパフォーマンス・エンハンスメントコーチ(苫米地インスティテュート)
中医気功師(黒龍江中医薬大学日本校卒)
ファイナンシャルプランナー(AFP)
米国NLP協会認定『エリクソンヒプノ・プラクティショナー』
IHF(国際催眠連盟) / ITTO(国際セラピートレーニング協会)認定ヒプノセラピスト
中国政府認定HSK中国語検定1級,2級
証券外務員二種
【過去の主な講演歴】

2011年8月24日、財団法人板橋区中小企業振興公社主催『小さな会社のためのFacebook活用法』講演講師。
2011年11月17日、愛知県中小企業青年中央会主催『小さな会社のための最新ネットマーケティング』講演講師。
2014年9月12日、銀座経営者倶楽部主催『メルマガマーケティングで業界シェアNO.1になった方法』講演講師。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■参加できない人に動画 http://bit.ly/2o3ZrZG
■先着10名。■FBサイト https://www.facebook.com/events/705240369656118/
■日時:2017年5/13(土)14-17時 その後有志で懇親会

■内容:講師紹介+起業経緯+質疑応答たっぷり
■場所:新宿区四谷3-9四谷アゼリアビル4階TKPスター貸し会議室 http://bit.ly/2p4T06N
■会費:5000円
■主催:栢野克己「小さな会社の稼ぐ技術」著者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催:栢野克己(かやのかつみ)作家、講演家。新刊「小さな会社の稼ぐ技術」発売2ヶ月で重版5刷!初版+新版「小さな会社☆儲けのルール」は12万部。成功事例勉強会「ベンチャー大学」を全国1000回超開催。講演1500回。趣味は世界一周

-セミナーDVD・動画・音声, セミナーのご案内

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.