わかりやすい

投稿日:2014/11/3 更新日:

■経営の基礎として, 2014/9/6 投稿者 motti

個人事業主として経営の参考にさせて頂きました。ブレブレになってしまう気持ちを正されました。マズローの5段階欲求にも当てはめると、狙いを外さないと思います。弱者の私はこれを基礎にやっていけております。

■振り返って, 2014/9/5 投稿者 岩崎 千昇

起業して2年弱。大企業が台頭するこの世の中でちっぽけな私たちの様な企業がどうやって生き残れば良いのか。とても良い指南書だと思います。

■分りやすい。, 2014/8/8 投稿者 マキロン

まず興味を持つところからスタート、という方にぴったりの分り易く手に取りやすい本かと思います。

■弱者の戦略, 2014/6/5投稿者 スイート・サイエンス

本書は福岡で長年中小企業コンサルタントをされた竹田・栢野氏が、数多くの中小企業の成功・失敗事例を踏まえて、ランチェスター戦略をベースに中小企業が生き残り、発展して行くために必要な戦略・アドバイスを行っている。書かれている内容は納得性があり、企業を目指す人には一読の価値があると思う。最終章の「成功するためには長時間労働が不可欠」という点も、確かに成功した中小企業のオーナーは24時間仕事のことを考えているといっても過言ではない事例を多数見ていると、正しいと思う。

■「選択と集中が大切」と背中で教えてくれる本, 2014/5/18

起業したいと考えているので、いろいろ読んでいる中で本書を購入した。(まだ起業してないのにレビューを書くのもなんですが、他の方に参考になればいいと思い、書かせていただきます。)

本書の主要な主張として、ターゲットを絞り、狭い市場で1番を目指すというのがあるが、その主張通り、本書自体が読者ターゲットを絞り込んで書いているように思える。

下記2点を満たす読者にとっては意味のある本になると思われる。

1.小さい会社の経営者
2.これから始める経営者 または 会社がうまくいってない経営者

成果を出すには努力量が重要という本書の主張も、精神論と受け取る人もいるかもしれないが、その通りだと思う。
長時間働いている経営者の「周りの経営者に比べて自分は無駄なことをしているんじゃないか?」「もっとサービスや仕事を簡略化させた方がいいのではないか?」という心情をくみとった提唱だと思われる。
(経験の多い経営者の方には「努力量が必要」ということはわかりきったことかもしれないが。)

ただし、本書終盤で出てくる「人生=才能 × 時間^2 + 過去の蓄積」という式に関しては、どう考えても目安程度の式である。業種や市場によってどれだけ時間をかけたら良いか変わってくるだろうし、移動時間が多い仕事とそうでない仕事はまた変わってくるだろうし、仕事のやり方によっても単位時間あたりの成果(=効率)も変わってくるので、こんな単純な式で表せるはずもなく、筆者の仕事時間に対する重要性のイメージを表現しただけだろう。(もちろん、こういう式を完全に構築し、証明しようとなると膨大な統計を正確に取る必要があり、全経営者の横に審判みたいな人が24時間くっついてさらに頭の中まで見なければならないので、実現不可能であり、どうしても目安程度にならざるを得ない。)

-著書への感想
-

Copyright© 夢戦感.jp , 2017 AllRights Reserved.